無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

ヨーイ・ドン!

今日も早起きで御前崎の公園です。

カメラをセットして待つこと40分。

ロンリーな彼が出てきました。

じっと水面を睨んで、

Photo

ヨーイ・・・

Photo_2

ドン!

Photo_3

素晴らしいダイブでしたが、残念ながらこの時は失敗でした。

私も水面に飛び込む画までは撮れず・・・。

次回再チャレンジです。

以下はカワセミを待っている間に現れたキセキレイとセグロセキレイです。

見ているだけでも和む可愛い鳥たちです。

Photo_4

Photo_5

2010年11月26日 (金)

今日も麻機で・・・。

朝早くから、麻機遊水池のカワセミさんを撮りに行きました。

カメラを据えて、待つこと20分。

いつもの奥様が現れ、私の目の前で盛んにダイブ。

Photo

彼女の狩りは、3回に1回くらいの割合で成功しているようです。

私との距離は10メートルくらい。

あまり私を意識していないようで、けっこう大胆に狩りをしています。

Photo_2

夢中で彼女の姿を追っていると、どこからか彼女の旦那さんも現れました。

それも私との距離は6メートルほど。

Photo_3

あっ、と思ってカメラを向け、2回シャッターがきれたところで、隣の池に飛んで行ってしまいました。

すると彼女も旦那さんの後を追ってサヨウナラ。

旦那さんは奥様を迎えに来たようです。

まぁ、カワセミのおしどり夫婦といったところですね。

楽しい一日でした。

2010年11月18日 (木)

麻機遊水池のカワセミさん

やっと家に帰ることができ、久々に麻機遊水池へ行きました。

三脚を据えて、カメラをセット。

しばし待つと、カワセミがやってきました。

ここのカワセミは、ペアで廻ってきます。

が、撮らせてくれるのは奥様のほうのみ。

Img_0385

旦那さんのほうは警戒心が強いのか、なかなか近くへ寄ってきません。

だから撮れたのは奥様のみです。

Dscf0600

日向ぼっこしているのか、なかなか飛び立とうとしないので、少し大胆に近づいてみました。

足下の枯れ草を踏みながら近づいたのですが、彼女はずっと水面を見つめたまま。

Dscf0588

さすがに3メートルくらいにまで寄ると、サッと飛び立ってすぐ近くのカヤに。

それでも6メートルくらい先です。

Dscf0605

可愛いですね。

すっかり彼女のファンになってしまいました。

また来週会いに行こうと思います。

2010年11月14日 (日)

家へ帰れない一日でも・・・。

今日は休みなのですが、御前崎市から離れることができません。

こんな家へ帰れない休みの日は、御前崎市内で写真を撮っています。

今日もカワセミを求めて、近所の公園へ。

この公園は三方を山に囲まれているので、カワセミの他にも様々な鳥が飛んできます。

朝、8時には到着して、とりあえず一番奥の池の淵に三脚をセット。

カワセミを待ちます。

今日は待つこと30分足らずでカワセミが廻ってきました。

Img_0377

この子は雄で、この公園内にある幾つかの池が縄張りのようです。

6月頃までは雌とペアで廻ってきていたのですが、秋以降は独りで居るところを見かける方が多くなりました。

Img_0330

彼の狩りの腕はまずまず。

かなりの確率で、小魚をゲットしています。

三、四回もダイブすると、狩り場を変えるのか、下の池へ移動してしまいました。

そのまま気長に彼が帰るのを待っていると、キセキレイの登場です。

Photo

珍しい鳥ではありませんが、この鳥はこの鳥で可愛いですね。

この子を撮っていると、すぐ近くに、また先ほどのカワセミが現れました。

Photo_2

カワセミが現れると、やっぱりそちらが気になります。

カワセミって、何度見ても飽きませんね。

そんなこんなで、昼近くなったので撤収です。

駐車場へ歩いていると、ノスリが現れました。

Photo_3

バッグに仕舞っていたカメラを急遽取り出してパシャリ。

アップを撮ろうと、近づくと飛び立ってしまいました。

ため息をついて車中へ。

家へ帰れない休日、こんな休みの過ごし方もいいものです。

2010年11月 6日 (土)

呉旅行(その2)

大和ミュージアムの翌日は、これも定番の「安芸の宮島」です。

ここを訪れるのは17年ぶりかな。

Dscf0531

変わらないなあ・・・。

厳島神社の大鳥居を見上げて、しみじみと想います。

しかし、平日というのに相変わらず人が多いのには閉口します。

客社祓殿に人が少なくなるまで待ってパチリ。

Dscf0536

残念、屋根が少し切れてしまいました。

次は廻廊・・・人が見えなくなるわずかな時間にパチリ。

Dscf0540

神社を堪能して、さあ食事です。

真っ直ぐに「牡蠣屋」さんへ。

裏メニューの牡蠣屋定食をいただきます。

Dscf0541_2

これ、たしかに店のおしながきには載っていませんが、ホームページでは公開されています。

これって、本当に裏メニューなの?

でも、とても美味しかったですよ。

満足したところで、食後は紅葉谷公園の散策です。

紅葉狩りのつもりだったのですが、まだチラホラ・・・。

Dscf0545

でも、それっぽい写真は撮ることが出来ました。

歩き疲れたので、帰りの船に乗る前にお茶です。

なんといってもここは宮島ですから、表参道の「藤い屋」さんに入りました。

焼きたてのもみじまんじゅうをいただいて満足。

Dscf0552

焼きたては本当に美味しい。

でも、お土産用のもみじまんじゅうを買うのは、「おきな堂」ですね。

個人的に、ここのが一番美味いと思いますから。

さて、土産のもみじまんじゅうを買って、新幹線の中で食べる「うえの」のあなごめしを買って、楽しかった呉旅行は終わり。

女房を実家に残し、一人寂しく新幹線に乗ったのでした。

 

2010年11月 3日 (水)

呉旅行(その1)

11月1日、久しぶりに広島の呉へ行ってきました。

まぁ、女房の里帰りに同行したわけですが、ついで?(実は本命の目的)に「大和ミュージアム」へ入りました。

Dscf0518

う~ん!10分の1の「大和」は迫力ありますね。

Dscf0489

つまんなそうな女房を尻目に、写真を撮りまくりです。

Dscf0479

本物を見てみたかったなぁ~。

ここだけで、一日終わっても良いような気分です。

ここは「大和」だけではなく、「零式艦戦62型」の実物も展示されていて、ここでもウットリと見とれてしまいました。

Dscf0465

館内の土産物屋で大和グッズをたくさん買い込み、次は隣の「てつのくじら館」へ。

ここは退役した海自の潜水艦「あきしお」が展示されています。

Dscf0484

う~ん・・・鉄の鯨とはよくいったもの。

迫力満点です。

Dscf0480

かつて、私が住んで居た頃の呉市は、まさに「シャッター商店街」。

街は寂れる一方でしたが、この両館が成功し、今や観光バスが押し寄せる一大観光地です。

これは軍港であることを逆手にとった最高の街興しですね。

「原子力空母反対~!米軍、自衛隊は出て行け!住民投票条例制定だ!」なんて叫び、

軍港であることを否定しようとしているどこかの街とは大違い。

そのどこかの街も寂れる一方ですが、場所的には首都圏にあって、呉市なんかよりも条件は有利なんだけどなぁ。

なんて考えながら、最後は呉市の最高峰「灰ヶ峰」に登り、暮れゆく呉の街を見下ろしながら思いをはせました。

Dscf0523

女房とつきあっていた頃、良く来たよなぁ・・・なんてね。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »