無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

今日は桜ヶ池へ

昨夜は徹夜仕事の予定でしたが、その仕事はあっけなく終わったので、23時には帰ることが出来ました。

ラッキーです。

同僚は、サッカーを観るとことが出来ると喜んでいましたが、私はサッカーには興味がないのでサッサと寝ましたよ。

さて、ブログ更新。

今日は早起きして御前崎市佐倉にある「桜ヶ池」へ。

Photo

ここは、池の畔に「池宮神社」という神社があって、龍神様が祀られています。

言い伝えでは、平安時代の偉いお坊さんが弥勒菩薩様の教えを請うために、自ら池に身を沈めて、この神社の龍神様になったとのこと。

Dscf0209

私も、御前崎の住人となった時に参拝いたしました。

この神社では、秋の彼岸の中日に、赤飯を詰めたお櫃を池に沈めて竜神様に供える「お櫃納め」というお祭りが行われるんですよ。

なんでも、この池の底は、長野県の諏訪湖と繋がっていて、沈めたお櫃が諏訪湖で浮き上がったという伝説もあるそうです。

Photo_3

さて、今日私がこの池に来たのは、参拝目的ではなく、池に何か変わったカモが来ていないかなと思ってのこと。

去年は、たしかオシドリが居たような・・・。

でも、今年はまだ来てませんねぇ。

Photo_4 

カモは200羽以上居ましたが、全てマガモでした。

それで、池の後ろの森に入ってみたのですが・・・。

その釣果 鳥果は、エナガと、

Photo_5

シジュウカラに、

Photo_6

カワラヒワくらいでした。

Photo_7

どこにでも居る鳥しか撮れませんでしたが、まぁ、それでもけっこう楽しい一日でしたよ。

明日は、普通に仕事です。

2011年1月28日 (金)

午後は麻機遊水池へ

昨日の続きです。

船越公園を切り上げて、麻機遊水池へ向かいました。

ここで、いつものカワセミ嬢にご挨拶。

彼女はけっこう気前よく私の前に現れてくれました。

Img_1250

Img_1255

う~ん、可愛いねぇ!

もうちょっと近寄ってくれないかなぁ~。

なんてブツブツ呟きながら彼女の写真を撮っていると・・。

遠くにトビ?いやミサゴだ!

Photo

近くに来てくれないかなぁ・・・。

だめです。

こんな時、つくづく超望遠レンズが欲しくなります。

そんな彼?を夢中で追いかけていると・・・。

近くにミサゴよりも一回り小さい猛禽類が・・・あぁ、あれはハヤブサだ!(たぶん雄のハヤブサだと思います。)

Photo_2

こんな所にもいるんだなぁ。

彼?もすぐに飛び去ってしまいましたが、この時は本気で超望遠レンズが欲しいと思いました。

それを帰りの車の中で女房に訴えましたが、フフンと、鼻で笑われておしまい。

くそう~~~、いっそ黙って買ってやろうかな。

やっちゃったら、・・・まぁ、即、離婚だろうな。

さて、明日は徹夜のお仕事になりそう・・・。

ブログの更新もポチッとも出来ません。

2011年1月27日 (木)

ヒレンジャク三昧

一昨日は、朝から女房と船越公園へ。

たくさん来ているというヒレンジャクを撮りに行きました。

前回来た時に聞いていたポイントへ着くと、既にカメラマンさんが1人。

熱心に撮影しています。

仲間に入れていただいて女房と一緒にパチリパチリ。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

綺麗ですね~ヒレンジャク。

一時間ほどでけっこう撮れたので移動。

ルリビタキポイントで、ルリビタキ君を待ちます。

彼を待っている間に、やはりこの辺りを縄張りにしていると思われるコゲラ君?をパチリ。

Photo_5

肝心のルリビタキ君は・・・現れてくれましたよ。

Photo_6

相変わらず可愛いですね。

彼を撮っているところで昼になったので、公園を後にして麻機へ向かいました。

続きの写真は、また明日貼ります。

2011年1月26日 (水)

興津川にて

先ほど、御前崎に戻ってきました。

寒い部屋に入って明かりを点けると、グッピーたちが寄ってきて、お帰りなさいって言ってくれます。(そんな気がします。)

また、寂しい単身生活の始まり・・・。

で、ブログ更新。

連休の初日は、女房と興津川へ行ってきました。

上流へ行けば、何か珍しい鳥に出会えるような気がしたのです。

「やませみの湯」の辺りにヤマセミでも居ないかな・・・。

出そうな川岸に陣取り、待つこと1時間あまり・・・。

結果、被写体になりそうなのは、カワセミ君だけでした。

しかも、なぜか女房の前にだけ現れるのです。

Dscf0915

女房には、私のサブ機(FINEPIX HS10に、2.2倍テレコン付き)を渡してあるので、上のような写真をゲット。

得意になっています。

下の写真も女房の撮ったアオジ。

Photo

私はというと、撮らせてくれた鳥は、チョウサギに、

Photo_2

アオサギだけ。

Photo_3

つまり、私は何も撮れませんでした。

これで女房は、ダイビングのみならず、野鳥の撮影にも目覚めてしまった様子。

そのうち、デジ一や超望遠レンズが欲しいと言い出しそうな気がします。

まぁ、言い出したところで、先立つモノが無いから無理だけどね。

2011年1月24日 (月)

かぼちゃ寺?

今日は日帰り出張で蒲郡の支社へ行き、蒲郡、幡豆(はず)、吉良方面でお仕事をしてきました。

お昼、支社の人が、「幡豆に面白いお寺があるよ」と言うので行ってみることになり、昼食もそこそこにそのお寺へ向かいました。

そのお寺は東幡豆の漁港の傍にある、「妙善時」というお寺。

別名、「かぼちゃ寺」だそうです。

Photo

伝えられている民話では、昔、この寺の住職の夢に観音様のお告げがあり、「福徳を授けるから浜に出てみよ」とのことで、翌朝、門前の浜辺に出てみると、大きな丸い実がたくさん流れ着いていた。

これを拾って煮て食べるととても甘かったので、村人にも食べさせたら彼らの顔色のつやが良くなったとのこと。

その後、この実が「かぼちゃ」であることが判ったとのこと。

これが、「かぼちゃ寺」の由来だそうな。

上の写真の山門をくぐると、参道に「減罪門」と書かれた門があり、一面にかぼちゃが飾られています。

Photo_2

この先が「本堂」で、観世音菩薩さまがご本尊さまだとのこと。

Photo_3

ありがたく、参拝させていただきました。

また、本堂の左側には白寿観世音菩薩さまが・・・。

なんでもこの観世音菩薩さまは、「ぼけ封じ観世音」さまだとか。

Photo_4

あぁ、これもありがたい!

私や妻が将来ぼけないように、特に念入りにお参りさせていただきました。

こんなオマケがあって、なかなか楽しい出張でした。

さて、明日、明後日は休みなので、これからお家へ帰ります。

2011年1月23日 (日)

明日は出張

明日は出張
「モブログ」のテストを兼ね、携帯からブログ更新してみます。
上手く行くかな?
明日は出張、朝早いのでもう寝ます。
では!

2011年1月22日 (土)

今日は御前崎市内で。

今日も寒いですね~。

室温は6度です・・・外気は5度、あまり変わりません。

では、ブログ更新。

今日は休みだったのですが、御前崎から離れられないので、朝から市内の公園をぐるぐる。

いつもの公園ではカワセミ君に会えず、早々に切り上げ、高松緑の森公園へ。

ここでも、撮れたのはツグミ君くらい。

Photo

Photo_2

Photo_3

シメやノスリも見かけたのですが、撮れませんでした・・・残念。

この後、いつもの「つくし」さんで昼食をとり、お気に入りの蜂蜜屋さんへ。

御前崎市佐倉にある「みつばち牧場」さんです。

Photo_4

ここの蜂蜜は本当に美味しいですよ。

私のお気に入りは、信州の松本市郊外で採集したアカシア蜂蜜と、旧奈川村で採集したトチ蜂蜜。

(他にもミカン蜂蜜や、レンゲ蜂蜜、蕎麦蜂蜜・・・色々あって、すべて味見できますよ。)

Photo_5

こんな感じで、タンクに入っているものを、その場で色んな容器に詰めてくれて売ってます。

アカシア蜂蜜もトチ蜂蜜も、500gで1550円ナリ。

決して安くはありませんが、単身赴任の私は健康を考え、毎朝食べるものなので、安心できる美味しい物をと思い、ここの蜂蜜をもとめています。

この御前崎での寂しい生活も、もうじき丸2年・・・、「つくし」さんや「みつばち牧場」さん等、お気に入りのお店も増えました。

あぁ、来年の今頃も、ここに居るのかな・・・。

明日は仕事です。

2011年1月21日 (金)

こんなところに・・・。

先日の夕方、船越公園から戻り、リビングのソファでまったりとくつろいでいると、視界の隅を鳥の影が横切りました。

どうやら、傍のベランダの手すりに留まった模様。

鳩かな?でもちょっと小さいような・・・。

私がソファから躰を起こすと、サッと飛び立ちました。

気になって起き上がり外を見ると、その鳥は我が家のカーポートの屋根に留まっています。

ウン?何だあの鳥?青くて綺麗だな・・・。

あっ、イソヒヨドリの雄だ!

なぜこんな所に?我が家は清水でもけっこう内陸部で、一番近い海岸からでも8kmくらいは離れているのに・・・なんて考えている余裕はなく、急いでカメラを持ち出してパチリ!

Photo_7

2

彼は、私が撮り始めると恥ずかしいのかお隣の屋根に移動。

さすがに望遠レンズを他家に向けるわけにはゆかないので、これで終了。

短い時間でしたが、しっかり撮ることができました。

ちょっと得した気分です。

なぜなら、この鳥も青い鳥。

我が家に幸せが訪れたのかな?

船越公園と麻機遊水池へ

三連休の最終日は、船越公園へ。

この公園は、平日でもけっこう散歩している人が多いですね。

いつものルリビタキポイントで待つこと数十分、ルリビタキ君が現れました。

撮影者は私と女房と、カメラマンさんが1人。

幸運なことに、彼は私のすぐ近くに出てくれたので、今回はかなりアップで撮れたんですよ。

Photo

Photo_2

う~ん、何度見ても可愛い子です。

彼を見ているだけで、幸せが訪れそうな予感。

ルリビタキの撮影を堪能して、公園内を移動。

この後、お昼までに撮れた鳥は、コゲラと、

Photo_4

ジョウビタキくらいかな。

Photo_5

昼を回ったところで終了し、麻機遊水池3区へ移動。

カワセミ狙いだったのですが、今日は彼も彼女もなかなか近い所に出てくれません。

Photo_6

遠い写真を何枚か撮ったところで今日は終了。

カワセミは上手く撮れなかったけれど、結構楽しめた一日でした。

2011年1月20日 (木)

アフターダイブは時之栖へ

今日、御前崎は冷たい西風が吹いていました。

会社に浜北からお客さんが来たのですが、彼曰く、「御前崎は寒いねぇ~」

う~ん・・・ここは浜北よりも寒いのか・・・。

で、ブログの更新!

初潜りの後、お家へは帰らず、御殿場の「時之栖」へ。

ここは、2度目の利用です。

前回は「ホテル時之栖」に泊まったのですが、今回は「スローハウスヴィラ」へ宿泊。

ホテルの部屋は狭くて、隣室のテレビの音声が聞こえてきてあまり良い印象はなかったのですが、ヴィラの方は一戸建て。

室内も広く、ベッドなんか4つもあって快適です。

Photo

「グランテーブル」での6千円分の食事券が付いて、2人で24,000円はお得だったな。

御殿場高原ビールが無性に飲みたくなったので来てみたのですが、当日はイルミネーションの期間中とのことで、ホテル近くの駐車場は、夕刻、早くも満車状態。

それでも何とか駐めてチェックイン、すぐに温泉へGO!

本当は、ダイビングの後の温泉は良くないのですが・・・。

温泉の後は、女房の希望でそのイルミネーションとやらを見物へ。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

女房が観たいというので付き合ったのですが、夜の御殿場高原は御前崎よりも寒く、なのに、わざわざこんなモノ(失礼!)を見に来る人が多いなぁというのが、私の正直な感想です。

私としては、イルミネーションよりも、身体が冷える前に美味いビールにありつきたい・・・。

女房を急かして、「グランテーブル」へ直行!御殿場高原ビールに舌鼓を打ったのでした。

Photo_5

翌朝は、快晴。

富士山もくっきり見えます。

Photo_6

しかし、御殿場から眺める富士山は、宝永山火口が正面なんですね。

やっぱり、富士山は清水からの眺めが一番!と、実感しました。

2011年1月19日 (水)

初潜り(二本目)

三連休なんてあっという間。

先ほど、御前崎に戻ってまいりました。

寒~~~い・・・。

では、昨日の続きを。

一本目を終え、早めの昼食をとって、二本目へGO!

このダイブもキアンコウを狙います。

今度は、先ほどのポイントから約40mほど東のポイントを探すことにしました。

午後零時ちょうどに潜行開始。

水深6mのゴロタ石の上では、アオヤガラが群れています。

Photo

その少し先には、・・・大きなアジの群れが・・・。

Photo_2

刺身にしたら美味いだろうな・・・一匹、ポケットに飛び込んで来ないかな・・・。

なんて思いながら、深場を目指します。

予定のポイント水深26mに到着。

ここで、海底から5mくらい上空をホバリングしながらキアンコウの捜索を開始。

すぐに海底にそれらしき影が・・・居たぁ!と着底して近づくと・・・。

マゴチでした・・・残念!

Photo_3

紛らわしいヤツめ!

と、すぐ近くにイッポンテグリか?・・・ウ~ン残念、ヨメゴチでした。

Photo_4

こんな感じで探し回ったのですが、ついにキアンコウの発見には至らず。

やむなく、浅場へ向かおうと思ったところ、あれっ、海底の空き缶に黄色い魚が出入りしてる・・・。

ミジンベニハゼかな?近づいてみると・・・あっ、これはクロイシモチだ!

Photo_5

なんと黄色バージョン!これはレアです。

この子の写真を夢中で撮っていると、ダイビングコンピュータから警報音が・・・。

またしても無減圧潜水に失敗。

早々に切り上げ、浅場へ移動、しっかり減圧して浮上しました。

海面から顔を出して見ると・・・富士山がとても綺麗です。

そこで半水面写真に挑戦。

Photo_6

残念、思ったような絵にはなりませんでした。

次回再チャレンジです。

潜水時間は51分間、目的のキアンコウは見つからなかったけれど、なかなか楽しいダイビングでした。

2011年1月18日 (火)

初潜り(一本目)

昨日、行ってきました、初潜り。

いつもよりも少し早めに出発して、8時に大瀬崎着。

先ず、大瀬神社に初詣、今年のダイビングの無事を祈願します。

Photo

そうして、ダイビングの準備を開始。

3日前、キアンコウが出たとの情報に1本目はそれを狙います。

場所は湾内のとあるポイント付近。

水深は27mとのこと。

概ね見当のつく場所なので、女房の手を引き、潜行開始。

視界は良好、上下水平15mくらい見えています。

しかし、水は冷た~い。

ダイビングコンピュータは、水温14.6度と表示、多少の眠気は吹き飛びます。

途中、水深16mで、ムレハタタテダイの群れを発見。

Photo_2

そういえば、すでに死滅回遊魚達の姿はまばら・・・。

見かけたのは、この子達くらいです。

みんな年を越せなかったか・・・。

水深27mのポイントに到着してキアンコウを探すも、残念ながら発見に居たらず。

ここはけっこう深めの水深なので、長居は出来ません。

5分も探して、浅場へ移動と思ったところで、何ともバカでかいヒラメを発見。

体長はゆうに1mを超えています。

Photo_3

顔の左側にコーヒーの空き缶が写っているので、その大きさが判るでしょう?

(下の写真は、真上から撮ったものです。)

Photo

美味そうだな~~刺身にしたら何人前だろう?

丸々太っていて、エンガワも甘いだろうなぁ~。

なんて想像しながらシャッターを切ってました。

これだけデカイと、ダイバーが多少近寄ったくらいではジロリと睨むだけ。

実に堂々として、正に王者の風格です。

夢中で彼?の写真を撮っていると、ダイビングコンピュータがピーピーと鳴り出しました。

減圧警報です。

名残を惜しみつつ浅場へ移動して、減圧停止。

浮上しました。

潜水時間は59分間、今年の初ダイビングは、まずまずのスタートでした。

  

2011年1月15日 (土)

石垣島⑧

今、仕事から帰ったところです。

寒いですね~、風も強いし・・・これは御前崎だけかな?

さて、明日から三連休なので、これから静岡へ帰ります。

その前に、ブログ更新!

ネタは相変わらず無いので、石垣島です。

石垣島といったら沖縄、沖縄のB級グルメの代表は・・・やっぱり、「沖縄そば」でしょうか。

石垣島へ行ったら必ず行く、そばのお店。

それは、市内から車で約50分くらい走った明石地区にある「明石食堂」さんです。

Photo

ごらんのとおり、駐車場には、地元の人の車よりもレンタカーの方が多いお店です。

でも、ここは本当に美味しいですよ。

Photo_2

この「ソーキそば(中)」で、600円だったかな。

ソーキがトロけて、なんとも美味!

ドライブのついでに寄るには、丁度いいお店です。

次は、市内の美崎町(飲み屋街)にある「メンガテー」さん。

ここのお客さんは、地元のお馴染みさんが多いですよ。

赤提灯が目印。

Photo_3

街で飲んだら、〆にここで「八重山そば」を食べます。

飲むと、ここのそばが無性に食べたくなります。

Photo_4

以前はおばーちゃんが独りで切り盛りしてましたが、最近は娘さん?がいるようですね。

(去年は、行けませんでした・・・。)

街で飲まずに、最初からここの「おでん」を肴にすることも。

これがまた、絶品です。

Photo_5

あ~ぁ、お腹がすいた。

さて、これからお家へ帰ります。

明日は大瀬崎で初潜り!そのまま、温泉へ泊の予定ですので、ポチッとも出来ません。

では!

2011年1月14日 (金)

石垣島⑦

今日も寒いですね~~。

暖かい所へ行きたいなぁ。

今、震えながらニュースステーションを見ていたら、あれ?なんと石垣島が映っています。

うーん、なつかしい・・・と、いうことで、今日は更新しない予定でしたが、石垣島を。

島内を走っていると、あちらこちらで牛が草をはんでいるのどかな風景に出会います。

Photo

そうです!有名な石垣牛です。

Photo_2

これが実に美味しいんです。

普通にステーキも美味しいんですが、

Photo_3

やっぱり、お刺身が最高です。

Photo_4

ユッケも美味いですよ~。

Photo_5

こうやって過去の写真を貼っているだけで、ヨダレが・・・。

今日のテーマは石垣島のプチグルメ「石垣牛」でした。

次は大好きな石垣島のB級グルメでもご紹介しましょう。

あぁ、美味しいものが食べたい!!!

2011年1月13日 (木)

石垣島⑥

ブログ更新しなきゃなぁ~。

で、ネタが無い時は石垣島ネタで・・・。

今日は風景をご紹介。

ダイビング目的での石垣島旅行ですが、到着日と最終日はレンタカーでドライブなので、その時に撮った写真です。

どうです?

Photo

ウインドウズのディスクトップのような光景でしょう?

P7040007

こんな光景の場所が、そこかしこに広がっています。

次の写真は川平湾。

Photo_2

この沖にマンタポイントがあるんですよ。

いつまでも見ていたい風景です。

こんな時、ふと見上げると、電柱にカンムリワシが・・・。

Photo_3

Photo_4

こんな出会いも、よくあるんですよ。

あ~ぁ、今年も行けるかなぁ。

2011年1月11日 (火)

ミジンベニハゼ

ネタがないので・・・。

撮り貯めた写真の中からミジンベニハゼをご紹介。

石垣島⑤でふれたナカモトイロワケハゼの親戚?で、砂地に落ちてる空き瓶や空き缶なんかに棲んでいる可愛いハゼです。

西伊豆大瀬崎では、普通に見ることが出来ますが、棲んでいるのは水深25mくらいのやや深場。

ペアでいることも多く、見かけるとつい撮ってしまいますが、撮影に夢中になってしまい、エアが少なくなっていることも忘れて・・・ふと気付くとすでに残空気は50kgf/cm2を切っているなんてこともしばしば・・・。

慌てて浅場へ移動しても、減圧停止に使う十分な空気はすでに無く、潜水病の恐怖が忍び寄って・・・渋くなった空気を少しづつ吸いながら減圧時間を耐え・・・幸い、これまで潜水病に罹ったことはありません。

では、本題。

これは、コカコーラのボトル缶がお家のペアです。

Photo

次は、缶コーヒーの空き缶がお家のペア。

Photo_2

Photo_3

可愛い!撮っていると夢中になるのも分かるでしょう?

個体の実寸は3cmくらいかな。

Photo_4

廃物利用のお家で、たくましく生きています。

本来は、次の写真のように、タコノマクラの殻のような貝殻に棲んでいる魚なのでしょうが、

Photo_5

彼らにとっては、人工的なお家の方が安全安心なのかな。

中には、割れた塩ビパイプで、イヤゴハタの幼魚と共棲している変わり種もいます。

Photo_6

イヤゴハタが大きくなったら食われてしまうのでは・・・と、心配になります。

この子、どうなったことやら・・・。

さて、次回は何を貼ろうかな。

2011年1月 9日 (日)

幸せの青い鳥を探して・・・。

10日ぶりにお家へ帰りました。

それで、早速カメラ片手に幸せの青い鳥、ルリビタキを探しに船越公園へ。

昨年ルリビタキを撮ったポイントに到着すると、すでに数人のカメラマンさんが三脚を立てて撮影中。

私も仲間に入れて貰って撮影に参加。

カメラマンさんのお一人が、いつもブログを拝見させていただいている「かわせみさん」であることが判り、ご挨拶かたがたルリビタキの生態や撮影ポイントを教えていただきました。

どうもありがとうございました。

おかげさまで、なんとか幸せが撮れました。

Img_09391

Img_09752

Img_09853

Img_09994

これから良いことが起こりそうな予感・・・「かわせみさん」、これからもよろしくお願いいたします。

さて、明日はお仕事、御前崎は今夜も寒々です。

2011年1月 8日 (土)

高松緑の森公園

今日、明日と連休なんですが、今日は御前崎から離れられない日なんです。

そんな訳で、朝から市内の「高松緑の森公園」に、鳥を探しに行きました。

この公園は、高松神社が建つ小高い山の麓の公園で、園内には遊歩道が設けてあり、森の中を散策することが出来ます。

今日もあちらこちらから鳥の囀りが聞こえ、ワクワクします。

ルリビタキでも居ないかな・・・と、歩き回ったのですが、居ませんねぇ・・・。

と、モズを発見。

Photo_2 

バッタを咥えています。

面白いのでしばらく観察していると、盛んに木の上と地面を行ったり来たり・・・狩りをしてるようです。

またバッタをゲットしました。

Photo_3

可愛いなぁ。

見ていて飽きません。

モズを見ていると近くの小枝に鳥の影が・・・ビンズイです(そうだと思いますが)。

Photo_4

ルリビタキには出会えませんねぇ・・・次に現れたのはツグミでした。

Photo_5

Photo_6

ここで、お昼を回ったので終了。

公園の駐車場の傍にある「ひと休処 つくし」さんに入って休憩。

Photo_7

ここはおなじみのお店なので、メニューも見ずに、おしるこをオーダー。

Photo_8

「寒い時はこれが一番!」なんて思いながら、甘党の私は季節に関係なく食べています。

一気に平らげ、ほっと一息ついて、今日撮った写真をチェックしながら、次はおやつをオーダー。

抹茶大福とうぐいす餅をいただきます。

Photo_9

これを平らげてやっと満足。

公園を後にしました。

今晩は静岡に戻る予定です。

明日は麻機遊水池か船越公園かな?

2011年1月 7日 (金)

石垣島⑤

今日は寒いなぁ~。

ブログを更新しようとパソコンの前に居るのですが、部屋の中でも息が凍りそうです。

ネタもないので、南の島に思いを馳せて・・・石垣島のハゼです。

ハゼは大好きな被写体なので、石垣島ではもちろん、西伊豆でも見かけたら必ず撮っています。

一口に「ハゼ」と言っても、色んな種類がいるんですよ。

最初は、ハタタテハゼです。

Photo

石垣島ではどこででも見ることができるハゼですが、希に1~2匹、西伊豆大瀬崎にも現れることがあります。

珍しくもないのですが、可愛いのでやっぱり撮ってしまいますね。

次はアケボノハゼ。

Photo_2

ハタタテハゼに似ていますが、この魚は石垣島でも深い所に棲んでいます。

棲息場所は水深30メートルオーバーですから、撮影も命がけ?(ちょっと大げさかな)です。

でも、綺麗なんですよね~。

だから石垣島へ行くと、つい深場行きをリクエストしてしまいます。

次はナカモトイロワケハゼです。

Photo_4

水深27メートルくらいの砂地の海底に落ちているビンなんかに棲んでいます。

西伊豆にもよく似た魚でミジンベニハゼという魚がいるんですよ。

ミジンベニハゼの写真は沢山撮っているので、今度貼ります。

次はヤシャハゼ。

Photo_5

海底の巣穴からホバリングしているんですが、これを撮ろうと近づくとすぐに巣穴に逃げ込みます。

撮影は、なかなか難しいんですよ。

最後はヤツシハゼの一種です。

Photo_6

巣穴の前に鏡を置いたところ、これに映った自分の姿を敵と勘違いして威嚇しているところです。

う~ん・・・石垣島へ行きたくなったなぁ・・・。

2011年1月 6日 (木)

桶ヶ屋沼

休みだったので、以前から気になっていた桶ヶ屋沼へ行ってきました。

目的は、昨年末にニュースで見たコハクチョウです。

観察小屋へ入ると・・・居ました居ました、計3羽?

Photo

とりあえず撮ってみましたが、う~ん・・・イマイチです。

すぐに飽きたので、移動。

林の中で他の鳥を探してみたのですが、アオゲラ?の影を見かけたくらいで、なかなか鳥は現れてくれません。

沼のほとりでカワセミを見かけましたが、撮ろうと近づくとすぐに飛び去ってしまいます。

Photo_3

撮りやすい麻機遊水池が、つくづくありがたく感じます。

ふっと、見上げると、ルリビタキが・・・。

Photo_4

う~ん・・・青くない・・・雌かな?若鳥かな?

後は、ホオジロのペアくらいしか見ることが出来ませんでした。

Photo_5

Photo_6

遠くまできたのに残念な一日でした。

2011年1月 1日 (土)

鳥始め

元日、早起きして富士山を撮りに行き、帰ってからお雑煮食べて、初詣に出発。

我が家は、毎年、富士の毘沙門さまです。

Photo_3

家に戻って届いた年賀状をチェックすると、後はやることがありません。

それで昼から麻機遊水池へ行きました。

3区で巴川、浅畑川を回ってカワセミを撮り、4区へ移動してウロウロ。

お正月だからか、カワセミ嬢も大サービスで写真を撮らせてくれます。

Photo_4

Photo_5

後は、ジョウビタキ♂が愛嬌を振りまいてくれたことと、

Photo_6

モズが可愛かったことくらいかな。

Photo_7

早朝は綺麗に見えていた富士山も午後3時にはすっかり雲に隠れてしまい、麻機も夕方のようになったのでこれでお終い。

夕飯を食べて、御前崎へ戻ってきました。

明日は仕事です。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

写真は、元旦午前7時、静岡市清水区吉原の山腹で撮った初日の出に染まる「紅冨士」です。

Photo_2 

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »