無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

春の海(前編?)

28日、久々に大瀬崎で潜りました。

昨夜までの大雨が嘘のような晴天。

朝6時過ぎに女房を隣に乗せて家を出て、8時過ぎには大瀬崎着。

富士山がとても綺麗です。

Photo

この季節、海水はまだ冷たいので、西伊豆で出会える魚はとても少なく、外海でマンボウにでも出会えればなぁ・・・と期待しながら車を走らせたのですが、内浦湾が見えたところで海はすでに大時化状態。

海面には白波が起ってます。

これじゃあ、外海にダイブは無理だなぁ。

少々ガッカリして馴染みのショップに入ると、ガイドさんが「最近、湾内にダルマオコゼの幼魚が棲み着いてますよ。その近くにはカエルアンコウ(イザリウオ)も居ます。」とのこと。

了解!これは絶対に見なければ!

と、いうことで、ガイドさんに場所を詳しく聞いて出発。

その前に、富士山をバックにパチリ。

Photo_2

映画「守護神(The GUARDIAN)」のケビンコスナーみたいでしょ?

えっ、似てない・・・失礼しました。

彼と同じなのは、ドライスーツの色だけですね。

9時半に女房の手を引いて潜水開始。

水温は17度。

陸上では暑かったドライスーツでも、潜行開始と同時に水の冷たさがひたひたと凍みてきます。

水中視界は、この季節にしては良好。

浮遊物は多いですが、前後水平10mくらい見えています。

海中は・・・こんな感じ。

Photo_3

Photo_4

水深6mくらいまでは、ホンダワラが沢山茂っていて、さながらジャングルのよう。

春の海ですねぇ。

メバルの稚魚が沢山隠れています。

Photo_5

Photo_6

これを過ぎて、水深18mまで一気に潜行。

目標のはずの土嚢を見つけ、その右側へ2mくらい行くと・・・あれ?おかしいな・・・どこに居るの?

女房と手分けして付近を右往左往、20分くらい探しましたがついに時間切れ。

私のダイビングコンピュータが、まもなく無減圧潜水を超えると表示しています。

しかたなく諦め、浅場へ移動しました。

残念!午後から2本目でリベンジです。

続きは次回、乞うご期待?

なんてね。

2011年4月29日 (金)

運気好転???

あぁ~~~、日付が変わってしまったな・・・。

皆様のブログを拝見いたしておりましたところ、つい、時間が経つのも忘れ・・・自分のブログを更新する前に日付が変わってしまいました。

実は私、27日、28日と二日間、連休でお家に帰っておりました。

それで、27日は探鳥、28日はダイビングと、充実した休みを過ごしてまいりました。

先ほど、つい2時間ほど前に、御前崎の出城(砦)へ戻ったばかりです。

この二日間に撮った写真は、おいおいブログで公開いたしますが、とりあえず、27日の探鳥を。

当日は晴天。

さて、遊水池へ行こうか、山の公園へ行こうかと悩んでいたのですが、遊水池がお気に入りの女房はあいにくお仕事だったので、山の公園へ向かうことに決定。

駐車場へ車を入れて、テクテク山を登ってゆくと、あれ!どこかで見たような人が・・・。

「かわせみさん」です。

早速ご挨拶して、お仲間に入れていただくことに。

「かわせみさん」に、鳥の撮り方や見つけ方を教えていただきながら、公園内を探鳥です。

さっそくカワセミ♂を発見。

Img_1851

Photo

ここのカワセミは巣作りの真っ最中とのことで、くちばしに少し泥が付いています。

カワセミって、何度見ても飽きませんね。

このカワセミを堪能して、山を登り、山頂近くの撮影ポイントへ。

このポイントでは、とっかえひっかえ色々な鳥が現れてくれました。

先ず、イモムシを咥えたエナガに、

Photo_2

その可愛らしい幼鳥。

Photo_3

続いてコゲラを撮っていると、

Photo_4

傍にビンズイがいたり、

Photo_5

そうかと思うとヤマガラが現れたり・・・

Photo_9 

Photo_7

なかでも今日の一番だったのが、キビタキ。

Photo_8

この鳥、初めて見ました。

感激です。

この後、天候が怪しくなってきたので切り上げましたが、久々に多くの鳥に会えた一日でした。

私の運気も少し上ってきたようです。

「かわせみさん」貴重な一日を私にお付き合いくださり、ありがとうございました。

2011年4月26日 (火)

子生まれ石???

油田の後は、「子生まれ石」を見に行くことにしました。
「子生まれ石」というものがあることは、県道沿いに「子生まれ温泉」という温泉があったのでなんとなく知っていたのですが、これまでなかなか見に行く機会が無かったのです。

「子生まれ石」って、何だろう・・・。
油田からさらに車で10分くらい離れているで、本当はアウトなのですが、「えぇい、行ってしまえ!」っと向かいました。
なんとか見つけて駐車場に車を停めると、そこには「子生まれ石」の説明が書いてあります。

Photo

へぇ~そうなの。
そこから茶畑の中を5分くらい歩くと、小さな沢に看板が見えてきました。

Photo_2

Photo_3
う~ん・・・これが遠州七不思議ねぇ。
崖からぽっこりと石が出ています。

Photo_4
生まれ出てきていると言われれば、そう見えるかな。
説明書きでは、大興寺の和尚さんが亡くなる度にこの石が生まれるとのこと。
大興寺か・・・そういえばここに来る途中にそんなお寺があったな。
よし、行って見よう!っと、大興寺へと向かいました。
大興寺は、「子生まれ石」のある山のちょうど反対側に位置しています。

Photo_7

Photo_6

なんでも、約600年前、大徹宗令禅師によって開かれた寺で、曹洞宗大本山總持寺の御直末寺院だそうです。

本堂の前には無縫塔の説明板があります。

Photo_8

へぇ~~~、そうなのぉ。

これは是非見ておかなければ・・・でも、どこにあるの?

困っていると、若いお坊様が通りかかりましたので、おそるおそる聞いてみることに。

なんの、親切に場所を教えていただきました。

Photo_9

この本堂の左側にある渡り廊下の下をくぐると・・・。

Photo_10

ありました。

29代の歴代住職様のお墓です。

Photo_11

どれも見事な繭型?ですね。

なんでも、明治の頃、時の住職が裏山の石が目に見えて飛び出してきたことをとても苦々しく思っていたとのこと。

村人たちも「子生まれ石」の不思議な言い伝えは良く知っているので、崖から石が半分近く飛び出しているのを見て、「住職様も、もうじき死ぬよ」と噂をしたそうです。

それで住職は、「忌々しい石め!あれさえなければ。」と思い、ある日、石を無理やり崖から引き抜くと、寺の小僧に命じて石を遠くに捨てに行かせたのだそうです。

でもなぜか不思議なことに、石は夜のうちに元の場所に戻っていたのです。

住職は小僧を呼び「どうして遠くまで捨ててこなかったのだ。だから、誰かが拾ってきて、また元の位置にはめてしまったぞ。」と責めた。

すると小僧は、「和尚さんの言われるように、ちゃんと遠くまで捨てて来ました」と弁解しました。

住職は何度も命じて石を捨てに行かせたが、何度やっても石は夜のうちに戻ってきたそうです。

やがて、元の場所に戻った石は、ある日、沢に落ちて住職は急死してしまいました。

この辺りには、こんなお話が伝わっています。

なんとなく、怖いですね。

さて、石も見ることが出来たし、満足して帰りました。

途中、茶畑の中を走っていると茶摘みが始まっています。

Photo_12

Photo_13

現代、「茜襷に菅の笠~~~」と、はいかないようですが、なかなか風情があり、しばらく見とれてしまいました。

手摘み茶かぁ、高いんだよなぁ。

私が新茶を飲むことが出来るのは、機械摘みが出回るまだ当分先のことですね。

2011年4月24日 (日)

油田の里

今日はお休みです。

が、例によって御前崎から離れることができません。

(正確には、職場へ30分くらいで戻れる所までしか行けないのです。)

天気いいなぁ、お家へ帰りたいなぁ・・・なんて思いながら、さて何をしようか。

とりあえず、HS20EXRだけを持って車でお出かけです。

先ず、近所のTSUTAYAへ。

近所といっても、お隣の牧之原市で、私の御前崎の出城からは12kmもあります。

まぁ、途中に信号はほとんど無いので、20分とかかりませんがね。

TSUTAYAでお目当てのCDを購入。

さて、この後は・・・せっかく牧之原市まできたのだから、前から気になっていた「相良油田の里」まで行ってみようと思い立ち、早々に鳥の撮影は諦めました。

その「油田の里」は、以前テレビ朝日の「ナニコレ珍百景」で紹介されていて、なんでもガソリンに近い原油が湧いているところだとか。

地図を頼りに車を走らせること約10分で到着。

Dscf0159

Photo

着いてみると、そこには「油田の里公園」と看板があります。

その看板の傍に「油井坑はこちら」と書かれていたので、とりあえず公園に入る前にそちらを見学。

Photo_2

茶畑の真ん中に櫓が建っています。

近づくとプーンと油の臭いが鼻を突きます。

傍には説明の看板が・・・

Photo_3

なるほど。

これは当時から残っているものだそうです。

櫓の傍の井戸小屋があり、小さな資料館になっていて原油のサンプルが展示されていました。

Photo_4

一番左側が相良油田の物だそうな。

たしかに他の原油と比べると透明度が高いようです。

説明書きには、

Photo_5

と、あり、隣のサウジアラビア産の物は、

Photo_6

だそうです。

原油なのに、ガソリンや軽油分が多い軽質油なんですね。

感心しつつ、公園へ向かいます。

公園には資料館(無料)と再現された手掘り小屋なんかがあります。

早速資料館へ入ってみることに。

Photo_7

Photo_10

資料館の内部は、井戸小屋内部の作業の様子を再現したジオラマが展示してありました。

Photo_8

こんな感じで、石油が採れていたんですね。

油田というと、テレビで見たアラブの大規模油田のイメージなので、実に不思議です。

Photo_9

これは今年の3月に採れたサンプルだそうです。

資料館の方の説明では、これをこのままバイクに入れても走るそうです。

すごいなぁ。

昭和30年には、事業として成立しなくなったそうですが、明治17年頃には年間ドラム缶で3,600本分のこの素晴らしい原油が採れていたそうです。

これが今でもアラブの油田並みに採れていれば、日本ももっと金持ちだったろうになぁ。

なんて思いながら、公園を後にしました。

この後、「子生まれ石」を見に行ったのですが、それは次回ということで。

2011年4月22日 (金)

群れ②

ふぅ~、出張から戻りました。

で、机の上を見ると・・・書類が山積みです。

処理を終えて帰宅すると、すでに9時を回っています(ちなみに会社までは車で5分です)。

叶うなら、出張はご勘弁・・・。

では、ブログ更新、と言ってもネタが無いので、今日も過去ネタです。

まだ群れの写真が残っているので、これを貼りましょう。

最初は、スカシテンジクダイです。

Photo

撮影地は石垣島。

この魚は、体が透けていてとても綺麗なんですよ。

アップの写真は、見つかったら貼りますね。

次はアカククリという魚です。

Photo_2

この魚はけっこう大きいので、群れになると壮観です。

これも石垣島で撮りました。

次はゴンズイです。

Photo_3

この写真は石垣島で撮ったものですが、この魚は西伊豆にも普通にいるんですよ。

毒針を持っているので、刺されると大変です。

次はグルクンの幼魚です。

Photo_4

女房が宮古島で撮ったものです。

グルクンは沖縄県の県魚で、フライにするととても美味しい魚なんですよ。

次はブリです。

Photo_5

撮影地は西伊豆の大瀬崎です。

一言、美味そうでしょ。

最後はヨスジフエダイです。

Photo_6

Photo_7

撮影地は石垣島です。

いかにも熱帯魚って感じでしょう。

石垣島ではこんなふうに群れている普通の魚ですが、昨年、大瀬崎でこの魚を1匹だけ見つけた時は感動しました。

あぁ、潜りたいなぁ~。

さて、明日も仕事・・・寝ようっと。

2011年4月20日 (水)

鳥は未だ撮れず・・・。

昨日、今日と休みだったので、清水のお家に帰っておりました。

それで、今日は早朝から女房を伴って興津川まで鳥撮りへ。

しかし、未だ我が運気は上昇しておらず、私たちの前に現れるのは、セキレイばかり・・・。

ヤマセミどころかカワセミも現れません。

粘りましたが昼前に諦めて黒川へ。

結局、ここでも撮れずに食事をして帰ることに。

1

久々に、ふれあいの里「たけのこ」さんに入りました。

Photo

ここはキャンプ場に隣接した食堂で、夏場は鮎料理なんかを食べさせてくれます。

で、メニューを見ると・・・。

春のメニューということで、「たけのこづくし」があります。

採れたばかりのタケノコか・・・迷わず注文。

Photo_2

タケノコご飯、タケノコの煮もの、タケノコの磯辺揚げ、タケノコの刺身、タケノコの漬け物、タケノコのキムチ、手打ちそばで、1100円なり。

刺身なんかは特に美味しかったですよ。

鳥は撮れませんでしたが、食事で春を感じることができました。

それだけが収穫かな。

さて、明日は一泊出張です。

嫌だなぁ~~~。

2011年4月18日 (月)

我が家の水槽①

先ほど帰宅(御前崎の出城)したところ、水槽のコリドラスが久しぶりに産卵していました。

Photo

ごらんのように、御前崎のお家の水槽は、グッピーとコリドラスを混泳させています。

この水槽の住人達は、単身赴任の私をとても慰めてくれます。

遅くクタクタに疲れて帰った時も、グッピー達が「お帰り~!」って出迎えてくれます。

まぁ、単に餌が欲しいだけかも知れませんがね。

とにかく、癒される水槽なんですよ。

このグッピー達と一緒に泳いでいるのがコリドラス達です。

全部で20匹ちょっと。

正確には把握できていません。

ステルバイという種類で、一番古い2匹は、もうかれこれ11年にもなります。

Photo_2

最初は卵を産むと、大事に保護していたところ、これが増えて増えて・・・。

今はやりっ放しです。

卵はこんな感じで、水槽の壁や水草に生み付けるんですよ。

Photo_3

この卵は、概ね、グッピー達の餌になりますが、中には運良く生き延びて、1ヶ月くらいすると小さな可愛らしい仔が大人に混じっていたりします。

そんなのを見つけると、なんだか嬉しくなります。

放って置いたくせにね。

勝手なものです。

さて、明日、明後日は休みなので、西伊豆へダイビングへ行く予定でしたが、なんと先方のショップが臨時休業とのこと。

残念!ついてません。

年明け以降、私の運気は急降下状態。

明日はお祓いに行って開運グッズでも買おうかな。

2011年4月15日 (金)

群れ①

今日もネタ切れにつき、過去の写真から。

ダイビングで撮った、群れの写真をいくつか集めてみました。

先ずは、群れと言ったらキンメモドキ。

撮影地は石垣島です。

Photo

Photo_2

Photo_3

これだけ集まると、ちょっと不気味ですか?

次は、クロホシイチモチ。

撮影地は大瀬崎。

西伊豆でも、こんな群れに出くわします。

Photo_4

同じく、大瀬崎で撮ったアジです。

Photo_5

丸々と太っていて、美味しそうでしょ?

次は、また石垣島へ戻って、スミレチョウチョウウオです。

Photo_6

海面の影は、ダイビングボートですよ。

最後は、モンツキハギの幼魚です。

Photo_7

綺麗でしょう?

魚を一匹一匹アップで撮るのも良いのですが、群れも絵になります。

こんな感じで、またネタ切れの時に、続きを貼りますね。

2011年4月12日 (火)

シーサー

今日は、私の想い出話におつきあいを。
我が家のリビングの窓には、一対のカラフルなシーサーが鎮座しています。
これは、かれこれ8年くらい前に石垣島で買い求めたもの。
以来、我が家を守ってくれています。
もう11年も前になりますが、うちの女房は命に関わるような大病を患いました。
大きな手術を受け、なんとか助かりましたが、彼女は肉体的にも精神的にも大きな傷を負ってしまいました。
彼女がやっとダイビングを再開できるまで回復したのが8年くらい前です。
それで、石垣島へ行き、厄払いにシーサーを求めることになった訳です。
予算は5千円くらい。
そもそもシーサーの相場が分からず、旅費から、交通費や滞在費、ダイビング代を差し引くと、シーサーに割けるお金はそのくらいしか残らなかったのです。
市内の土産物屋を回ったのですが、今ひとつピンとくる物がなく、最終日の島内ドライブ中に見かけて立ち寄ったのが米子焼工房でした。

Dsc00047
何気なく入ったその工房で、展示されているカラフルで愉快なシーサーを見ているうちに、我が家のシーサーはこの中から選ぶことにしました。
値段も手頃で、小さな物は2千円くらいからあります。
5千円くらいの物は・・・と、見ていると、彼女がある大きなシーサーの前で、
「あぁ、この子達を見ていると、私まで元気になれそう・・・」
と、つぶやいたのです。

Photo_2

えっ・・・そのシーサーの値札を見ると、2万円くらいでした。
でも、その時、私はそれを買うしかないと思ったのです。
これで女房が元気になるなら安いもの。
幸い私の財布の中には、自分のお小遣いがまだ少し残っていたので、それを足せば何とかなります。
「じゃあ、これを貰おう。」
「どうして?高いよ。」
「だいじょうぶ。いくらか持っているから買えるよ。」
と、即決。
包んで貰い、飛行機は手荷物にして、大事に下げて静岡まで持ち帰りました。
以来、このシーサーは我が家に鎮座しています。
そのご加護か、女房も現在は健康です。
先日、女房と今年の石垣島旅行の計画を練っていた時、何気なく、そのシーサーを買った時の話になったのですが・・・なんと!女房は覚えていないのです。
「そうだったけ?」なんてのたまいます。
う~~~ん・・・女ってそんな生物です。
いつまでもロマンチスト(女々しい?)なのは男である私の方。
それは結婚から今日まで、何度も思い知らされていたのですが、この一件で、あらためて強烈なパンチを食らった気分でした。
で、このシーサーを買ったことは・・・。
まぁ、良かったんだろうなぁ・・・。

2011年4月10日 (日)

春だなぁ

私、昨日今日と久しぶりの土日連休。

清水のお家へ帰っておりました。

巷は桜が満開とのこと。

女房とお花見に行こうと思っていたのですが、日頃の行いが悪いのか、昨日は夕方まで雨。

今日も今ひとつすっきりと晴れません。

仕方ないので、近所の麻機遊水池へ鳥撮影を兼ねてお花見へ。

Photo

桜は満開ですね。

見事です。

すっきり青空なら映えていただろうなぁ・・・

なんて思いながら川沿いを鳥を求めて散策。

ここはセイヨウカラシナがこれもまた満開で綺麗です。

Photo_2

写真にするとイマイチですか・・・。

もう少し腕を磨きます。

この川の土手に座り込み、カワセミを待ったのですが、カワセミ君は目の前を猛スピードで駆け抜けるばかりで撮らせてくれません。

仕方なく、目の前のミツバチをパチリ。

Photo_3

カワセミが近くの木の枝に留まるのをひたすら待ったのですが、ついに根負け。

お昼で引き上げました。

結局、撮れたのは、まだ北へは帰りそうもないツグミと、

Photo_4

たまに上空を舞ってくれたミサゴくらいでした。

Photo_5

お家で晩ご飯まで食べて、先ほど御前崎へ戻ってきたところです。

また、当分ひとり・・・です。

2011年4月 7日 (木)

「あまみ」が来た。

今日、御前崎の港に珍しい船が入ってきました。
巡視船「あまみ」です。

会社の窓から双眼鏡で確認。

昼休みが待ちきれず、食事もそこそこに、カメラを持ち出して漁港の岸壁へ。

Photo

Photo_2
「あまみ」は、平成13年12月22日に東シナ海で発生した北朝鮮工作船事件で活躍した巡視船です。
当時、日本の漁船に偽装した北朝鮮の工作船を臨検しようとした「あまみ」は、工作船から不意の銃撃を受け、船体を孔だらけにされて負傷者を出しながらも反撃し、最終的に工作船を自沈に追い込んだという、実に勇敢な巡視船なんです。
作業中の乗組員の方にお話を聞いたところ、現在「あまみ」は長崎県の佐世保を母港としていて、今日は東日本大震災の救援に向かう途中だとのこと。
御前崎には燃料を積むために立ち寄ったのだそうです。

Photo_3
新聞では、被災地の救援のために、全国から沢山の巡視船が被災地に集結していると書いてありましたが、「あまみ」もその一隻なのですね。

ふと、マストを見上げると、海上保安庁の旗が半旗になっています。

Photo_4

これは、震災で亡くなられた方々に対する哀悼の意とのこと。

明日は出港して、被災地へ向かうそうです。
九州から遠路ご苦労様です。
旅のご安航と、現地でのご活躍を祈ります。

2011年4月 5日 (火)

宮古島②

今日もネタが無いので、宮古島の続きを。

宮古島のダイビングは、色んな洞窟へ連れて行かれることが多いのですが、洞窟ダイビングは冒険心をくすぐられるだけではなく、そこに棲む珍しいお魚を観察したり撮ったりすることも面白いんですよ。

Photo

こんな所で、チャポンと海に入ると・・・

Img_2879

先ず、入り口には、

Photo_2

こんな感じでキンメモドキが群れています。

アップにすると・・・

Photo_3

こんなお魚です。

洞窟の中は、真っ暗ですので、もちろん水中ライトをかざしながら、ガイドさんに続いて穴の奥へ奥へと入って行きます。

周りの壁を照らすと・・・

Photo_4

アカマツカサが群れで出迎えてくれます。

「煮魚にしたら美味そうだな・・・」なんて想像してしまいます。

さらに進むと・・・所々にミナミハタや・・・

Photo_5

アオギハゼが・・・

Photo_6

逆さまに泳いでいるんです。

不思議でしょう。

海の中の洞窟って、とても面白い。

所々には、エビも棲んでいて、

でかいイセエビだなぁ、美味しそうだなぁ・・・なんて思って観察していると、

Photo_7

その傍に稚エビが沢山いることに気付いたり、

クメジマオトヒメエビなんていう超レアな美形のエビに出会えたり・・・

Photo_8

シモフリタナバタウオなんていう魚も、ここで初めて見ました。

Photo_9

洞窟の地形を楽しむことは勿論ですが、こんな珍しい魚を見ることが出来るのも、洞窟ダイビングの醍醐味ですね。

あぁ、先月は地震のため、月一回のダイビングに行けませんでした。

私の体は、月に一度は海水に浸さないと調子が悪くなります。

(本当ですよ!)

だから、今月こそは絶対に潜ってこようと思っています。

(西伊豆ですがね。)

2011年4月 2日 (土)

今日は休みなのですが、御前崎市内から離れることができません。

仕方ないので、早起きしてカワセミを撮るために市内の公園へ。

9時前に公園に到着、カメラをセットしていると・・・現れました!可愛いカワセミちゃんが。

さて撮るぞ!・・・と意気込み、ファインダーを覗いたところで、ケータイが・・・。

「仕事ですよ~!」と、実に無情な一言。

意気消沈、急いでカメラを仕舞い、会社へ。

幸い大したお仕事ではなく、1時前には終了。

さて、どうしたものか・・・もう公園へ戻る気持ちは失せてしまいました。

と、いうことで、雉でも撮ろうと撮影ポイントである畑へ行ってみることに。

御前崎って、雉が多いんですよ。

そこいらの畑に居ます。

農道を車で走っていると、突然、車の前を横切って、急ブレーキってこともしばしば。

ただ、撮るとなるとけっこう難しいんですよ。

なぜって、雉は警戒心がけっこう強いんで、寄るのがたいへんなんです。

そこで、あちらこちら走り回ってやっと見つけた、車内から撮れる、ある畑の脇の農道へ。

私が車を乗り付けると・・・。

雄が2羽いましたが、私の車を見ると、そそくさと草むらのなかへ。

Photo

そこで待つこと約20分・・・。

やっと1羽が出てきました。

Photo_3

彼は私の車を警戒していましたが、そのうちに餌を探し始めました。

鳩と一緒に何かを盛んに啄んでます。

2

やがて警戒心も無くなったのか、土手に登ったり、飛び降りたり・・・盛んに遊びはじめました。

Photo_4

Photo_5

しばらく見ていましたが、この2羽の雄しか出てこないので、早々に切り上げることに。

また来月、来てみることにします。

最後の2枚は、HS20EXRにレイノックスのDCR-2025PROを取り付けて撮ったものです。

単純に1,584mmの撮影になって遠くから狙えるのですが、やっぱり7D+500mmに比べると・・・劣りますね。

Hs201

Hs202

まぁ、4万円のカメラですから、こんなものでしょう。

明日は仕事です。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »