無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月30日 (月)

梅雨入りの海(後編)

二本目は、昼食を挟み、午後零時15分に準備開始。

さて、どこに潜ろうか・・・。

女房が、先月のダルマオコゼをまた見たいと言うので、ダルマオコゼに決定。

湾内のポイントです。

午後零時43分に潜水開始。

潜ってみると・・・外海よりも遙かに視界不良、まるで夕方って感じです。

上下前後4mくらいしか見えません。

水中ライトの明かりを頼りに前進するのですが、まるで味噌汁の中を進んでいるよう・・・。

頻繁に後ろを振り返り、女房を確認しないと、はぐれてしまいそうで危なくて進めません。

私たちの前に、どこかのショップのガイドさんが初心者らしき人たち4人を連れて入って行ったけど、事故らなければいいがなぁ・・・なんて思ってしまうくらい、悪いコンディションです。

なんとか、水深20mの最初の目標まで到達して着底しましたが、そこから先は断念して、引き返すことにしました。

帰るぞって女房に合図して引き返そうとした時、目の前にタコがいます。

Photo

おい!タコがいるぞって女房に合図するも・・・タコなんて興味ないわって感じでカメラを構えようとしないので、私がパチリ。

タコは迷惑そうに私を睨んでます。

2

ごめんなぁ~、今日は被写体が無いんだよ~撮らせてね。

墨でもかけられると嫌なので、数枚で退散。

来たコースは帰らず、少し進路を斜めにとって、浅場へ移動して行くと・・・今度はメイタガレイがいました。

Photo_2

体長30cmオーバー、刺身なら二人前は十分だな・・・私のBCジャケットに入ってくれないかなぁ~なんて思いますが、入ってくれるはずはありませんよねぇ。

仕方ないので、顔をアップでパチリ。

Photo

こんな魚、普段は見かけてもまず撮らないので、顔をしみじみと観察したことはありませんでした。

よく見ると、なかなか面白い顔をしているでしょう?

Photo_2

メイタガレイの次は、水深10mくらいのところで、アサヒアナハゼ(推定)を発見。

Photo_3

面白い魚なんですが、砂地の上だと、保護色になってしまって映えませんねぇ。

数枚撮って移動です。

最後は、ゴロタ石に沿って水深5mくらいのところを流していると・・・クマノミを見つけました。

Photo_4

この魚は、所謂「ニモ(カクレクマノミ)」ではなく、温帯の海にも棲める普通のクマノミです。

さすがに女房もこれは撮りたいようで、熱心にパチリしてました。

Photo_5

顔をアップで撮ってみると・・・どうです?なかなか凶暴そうな面構えでしょう?

この子、けっこう大きくて体長10cmくらいありました。

Photo_6

厳しい大瀬崎の冬を乗り越えた強者なんですよ。

頑張って、次の冬も乗り越えて欲しいものです。

クマノミを撮っていると、空気も残り僅かになり、午後1時04分に浮上。

海はニゴニゴでしたが、そこそこ楽しい1時間04分間のダイビングでした。

この日、水温は18度、私はすでにウエットスーツでOKです。

寒くありませんでしたよ。

海の中も少しずつ賑やかになってきているし、来月のダイビングが楽しみです。

2011年5月28日 (土)

梅雨入りの海(前編?)

昨日、久々に西伊豆の大瀬崎で潜ってきました。

大雨だ・・・と心配したのですが、朝起きるとラッキーなことに降っていない。

それ行けとばかりに車へ道具を詰め込み出発。

8時15分には、馴染みのショップに到着。

海の状況を聞くと・・・残念なことに、水中視界が悪いとのこと。

だからといって引き下がる訳には行きません。

空はどんよりと曇っていますが、幸いなことに風がないので、外海ポイントを潜ることに決定。

Photo

水深25mくらいのところに、珍しいイザリウオが出ているとのことで、それを目指すことに。

午前9時14分、女房の手を引き、潜水開始。

潜ってみると・・・なんだこりゃあ!って叫びたくなるくらいニゴニゴ。

Photo_2

なんと、水深4mでこの有様です。

深場はどうなっているんだろう・・・。

そのまま、潜行してゆくと・・・水深15mくらいから、南から北へと、川のような流れが始まりました。

私は普段鍛えているので、まず大丈夫なのですが、女房はきつそうです。

これ以上強くなるようなら諦めようと思ったのですが、なんとか水深25mのポイントに到着して着底。

そこは予想以上に暗くまるで夕方のよう、視界は上下前後共に6mくらい。

こんな感じです。(女房が撮った私)

Photo_3

暗いでしょう?

ここで目的の魚を探したのですが、だんだん流れが強くなってきたので、すぐに断念して浅場へ移動。

一番強いところで、0.5ktくらいは流れてましたよ。

で、水深8mくらいの浅場で魚を探したのですが被写体がいないなぁ・・・。

結局、撮れたのはオニカサゴと、

Photo_4 

イソカサゴに、

Photo_5

サラサエビ

Photo_6

Photo_7

そうして、ハコフグくらいでした。

Photo_8

まぁ、海の状態が悪いなりに楽しめ、魚も撮った訳ですが、これを鳥の撮影に例えれば、スズメやカラスを撮ってきたようなものかな。

空気をわずかに残し、午前10時12分に浮上。

58分間のダイビングでした。

二本目は次回ということで。

2011年5月25日 (水)

愚痴・・・かな

九州から帰って以来、仕事が忙しくて・・・。

夏場は嫌だなぁ。

先日、鳥を撮りに行ったのですが不発。

仕方ないので、池でのんびりカメを見ながらボーってしてました。

1

カメは気楽そうでいいなぁ~~~。

2

カメのように、毎日、日向ぼっこしながら過ごしたいものです。

4

そんなに睨むなよ。

「俺も気楽じゃないんだぞ!」って、言っているのかな?

3

最近、このアカミミガメってどこにでもいますねぇ。

こいつらは、心ない人に捨てられてこの池で生き抜いているんだよなぁ。

がんばれよ・・・。

さて、明日も仕事か。

2011年5月21日 (土)

北九州旅行④(佐賀)

祐徳稲荷神社を出て、一路太良町へ。

有明海に沿って走っていると・・・。

お昼も過ぎて、少しお腹が空いてきました。

そこでまた寄り道。

道の駅「太良」へ入ります。

Photo

ここで少し遅い昼食をとり、ちょっと休憩。

その後、物産を見て回りました。

有明海はやっぱり赤貝かな。

Photo_2

ずっしり入って500円ナリ。

静岡まで持って帰りたいなぁ・・・。

おっ!横には竹崎蟹が。

Photo_3

竹崎蟹って、所謂ワタリガニの、この辺のブランドなんです。

これは美味いですよ~!

大好物なんですが、高いですねぇ。

昔、横浜で就職した頃、職場で蟹の話になって、ワタリガニが美味いと言うと、「あぁ、あの出汁をとる蟹ね。」って言われて、ショックだったことがあります。

関東では、ワタリガニは出汁をとる対象なんですね。

有明海産は、普通に茹でて美味いですよ。

物産も見たので、防波堤に出てみると・・・「棚じぶ」がありました。

Photo_4

どうです?いかにも有明海ってかんじでしょう?

ゆっくり眺めていたいけれど、お墓へ急がなければ・・・

道の駅を出発し、お寺へ。

このお寺が、伯母のお墓のあるお寺で、「誓願寺」さんです。

Photo_5

茅葺き屋根が素敵です。

正面は、なんとなく祐徳稲荷神社を意識したような彩色ですね。

Photo_6

お墓参りの後は、親戚の家に顔を出すと・・・もう飛行機の時間が・・・。

途中、鹿島のスーパーで「くじら」を買わなければなりませんからね。

早々においとまして、鹿島へ向かいます。

もうすぐスーパーというところで・・・車の前を白黒の鳥が横切りました。

うん?・・・車を駐めて見上げると・・・電柱に何やら巣がかかってます。

Photo_7

で、鳥は・・・いました!

Photo_8

見たこと無いなぁ・・・何ていう鳥だろう?

とりあえず撮っていると、親父が「あれは、カチガラス。豊臣秀吉が朝鮮から連れてきた鳥だ。」

カチガラス?カラスか?確かにグゲッ~って鳴いてます。

いくらか撮ってスーパーへ急ぎます。

で、今年も無事、「くじら」を買う事が出来ました。

それから銘菓「さが錦」も買い、急いで高速に乗って福岡空港へ。

道が空いていたので、少し早く到着。

最後に九州のうどんの食べ納めということで、空港ビルの「はち屋」さんで「ごぼ天うどん」を注文。

Photo_9

これは正に博多のうどん、ゆずコショウを入れると、そこそこ美味でした。

清水の家へ帰り着いたのは、日付が回って午前零時過ぎ。

本当に疲れましたが、とても楽しい北九州旅行でした。

Photo_10

ちなみに、「カチガラス」を調べると、「カササギ」のことだそうな。

佐賀県の県鳥で、日本ではそのほとんどが佐賀平野に棲息していて保護されているんだとか。

なるほどねぇ~、小倉や静岡で見たことが無いわけだ。

この旅行、最初に靴が壊れた時はどうなることかと思ったけれど、最後にはこんな鳥まで見ることができて、終わってみるとラッキーな旅でした。

2011年5月19日 (木)

北九州旅行③(佐賀)

北九州旅行の二日目は、佐賀の太良町へ。

私を可愛がってくれた伯母のお墓参りです。

前夜の痛飲で、体内にアルコールが残っている感じがあったことから、運転は女房に任せ、私は助手席へ。

先ず、母のお墓に再度お参りして別れを告げ、次に向かったところは・・・。

「かかしうどん」さんです。

もう一度「かしわうどん」に舌鼓を打ち、名残惜しくも高速道路に乗りました。

武雄北方インターで降りて、鹿島方面へ向かいます。

途中、麦畑の中の一本道を通過。

あまりに綺麗だったので、つい車を駐めてパチリ。

Photo

う~ん・・・佐賀だなぁ~~~!

Photo_2

ここを過ぎると・・・祐徳稲荷神社の看板が見えてきました。

「ねぇ、この神社って有名なの?」

女房のこの一言に親父のうんちくが始まります。

私も小学生の頃に行ったのが最後。

「じゃあ、寄ってみるか」

ナビの行き先を変更して・・・駐車場に車を駐めて・・・参道を歩いてみると・・・

Photo_3

土曜日なのに、ひっそりとしています。

子供の頃の記憶は、やたら混み合っていたような印象があったのにな。

そろそろ到着・・・

お稲荷様だけあって、狛犬?も狐さんなんですね。

Photo_4

Photo_5

神池に着きました。

大きな神社です。

Photo_6

ここは、日本三大稲荷神社の一つだそうです。

パンフレットでは、貞享4年(1687年)に肥前鹿島藩主鍋島直朝公の夫人花山院萬子媛が、朝廷の勅願所であった稲荷大神の御分霊を勧請された稲荷神社とのこと。

そんなに古い神社じゃあないんですね。

よく分かりませんが、ありがたいことには間違いないような・・・。

これは楼門です。

Photo_7

なるほど!鎮西日光とは良く言ったものだなぁ~。

それで、本殿は・・・うん、豪華絢爛です。

Photo_8

Photo_9

この本殿は、昭和24年に火災によって焼失し、昭和32年に再建されたものだそうで、鉄筋コンクリート製です。

真っ赤でなんだか眩しいな。

まぁ、これはこれで良しですね。

しっかりお参りしたら、予定時間を大きくオーバー。

太良へと急ぎました。

2011年5月17日 (火)

北九州旅行②(小倉)

昨日の続きです。

とりあえず靴を調達出来たので、この旅行最大の目的である、お墓参りへ。

小倉には、我が家のお墓と、母方のお墓と、子供の頃に飼っていた愛犬の動物霊園があるんです。

この3ヶ所を回ると、既に時刻は午後3時になってしまいました。

ホテルにチェックインして、さてどこへ行こうか。

6時からは友達との約束があるから、5時にはどこか美味しい所に入って少しばかりの親孝行をしなければ・・・。

そうだ!小倉城へゆこう!

最後に行ったのは、30年くらい前だったかなぁ。

大手門跡を通って、

Photo

天守閣が見えてくると・・・

Photo_2

少しドキドキします。

はい、これが天守閣。

Photo_3

綺麗な天守閣でしょう。

細川忠興が1602年に築城した名城です。

でも、この天守は1837年に失火で消失し、昭和34年に復元されるまで無かったんですよ。

残念なことに、この復元は忠実に行われず、唐作りではあるものの、鉄筋コンクリート製であるうえに豪華な破風まで付けてしまい、美しいとはいえ歴史ファンには物足りないものになってしまいました。

これが、CGで再現した当時の天守だそうです。

Cg

こっちの方が断然良いよなぁ~。

なんて思いながら、最上階へ。

ここからの景色は・・・これが、かつて私が住んでいた小倉南方面。

ビルが増えたよなぁ・・・。

Photo_4

で、こっちは、小倉駅方面・・・

Photo_5

正面の井筒屋デパート以外、私が住んでいた頃の面影はありません。

少し寂しくなりました。

感慨に浸る時間もなく、そそくさと天守を降りて、魚町銀店街へ。

高校時代の通学時、毎日眺めていた紫川もどこか別の川のよう・・・。

こんなに綺麗な川じゃあなかったよなぁ・・・。

Photo_7

さて、適当な居酒屋を見つけて、少々の親孝行です。

6時になったので、親父は女房に任せて、次は友達と宴会。

Photo_6

昔話で盛り上がり、大いに呑みましたが・・・お互いオヤジになったよなぁ~。

深夜零時近くなり、最後は、旦過市場にあるスーパー丸和の前で夜な夜な開店する屋台「丸和前ラーメン」で 〆!

Photo_8

う~ん美味い!シンプルだけど豚骨でコッテリ!これぞ北九州のラーメンです。

小倉で呑めば、これを食わないと終わりませんよね。

やっぱり、ラーメンも九州が良いなぁ~。

このように、小倉の夜を堪能いたしました。

翌日は佐賀へ墓参りです。

2011年5月16日 (月)

北九州旅行①(小倉)

昨夜遅く、御前崎に戻りました。

昨日は少しでも長くお家に居たかったので、御前崎へ戻るのが遅くなっただけなんですがね。

今日からココログ再開です。

では、北九州旅行の初日ですが、13日の午前3時30分に、女房と親父を車に乗せ清水のお家を出発、中部国際空港へ向かいました。

途中、休憩を挟みながら、午前7時に空港着。

駐車場に車を駐め、旅客ターミナルへ歩いていると、あれれ・・・、足下が変だぞ?

で、靴を見ると・・・エェ~!

Photo

パックリと靴底が割れています。

写真は左足ですが、両足共に同じような状態。

大事に仕舞っていた靴を久しぶりに取り出して履いてみたのですが、どうやら靴底が劣化していて、歩いているうちに割れてしまったよう・・・。

なんとも不吉・・・今日は13日の金曜日だし・・・。

女房にそう言うと、彼女はあっさり「あなたは無宗教なんでしょ!」

それもそうだ!

気を取り直し、さて、どうしよう?空港に靴なんて売ってないし・・・。

どうしようもないので、ダマシダマシ履くことに。

なんとか飛行機に乗り、福岡空港に到着。

周りの目を気にしながら、レンタカー屋さんまで、すり足のような状態で歩いて・・・あぁ、人がこの姿を見たら笑うだろうなぁ・・・。

レンタカーに乗り込み、小倉を目指して出発。

小倉南インターで下りて、「靴、どうするの?」と心配する女房に、「先ずは腹ごしらえだ。」まだ歩けそうだから、靴は二の次。

インター近くの「かかしうどん」へ向かいました。

Photo_2

ここで迷わず「かしわうどん」を注文!

Photo_3

ここの「かしわうどん」は絶品なんです。

甘辛い出汁に「かしわ」のそぼろが何とも言えぬ美味。

あぁ、北九州の「うどん」だなぁ。

私、小倉を出て30年・・・関東や静岡の味には慣れました。

最近は、醤油味のラーメンでも、普通に美味しいと感じるようになりました。

でも、「うどん」だけは駄目ですね。

未だに醤油色は食べません。

私は、小倉へ来たら、靴よりも何よりも、先ず「う・ど・ん」なんです。

これを食べて、さて靴をどうしよう・・・。

友達に電話して、「今、帰ったよ。ところでこの辺にABCマートはないかい?」

これで、なんとか靴を手に入れることが出来ました。

続きは、また明日(の予定です)。

2011年5月12日 (木)

愛機

今日もネタがないので、在庫のお魚写真でも貼ろうかと思いましたが、そういえばこれまでに何度か、「どんなカメラで水中写真を撮っているの?」って質問されることがあったので、それでは私の愛機のご紹介を。
これですよ。

Dscf0077

面白そうなカメラでしょう?
先ず、下のカメラがマクロ撮影用で、、Canon EOS KissDXにEF-S60mmF2.8マクロUSMを付けたものを、Seatool製のハウジングに入れているんです。
更に拡大撮影するために、ポートの先端に水中着脱できるINON製のUCL-165M67というクローズアップレンズを付けることもあります。
次に上のカメラは、広角撮影用で、OLYMPUSのCAMEDIA SP-350を純正ハウジングであるPT-030に入れているんです。
先端に付けているのがINON製のUFL-165ADフィッシュアイコンバージョンレンズで、これで超広角撮影が出来ます。
ストロボは、INON製のZ-240を2灯です。
このストロボの光ファイバーケーブルは、水中着脱が出来るので、見つけた被写体に合わせたカメラと接続して使用します。
この組み合わせで、もう5年くらい使ってるんですよ。
高価そうに見えますか?
たしかに安い品物ではありませんが、鳥を専門に撮っている方々が使うヨン、ニイ、ハチとか、ゴー、ヨンとか呼ばれるレンズに比べるとかなり安いんですよ。
KissDXもSP-350も、その性能は現行の最新型カメラとは比べようもありませんが、まぁ、撮れているんで満足しています。
私の小遣いでは、そんなに買い換えられませんしねぇ。

Photo
さて、明日から1泊2日の強行軍で、北九州へ墓参りに行ってきます。
御前崎へは日曜日に戻って来る予定ですので、それまでブログはお休みです。
皆様のブログを見ることもポチッも出来ません。
では、九州旅行の報告を乞うご期待?

2011年5月 8日 (日)

ゴールデンウィーク???

今日で、やっと世間様のゴールデンウィークが終わりですね。

私は、家には帰れませんでしたが、期間中大した仕事も入らず、やれやれでした。

で、今日も一応の休み。

朝、起きると天気が良かったので、いつもの御前崎の山(森?)へ行ってみました。

しかし、今日は風が強かった。

ポイントの近くにある風力発電用の巨大な風車が、グォ~ングォ~ンと、もの凄い音をたてて回ってます。

風車を見上げると、羽根がまるで私に向かって太刀を振り下ろしてくる様。

風車の発する低周波と相まって、とても気分が悪くなります。

この風力発電って、本当にエコなのかな?

このような風車は御前崎に沢山ありますが、この付近に住んでいる人から苦情は出ないのかな?

なんて思いながら、ポイントに入って鳥を待ちます。

今日は椅子を持ち込んで、ゆっくり待機。

結果、4時頃まで粘りましたが、鳥さんは全く出てきませんでした。

これまでは、ヤマガラやエナガくらいは出てきたのに・・・。

きっと、あのうるさい風車のせいだ!

それで、お目当ての鳥さんが出るのを待っている間に、トコトコと私に近寄って来るお目当てではない鳥さんが・・・。

Photo

ハクセキレイです。

あれ?何か咥えてますが・・・

Photo_2

あぁ、イモムシを獲ったのね。

Photo_3

獲物を自慢したかったのでしょうか。

私の目の前をこれ見よがしに、近寄って通り過ぎて行きました。

お目当ての鳥さんが出てくれないので、とりあえずこの様子を撮った訳ですが・・・。

1時間くらいすると、また彼?がトコトコと歩いてきます。

よく見ると、また何か咥えているよう・・・

Photo_4

今度は何さ?

Photo_5

あぁ、何か羽のある虫を獲ったんだね。

私の前に来ると、「ハイ!撮って!」って振り返って獲物を見せてくれました。

Photo_6

お見事!って、撮ってやると、満足したのかそのまま歩いて去って行きました。

他の鳥が撮れなかったから、こんな楽しい出来事に遭遇。

今日の写真も、すべてトリミング無しです。

まぁ、ゴールデンウィークを締めくくるに相応しい?一日だったかな。

明日から普通に仕事です。

2011年5月 5日 (木)

ゴールデンウィーク??

今日も御前崎から離れられないお休み。

で、カメラを提げて一人、早朝から御前崎の山(森?)へ。

一昨日のオオルリが撮れるかなぁ~と、昼過ぎまで粘りましたが・・・声はすれども姿は見えず。

残念でした。

でも、このポイントはけっこう気に入ってます。

文句なしの市内だし、なんと言っても誰も来ません。

のんびり撮影出来ます。

鳥もけっこう多いんですよ。

まぁ、あまり珍しいヤツはいませんが・・・。

今日撮れた鳥は、いつものヤマガラと、

Photo

Photo_2

Photo_3

エナガだけでした。

Photo_4

エナガは、親が幼鳥に給餌しているところが撮れたんですよ。

可愛いでしょう?

Photo_5

Photo_6

今日の写真は、まったくトリミング無しです。

けっこう近くまで鳥たちが寄って来るのも、このポイントの魅力です。

さて、明日、明後日は仕事です。

明明後日にでも、再チャレンジです。

2011年5月 3日 (火)

ゴールデンウィーク?

世間様はゴールデンウィーク。

私も今日は休み・・・なのですが、お家へ帰ることはできません。

毎年のことですが、ゴールデンウィークなんて無縁、かえって忙しいだけなんです。

御前崎から離れては駄目だけど、休んでいいよって、こんなの休みじゃあない!

と、言っても仕方ないので、朝から御前崎の山の方へ行ってみました。

前から気になっていた、こんもりとした森の中。

車を駐めて、耳をすますと・・・けっこう鳥はいるようです。

目標は、キビタキとオオルリの撮影。

昼過ぎまで粘ったところ、キビタキは現れませんでしたが、オオルリは2度、姿を見かけました。

残念ながら写真は撮れなかったので、明後日再挑戦です。

で、撮れたのは・・・ヤマガラと、

Photo

Photo_2

ホオジロだけでした。

Photo_3

ふぅ、明日は仕事です。

2011年5月 1日 (日)

春の海(後編)

では、前回の続きです。

一本目のダイブが終わり、ショップへ戻って場所の再確認。

どうやら、20mくらい東へずれていたようです。

昼食を早めに食べて、二本目へトライ。

こんどは慎重に狙いを定め、コンパスを頼りに水深18mへ向かいます。

すると・・・何故か、イザリウオに行き当たりました。

Photo

大きさは15cmくらいかな。

立派な大人です。

なかなかの面構えでしょう?

Photo_2

パチリの後は、本命のダルマオコゼを探します。

先にイザリウオに行き着いたということは、まだ7mくらい西にずれているはず。

で、東を見ると・・・なにやらボンヤリと、ダイバーが何かを撮影しているのが見えます。

あそこだ!

女房に合図して向かうと、うんうん、ダイバー2人が何か小さなモノを撮影中。

早く終わらないかなぁ~と、待っていると、私の恨めしそうな視線に気付いたのか、彼らは早々に譲ってくれました。

ラッキーっと、取りついてみると・・・あれれ・・・これは小さなイザリウオです。

Photo_3

大きさは3cmくらい。

Photo_4

可愛いけれど、これじゃあないな・・・。

女房と数枚撮って移動です。

この辺なんだがなぁ・・・。

ダイビングコンピュータを見ると、もうちょっとで私の体内窒素量は満タンになりそう。

まもなく、無減圧潜水を超えてしまいます。

焦って探していると・・・私の足ヒレを引っ張る人が。

振り返ると、女房です。

彼女が指さしている場所を見ると・・・でかした!我が女房!

これがダルマオコゼの幼魚です。

Photo_5

ダルマさんみたいでしょう?大きさは2cmくらいかな。

次は顔のアップです。

Photo_6

当にダルマさんですね。

これをパチパチ撮り、浅場へ移動して浮上。

結局、65分間のダイビングで、何とか無減圧潜水の範囲内に治まりました。

最後は、浮上前の安全停止中に、浅場の水深6mで撮ったキンギョハナダイの群れです。

真ん中が雄で、周りはみな雌なんですよ。

Photo_7

この魚、生まれた時はみんな雌で、その中から数匹が雄に性転換するんです。

面白いでしょう?

最後は雌だけの群れです。

Photo_8

結局、目的の魚も撮れ、けっこう楽しいダイビングでした。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »