無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

我が家の恒例行事

こんばんは!

昨日と今日は連休で、清水のお家に帰っておりました。

で、昨日は富士市にある妙法寺の毘沙門大祭へ行ってきました。

これは我が家の恒例行事。

ここのだるま市でダルマさんを買って、お寺でご祈願をしていただき、片目をいれて「開眼」させるんです。

これが我が家の守り神ですね。

大祭は毎年大賑わいですので、私は朝一番、午前9時には妙法寺に着くようにしています。

8時30分、愛車に女房を乗せて出発。

お寺に着くと、先ず、古いダルマさんを古ダルマ納所へ納めて、今年のダルマさんを買うために、ずらりと並んだダルマ市の露天へ行きます。

4

気に入ったダルマを選び、店のおじさんと値段の交渉をして購入。

だるま開眼受付所へ持って行き、開眼料を払って開眼してもらうんです。

その開眼まで、約20分、その間にお線香を焚いたり、本堂へお参りを済ませます。

1

2

昨日は良い天気、富士山もクッキリ見えていました。

3

開眼したダルマさんを受け取り、駐車場への途中、露天で名物の草餅を買います。

5

ここの草餅、美味しいんですよ。

まぁ、年に一度のお楽しみです。

毘沙門大祭の後は、その足で、今度は静岡市内の上洗足にある、厄除地蔵尊の天昌寺へ。

ここで、毎年、厄除けのご祈祷を受けるんです。

6

うちに帰って、妙法寺で開眼したダルマさんと天昌寺でいただいたお札さんを飾って、

7

これで我が家は、今年一年、家内安全、身体健康ですよ。

っていう、お話でした。

では、おやすみなさい。

2012年1月24日 (火)

可愛い小鳥?

こんばんは!

前回の続きです。

この時は、コゲラを大きく撮れたことが収穫でした。

Photo

可愛いでしょう?すぐ近くに来てくれたんですよ。

Photo_2

これなら、私の廉価なレンズでもバッチリ?です。

Photo_3

それから、バッチリとまでは行きませんが、この日はアオゲラも撮れました。

Photo_4

もう少し下に降りてきてくれたらなぁ・・・。

Photo_5

次回、再チャレンジです。

Photo_6

最後は、オマケのヒヨドリです。

この鳥、普段はあまり撮りたいとは思わないのですが、よく見ると可愛いですよ。

Photo_7

さて、今日、東京は雪が積もったとか・・・。

御前崎は晴天、好い天気でした。

雪?この冬、まだ降ってませんね。

でも、御前崎は寒いところです。

おまけに風が強い。

冷たい、強い風が吹きまくってますよ。

街も寒い、私の部屋も寒い、あぁ、心も寒い、懐も寒い、何もかも寒い。

早く春が来ないかなぁ・・・。

2012年1月20日 (金)

可愛い小鳥

こんばんは!

13日と14日は、静岡市内で鳥を撮ってました。

けっこう撮れたんですよ。

この季節、やっぱり旬な鳥といったら・・・何と言ってもルリビタキ♂ですよね。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

この子は可愛くて、いくら撮っても、飽きません。

それから、撮れたのはジョウビタキ♀です。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

ジョウビタキもようやく数が多くなってきたような気がします。

このまま増えてくれるといいのですが・・・。

最後はオマケのノスリです。

Photo_8

これは小鳥じゃあ、ありませんね。

失礼!

あぁ、また静岡で鳥を撮りたいなぁ・・・。

この週末、休みは土曜日だけなのですが、ちょっと無理して清水へ帰ろうかなぁ。

2012年1月17日 (火)

初潜り(2本目)

こんばんは!

1本目のダイビングが終わった後、ドライスーツを脱ぐと・・・あれ?胸元がちょっと湿気ているような・・・。

う~ん・・・水没かなぁ・・・。

とりあえず、昼食を食べて休憩することに。

1時間30分くらい休んで、2本目へGO!

撮りたい対象の魚もいないので、とりあえず水深22mくらいの所にいるイザリウオ(カエルアンコウ)を撮りに行くことに。

水中視界は良いので、海底から7~8m上をプカプカと漂いながら前進して目印の古タイヤを見つけ、そこから南西に5mくらい行った所の砂地に着底。

水深はぴったり22m・・・で、見つけました。

Photo

なかなかの面構えです。

Photo_2

あまり珍しい魚ではないのですが、見つけると、つい撮ってしまいますね。

長居は出来ないので、数枚撮って浅場へ移動。

途中、水深13mの砂地で何やら蠢くものが・・・あぁ、これはスナモグリです。

Photo_3

おそらく日本中、どこでもいるシャコ?の仲間ですが、普段は名前のとおり砂に潜っているので、見かけることはなかなかありません。

けっこうレアものなんですよ。

あまり撮っても仕方ないので、ここも数枚で移動です。

浅場に着いても、特に珍しい魚は見つからないので、未だ使いこなせない「虫の目レンズ」の練習をすることに。

先ず、ミノカサゴをパチリ。

Photo_4

イマイチだなぁ・・・、次はカサゴをパチリ。

Photo_5

これもイマイチ。

面白いレンズなんですが、まだまだです。

この辺りでブルッ!と寒気が。

寒い・・・なぜだぁ?

まだ空気は沢山残っていたのですが、女房を急かして浮上。

Photo_7

50分間ちょっとの潜水時間でした。

最後のオマケは、女房の撮ったゴンズイです。

Photo_6

面白いでしょう?

上がってドライスーツを脱ぐと、なんと!胸から腰にかけてグッショリです。

あぁ・・・水没だぁ・・・寒いはずだ。

ドライスーツって、何処かに小さな穴でもあくと、すぐに水没してしまいます。

なんといっても、水中は大きな水圧がかかってますからね。

家に帰ってすぐに修理に出しましたが、いつまでかかることやら・・・。

来月のダイビングに間に合うと良いのですが。

では、次回は鳥撮りです。

2012年1月16日 (月)

初潜り(1本目)

こんばんは!

私、12日から14日まで、遅い正月休み?でした。

で、12日はダイビング、13日と14日は鳥の撮影と、短い休みを精一杯楽しんでまいりました。

このダイビングは、今年の初潜りです。

いつものように5時30分に起床して機材を愛車に積み込み、女房を隣に乗せて出発。

予定どおり8時30分には大瀬崎に着いて、なじみのショップに入り情報収集です。

残念ながら、特に珍しいお魚は出ていないとのことで、今日は湾内のポイントでノンビリ潜ることに。

それよりも、先ず、大瀬神社に初詣です。

Photo

この神社、正式な名称は、「引手力命神社(ひきたぢからのみことじんじゃ)」と言い、海の守護神なんですよ。

Photo_2

Photo_3

今年一年のダイビングの安全を祈願いたしました。

Photo_4

さて、初詣をすませ、ダイビングの開始です。

(今日はダイビングコンピュータを清水のお家に忘れてきましたので、詳細なデータは書けません。)

とりあえず、キアンコウでも出てないかな・・・って、水深20mくらいまで海底を探しながら移動。

時々後ろを振り返り、女房が付いてきていることを確認しながら、お魚を探します。

透明度は良好、上下水平10mくらいは見えています。

しかし、水温は15.8度、かなり冷たくなっていて、長時間の潜水はちょっとキツイ感じでした。

先ず目に飛び込んできたのは、ムレハタタテダイの群れです。

Photo_5

熱帯魚みたいでしょう?

Photo_6

これ、死滅回遊魚なんですよ。

水温15度を切ると・・・もう死んじゃうかも知れません。

これを追いかけていると、水深21mの海底で、ミジンベニハゼを発見。

Photo

可愛いでしょう?女房も興奮してパチリ。

Photo_2

撮っていると、アクビをしてくれました。

Photo_3

この瓶の奥には雌もいたのですが、なかなか顔を見せてくれないんですよ。

もっと粘りたかったのですが、水深が20mを超えているので長居はできません。

仕方がないので諦めて浅瀬へ移動。

すると、水深6mのところで、なんと、ツノダシが群れているのを発見。

Photo_4

ツノダシも死滅会幼魚で、大瀬崎ではこの季節見ることが出来ますが、通常1匹か2匹で、群れているところに出会すのはちょっとレアかな。

前の写真のムレハタタテダイと、どこが違うか分かりますか?

Photo_5

ちなみに、ツノダシは「ファインディング・ニモ」に出ていて有名?になりました。

最後の写真は、おまけのムラサキハナギンチャクです。

Photo_6

幽霊みたいでしょう?

綺麗?だったので、魚眼レンズで撮ってみました。

こんな感じで、1本目は78分間のダイビングでした。

2本目は、また明日かな・・・。

2012年1月10日 (火)

小山城趾(その後)

こんばんは!

小山城趾を出て、このお城の傍を流れている湯日川を覗いて見ると・・・

Photo

おやっ、鴨がけっこういるようです。

驚かせないようにそっと近づいて、珍しいヤツでもいないかなぁって覗いてみると・・・残念、特に珍しい種はいませんでした。

ただ、この川、幅が狭いので、私の500mmで十分大きく撮影できます。

で、撮りまくりました。

先ず、一番映えるオナガガモの雄

Photo_2

と、その雌

Photo_3

そうして、ちょっと地味なオカヨシガモの雄

Photo_4

と、その雌

Photo_5

最後はコガモと、

Photo_6

カルガモでした。

Photo_7

近くで可愛い姿を観察できたので、けっこう楽しかったですよ。

ありきたりな鴨でも可愛いものです。

満足して御前崎に戻りました。

あぁ、それから、この冬初見のツグミも撮ることができましたよ。

Photo_9

毎年沢山見ることが出来た、ツグミやジョウビタキといった冬鳥を、この冬はなかなか見ることが出来ません。

ツグミが撮れて、少し安心することが出来た一日でした。

2012年1月 9日 (月)

小山城趾

こんばんは!

私、この3連休を世間様並にとることができました。

しかし、御前崎からは離れることが出来ない休みなので、嬉しさは半分です。

まぁ、女房が遊びに来てくれているので、この3日間、鳥を求めて、二人で市内をグルグル・・・。

一昨日、昨日と全く鳥さんとは逢えず、今日は趣を変えて吉田町へ。

えっ、吉田町?御前崎のお隣ですから・・・OKでしょう?

目的は、以前から気になっていた小山城趾の見学です。

清水のお家へ帰るときに、いつも前を通るのですが、訪れるのは初めてです。

だって、道すがら、こんなに立派な天守が見えれば、歴史好きには気になってしまうでしょう?

Photo

まぁ、この天守は偽物?なんですが・・・

駐車場に車を駐めて、隣接する能満寺というお寺の境内を通り、お城へ登って行きます。

この境内には、天然記念物の大蘇鉄があるので、先ず、それを見学。

Photo_3

なるほど、見事な蘇鉄です。

Photo_4

蘇鉄の後は、いよいよお城へ、

Photo_2

Photo_5

どうです?りっぱな天守でしょう。

これ、正確には、「天守閣型展望台施設」と言うのだそうな。

元々このようなモノは無く、よって、全く史実に基づいて復元された建物ではありません。

古城好きの私としては、こんなモノ造ってくれるなってところです。

城址は、公園として整備されていて、堀なんかも再現されています。

Photo_6

とりあえず、天守、いや展望施設に登ってみることに・・・。

内部は資料館になってます。

赤糸素懸威伊予札諏訪法性兜具足なんて、飾ってあるんですよ。

「おいおい、それはないだろう!」って、ツッコミを入れたい気分です。

そもそも、このお城は下の模型のような造りだったとのこと。

Photo_10

このとおりに復元してくれた方が良かったのに・・・。

最上階まで登ってみると・・・眺めは良いですね。

先ずは富士山方面、彼方にうっすらと富士山が見えましたよ。

Photo_7

で、こちらは駿河湾方面、

Photo_8

南アルプス方面、

Photo_9

この天守型展望台から降りて、どこか趣がある場所はないかと探してみると、

復元された大手門の傍に、

Photo_11

おぉ・・・、ほとんど手つかず?の三日月堀を見つけました。

Photo_12

これですよ、これ!

ここでしばし立ち止まって感慨深げに眺めていたのですが、女房が退屈そうに私を見ているので、諦めてお城を後にしました。

こういう場所は、やっぱり一人で来るべきだったなぁ・・・。

まぁ、楽しめましたけれどね。

続きはまた明日?

2012年1月 4日 (水)

千葉は遠かったぁ~

こんばんは!

先ほど、千葉出張から戻ったところです。

いやぁ、遠かったぁ~。

今朝8時20分に会社を出て、会社に戻ったのが夜8時10分でした。

しかも今日の愛車はこれ、

Photo

レンタカーの2トン車です。

この車で、御前崎支社から千葉支社まで、託送品と書類の搬送だったんです。

こんなの運転するのは初めてで、高速は怖かったですよ。

一応、助手として我が支社の新人君を乗せて行ったのですが、危なくて彼に運転させる訳にはゆかず、結局、私が一人で運転しました。

東名にのって、最初の休憩は、鮎沢パーキングエリアです。

ここで、鮎沢名物「アメリカンドッ君」を購入。

Photo_2

ひとつ230円ナリ。

Photo_3

まぁ、普通のアメリカンドックですが、コロモが甘くて美味かな。

今日もUターンラッシュの続きとかで渋滞が予想されることから、ゆっくり休憩している訳にもゆかず、20分そこそこで出発。

湾岸道路を通るよりも東京湾アクアラインの方が空いているだろうと、そちらへ。

幸い、たいした渋滞もなく、午後零時ちょうどに「海ほたる」で昼食休憩をとることが出来ました。

あまりに人が多いので、「空いている所に入ろう」と、比較的空いていた店に入り、食べたのがこれ・・・「デミチーズオムライス」980円ナリ。

Photo_4

美味そうに見えますか?

いいえ・・・高いだけでした。

まぁ、場所代かな。

午後1時まで休憩ということにして、「海ほたる」の中を散策。

Photo_5

Photo_6

東京湾アクアラインって、こうなっているんですって。

Photo_7

次の写真が、これから向かう木更津方面。

Photo_8

で、次が通ってきた川崎方面です。

Photo_10

予定どおり、午後1時に「海ほたる」を出て、千葉支社には午後2時ちょうどに到着できました。

千葉の写真ですか?

千葉の港って、いまひとつ絵になりませんから・・・。

帰りも同じコースで帰りましたが、帰りの方が混んでましたよ。

ちなみに今回の写真は、私のスマホで撮りました。

AQUOS SH-01Dってやつですが、これで十分綺麗に撮れますね。

未だ機能を使いこなせませんが、まぁ、小さなパソコンが手元にあると思えば、これもアリかも知れないなって、最近思ってます。

では、おやすみなさい。

2012年1月 3日 (火)

おみくじ?

こんばんは!

私、この正月、元旦と2日はお休み、今日は普通にお仕事でした。

で、2日は女房と鳥の初撮りへ。

初撮りでヤマセミでも撮れたら、今年はきっと良いことがあるだろう・・・。

ということで、今年の運勢を占う運だめし。

撮影ポイントは、もちろん興津川です。

午前10時頃、ポイントに着いて待つこと1時間・・・現れませんねぇ。

たまに来てくれるのは、カワセミの男の子だけ。

1_2 

う~ん・・・やっぱり駄目かなぁ・・・と、半ば諦めかけた正午頃、

遠くの枝に白っぽい鳩?が・・・ウン?ヤマセミかな?

Photo

とりあえず数カットを撮ったところで、その鳥は飛び去ってしまいました。

で、液晶モニターで拡大してみると・・・やっぱりヤマセミでしたよ。

2

とりあえず、証拠写真程度のものは撮れましたが、この後、午後2時頃まで待ってもヤマセミ君は現れず。

結局、諦めて帰りました。

だから、今年の運勢は、「中吉」ってところかな。

まぁ、そんなところでしょう。

さて、明日は千葉まで出張です。

では、おやすみなさい。

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

みなさま、明けましておめでとうございます。

私、今年も元旦恒例の行事?である、富士山と初日の出の撮影に行ってまいりました。

今年の撮影場所は、静岡市清水区吉原の茶畑です。

ここは清水といっても山間部の村。

山の中腹で寒暖の差が激しく、銘茶の産地なんですよ。

当初の撮影ポイントは富士川河川敷だったのですが、今朝、外に出てみると雲が多かったので、ポイントを変更したんです。

本日の初日の出は、午前6時54分とのこと。

このポイントには午前6時30分頃に着き、三脚を据えて寒い中、初日の出を待ちました。

で、お天道様は・・・生憎の雲に遮られ、やっと拝めたのは午前7時頃のこと。

伊豆の山々に架かる雲の上から・・・おぉ、出たぁ!

今年こそ良い年でありますように・・・

2

では、富士山をどうぞ。

初日の出に照らされた紅冨士です。

12

アップです。

22

次はすっかり明るくなった頃。

32

最後は、撮影ポイントから見下ろした元旦の清水市街です。

2_2

では、みなさま、今年もよろしくお願いいたします。

Photo

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »