無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月19日 (月)

さらば!御前崎よ

こんばんは!

私、ここ数日は、転勤準備に忙しく、遅くまでサービス残業の毎日です。

さて、いよいよ引っ越しの日が近づいてきました。

このパソコンも20日には取り外して梱包です。

3年間過ごした、この部屋。

冬は底冷えがして、夏は湿気でいっぱいだったこの部屋ともお別れ。

御前崎とも、これでサヨウナラです。

1

長い長い3年間でした。

2

4月からは、清水のお家から通うことが出来ます。

3

3年間、我慢した晩酌もこれで解禁。

御前崎に居る間、本当にお酒は飲まなかったんですよ。

お酒は旅行した時だけでした。

おかげで、少し健康になりましたがね。

4

さて、清水での仕事はどうなる事やら・・・。

仕事の内容は、御前崎の仕事の延長みたいなもので、心が弾みません。

上司もよく知っている人で・・・う~ん、合わないだろうなぁ・・・この先、何だか風雲急を告げる気配。

5

まぁ、今から心配しても仕方ありませんね・・・。

人が多い分、御前崎ほどは忙しくないと思うし・・・ひたすらに黙々とこなすだけです。

それでは皆様、しばらく皆様のブログにお邪魔できません。

4月、落ち着いて、パソコンの設定が終わったら、再開しますね。

その時まで、サヨウナラ!

(貼った写真は、未公開だった?御前崎の風景です。)

2012年3月13日 (火)

引き継ぎ・・・。

こんばんは!

私、昨日から今日にかけて、会議と仕事の引き継ぎを兼ねた出張で、清水支社にて仕事をしていました。

4月からは13年ぶりの清水勤務、まったく希望していなかったのですが・・・仕方ありませんねぇ・・・・異動命令には逆らえません。

嫌なら辞めろってところですね。

自宅から通えるだけ、御の字ですか。

なんと、清水支社での座席は、13年前と全く同じです。

まぁ、模様替えで、たまたま13年前に座っていた席が、今度所属する課の私の席になっただけなんですが。

この席、景色だけは日本一ですよ。

なんたって、私の背中に、でっかい富士山がドォ~ンなんですから。

Photo

毎日、富士山を眺めながら仕事ができます。

Photo_2

もっとも、富士山ばかり眺めていたら、仕事になりませんがね。

今日の帰りは、船で御前崎へ戻りました。

乗組員ではない私は、船の上ではやることがないので、写真をパチリ。

先ず、出港直後の清水港、日の出ふ頭方面です。

後ろの山は、日本平ですよ。

Photo_3

次は、三保半島。

Photo_4

そうして、かなり遠いですが、羽衣の松付近です。

Photo_5

最後は、駿河湾の真ん中から撮った富士山。

Photo_6

少し雲が掛かっていて、残念でした。

20日にはパソコンを梱包する予定ですので、それまでこのブログ、何回更新出来るかなぁ。

2012年3月 9日 (金)

そうだ、鹿児島へ行こう!(その7)

こんばんは!

さすがに二式大艇を何時までも眺めている訳にもゆかず、女房を追って「史料館」へ。

Photo

入り口にはHSS-2A対潜哨戒ヘリコプターが展示されています。

Photo_2

懐かしいなぁ・・・昔はこれが主力だったよなぁ・・・ここには、海自さんの往年の名機が沢山展示されているのですが、残念ながらゆっくりと眺めている時間がありません。

館内に入って受け付けを済ませ、いよいよ見学です。

ここは無料なんですよ。

ただ、受付で記名しなければなりませんがね。

館内は・・・撮影禁止です。

まぁ、仕方ありませんね。

ここは神聖な場所、陸軍航空隊の特攻基地が知覧ならば、ここ鹿屋は海軍航空隊の特攻基地なんです。

当然、史料館には、特攻で亡くなった方々の御写真や遺書が展示されている訳ですから・・・。

二階の展示室を一つ一つ見て行くと・・・なんと、中央に零式艦戦が!

しかも嬉しいことに、『写真撮影は零戦のみ可能です』と表示があります。

Photo_3

さすが海自さん!分かってますねぇ。

お客さんもほとんど居らず、当に独り占め状態。

と、いうことで、思う存分撮らせていただきました。

Photo_4

この零式艦戦は、「零式艦上戦闘機52型甲」です。

Photo_5

解説では、平成4年に錦江湾と吹上浜の海底から引き揚げられた、52型と21型の二機の零式艦戦を合体させて一機の52型甲に組み上げ、復元したのだとか。

それならば、本物と言ってもよいでしょう。

Photo_7

私、個人的には、零式艦戦は靖国神社の遊就館に展示してある52型が最も美しいと思うのですが、ここの52型甲も綺麗ですねぇ。

何と言っても、コクピット内が精巧に復元されていて、これを間近に見ることができるのが最高です。

Photo_8

う~ん・・・座ってみたいなぁ・・・・。

尾部の下面には、アレスティング・フック(着艦フック)まで忠実に復元されてますよ。

Photo_9

やっぱり、このアングルが最高かなぁ・・・

Photo_10

あぁ、美しい・・・

Photo_11

これがエンジンの「栄21型」です。

Photo_12

結局、零式艦戦の見学だけで、30分くらいかかってしまいました。

ふと周りを見ると・・・また女房が居ません。

渋々、零式艦戦に別れを告げ、女房を追いかけました。

結局、帰りの飛行機の時間やお土産を買う時間を勘案すると、史料館に滞在できる時間はあと僅か・・・。

申し訳ないことですが、海自の歴史のコーナーはスルーして、史料館を離れました。

そのまま鹿児島空港へ向かい、何とか飛行機にも間に合って、清水に帰り着いたのは日付が変わっていたんですよ。

これで、長く引っ張った鹿児島旅行記は終わりです。

最後に、買ったお土産ですが、定番の薩摩揚げに加えて、美味かったのはこれ、ゆきさんに教えていただいた「とらや」さんの「極上かるかん」です。

Photo_13

シットリとなめらかで、上品な自然薯のお菓子。

口の中一杯に、自然薯の風味が広がります。

かるかんって、こんなに美味かったんだなぁ・・・。

Photo_14

もっと沢山買っておけば良かった。

この旅行、後半は雨に祟られましたが、大好きな飛行機達に逢う事が出来、美味いモノも食べて、まずまず、楽しい旅行でありました。

よし、また行こう!

2012年3月 6日 (火)

そうだ、鹿児島へ行こう!(その6)

こんばんは!

桜島を後にしたFUJIKAZE夫婦は、一路「鹿屋」へ!

雨がやむことをひたすら祈りつつ、車を走らせること約1時間、ようやく目指す海上自衛隊鹿屋航空基地が見えてきました。

Photo

駐車場に車を駐めると・・・心なしか、雨が小降りになっているような。

よし!

さあ、行くぞ!先ずは二式大艇だ!

そう、私がわざわざ大隅半島の鹿屋までやってきた目的の一つは、この飛行艇に逢うこと。

1

通称二式大艇、正式名称は、二式飛行艇一二型です。

2

この飛行機、以前は、東京の「船の科学館」に展示されていました。

3

その当時も、何度も見に行ったのですが、お台場は人が多くて、写真を撮ろうにも必ず何処かに赤の他人様が写り込んでしまい閉口したものです。

4

しかし!今日は周りに誰も居ません。

すべて、私一人のモノです。

小雨の中でしたが、濡れる事なんて気にもならず、我を忘れて撮りまくりましたよ。

5

胴体に描かれた日の丸がとっても綺麗・・・。

6_2

機首のこのラインにウットリ、惚れ惚れします。

7

佐賀県の偉人、古賀峯一連合艦隊司令長官が殉職されたのは、この飛行機に乗っていた時だったんだよなぁ・・・。

なんて、感慨に耽りながら、しばらくの間、見とれてしまいました。

Photo_2

で、ふと、横を見ると女房がいません。

雨に濡れるのも忘れて佇んでいる私に、呆れて先に行ってしまったみたい・・・。

仕方なく、二式大艇に別れを告げ、慌てて女房を追いかけました。

Photo_3

続きは・・・また暇な夜?に。

2012年3月 3日 (土)

そうだ、鹿児島へ行こう!(その5)

こんばんは!

たった一泊二日の旅行記を長々と引っ張って、久々?の更新です。

理由は、私、転勤が決まり、ここ数日は引越準備の真っ最中。

4月から清水支社勤務です。

本当は首都圏の支社に行きたかったんですがねぇ・・・成績悪いから・・・上司には逆らうし・・・。

まぁ、単身赴任が解消しただけ良しとするか・・・。

では、鹿児島旅行の続きです。

22日の朝、起きると無念の涙雨。

本当の予定は、朝から桜島へ渡る予定だったのですが、雨の桜島観光なんて、想像しただけでも・・・と、いうことで、予定を変更して、先ずは鹿児島水族館へ。

Photo

ここには、私の憧れの魚、ジンベイザメがいるんですよ。

Photo_2

ここのジンベイはちょっと小さめですが、やっぱり感動モノですねぇ。

(写真が雑なのはご愛敬、水槽の中の魚なんて真剣に撮る気持ちになりませんから。)

いつかは、本物?を海の中で撮って見たいものです。

実はそれ以上に、私が海の中で撮ってみたい魚はこれ!

Photo_3

イトヒキアジっていうんですよ。

これなら、大瀬崎でもたまに現れるので、撮る機会があるかもしれません。

この後、お決まりのイルカショーなんかを見て、

Photo_4

魚好きのFUJIKAZE夫婦には、水族館は夢のような空間です。

楽しくて、結局、昼近くまで長居してしまいました。

では、桜島へ渡ろうか。

フェリーに乗って、桜島へ。

名残惜しいなぁ~、楽しかった鹿児島市街に別れを告げて、

Photo_5

さあ、桜島だぞって・・・その肝心の桜島は雨で霞んでいます。

Photo_6

いよいよ桜島へ上陸だ!

Photo_10 

って、上陸したんですが・・・雨は一向にやみません。

一ヶ所だけ、展望ポイントへ立ち寄りましたが、

Photo_8

雨の桜島・・・さすがに面白くないので、そのまま素通りして、次はこの旅の2番目の目的地である、鹿屋へGO!

続きは、また気の向いた時に。

(おまけ)

ちなみに、鹿児島水族館のお土産屋さんでは、色々なモノが私のツボにハマッテしまい、興奮して沢山買ってしまいました。

Tシャツはもちろん、クマノミ柄のネクタイに魚のハンカチ、ジンベイザメのフェイスタオル・・・

Photo_9

ハッハッハ、散財でした・・・。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »