無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月28日 (金)

速報(石垣島・最終日、人間万事塞翁が馬)

みなさん、こんにちは!
昨日は石垣島の最終日でした。
飛行機は那覇経由の最終便を予約していたので、女房と早朝から探鳥の予定で、早起きして8時過ぎにはホテルをチェックアウトし、レンタカーを飛ばして、先ずは空港へ大きな荷物を預けに行きました。
空港に着いてビックリ、すでにキャンセル待ちのカウンターは長蛇の列です。
28日以降に予約していた人たちが殺到している模様・・・俺たちは大丈夫だよな?
飛行状況の表示板を見ると、乗る予定の最終便とその一つ前の便は「満席」となっています。
これを確認して、早々に空港を後にし、山へ探鳥へ向かいました。
この時、すでに北寄りの強風が吹いており、空はどんよりと鉛色・・・行けども行けども、見かけるのはカラスとツバメばかり・・・初日にあれだけ居た鳥さんたちは何処へ行ったの?って感じです。
「最後の最後についてないねぇ・・・」女房と愚痴りながら、最北端まで走りました。
途中、明石へ寄って、「明石食堂」で石垣島最後の腹ごしらえ。
2
この食堂の「野菜そば」がお勧め。
3
定番のソーキそばも美味しいのですが、ここはやっぱりこれです。
これにソーキをのせるのが通だとか・・・まぁ、この店を利用しているのは観光客ばかりですがね。
早々に食事を済ませて、平久保崎灯台まで行って見てビックリ・・・風が半端ではありません。
すでに台風の圏内なのではないかと思わせるくらいの強風が吹いています。
1_2
急に不安になり、この後の探鳥にも身が入りません。
探鳥は諦め、それなら風景を撮ろうと海岸線を走りましたが、どんよりとした空の下では、なかなか石垣島のイメージにはなりません。
4

5
で、早々に切り上げて、土産物を買って、空港へ行こうということになり、車を返すためにレンタカー屋さんに入ったのが午後4時30分頃です。
返す手続きをしていると、小さな子を連れた若い夫婦も返却に来て、最終便に乗る予定なので、1時間ばかり商店街で土産を買いたいから、それまで荷物を預かって欲しいと交渉しています。
同じ飛行機に乗るのか・・・出発までまだ2時間もあるよな・・・俺たちもそうしようかなぁ・・・。
なんて考えたのですが、土産は既に買っているので、予定どおり空港へ向かう送迎車に乗り込みました。
空港までの所要時間は約10分間、まもなく空港に到着というところで、携帯にメールの着信が・・・ANAからです。
申し訳ありませんが、お客様の乗る飛行機は欠航となりました・・・だって!
とりあえず、カウンターに駆け込み事情を聞くと、台風の速度が速くなったので、急遽欠航が決まったとのこと。
この時間で、当日の出発予定便は、満席の那覇行きと関空行きだけ・・・確実に石垣島から出ることはできません。
カウンターのオネーさんは謝るばかり・・・。
あぁ、・・・明日、明後日も飛ばないよなぁ・・・これから3日間はホテルに缶詰だなぁ・・・嫌な上司に電話して詫びなければならない屈辱や、余分にかかる滞在費の心配等・・・目の前が真っ暗になりました。
見ると、女房はいち早くキャンセル待ちのカウンターの列に並んでいます。
私は・・・朝預けた荷物を返すというので、カウンターで呆然と待っていると・・・別のオネーさんが「お客様、関空経由であれば、席をご用意できますが?」
「それって、今日中に帰れるってことですか。」
「はい、でも関空行きはあと10分で出発ですが、どうしますか?」
「もちろん、それでお願いします。ありがとう!」
6

こんな経緯があって、なんとか無事に帰って来ることができました。
10分遅く空港に着いていたら、今頃はまだ石垣島のホテルだなぁ・・・あの若い夫婦は大変だろうなぁ・・・。
女房曰く、「(死んだ)お母さんが守ってくれたんだよ・・・」だそうな。
探鳥は不発でしたが、おかげで奇跡的に飛行機に乗ることができました。
捨てる神あれば拾う神あり、人間万事塞翁が馬・・・実感です。
では!

2012年9月26日 (水)

速報(石垣島・4日目)

みなさん、こんばんは!
今日も石垣島は良い天気でした。
ときおり、ダイビング中にスコールがありましたが、ご愛敬ですね。
ただ、台風の接近のためか、北寄りの強風が昨日、今日と治まらず、とうとうこのダイビング中、川平のマンタスクランブルへ行くことはできませんでした。
これだけが残念ですが、3日間潜れただけでも御の字かな。
でも、石垣島はマンタばかりではありません。
大きなアカククリが乱舞しているポイントもあるんですよ。
きょうはそのアカククリをバックに、女房と記念撮影です。
P9260012
撮影は、もちろんガイドさんですよ。
これは、年賀状用?です。
明日は、最終便の飛行機なので、土産を買ったら後はまた探鳥かな?
予定どおり飛行機が飛べば良いのですが・・・。
では!

2012年9月25日 (火)

速報(石垣島・3日目)

みなさん、こんばんは!
石垣島には台風17号が接近していますが、私が来島以来、不思議と好天に恵まれています。
今日も良い天気。
夏が残っているって感じですね。
さて、明日はどうだろうな。

今日は名蔵湾と大崎というポイントで潜っていました。
水深38mまで行ったんですよ。
Photo 
大瀬崎で潜っているときは考えられません。
石垣島ではガイドさんが付いていますからねぇ。
女房を気にかける必要もなく、楽なもんです。

では、詳細は後日!

2012年9月24日 (月)

速報(石垣島・2日目)

みなさん、こんばんは!
今日からダイビングです。
今日は黒島付近で潜ってました。
透明度が良くて、とても気持ちよかったですよ。
Photo
毎日が楽しくて、仕事に戻ることが出来るのか不安です。
では、詳細は後日!

2012年9月23日 (日)

速報(石垣島・1日目)

みなさん、こんばんは!
今日は一日、バードウオッチングでした。
さすがは石垣島。
野鳥の宝庫ですね。
静岡ではなかなか見ることができない鳥さんを、今日は沢山撮ることができましたよ。
重たいのに、500mmと7Dを持ってきた甲斐がありました。
Photo
写真はカンムリワシです。

詳細は、後日帰宅してからということで。

2012年9月22日 (土)

石垣島に着きました

みなさん、こんばんは!
何とか、無事石垣島に着きました。
Img_4105
天気はまずまず・・・ってところです。
ここには、未だ夏が残ってましたよ。
明日から本格的?に遊びます。
で、先ずは女房と祝杯。
Photo_2
Photo_5
ウ~ン、美味い!
石垣島は、食べ物も安くて美味いですよ。
Photo_3
こんなお店がいっぱいです。
さて、明日は野鳥の撮影に予定。
どんな野鳥に会えるのか、楽しみです。
とりあえず、今日も女房と二人で山に入ってみましたが・・・飛んでいるカンムリワシが撮れました。
Photo_4
明日はどうかなぁ。

2012年9月20日 (木)

ネタはありませんが・・・

みなさん、こんばんは!
ネタは無いのですが、今日は更新したい気分なので・・・。

ちょっと前のお話なんですが、女房がアルバイトから帰って来て、開口一番、
「ねぇ、スーパー○×△で『響21年』が特売で出てたよ。」
「へぇ~、幾らよ?」
「7,800円だったよ。」
「行ってみよう!」

と、いうことで、女房のアルバイト先近くのスーパー○×△へ行ってみました。
ありましたよぉ。
もちろん、買いました。
Dscf1086
Dscf1088
箱が古いデザインなので、在庫処分なんでしょうが、味には何も関係ありません。
いやぁ~、美味しかったです。
夢見心地とはこのことかな。
ちびりちびりヤルはずが、気づいたら当日に半分無くなっていました。
ビール、焼酎、泡盛と何でも好き(日本酒以外)な私ですが、特にウイスキーには目がないのです。
残り半分は、大事に飲む予定です。
翌日、小遣いを握りしめ、あわててて追加で買いに走りましたが・・・全部売り切れてました・・・。
そりゃそうだね。

さて、22日からようやく夏休みです。
羽田発の一番の飛行機で石垣島へ行く予定。
最近は毎日天気図とにらめっこです。
今日は・・・えっ~~~。
フィリピンの東の低気圧が熱帯低気圧になっていました。
とほほ・・・です。
どうか石垣島へは来ませんように・・・。

2012年9月15日 (土)

新と旧

みなさん、こんばんは!
いやぁ~~~、ついに買ってしまいました「EOS 5D MarkⅢ」!
お金も無いくせにねぇ・・・女房が呆れてます。
これから暫くは、小遣い半減ですよ。
Dscf1099
右が、5D MarkⅢで、左は・・・往年の名機「EOS 5」です。
フィルムカメラなんて、おそらくもう使うことは無いのですが・・・手放せませんねぇ。
これだって、小遣い叩いて買ったカメラ・・・デジイチに替えるまではいつも持ち歩いていた愛機だったんですよ。
下取りにも出せないなぁ。
大きなカメラだから、保管庫の中でも場所をとるけれど、仕方ないね。
これからも、たまに取り出しては眺めて楽しむことにします。
さて、「EOS 5D MarkⅢ」では、風景を中心に撮るつもりです。
なんたってフルサイズだもんね。
そのうち貼りますので、乞うご期待?
なんてね。

次はレンズだなぁ・・・お金かかるなぁ・・・。

2012年9月11日 (火)

楽しかった九州旅行(その2)

佐賀を後にして、一路長崎へ。

長崎では、久しぶりに親戚に会って、楽しいひと時を過ごすことができました。

翌日、最終日は夜の飛行機まで時間があるので、従兄弟の案内で久しぶりの長崎観光です。

あちらこちら、有名処を回りましたが・・・ここで貼るのは一ヵ所だけ。

これが、眼鏡橋です。
Photo
モデルはニコニコ顔(顔を隠してしまいましたが)のうちの女房。
提げている紙袋は、知る人ぞ知る?「匠寛堂」です。
なぜ、女房はニコニコなのか?
私、土産にカステラを買いたいと思って従兄弟に「『福砂屋』に寄ってくれよ」って、頼んだんです。
すると伯母が「最近は福砂屋じゃあないんだよ」って、連れてきてくれたのが、眼鏡橋の傍の、ここ「匠寛堂」だったんです。
Photo_3
えぇ~!長崎でカステラって言えば蝙蝠印の「福砂屋」でしょう!って思ったんですが、そういえば「福砂屋」は最近東京でも売っているよなぁ・・・。
で、今回は「匠寛堂」さんへ。
選んでいると、伯母が全部買ってくれました。
ありがとう、伯母さん!
家に帰って開けてみると・・・注文したお土産用とは別に、なんだか凄いのが入ってました。
Photo_4
わぁ~~~これ持たせてくれたんだ・・・。
Photo_5
桐?の箱に入っています。
Photo_6
で、肝心のお味のほうは・・・マッタリ・・・夢心地でした。
次回からはこれかなぁ・・・認識を新たにしましたよ。
さて、この後は「くじら」です。
「了解~!」従兄弟が車を走らせてくれました。
ありましたよ「くじら」が沢山!さすがは長崎県ですね。
Photo_7
今回は、なんと!「ナガスクジラ」を手に入れることが出来ました。
一年分買い込んで、クール宅急便で家に送ったんですよ。
Photo_8
「ミンククジラ」じゃあなくて、「ナガスクジラ」です。
レアでしょう?これで、来年の九州旅行までちびりちびりと楽しみます。
クジラといえば、夜は居酒屋で色んな部位を沢山食べました。
こんな感じです。
Photo_9
クジラって、感涙の美味さですよ。
もちろん、他の魚も沢山食べました。
こんなのや・・・
Photo_10
こんな感じのヤツです。
Dscf1067
九州は魚が美味い!
清水に帰るのが嫌になるくらい楽しかった九州旅行でした。
案の定、この後、私には地獄の日々が待っていたのですが・・・。
楽あれば苦あり・・・なのかな。

2012年9月 9日 (日)

楽しかった九州旅行(その1)

みなさん、こんにちは!

5月、今年も恒例のお墓参りに行きました。

すぐにでもブログに載せたかったのですが、帰ってからは地獄の忙しさ・・・。

で、今日になってしまいました。

当日は、いつものように福岡空港でレンタカーを借りて、小倉まで。

もちろん目的はお墓参りですので、先ずはお墓に直行。

掃除とお参りを済ませ、さて、何処へ行こうか・・・。

久々に平尾台へ行こうということになり、ウン十年ぶりに上がってみました。

Photo
ここは、九州では有名なカルスト台地なんですよ。

Photo_4

ちょっと天気が悪かったのですが、幸い雨には逢わず。

ヒバリの声を聴きながら、子供のころ、よく来たなぁ・・・なんて、感傷にひたってきました。

Photo_5
愛機HS20EXRでのヒバリの撮影はこれが限界、あぁ、こんなに野鳥がいるんだったら、7Dを持ってくればよかったなぁ・・・。
夜は、これも恒例の友達との宴会です。
Photo_11
そうして、日付が変わるころ、丸和前ラーメンへ。
この屋台、最近店舗をかまえたようですが、やっぱり屋台で食べるのが一番。
Photo_12
ウ~ン・・・小倉へ帰ってきたんだなぁって、懐かしい味のラーメンです。
Photo_13
二日目は、佐賀の親戚の家へ寄って、伯母のお墓参りを済ませ、さて去年まではここで福岡空港へ戻ったのですが、今年は長崎の親戚に会う予定。
豪華?な2泊3日の旅です。
その前に、前々から気になっていた、太良町の竹崎城址へ立ち寄りました。
Photo_15
遠くから、天守閣らしきものが見えるなって思っていたのですが・・・
これでした。
Photo_16
これは天守閣ではなくて、天守閣風展望台でした。
でも、そこからの景色はとても綺麗でしたよ。
遠くに、雲仙を望むことができました。
Photo_17
この後、長崎へと向かったのですが、続きはまた近いうち?に。



2012年9月 2日 (日)

久しぶりのダイビング(2本目)

特に珍しい魚も居ないとのことだったので、2本目はショップの前からエントリーしてのんびりダイビングを楽しむことに決定。

早々に昼飯を食べて、午後零時22分に潜水開始です。

とりあえず、水深8mのところにいるヒレナガネジリンボウ(ハゼの一種です)の巣穴に向かいます。

浅場の視界は悪くなっていて、水平で5m位、ほとんど見えないのと同じですね。

女房が付いてきているのを確認しながら、コンパスと水深計を交互に見つつ進むのはちょっと骨が折れます。

それでも、ドンピシャで到着!おぉ、我ながら大したものだ。

可愛いヒレナガ君が巣穴から出てホバリングしていますよ。

早速、着底して匍匐前進で近づきます。

この種のハゼは警戒心が非常に強く、驚くと巣穴へ一直線、一度逃げ込まれると後はなかなか出てこないんです。

「ダルマさんが転んだ!」ってゲームみたいな感じで、ハゼ君の様子を見ながら、少しずつ近づくんですよ。

ようやく、我が60mmマクロで大きく撮れる位置まで近づいて、パチリ!

Img_2254

可愛いでしょう?

撮り始めたところで、私たちのストロボに気づいたグループが近寄ってきました。

何ということか、砂を巻き上げながら泳いで寄ってきます。

あぁ、これは初心者ダイバーだな。

「来るなぁ~!」って叫びたいところですが、水の中ですからねぇ・・・。

案の定、ハゼ君は一瞬で巣穴の中へ。

怒り心頭で、連中に拳を振り上げると、ガイドらしき人が「ごめんなさい」の素振りをして連中を引き連れて立ち去りました。

そのまま5分くらい粘ったのですが、ついにハゼ君はお出ましにならず。

諦めて、少し深場へ行ったのですが、何も見つからないので、次は普通のネジリンボウの巣穴へ。

ここでも、ネジリンボウ君は巣穴から出てホバリング中。

邪魔は入らずに撮れたのですが・・・

Img_2290

あれ?目にピントを合わせたはずなのに・・・

私の乱視もかなり悪くなっているようです。

マニュアルフォーカスで撮っているのですが、これからはオートフォーカスにしなければいけないかなぁ・・・。

この後は、水深5m位のところでのんびり遊びました。

この水深だと、空気の消費量はグッと少なくなりますから、長時間遊ぶことができます。

で、撮れた魚は、紐のような魚のヒフキヨウジと、

Photo

(その顔のアップ)

Img_2284_6

ニザダイに、

Photo_6

キンギョハナダイ♂と、
Photo_7

ヤマドリ(幼魚)に、

Photo_10

ゴンズイ(顔)だけでした。

Img_2295_5

まぁ、定番の魚ばかりですね。

遊んでいると、さすがにタンクの空気が少なくなったので、午後1時56分に浮上。

最大水深19.6m、潜水時間94分間の少し不満の残るダイビングでした。

さて、今月末からようやく夏休みを取り、石垣島へ行く予定です。

昨年は地震で壊れた庭の修復費用が嵩んだので断念しました。

今年は・・・どうか行けますように・・・。

2012年9月 1日 (土)

久しぶりのダイビング(1本目)

みなさん、こんにちは!

先日、(8月30日)、久々に大瀬崎へ行ってきました。

ダイビングも久しぶりです。

朝、5時30分に起きて、機材とカメラを愛車に積み込み、女房を隣に乗せてGO!

久々に潜れるとあって、気分は上々、天気もまずまず、鼻歌交じりで午前8時20分には大瀬崎に着きました。

P8300001
馴染みのショップへ入ると、ガイドさんが「FUJIKAZEさん、湾内にオレンジ色のオオモンカエルアンコウ(オオモンイザリウオ)が出ていますよ。」

早速、機材をセットして、午前9時01分、女房の手を引いて潜水開始。

オオモンイザリウオがいるという、水深20mの海底を目指します。

潜水してみると・・・海面近くの水温は27℃、視界は上下水平8mくらいです。

途中、たくさんのソラスズメダイが群れていて、まるで竜宮城のよう・・・。

Photo

女房がはぐれないように、後ろをチェックしながら、海底へ降りて行きます。

ほどなく水深20mの海底に到着。

水深20mともなると、水温は24.5℃、少し肌寒く感じます。

カゴカキダイの群れが出迎えてくれました。

P8300005_2

さて、目指すオオモンイザリウオは、もう少し西側の漁礁にいるはず・・・。

コンパスとにらめっこしながら移動を始めて2分・・・その漁礁が見えてきました。

女房と手分けして、オオモンイザリウオを探します。

オレンジ色で体長12cm位のはずなんですが・・・見つけました!

女房を呼ぶ前にパチリ!当然、見つけた私が優先です。

P8300009

P8300015

撮っていると、すぐに女房が気づいて寄ってきました。

仕方ないので、譲って、私は別の被写体を探します。

P8300019_2

P8300013

と、言っても、なかなか珍しい魚って見つかるものじゃあありません。

で、撮れたのは、定番のオキゴンベさんと、

Img_2279

今にも噛み付いてきそうなトラウツボさんだけでした。

Img_2222_2

午前10時06分に浮上。

最大深度22.3m、潜水時間は65分間のまずまずの1本目でした。

2本目は、明日更新・・・かな?

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »