無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

ちょっと憂鬱な出張

「お願いしますよ。本社が行ってくれって・・・。」
「若いヤツが横浜でも、東京でも居るだろう!そいつらに場数を踏ませないと、いつまでたっても使えないぞって言ってやれ!」

「う~ん・・・今回は、どうしても行って欲しいそうです。」
「・・・」

こんな感じで急な出張が決まり、石垣島へ行ってきました。
実に腹立たしい気分で静岡空港へ向かい・・・
Photo

Photo_3
初めて、この空港から飛行機に乗りました。
この空港が出来た時は、こんな空港誰が使うんだ?って思ってましたが、まさか自分が使うことになろうとはねぇ・・・。
Photo_4
飛行機の中でも気分は晴れず・・・いつもなら沖縄へ向かう飛行機に乗ればワクワクなんですがね。
石垣空港からは、路線バスで市内まで移動。
Photo_5
何十回と石垣島を訪れていますが、バスに乗るのは初めてです。
いつもはレンタカーですからね。
車両は、都会を走っているバスと何ら変わらず、車窓の景色だけが石垣島の風景。
ちょっと、不思議な感覚でした。
市内もいつもと同じ、見慣れた風景です。
Photo_6
ただ、街路樹の火炎樹が咲き誇っていたのには感激。
Photo_7
毎年、この季節は避けて石垣島を訪れていましたから、こんなに見事な満開状態の花を見ることは出来なかったからねぇ。
2
あとは・・・海は勿論、どこまでも蒼く澄み、「お帰り!」て感じで、私を迎えてくれました。
Photo_8
あぁ、潜りたいっ!
傍に石垣の海があるのに、潜れないのは残酷です。
ただ、カツオドリだけが時折近くまで飛んで来て、私を慰めてくれました。
Photo_9
う~ん、デジイチ持ってくれば良かったなぁ・・・。
Photo_10
ちょっと後悔です。

で、仕事の方は、10日間くらいの滞在を覚悟していたのですが・・・
元寇よろしく、「神風」が吹いてくれまして、私の仕事は5日間で終わり。
あぁ、神風様、ありがたや、アリガタヤ
早々に石垣島を後にして、中部空港経由で静岡に帰って来ることが出来ました。
めでたし、メデタシです。

2013年8月24日 (土)

夏の大瀬崎

みなさん、こんばんは!
毎日暑いですねぇ・・・。
あちらこちら雨が降ってないような・・・飲み水は大丈夫かなぁ・・・。

では、ブログ更新です。
先日の19日、我慢できずに大瀬崎へ潜りに行ってしまいました。
まだまだ、海水浴客の残る海岸は決して快適ではありませんでしたが・・・。

湾内は、相変わらず多くのテントが建っています。
Photo
海水浴客を尻目に、もうお盆過ぎたよ。クラゲに刺されるぞって思いながら機材を装着し、海水浴客の居ない外海へ。
結局、2本共に、外海で潜ることになりました。

本来ならば・・・詳しくダイビングを紹介するべきところ・・・
大した魚も撮れなかったので、以下の写真でご容赦を。
最初のポイントは、外海の「柵下」というポイント。
Photo_2
こんな感じです。
Photo_4
穏やかでしょう?
本来なら、2本のダイビングを詳しくご紹介したいところですが・・・今、眠くて仕方ありません。
で、ハイライトのみをご紹介。
先ず、海の様子ですが、地球温暖化の影響かなぁ・・・越冬クマノミが増えたような・・・。
Photo_5
まぁ、可愛いからOKですかな。
クマドリイザリウオも撮りましたよ。
Photo_15

Photo_16
他は、ホンソメワケベラにクリーニングされて恍惚?の表情のブダイに、
Photo_18
アカハタと、
Photo_19
アオサハギに、
Photo_20
ミナミギンポくらいかな。
Photo_21
後は、ワイド系の写真ばかりです。
この季節には珍しく、透明度が良かったから、沢山撮りました。
Photo_6
こんな魚が、今、大瀬崎に溢れています。
キンギョハナダイに、
Photo_7
クロホシイチモチ
Photo_8

Photo_9
綺麗でしょう!
そうして、サクラダイです。
Photo_12

Photo_13

Photo_14
女房も大興奮、撮りまくりです。
Photo_17

Photo_10

Photo_11
さて、私、明日からお仕事で不在です。
南の島へ、1週間ばかりの出張なんですよ。

さて、どうなるものだか・・・。

2013年8月18日 (日)

富士山が見えた!

みなさん、こんばんは!
今日、富士山がクッキリ見えたんですよ。
はぁ~、清水湊に住んでいながら何言ってんの?って突っ込みが聞こえてきそうですが、実はこの季節、富士山が見えることは希なんですよ。
見えても、ぼやけていたり、頂上だけだったりの日がほとんどなんです。

私、昨日は泊まり勤務でした。
今朝の午前4時30分頃、ようやく外が明るくなり始めた時、あくびを堪えながら何気なく外を見ると・・・富士山がクッキリと浮かび上がっていたんです。
一瞬で眠気も吹き飛び、慌ててコンデジを取り出してパチリ!
Dsc04413
この暑い季節に全体を見せてくれるなんて、感激です。
仕事が明けたら、デジイチ持って、夏富士でも撮りに行こうかなぁ・・・なんて考えながら、しばらく見つめていましたが、午前5時08分の日の出以降は段々と霞んできて・・・
午前6時頃には、ご覧のとおり。
Dsc04417
いつもの夏の富士山に戻ってしまいました。
まぁ、こんなものです。
ネタが無かったので載せてみました。

ちなみに、画面の左下に写っているのはJAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」ですよ。
最近、頻繁に清水港に入ります。
いずれは母港になるのかなぁ・・・。

2013年8月11日 (日)

「みかんの花咲く丘」ってここなの?

みなさん、こんばんは!
毎日暑いですねぇ・・・。
ここ清水もハンパない暑さ、クーラーの効いた部屋から出る気分になりません。
石垣島が暑いのは許せるのですが、静岡が暑いのは許せない!
なんて思ってしまいます。

大したネタは無いのですが、ブログ更新です。
(添付の写真は全てスマホで撮ったものです。イマイチ鮮明でないのでご容赦。)
8日、妹の墓参りに伊東まで行ってきました。
女房と親父を愛車に乗せ、昼前に家を出て、伊東のお寺に着いたのは午後2時頃。
当日は按針祭の初日だったのですが、道は比較的空いていましたよ。
Photo
墓参を済ませ、妹の嫁ぎ先に立ち寄り、道が混み出す前にと、早々に伊東を離れましたが、途中、以前から気になっていた亀石峠の「みかんの花咲く丘」の歌碑に立ち寄ってみました。
そう、あの童謡の「みかんの花咲く丘」ですよ。
私の大好きな童謡の一つ。
その歌碑が、なんと伊東にあるのです。
Photo_2
初めて見かけた時は、えぇ~、この歌って伊東が舞台なのぉ~!って思い、ちょっとショックでした。
私的には、瀬戸内海のミカン山をイメージしてましたからね。
Photo_3
碑の説明を読んでみると・・・
Photo_4
なるほどねぇ・・・この伊東の地がモデルのようです。
確かに、この碑の横にはミカンの木もありますが・・・
Photo_5
でも、「遙かに見える青い海、おふねが遠くかすんでる」っていうのはどうなのかなぁ・・・。
Photo_6
この場所からは、ほとんど海は見えないしなぁ・・・。
うん、伊東が舞台なのは許そう。
でも、もっとイメージに近い場所に碑を建てろよなぁ・・・って思ってしまいました。
好きな歌だけにね。

昨日、10日は沼津の漁船に乗っかって、漁師さん達と一緒に内浦湾の調査をやりました。
朝から良い天気、遊びなら大歓迎なんですが、これはお仕事ですからねぇ・・・。
凄く日焼けしましたよ。
特に腕と首の後ろ側。
今もヒリヒリで、お風呂が辛いほどです。
この調査の途中、大瀬崎にも立ち寄りました。
Photo_7
あぁ、潜りたいなぁ・・・。
漁師さんの話では、ここ数日、内浦湾には沖からの潮が入って来ているので、透明度は良好とのこと。
なるほど、船上から海中を見ると、かなり深いところまで見通すことができます。
絶好のコンディションだなぁ・・・。
で、ふと馴染みの「はまゆうマリンサービス」の方向を見ると
Photo_8
凄い!海水役客で浜は当に芋洗い状態です。
テントが所狭しと建ち並び・・・
Photo_9
駄目だコリャ!
これでは、ゆっくり潜れないし、安心して機材を干すことができません。
大瀬崎の海水浴場が終わるのは、来週末のはず。
早く元の静かな海に戻って欲しいものです。

さて、明日からはまたお仕事。
代休が貯まってますが、いつ休めるのかなぁ・・・。

2013年8月 5日 (月)

近況です

みなさん、こんばんは!
・・・ネタ切れです。
石垣島から戻って以来、野鳥も撮れていないし、ダイビングもおあずけですからねぇ。
で、近況です。

7月25日(木曜日)曇り
朝から森町の小國神社まで、野鳥を探しに・・・。
遠江国一宮、因幡の白兎伝説の大国様をお祀りしている神社です。
Photo
1400年もの歴史がある神社で、御祭神が同じである出雲大社を敬う美称から「小國神社」とされたとか。
Photo_2
勿論、参拝もしましたよ。
でも本来の目的は野鳥の撮影。
この神社の境内を流れる宮川の周辺は鬱蒼とした杉林で、いかにも野鳥が出てきそうな感じだったのですが・・・
Photo_3
3時間ほど歩き回りましたが、残念ながら出会えずじまい。
帰りは、神社入口にある「ことまち横町」でかき氷を食べて帰りました。
Photo_4
次郎柿のシロップが名物だそうですが・・・さすがにね。
野鳥は撮れなかったけれど、満足した一日でしたよ。

7月31日(水曜日)曇り
この日は、日本平のスタジアムへサッカーの試合を見に行きました。
私、サッカーなんてルールも知らないのですが、仕事の付き合いで仕方なくチケットを購入。
生ビールとおつまみ付きで3500円ナリ。
仕事を定時で切り上げ、サッカースタジアムへ急ぎました。
Photo_5
地元の清水エスパルスとFC東京とかいうチームの試合です。
Photo_6
いやぁ~サッカーって初めて観ましたが・・・五月蠅いねぇ・・・。
これだったら、草薙球場でたまにやるプロ野球の2軍の試合の方が良かったなぁ。
Photo_7
おまけに、素人の私が見ても、両チーム共に気合い入ってないし・・・。
なんだかダラダラやっている感じでした。
応援団だけ一所懸命。
金返せって言いたいような、つまらない一日でした。

8月3日(土曜日)~4日(日曜日)晴れ時々曇り
この両日は、「清水みなと祭り」のお手伝いで出勤です。
両日共に、清水の何処にこんなに人が居たのってくらいの人出。
土曜日は一日中外でお仕事。
日曜日は午前中だけ外でお仕事でした。
まぁ、私の関心はもっぱら佐世保から来た最新鋭イージス艦「あしがら」です。
Photo_8
仕事中も、「あしがら」が気になって仕方ありません。
Photo_9
あぁ~見学に行きたいなぁ・・・
Photo_11
さすがに仕事を放り出して行く訳にはゆかず・・・我慢しましたよ。
でも、この艦、さすがにデカイです。
Photo_12
こんな艦を持っている日本は、たとえC国やK国が攻めて来ても絶対大丈夫!
って、思ってしまいました。
まぁ、戦艦大和を見た当時の日本人も、きっとそう思ったんでしょうがね。
日曜の夜は、海上花火大会です。
私、昨年はお手伝いでしたが今年は外れたので定時で終わりです。
で、帰ろうと思ったのですが、なんと、道路が封鎖されていて、21時まで車を出せないとのこと。
仕方なく会社へ戻って残業?です。
19時30分、パンパンと音が聞こえてきたので、カメラを片手に社屋の屋上へ。
Photo_13
今夜で幾らお金を燃やすんだろうなぁ・・・。
なんて思いながら、しばらく花火を見ておりました。
Photo_14

Photo_15
蒸し暑いので、半分も見ずに社内に戻りましたよ。
クーラーの効いた部屋が一番です。
この後、結局、仕事の援軍にかり出され、家に帰り着いたのは23時過ぎでした。
やれやれ、早く清水から抜け出したいものです。

(おまけ)
我が家のハイビスカスは花盛り。
毎日、綺麗な花を咲かせてくれています。
Photo_16
石垣島を思い出すなぁ・・・。
それから、庭の梅の木にゴーヤがなってます。
Photo_17
梅の木が、「アンタみたいな子を産んだ覚えはないよ!」って言っているみたいな。

先日、女房が倉庫を整理していたら、お酒が2本出てきたんだそうな。
一本は芋焼酎の「㐂六」
Photo_18
いつ買ったんだろう・・・。
値段のシールには、横須賀の酒屋さんの名前が。
と、いうことは、最低でも7年くらい前に買った物かな?
もう一本は「刀」っていう芋焼酎
Photo_19
これも全く記憶にございません。
なんだか得した気分ですが、果たして、まだ飲むことができるのかなぁ。
少し心配です。

とりとめの無い話を最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »