無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

何故か滝巡り

みなさん、こんばんは!
台風の影響で予定していたダイビングにも行けず・・・。
先週の3連休は、探鳥に行ってました。
22日は「かわせみさん」の探鳥会に参加するも、イマイチ撮りたいような鳥には出会えず。
それで、23日は静岡の奥地、梅ヶ島の方まで足を伸ばしてみました。
以前、「ハッピーのパパさん」のブログで、「安倍の大滝」の写真を見て、あの辺りならば珍しい鳥も沢山居るのではないか・・・って思って行って見たのです。
我が家からは車で1時間ほど。
途中、くねくねとした細い道に神経を使いながら、何とか梅ヶ島に到着。
滝を目指して、歩き出しました。
滝までは1.2kmくらいの山道を歩きます。
途中、グラグラと揺れる吊り橋に肝を冷やしながら・・・女房の顔も引きつってます。
Photo
どこかに鳥は居ないかなぁ・・・500mmを付けたデジイチをかついで山道を行くのは、鍛え抜かれた私の躯(嘘です)でも、さすがに堪えました。
Photo_2
それでも、鳥を探しながら、立ち止まり、立ち止まり、滝を目指しました。
Photo_3
あまり人にも会いませんでしたが、鳥にも出会えず・・・
およそ40分くらいかかってようやく到着。
Photo_4
う~ん、見事!この滝、安倍川の上流にある滝で、落差が80mもあるのだそうな。
でも持って来たカメラは鳥用の500mmデジイチと、コンデジのみ。
失敗だったなぁ・・・5DⅢも持って来るべきだったって後悔しました。
Photo_5
仕方ないのでコンデジでパチリ。
辺りは滝の飛沫が立ちこめてマイナスイオンが一杯?です。
Photo_6
しばし休憩して、来た道を戻ります。
もちろん、鳥を探しながら・・・
しかし結局、鳥さんには出会えませんでした。
さて帰ろうと、車を走らせると、途中、「赤水の滝」の看板が・・・
「ついでだ。寄ろう。」ってことになり、駐車場に車を入れてテクテクと滝へ。
この滝にはすぐに到着。
Photo_7
この滝は、落差が60mだそうな。
イマイチでした。
ちょうどお昼、お腹も空いてきたので早々に退散。
静岡市内へ向けて車を走らせていたのですが、なかなかドライブインのようなものはありません。
ようやく「真富士の里」っていう道の駅のような所を見付けてお昼です。
「真富士そば」というおそばを注文しました。
まぁ、普通の黒い田舎そばですが、小さなワサビが1本付いているのがウリ。
Photo_8
ワサビはこの辺りの特産ですからね。
味は・・・普通です。
値段は750円ナリ。
高いなぁ・・・観光地値段ですね。
最後は、やはり途中で看板を見付けた「不動の滝」へ寄り道。
この滝の入り口の駐車場は車が4台しか停められません。
まぁ、私たちだけでしたから問題は無かったのですが。
駐車場から滝まで、およそ10分。
着いた滝は落差12m程の小さな滝でした。
Photo_9
この滝、正式には「牛妻不動の滝」って言うのだそうな。
観客は私たち夫婦だけ。
ゆっくり眺めることが出来ました。
この滝を後にして家に向かったのですが、滝巡りよりも、やっぱり鳥が撮りたいねぇ・・・。
ってことになり、またまた寄り道して、麻機遊水池へ。
ここでやっとカワセミを見付けて、1時間くらい粘り、何とか撮ることが出来ました。
まだ若い雄と、
Photo_10
やはり若い雌です。
Photo_11
鳥撮影のつもりが滝巡りになってしまった一日でしたが、まぁ、それなりに楽しかったですよ。
明日は富士市方面へ行ってみようかな。
晴れるといいなぁ。

2013年9月21日 (土)

富士山三昧

みなさん、こんばんは!
私、先週の3連休は、台風18号がらみでお仕事。
2泊3日の会社泊まりだったんですよ。
台風一過の16日の夕方、清水港はそれは幻想的な雰囲気でした。
Photo
富士山もくっきりと見え、夕焼けが綺麗でした。
Photo_2
幸い、港はたいした被害も無く、代休も沢山貯まっているので、18日19日と休みを貰い、河口湖方面へ女房とプチ旅行へ行ってきました。
山梨県側から富士山を見るのは久しぶりです。
当日は晴天で雲一つ無く、実に珍しいことに、夏富士がクッキリと見えています。
Photo_3
確かに、山梨県の人が「山梨側から見る富士山が一番綺麗」って言うように、美しい富士山ですね。
でも、何か物足りません。
それを確認するため?に、「カチカチ山」に登ってみました。
Photo_4
この山、太宰治の小説からカチカチ山って名前が付いているんだそうな。
Dscf0391
この山から眺める富士山は・・・
Photo_5
やっぱり、見事!
眼下には、河口湖も一望です。
Photo_6
さて、この美しい富士山に何が足らないのか・・・。
「宝永山」です。
清水から見る富士山には、向かって右側の中腹に宝永山が付いていて、これがアクセントになっていますが、山梨側から見る富士山にはそれがなくノッペリした印象ですね。
まぁ、これは好きずきなんでしょうがね。
結論として、富士山はどこから見ても綺麗です。

河口湖を離れて、「忍野八海(おしのはっかい)」へ寄りました。
ここは、富士山の雪解け水が8カ所の湧水池を作っている村です。
初めて行ってみたのですが・・・。
Photo_7
完全に観光地ですねぇ。
Photo_8
もう少し、隠れ里的な雰囲気を期待していたのですが、それを探しても、ほとんど見つけることは出来ず・・・。
Photo_9
まぁ、仕方ありませんね。
Photo_10
一度、行って見ることに意義があるのかな。

この日は、家には帰らず、御殿場の「時之栖」に泊まりました。
ここからも、富士山は真っ正面です。
Photo_11
素敵な温泉に何時間も浸かって・・・
夜は、もちろんホテル併設の「御殿場高原ビール」へGO!
Photo_12
美味しいビールと料理に舌鼓、たらふく食べて極楽気分でした。
Photo_13
このホテル、噴水ショーやハロウィンの催しをやっていたのですが、
Photo_14
台風警戒の徹夜続きにビールたらふくで、予想以上に酔いが回り、それどころではありません。
部屋に戻ってバッタンキューでした。
早く寝たせいか、午前5時頃に目が覚めたので、ふと外を見ると、朝日に染まった見事な赤富士が!
すぐにカメラを取り出して、パチリ。
Photo_15
綺麗でしょう?
結局30分くらい眺めてしまいました。
ちなみに、「赤富士」と「紅富士(あかふじ)」の違いって、ご存じですか?
「赤富士」は、このように夏場の冠雪のない富士山が赤く染まった状態のことを言い、「紅富士」は冬場の冠雪状態の富士山が赤く染まることを言うんですよ。

さて、赤富士ですっかり目が覚めたので、朝食前に朝風呂と洒落込み、9時頃にホテルを出て、小山町にある「富士浅間神社」に行きました。
この神社は、富士山の須走口登山道の起点にある神社です。
この神社を訪れた目的は野鳥の撮影なんですが、先ずは富士山の写真を一枚。
Photo_16
でかくて迫力がありますが、何となく富士山のイメージじゃあないような・・・。
さて、野鳥撮影ですが、この神社の森に入ると、キビタキやオオルリをけっこう頻繁に見ることができました。
でも、カメラを向けると・・・皆、恥ずかしがり屋なのか、なかなか撮らせてくれません。
で、結局撮れたのは、オオルリの若鳥?だけでした。
Img_5229
まぁ、楽しめたから良しとしましょう。

今日から、私も世間様並に3連休、明日は・・・また鳥を撮りに行こうかと思っています。
晴れると良いなぁ・・・。

2013年9月 8日 (日)

ネタ無し・・・

みなさん、こんばんは!

ネタが無いので、つまらない記事ですが無理やり更新です。

石垣島から帰って以来、代休が貯まっていたので、先週は1日、平日の休みを貰い、近くの日帰り温泉に行ってきました。
清水市内、と言っても山梨県に近い所にある「やませみの湯」です。
Photo
以前から、行きたいなぁって思っていたのですが、休みでも仕事が入れば呼び出される身の上なもので、なかなか行く機会がなかったのです。
料金は、3時間600円、JAF会員の一割引で、540円ナリ。
けっこうリーズナブルでしょう?
泉質はナトリウム、カルシウム塩化物泉とかで、色々と効能が書いてありましたが・・・忘れました。
お風呂はこんな感じ。
(さすがにカメラを持ち込む訳には行かないので、HPから勝手に転載)
Yamasemi
3時間ゆっくり浸かって、身も心もリフレッシュです。
いいですねぇ温泉。
次は何処にゆこうかなぁ・・・。
この温泉の入口にヤマセミの像がありました。
Photo_2
湯船にヤマセミがやって来るような温泉だったら最高なんですがね。
まぁ、そんなことは絶対にありません。

昨日は、これも近所?の竜爪山に行ってきました。
以前、ニホンカモシカを撮ったあの山ですよ。
もちろん、野鳥撮影が目的だったのですが、残念ながら全く撮れず。
かわりにアジサイを撮ってきました。
不思議だなぁ・・・。
Photo_3
山のあちらこちらに、アジサイや
Photo_4
ガクアジサイが咲いていました。
Photo_5
もうすぐ梅雨入り?
Photo_6
以上、ネタが無いので、こんな内容でお許しを。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »