無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

久々にヨコハマへ行ったのですが・・・

みなさん、おはようございます!
26号、27号と台風は大変でした。
本当にこの季節の台風は嫌ですねぇ・・・。
実は私、27号が迫る24日、25日と横浜に居りました。
毎年恒例の人間ドックなんですよ。
27号が当初の予想どおり静岡県直撃コースであれば、取りやめになるところでしたが、運良く?大幅に南へ逸れてくれたので、予定どおり行くことができました。
でも、24日の横浜は生憎の雨模様。
久しぶりにあちらこちら遊びに行きたかったのですが、ついてないねぇ。
1
いや、来ることが出来ただけでも御の字なのかな。
2
人間ドックの予約時間まで、小雨の降る中、波止場で時間つぶしです。
3
東名の集中工事渋滞を見越して、朝6時には清水の自宅を出たので、8時過ぎには着いてしまい、結局1時間くらいブラブラしていました。
4
私が居ない5年間、この辺りも変わったなぁ・・・。
こんな公園のようになっている場所、以前は何が建っていたかなぁ・・・なんて考えながらの散策です。
5
そんなこんなで、人間ドックは無事終了。
当然のことながら朝食は食べておらず、腹が空いているので、女房と中華街で待ち合わせ。
これも恒例ですね。
6
いつもは決まった店に入るのですが、今回は最近流行っている?食べ放題とやらを経験してみることに。
で、入ったのがこのお店。
7
まるで居酒屋みたいにパソコン様の画面を見ながらあれやこれやと注文して、
8
お腹一杯にはなりました。
でも、味はイマイチだったなぁ・・・ちょっとガッカリです。
来年は、食べ放題はナシだな。
腹が一杯になったら、早々にホテルにチェックイン。
ホテルはランドマークタワーで、海側のお風呂に展望窓のある部屋ってところも恒例。
9
いつものように、ヨコハマ港の夜景を眺めながら・・・
10
さて、飲もうか・・・ってところまでは恒例でしたが、
11
恒例では無かったのは、今回、美しい夜景を眺めることが出来たのが、せいぜい午後7時までだったこと。
今回、55階というお部屋だったのですが、午後7時頃になると、瞬く間に霧の中。
いや、雲の中かな。
風景はなぁ~んにも見えなくなりました。
仕方なく、女房とテレビ鑑賞です。
ランドマークタワーに泊まって、夜、テレビを観ているなんて初めてです。
ついてないねぇ・・・。
結局、朝になってもご覧のとおり。
12
中華街の食事にせよ、ホテルでの景色にせよ、今回は最低のヨコハマでした。

まだオチがあって、この後、清水へ戻ると、夜にお仕事が入って会社に呼び出され、結局翌日(昨日)の昼過ぎまで帰宅できなかったんですよ。
まぁ、これはよくあることですがね。

今日は当に台風一過の秋晴れです。
外に出れば清々しいのでしょうが・・・今日は家でゴロゴロだな。
さて、皆さんのブログでも拝見するか・・・。

2013年10月19日 (土)

台風一過の大瀬崎

みなさん、こんばんは!
台風26号は凄かったですねぇ。
幸運にも清水港は台風の左半円側だったので、大きな被害は出なかったのですが、それでも岸壁が壊れたり、ボートが沈んだり・・・けっこうな被害が出ました。
そんな訳で、仕事も大変でしたよ。

さて、そんな台風も過ぎた昨日18日、女房と一緒に久しぶりのダイビングに行って来ました。
場所は勿論、西伊豆の大瀬崎です。
前日の午前中は、台風の被害で大瀬崎へ至る道路の一部が通行止めだったと聞いていたので、海の中もさぞや・・・と予想していたのですが、貴重な平日休みを無駄にする訳にはゆかず、思い切って行くことにしました。

着いてみると、馴染みのガイドさん曰く、「海の中は視界が悪いですよ。最低です。」だそうな。
しかし、けっこうダイバーは居るようだし・・・まぁ、私たちも覚悟してエントリー。
Photo
いざ潜ってみると・・・なんだこりゃ!
水中視界はせいぜい5m、一面に緑色です。
ただ、生物は多くて、丸々と太った大きなアジや、
Photo_2
カゴカキダイに、
Photo_3
これも大きなイシダイなんかが、私たちを迎えてくれました。
Photo_4
しかし、今日の目標は、水深20mの魚礁に出ているらしいニシキフウライウオです。
ガイドさんが、朝一番のダイビングで見付けたのだそうな。
次の台風が来れば、流れて行ってしまうから、今日は何としても見付けなければ・・・。
気持ちは焦りますが、何といってもこの視界、いつもならすぐに見付けることが出来る変針のポイントもなかなか見えません。
後ろを付いてくる女房がはぐれないように頻繁に気を配らなければならず、ようやくたどり着いたのは、潜水開始から25分も過ぎた頃。
女房と手分けして探してみると・・・居ました!
Photo_5
全長7cmくらいの赤くて可愛い仔です。
Photo_6
大瀬崎に秋の到来を告げるこの魚。
周りには誰も居なかったので、女房と二人、10分間位粘って撮りまくりました。
しかし、水深は20m、既に潜水開始から40分以上経過しており、これ以上の長居は潜水病のリスクが増します。
名残惜しかったのですが、早々に退散し、減圧停止して浮上しました。

2本目はのんびりダイビング。
それでも、水深15m位の所にある魚礁に行ってみることに。
そこはけっこう華やかでした。
南洋系の死滅回遊魚が居着いています。
伊豆ならどこにでも居るコスジイシモチの中に、よく似ているけれど明らかに違う黄色い色調の魚が居るでしょう。
ヨスジフエダイです。
Photo_7
石垣島なら群れをなしていて実にポピュラーな魚ですが、伊豆ではレアです。
おそらく、年が変わる頃には低い水温に耐えられず、死んでしまうでしょうね。
そうして、ムレハタタテダイ。
Photo_8
この魚も熱帯魚のようで可愛いでしょう?
こんな感じで、イマイチのダイビングでしたが、視界が悪いなりに楽しめましたよ。

さて、台風27号が近づいてますね。
この台風もかなり強い台風のようです。
大きな被害が出ませんように・・・。

2013年10月14日 (月)

鳥は撮れず・・・それでネタは・・・

みなさん、こんばんは!
私もこの週末は世間様並に3連休を休むことができました。
静岡はこの三日間、とても良い天気の秋空。
それで、鳥を求めて市内をあちらこちら散策したのですが・・・
Photo
結局、撮れたのはミサゴだけ
Photo_2
これではさすがにブログを更新できないので、ネタ探しです。

そこで、庭の鉢植えのハイビスカスに注目。
今日も綺麗な花を咲かせてくれています。
Photo_3
じっと眺めていると、小学生の頃の理科の時間を思い出しました。
雌しべがあって、雄しべがあって・・・うん、ちょっと大きく撮ってみよう!
Photo_4
で、組んだセットがこれです。
7Dに100mmマクロを付けて、間にケンコーの3倍テレプラスを咬ませました。
これで、35mmで換算160mmの3倍になるはずです。
じつはこの組み合わせを海で使ったことがありました。
まだフイルムカメラだったころで、これでコケギンポの顔のアップを狙ったのです。
結果は惨敗、36枚撮りが全てピンボケ。
ピントが実にシビアで、ゆらゆら揺れる海の中で使えた物ではありませんでした。
まぁ、陸上ならば大丈夫かな?
ちょっと風が吹いてもピンボケになりましたが、いくらか撮ることができました。
これが雌しべで、
Photo_5
これが雄しべです。
Photo_6
黄色くて丸いのは花粉ですよ。
この花粉をトリミングしてみると・・・
Photo_7
花粉は単に球ではなくて、小さな棘が無数に生えているのが判ります。
なるほど、これで蜜を吸いに来た虫や鳥にくっつくんだな。
勉強になりました。

次、「夢のつゆ」というケーキをご存じですか。
広島は呉にある酒造メーカー「三宅本店」さんが造っている同名の焼酎で作られたケーキです。
三宅本店さんは、清酒「千福」で有名ですよね。
子供の頃、テレビでダークダックスさんや左良直美さんの歌うCMソングが流れていました。
Photo_8
このケーキ、私は大好きなので、呉の女房の実家からたまに送ってきます。
Photo_9
しっとりとしていて、バターの香りと焼酎のほろ苦さが絶妙なバランスの美味しいケーキなんですよ。
当に酒飲み限定の大人のおやつですね。
これ、けっこうアルコールが強いんです。
で、測ってみることに。
これを食べた直後、アルコール検知器では・・・
Photo_10
なんと、1mg/ℓです!
普通にお酒を飲んだ時と同じ。
このまま3分待って再度計測してみると・・・
Photo_11
まだ、0.81mg/ℓあります。
この状態で車を運転すると、完全にOUT!
結局、0になるまで10分くらいかかりました。(途中、紅茶を飲みながらですよ。)
美味しいケーキなんですが、これが弱点かな。
車を運転しなくて良い時に食べることにしています。

さて、台風26号が接近してますね。
明日、明後日と泊まり勤務になりそうです。
う~ん、憂鬱だなぁ・・・。

2013年10月 5日 (土)

ネタ無し(昔話です)

みなさん、こんばんは!
今週はネタ無しです。
鳥を撮りに行っても、不発。
で、ブログ更新の為に(無理に更新する必要は無いのですが・・・)昔話を。

私は、高校生の時、自衛隊に入るつもりでした。
理由は単純。
小学生の頃に、長崎で初めて見た護衛艦に感動し、「これこそ男のフネだ!こんな艦の艦長に成りたい!」って、子供心に思った訳です。
Photo_2
私の父は貨物船の船乗りであり、それこそ幼少の頃から父の船は何度も訪れていて、将来、船乗りに成ることだけは決めていたのですが、イマイチ将来像を抱けずにいたところ、護衛艦を見て初めて、自分の進む道はこれだ!と決めた訳です。
Photo_3
しかし、高校生当時、私の頭はスッカラカン。
P1010037_2
さすがに防大は無理で、自衛隊の学校に入る予定でした。
級友にも、担任にも、「俺は大学受験も企業への就職もしない。受験は自衛隊の学校一本!」って、宣言していました。
Img_2098_2
そんなある日、担任が、「おまえ自衛隊、自衛隊って言うけどなぁ、こんな所もあるんだぞ。」って言って手渡してくれたのが、今の会社のパンフレット。
こんな会社、ハナから入る気持ちなんて無かったのですが、両親の薦めと担任の顔を立てる?くらいの気持ちで受験。
結果、見事?合格しました。
それでも自衛隊へ入る気持ちは変わらなかったのですが、その合格通知が届いてからというもの、両親がこれを熱心に勧めるのです。
当時の私は強い意志?を持っていたつもりだったのすが、いかんせん高校生、微妙なお年頃です。
結局、優柔不断だったのですね。
両親の意見には逆らえず、自衛隊の学校は辞退し、今の会社に入って早30数年になります。
P1010007_2
今でも、時折、あの時自衛隊に行っていればなぁ・・・って思いますよ。
たまに、それを酔って女房の前で口に出すと、女房は、「自衛隊に入っていたら、私と巡り会えなかったでしょ!それでも良かったの!」lて言います。
う~ん、私は何て答えたら良いのか分かりません。
まぁ、笑って誤魔化していますがね・・・どうだったのかなぁ?

人生にifはありません。
でも、あの時・・・って、今でも時折思いますね。
P1010010
自衛隊の友人と飲みながら話すことがありますが、彼は「俺がFUJIKAZEさんの会社に入りたかったくらいだよ。贅沢いうなよ。」って言います。
「隣の薔薇は赤い」「人間万事塞翁が馬」・・・ですねぇ。

この先、まだ10年弱、あるのかなぁ・・・。
実は既にかなり疲れているのですが。
(貼った写真は本文とは無関係?です。判る人は・・・相当なマニアだなぁ・・・。)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »