無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

さらば、清水(の会社)よ!

みなさん、こんばんは!
ようやく桜の季節到来ですね。
みなさんのブログも桜が沢山登場しているのを見て、私も撮りに行きたくてウズウズなんです。
でも、私4月1日付で、横浜へ転勤なもので、後片付けが忙しくてそれどころではないのが現状。
それでも、とりあえずこのブログは更新です。
(一応、写真のブログなので写真を貼りますが、撮影は最後の泊まり勤務の朝、23日の早朝、会社の窓から撮影したものです。)
1
思い起こせば5年前。
当時横浜本社勤務であった私は、青天の霹靂のような異動命令を受け、遙か御前崎の地へ旅立ったものでした。
2
そこで、苦節3年。
なんとか任務を全うし、さて、横浜に戻れるかなぁ・・・・って、思っていたら、途中下車の清水勤務。
自宅通勤なんて希望していなかったのに・・・まぁ、気を遣っていただいてありがとうって感謝しろっていうことかなぁ。
3
そこで、2年。
前回の勤務を合わせると、計9年もの清水勤務を終えました。
清水良いとこ一度はおいで。
確かに生活するには良い場所ですが、仕事はもの足りません。
で、ようやく今回横浜本社へ復帰ですが・・・希望の課ではなく、これまた残念。
4
まぁ、仕方ないですね。
お金があったら辞めたいところですが、辞めると路頭に迷うのは明白ですから。
あと、10年くらいかなぁ・・・永いなぁ・・・。
もういい加減に疲れたので、頑張りはしないけれど、給料分くらいは働くつもりです。

さて、愚痴な話で読んで下さった方は不快になったかも・・・ごめんなさいね。
次回からは、まともな内容で更新します。
では!

2014年3月24日 (月)

海用カメラの更新・2

みなさん、こんばんは!
ようやく、注文していたハウジング(カメラを海に持ち込むための箱)が届きました。
早速、組み立てたところです。
先ず、EOS70Dを入れるワイド専用カメラはこうなりました。
1
SEA&SEA社製のハウジングに、INON社製のストロボを2灯付けています。
そうして、ハウジングの上に水中ライトを付けてみました。
ストロボで通常の撮影、水中ライトでワイドマクロ的な動画を撮ってみようと思ってます。
ポートは、フィッシュアイレンズを使用するので、大きめのドームポートです。
これで重量は7kg!
まぁ、ボディはアルミ合金だし、ストロボやライトの単3電池だけで13本もありますからねぇ・・・。
これくらいの重さにはなってしまいます。
これでアームを伸ばすとこんな状態。
2
これで、マンタでもマンボウでも大物はバッチリ・・・の予定。
あぁ、はやく石垣島に行きたいものです。

次はマクロ専用カメラです。
こうなりました。
3
ワイド用でけっこう予算を使ってしまい、マクロ用まで回らなかったので、既存のSeatool社製ハウジングに、これも既存のステーを使い、INON社製のストロボを1灯取り付けてみました。
カメラは古いKissDX、レンズはEF-S 60mmF2.8マクロUSMですよ。
まぁ、余裕が出来たらこれも最新型にしたいところですが、いつになることやら・・・。
ちなみに、これの重量は4kg。
ワイド用と合わせると11kgにもなります。
この二つを持って潜るんですよ。
海に入ってしまえば大丈夫でしょうが、大瀬崎で浜辺を歩く時には、かなりの負担かも。
う~ん、身体を鍛えねば・・・。

さて、これを使う日が早く来ればいいなぁ・・・。

2014年3月21日 (金)

魅せられて・・・4。

みなさん、こんばんは!
次の更新は、新しい海用カメラを組み立てた時の予定でしたが、今朝、富士山を撮ってきたので急遽更新です。

昨日、清水は雨。
天気予報では、今日は晴れるとのことでしたので、これは雲上富士を狙えるのではと思い、昨夜車にカメラと三脚を積み込んで、一人、市内の山に向かいました。
さすがに女房は付いて来ずに「おやすみなさい」です。
午後11時40分頃、目的地の撮影ポイントに到着。
勿論、私が一番乗りです。
まぁ、こんな馬鹿は私くらいかなって思っていたのですが、日付が変わる頃に1台、2台とやって来て、結局、日の出までに30台くらいの車が来ました。
雨の翌日の富士山は雲上富士!
富士山好きは皆、考えることが同じですね。
今日の清水の日の出は、午前5時50分頃。
日の出の1時間くらい前から、車外に出て撮影の準備を開始しました。
1
私が到着した時、霧はけっこう出ていたので期待できたのですが、日の出前になると、あれあれ・・・随分少なくなっています。
いよいよ空が明るくなり始め・・・
2
霧よ、もっと湧いてこい!って祈りました。
3
すると、願いが届いたのか、若干、霧の量が多くなったような・・・
4
しかし、これが限界。
5
雲上富士!とまでには届きませんでした。
日の出の時刻になると、
6
霧は再び少なくなってしまい、
7
これでお仕舞い。
8
カメラを片付けて山を下り、会社へと向かいました。
3時間ほどサービス出勤してチャッチャッと仕事を片付け、帰り際にふと窓から外を見ると、富士山があまりにも綺麗なので、思わずカメラを取り出してパチリ。
9
外へ出ると、岸壁に客船が泊まっていたので、これもパチリ。
10
これで帰宅して、夕方までゴロゴロしておりました。

今日の富士山、イマイチでしたが、まずまず楽しめた撮影でしたよ。
さて、明日は清水支社での、最後の泊まり勤務。
平穏に終わりますように・・・。

2014年3月16日 (日)

海用カメラの更新・1

みなさん、こんばんは!
もう3月も半分終わりました。
私こと、異動で、4月1日付、横浜勤務となる予定。
また単身赴任再開です。
まぁ、サラリーマンは仕方ありませんからね。
そんな訳で、今日も昼からサービス出勤して、セッセと残務整理。
で、ネタが無いので、カメラのお話を。

実は前々回のダイビングで、女房のカメラが水没。
程度は軽微で、カメラ本体は助かったのですが、ハウジング(カメラを水中に持ち込むための箱)は完全におシャカ。
修理を検討したのですが、既にメーカーは部品が無い(7年くらい前の物でした)とのことで、修理不能とのこと。

そこで、私は「俺のカメラをやるから、俺に新しいのを買ってくれ!」と、女房をあの手この手で口説きました。
根負けした女房はそれを了承。
かくして私の海用カメラ(ワイド専用)が、新しくなったのです。
それが、これ、CanonのEOS70D。
70d
風景用で使っているEOS5DⅢや鳥用の7Dに比べると、正直なところチャチな印象。
でも、海に持ち込むのですから、これでスペックは十分です。
写真のように、「EF8-15mmF4LフィッシュアイUSM」を取り付けて、ワイドな写真を撮りますよ。
このカメラ用のハウジングは現在注文中です。
はやく来ないかなぁ・・・。
来たら来で、早く潜りたくて、転勤どころじゃあなくなりますがね。

次は、新しいハウジングを組み立てたら更新します。

2014年3月10日 (月)

大瀬崎は未だ冬の海

みなさん、こんばんは!
巷では、菜の花が咲き出しましたね。
春もすぐそこって感じです。
私は昨日、久しぶりに大瀬崎へ行ってきました。
昨日は日曜日。
本当は日曜日は混むので避けていたのですが、まぁ、冬場だからそうでも無いだろうと思って出かけました。
天気は曇りで、富士山も隠れています。
1
平日と比べれば、朝の道はガラガラで、予定よりも20分も早く8時前に到着。
馴染みのショップへ入り、海の情報を聞いたところ、湾内の水深11mの所に10cm位の小さなアンコウが出ているとのこと。
アンコウは70cm~80cm級が一般的で、10cmなんて小さな個体は珍しい。
これは撮らなければと、大急ぎで機材をセットし、女房をせき立てて、エントリーです。
入ってビックリ。
海面付近の水温は12度です。
5mを過ぎることから、14度位になりましたが、水の冷たさで頭がキーンとなります。
2
10cmのアンコウ、小さい個体だから見付けられるかなって一抹の不安があったのですが・・・
簡単に見つかりました。
3
そりゃそうだ。
すぐに判りました。
この場所は大渋滞です。
撮影待ちのダイバーが7~8人並んで待ってます。
やっぱり日曜日は止めておけば良かったなぁ・・・って思いながら、女房と列に並んで、何とか数カット撮ることが出来ました。
1本目は、ほぼこれで終了。

昼食を挟んで2本目です。
ガイドさんの話では、湾内の水深22mに可愛いヒレナガカサゴが居るとのこと。
これも大きさは10cmほど。
ヒレナガカサゴはあまり珍しい魚ではありませんが、南方系の魚は居ないこの季節、贅沢を言ってられません。
目標をこの魚に絞ってエントリーです。
潜水ポイントから水深12m位まで潜行して水平移動。
目標ポイント付近で水深22mの海底へ着地。
女房と手分けして付近を捜索です。
すると・・・あっさり女房が発見しました。
4
紅い個体で、くりっとした目が可愛いでしょう?
5
早速、女房と撮影会開始です。
6
2本目のダイブであり、水深が若干深いので長居は出来ません。
7
それでも、お腹一杯撮りましたよ。
このポイントから戻る途中、水深18m位の所にあるコンクリートの沈錘の上に、ミノカサゴが2匹乗っかっているのを発見。
ありふれた魚ですが、他に被写体が無いので、これも撮ることに。
8
この魚は鰭を広げると、絵になりますね。
9

10

11
それから、近くにトラウツボが全身を出していたので、これもパチリ。
12
浅場では、大きなアジが群れていました。
13
丸々と太っていて本当に美味しそうなアジでしたよ。
14
寒かったけれど、それなりに楽しめたダイビングでした。
最後に、女房が撮ったミノカサゴの動画を貼ります。
登場するダイバーは私ですよ。

では!

2014年3月 1日 (土)

魅せられて・・・3。

みなさん、こんばんは!
また美しい富士山を撮りたい・・・って思い、25日から26日にかけて、泊まりで田貫湖へ出かけました。
田貫湖は、静岡県で唯一?美しい逆さ富士の撮れる名所なんですよ。
ちょっと先はもう山梨県で、我が家からは、車で約1時間といった所です。
先日下見に行って、撮影ポイントを確認しているので、今回は昼前に到着するように家を出ました。
先の大雪以来、あの辺りにはまだ残雪があるのではと思ったので、念のためチェーンを持参。
まぁ、ネットの情報では、ノーマルタイヤで大丈夫と書かれていたので、安心はしていたのですが・・・・。
結果は・・・はい、ネットの情報どおりで、チェーンの出番はありませんでしたが、「道の駅 朝霧高原」に着いてみてビックリ!
1
おいおい、ここは本当に静岡県なの?ってくらい一面の銀世界です。
本当はここらで富士山の写真を撮りたかったのですが、生憎彼女は雲の中。
仕方ないので、お食事タイムです。
この辺りのブランド豚である朝霧ヨーグル豚を使った「肉丼」をいただきました。
2
朝霧ヨーグル豚は発酵飼料で育てた豚とのことで、この肉丼は豚肉の味がしっかりしていて、けっこう美味でしたよ。
食事後は、これも前回探しておいた富士山の撮影ポイントへ移動。
3
しかし、彼女は顔を見せてくれません。
残念・・・ガッカリ顔の私を尻目に、雪景色の中でハシャイでいるのは女房です。
4
まぁ、我が町清水には、チラリとも雪は降りませんでしたからねぇ・・・気持ちは分かります。
年に一度くらいは、雪景色を堪能するのも良いものです。
結局、午後2時過ぎまで粘りましたが、諦めてホテルへ。
5
お部屋はいたって普通なんですが・・・
6
入ってカーテンを開けると・・・やったぁ!、富士山が見えている!
7
先ほどまでのご機嫌ナナメは嘘のようです。
これならば、日没時の撮影も期待できます。
とりあえず、温泉に入って暖まり、夕方4時頃に撮影ポイントに向かったのですが、この頃には、すでに富士山周辺には雲一つ無く、美しい姿をクッキリと捉えることができました。
8
若干、風があったことが残念でしたが、逆さ富士の撮影成功。
今回は、女房も自前のカメラを持ってきたので、二人で撮影会です。
9

10
紅富士になれ・・・っと祈ったのですが、ついに彼女が紅く染まることはなく、
11
この日の撮影は終了。
ホテルへ戻りました。

翌朝は、早朝5時に一端ホテルを出て、撮影ポイントへ。
薄明かりの中、カメラをセッティングして日の出を待ちました。
12
東の空が明るくなり、今日こそ紅富士を!と祈ったのですが・・・
13
ついに彼女が紅く染まることはありませんでした。
まぁ、それでもそこそこ満足できる写真は撮れましたよ。
14
どうでしょう?
上の写真が、今回一番の富士山です。
(自画自賛ですがね。)
6時30分を回り、太陽が完全に姿を現したところで撮影終了。
15
ホテルへ戻って、朝食を食べ、もう一度温泉に浸かって、チェックアウト。
道の駅へ寄り、朝霧ヨーグル豚の関連商品を沢山買って、我が家に帰りました。

富士山も撮れ、雪も体験できて、とても有意義なプチ撮影旅行でしたよ。
では!

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »