無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

久しぶりの観音崎

みなさん、こんにちは!
土用というのに鰻にありつくことも出来ず、やや夏バテ気味のFUJIKAZEです。

28日、休みだったので久しぶりに観音崎を訪れました。
私の横浜の出城からは車で約30分。
ここは言わずと知れた東京湾の入口です。
目的は、勿論野鳥の撮影。
会社の同僚から、この一帯は「県立観音崎公園」になっていて自然が豊か、けっこう野鳥も多くて、ハヤブサもいるよ・・・って、聞いたのですが・・・。
午前10時頃着。
駐車場に車を入れて先ずビックリ。
なんと一日890円ナリ。
夏料金だそうな。
神奈川県よ、これはボッタクリだろう!
駐車場の傍には、浦賀水道に向けて、二百三高地で活躍した28サンチ榴弾砲の模型が設置されていました。
おぉ!近づいてみると・・・
28
何ともお粗末な代物!
実物大とのことですが、素人が作った感がアリアリでガッカリしました。

ヨシ!何とか駐車料金の元を取らねば。
山へ入り公園内を歩き回りましたが・・・出会うのは、スズメとカラスとトビばかり。
Photo
しばらく歩き回っていると、何やらモニュメントのようなものが見えてきました。
近寄ってみると、「戦没船員の碑」とあります。
Photo_2
そういえば、そんな記念碑が観音崎の山にあるって、昔聞いたことがあるような・・・
戦没船員の顕彰となれば、これは素通りできません。
野鳥探しは一時中断してお参りです。
Photo_3
ただ、この記念碑は何処でお参りすれば良いのか見当がつかず・・・祭場と思われる広場に碑文と献花台があったので、ここで黙祷することに。
碑文は東京湾口を見渡す場所に設置されていて、
「安らかにねむれ わが友よ 波静かなれ とこしえに」
と刻まれており、胸を打たれました。
誰が置いたのか、献花台にはワンカップの日本酒が一つ、ぽつんと供えられていました。

この記念碑で、ひときわ目立ったのが、このブロンズ群像です。
Photo_4
沈み行く船と共に海中へ引き込まれ、当に命を落とさんとする船員達の魂を人魚が天国へ導く・・・というような図なのかな?(この像に解説は無し。私の勝手な想像です。)
魅入ってしまいました。
「あの戦争では、戦闘員ではない商船の船員さん達が6万人以上亡くなっているんだぞ!。」
親父が昔、口癖のように語っていたことが、ここの碑壁に刻まれていました。
これはいかん。涙が溢れてくる前に退散。
再び野鳥探しに戻りましたが・・・もう、どうでも良くなりました。

なんだか、無性に灯台へ行きたい衝動に駆られ、野鳥撮影はこれで終了。
観音埼灯台へ向かいました。
Photo_5
この灯台を訪れるのは実に久しぶり。
新婚の頃、女房を連れてきて以来だから、20ウン年ぶりです。
もっとも、海の上からは良く眺めていましたがね。
かつて私が新米の船乗りだった頃、横浜を出港してこの灯台を超えると船が揺れ始めて船酔いが始まり、長い航海の終わりに、この灯台を超えれば、懐かしい母港横浜が見えてくる。
私にとっての観音埼灯台は、そんな灯台なんです。
Photo_6
白亜のこの灯台は、日本最古の洋式灯台。
初点灯は明治2年です。
(もっとも、現在の建物は三代目ですがね。)
Photo_7
御前埼灯台よりも一回り小さい感がありますが、実に美しい灯台です。
私の大好きな映画「喜びも悲しみも幾年月」で、主人公の有沢夫妻が新婚で最初に勤務した灯台でもあります。
Photo_11
あぁ、そうだ。だから私も結婚したばかりの頃、この灯台に女房を連れてきたんだったなぁ・・・。
久々に登ってみると、夏休みとはいえ平日なので訪れる観光客も少なく、ゆっくり浦賀水道を行き交う船を眺めることが出来ました。
こちらが館山方面で、
Photo_8
こちらは木更津方面、
Photo_9
そうして、横浜、東京方面です。
Photo_10
眼下を、海保の最新鋭巡視船が下って行きました。
Photo_12
何だかんだで、灯台の上で小一時間ぼんやりと海を眺め・・・満足して観音崎を後にしました。
途中で目的変更となりましたが、なかなか充実した一日でしたよ。
そうそう、野鳥ですが、ウグイスだけ撮ることができました。
枝かぶりですがね。
Photo_13
では!

2014年7月27日 (日)

ネタ無し(日々、徒然・・・)

みなさん、こんばんは!
毎日暑いですねぇ・・・。
私的にはダイビングで魚さん達と戯れたいところですが、生憎、ホームグランドの大瀬崎は今、海水浴場の真っ最中。
浜は当に芋を洗う状態ですから、とても行く気持ちにはなれません。
鳥さんを撮ろうにも夏枯れ?の季節。
と、いう訳で現在「夏眠中」のFUJIKAZEです。
ひたすら職場と横浜の出城を往復する毎日。
ネタがありませんので、無理矢理作った?ネタで更新です。

【安倍川餅ってご存じかな?】
今一つマイナーなお菓子かなぁ・・・。
これ、静岡の有名なお土産なんですがねぇ。
静岡だったらうなぎパイでしょう?って思っている貴方!あれは浜松のお土産ですよ。
「安倍川餅」静岡なら駅のキオスクで必ず売ってます。
新幹線の車内販売にもありますね。
こんなヤツです。
Abekawa
あぁ、これ見たことあるって人も多いかな。
でも、これって、昔は安倍川の辺に、このお餅を食べさせる茶屋が沢山あったそうですよ。
ちょうど、静岡市内の安倍川と東海道が交わる辺りです。
で、先日、女房に誘われ、今では3軒?しか残ってないという、その茶屋の一つに行ってみました。
甘党かつアンコ大好きの私ですから、二つ返事でOK!
「せきべや」さんっていうお店です。
Photo
それっぽい佇まいでしょう?
店内には、これまでに来店した有名人が残した短冊が沢山掲げてありました。
そういえばこのお店、地元ローカルなテレビでよく紹介されているよなぁ・・・。
Photo_2
で、お餅は・・・厳ついおじさんが、注文を受けてから一つ一つ作っています。
Photo_3
待つこと5分、おっ、出てきました。
Photo_4
これで一人前、お茶が付いて600円ナリ。
肝心のお味は・・・ウン、極めて普通でした。
かつて徳川家康がその美味さに感激して名付けたというこのお餅。
まぁ、話のネタ、いやブログのネタにはなりましたね。
みなさんも静岡にお越しの際にはお試しあれ。

【我が家に夏が来た】
何時でも石垣島を感じていたい・・・って、思って、我が家ではカクレクマノミ等の海水魚を飼育している他、庭にはハイビスカスの鉢が幾つかあり、この季節、毎日綺麗な花を咲かせては、私たち夫婦の目を楽しませてくれます。
まぁ、今年、私は横浜ですからねぇ・・・なかなか見る機会はありませんが・・・。
Photo_5
この花を見ていると、無性に石垣島へ行きたくなります。
Photo_6
何処までも碧い海と青い空。
あぁ、次は何時行けることやら・・・。

あと、庭には親父が野菜を植えてくれています。
私のリクエストで、ゴーヤ、白ゴーヤと、
Photo_7
キュウリにナスです。
Photo_8
どれも収穫の真っ盛り。
けっこう上手く出来ていて、毎年ビックリ。
親父を「上手いねぇ、百姓の才能もあるんじゃあないの?」っておだてると、ニコニコしながら毎年頑張って作ってくれます。
(ちなみに、親父は根っからの船乗りなんですがねぇ。)
実は私、昔から夏は少し苦手。
何とか乗り切って、秋になったらまたダイビング再開です。
Photo_9
では!

2014年7月16日 (水)

カワセミもイマイチ

みなんさん、こんばんは!
横浜は暑いですねぇ・・・。
今日は休みなんですが、出城に居ると暑くて死にそうなので、避暑を兼ねて山へ探鳥です。
と、言っても、横浜ですから、そんなに大きな山はないので、いつもの横浜自然観察の森へ。
【横浜の山で探鳥】
午前10時にポイントである野鳥観察小屋に着。
この時期、野鳥の対象はカワセミくらいしかないので・・・訪れてみると、池の周辺は草ボウボウ・・・
Photo
これは酷い。
目の前の止まり木の周辺にも雑草が生い茂っています。
これでは、カワセミも留まらないのでは?
案の定、カワセミは居るのは居るのですが、止まり木には留まってくれません。
止まり木の真下も雑草が茂って、水面が見えないんだろうなぁ・・・
周辺の木の枝には留まるのですが・・・
Photo_2
遠いですねぇ・・・
Photo_3
これでは証拠写真くらいにしかなりません。
そうこうしていると、監視員の方が回って来ました。
雑談の中で、この場所の草刈りについて聞いてみると、それはボランティアがやっていて、なかなか手が回らないとのこと。
それは大変ですねぇって、答えましたが、内心は(おいおい、それはおかしいだろう、ここは横浜市営の公園じゃぁないか。ちゃんと草刈りの予算取れよ!)って、突っ込みを入れたい気分になりました。
この公園、不相応に立派な情報センターやトイレ等、箱物がありますからねぇ。
お金の使い道、間違えているんじゃないの?
結局、午後3時頃まで粘りましたが、一番近い所(6~7m)に来たのは一度だけ。
Photo_4
何とも残念でした。
代わりに、コジュケイが後ろの道を行ったり来たり。
Photo_5
私が振り向くと、慌てて草むらに飛び込む仕草が何とも滑稽でした。
Photo_6
この鳥は何処ででも見かけますが、良く見てみるとなかなか可愛い顔をしていますね。
Photo_7
ここのコジュケイは、おそらく雄雌ペアでなのかな。
雄が飛び出すと、雌が慌てて後を追いかけてます。
Photo_8
見ているとなかなかユーモラスで癒やされました。
結局、探鳥はこれで終了。
撮れたのはカワセミとコジュケイ、ここは大都会横浜なんだからこれで満足するべきか・・・。

【梅酒を漬けた】
先日、梅酒とやらを初めて自分で漬けてみました。
きっかけは、秘蔵の10何年物の梅酒が出てきたこと。
Photo_9
これ、当時、私が懇願して、女房がおそらく12年?くらい前に漬けたもの。
これが最後で、以来女房は面倒くさいと言って一切漬けてくれませんでした。
元々私は梅酒なんて飲む習慣は無く、この梅酒の存在をすっかり忘れていたところ、今回の引っ越しで荷物の中から出てきたという次第。
試しに飲んでみると・・・これは美味い!
これ、何とも言えない風味があって絶品です。
で、あっという間に無くなりそうなので、一つ新たに漬けてみたい衝動に。
これを女房に伝えると、「私はイヤ!自分でやればぁ・・・」ということだったのでヨシ良いだろう!やってやるよ!って、自分で漬ける羽目に・・・。
あらかじめネットで作り方を勉強して構想を練り、材料を調達。
結果、私の好きな泡盛で漬けてみることにしました。
Photo_10
紀州産の梅干し用の上等な梅を調達して、酒は宮古島の銘酒、「菊之露」を使用。
Photo_11
これで、美味くないはずはない!?
Photo_12
一年後に飲んでみるつもりです。
ウン、これは絶対に美味いはず・・・
では!

2014年7月12日 (土)

またまた葛布の滝へ

みなさん、こんばんは!
台風8号、大したことはなかったですね。
毎回、こんな調子だと良いのですが・・・。

今回のネタは、6月26日の出来事です。
写真も当日に撮ったものですから、ちょっと古いネタですがね。
この日も早起きして、女房と葛布の滝へ行ってきました。
目的は、もちろん探鳥です。
午前7時頃、愛車にカメラと女房を乗せて出発。
午前8時には現場着。
当日は快晴。
かなり暑い一日でしたが、フィールドは鬱蒼とした森の中ですから、涼しくて快適でした。
Photo_2
この日は滝壺までは行かずに、前回目を付けていた場所に椅子を持ち込んで、サンコウチョウ待ちです。
で、そのサンコウチョウは・・・頻繁に現れてくれます。
もっとも、私の腕で撮れる所には、なかなか留まってくれませんがね。
それでも、何度かはシャッターチャンスが訪れます。
Photo_3
現れるたびに、女房と「それ、あの枝だ!あちっへ飛んだ!」って大騒ぎ?ですよ。
Photo_4
サンコウチョウ君も、まるで私たち夫婦をからかうように、良さげな枝に留まったかと思うと、私達がピントを合わせる前に隣の枝へ・・・。
Photo_5
ひょっとしたら、彼のサービスだった?のかも知れませんね。
最後に獲物を咥えて現れました。
見つけた時は、「何か黄色い虫を咥えているな。」くらいの認識でシャッターを切ったのですが、後で画像を拡大してみると・・・
Photo_6
どう見てもオオスズメバチでした。
サンコウチョウは蜂を喰うと聞いてはいたのですが、目の当たりに見ると感激しますね。
オオスズメバチを狩るなんて、この鳥、可愛い顔をしていますがけっこうなファイターですよ。
なんとも貴重なシーンを見ることが出来ました。
結局、午前8時頃から午後1時頃までサンコウチョウ狙いで粘ったのですが、実はこの間、私はアカショウビンも見ることが出来ました。
ヒョロロ~って、彼の声は聞こえているのですが、静岡でその姿を見るには至難の技?
正直なところ全く期待していなかったのに、突然、彼は姿を現して、私の目の前の枝に舞い降りたのです。
私は、その美しさに、一瞬固まって見つめてしまいましたが、はっと我に戻り、カメラを持ち上げたところで、彼は飛び去りました。
う~ん、残念!撮れていたのにぃ!
まぁ、後の祭りですね。
それでも、石垣島以外でアカショウビンを見るなんてラッキーであることに変わりは無し。
実に良い経験でしたよ。

野鳥は、サンコウチョウやアカショウビンばかりではなく、こんな小さな可愛い鳥も現れてくれました。
ヤブサメって鳥です。
体長は10cm位かな。
スズメよりも、若干小さいくらい。
Photo_7
私たち夫婦をさして警戒するでもなく、堂々と目の前の枝に留まってくれたので撮影会開始です。
Photo
この仔、全く鳴きませんでしたが、本当はどんな声なのかな。
Photo_2
こんな感じだったので、まったく退屈はなく過ごすことが出来ました。
山も良いですねぇ・・・。
午後1時過ぎに撤収。
もちろん、いつもの森町サービスエリアで、甘いトウモロコシ甘々娘を食べて帰りましたよ。
7月も中旬になった今では、この甘々娘ももう終わり。
今では甘太郎(かんたろう)になっているはずです。
これも食べてみたいなぁ・・・。
では!

2014年7月10日 (木)

八景島の水族館へ行ってきました。

みなさん、こんばんは!
台風8号、心配ですねぇ。
私、11日は泊まり勤務なんですが、当にその時、横浜の上を通過しそうですねぇ。
どうなることやら・・・。

さて、溜まっているネタから、水族館ネタです。
7月1日(火曜日)は、女房と八景島のシーパラダイスに行ってきました。
この水族館・・・思い起こせば、御前崎に転勤が決まり、引っ越す3日前に訪れたのが5年前でした。
引っ越しの荷物もあらかた片付いてしまい、部屋に居ても不便で、左遷の失意を紛らわすために訪れたのが前回。
当時住んでいた私の出城は港南区という所であったことから、この水族館までは車で30分くらいかかっていましたが、現在住んでいる金沢区の出城からは何と8分。
これは実に近い。
歩いてでも、十分に来れるくらいの距離です。
今回は、凱旋?という訳ではありませんが、晴れ晴れとした気持ちで、女房と展示物を見て参りました。
(文中の写真は、全て私のお散歩カメラF900EXRで撮ったものですよ。)
駐車場に愛車を駐め、テクテクと水族館まで歩いて行く道すがら、何やら頭上でギャァギャァと騒がしい鳴き声が・・・オナガでした。
この鳥、私の地元の静岡では珍しいですが、横浜ではそこら中で見かけますね。
Photo
2羽で、カラス1羽を相手に喧嘩していました。
おそらく、この木に彼らの巣があるのかな。
必死でカラスに体当たりしています。
とても面白いので、パチリパチリと撮りながら、しばらく観察していると、女房の冷めた目に気づき・・・。
そうだ。今日の目的は水族館見物だ!さぁ、行こう!
Photo_2
平日の上に朝一番だったので、当然空いているものと思ったのですが、流石は横浜を代表する大水族館。
さすがに来館者は多いですねぇ・・・。
「皆の会社、本当に休みなの?」ってつい愚痴を言いながらの入場です。
Photo_3
見て回っての率直な感想ですが、この水族館、何やら大味になってしまったような。
以前は、もっと小さな魚類の水槽が充実していたような気がしますが・・・。
Photo_12
まぁ、それもジンベイザメを目の当たりにすると超感動ですね。
Photo_4

Photo_5
水族館だったら、こんなにも簡単にこの鮫と遭遇することが出来るんですねぇ・・・。
他にも、実際に海でお目に掛かりたいようなお魚ばかり・・・
Photo_6
可愛いいなぁ・・・。
Photo_7
夢中になって、お魚を眺めていると・・・
Photo_8
近くで、何やらテレビの収録が始まりました。
Q
これは、私も毎週録画して観ている、日曜の夜に日本テレビ系で放映している「世界の果てまでイッテQ!」という番組の「イッテQ水族館プロジェクト」というコーナーの収録でした。
へぇ・・・こんな平日の時間帯に収録しているんだなぁ・・・面白そうなのでしばらく見ていると、タレントのチャンカワイさんが、「ギターフィッシュ、ギターフィッシュ」と連呼しています。
Photo_9
ギターフィッシュって何だ?そんなに珍しい魚なの?気になって、収録終了後に番組の水槽を見てみると・・・何んだぁ、大瀬崎でも見かける普通のサカタザメでした。
ガッカリして撮る気にもならず。
この日の収録分は、先週のこの番組の予告編を観ていたら、ちょうど今週放映のようですよ。
どんな風に撮れているのか、ちょっと興味があるな。
でも、テレビ番組って、ちゃんと人の居ない時間を見計らって、ゲリラ的に収録しているんですねぇ。
なぜならば、この時間帯、この水族館は少し離れたプールで、イルカショーの真っ最中でしたからね。
Photo_10
野次馬がなるべく集まらないようにと、考えているんだなぁ。

こんなふうに、女房と二人、時間を忘れて楽しみました。
最後に、マンボウを見て終了。
Photo_11
自然界では、なかなか私たち夫婦の前には現れてくれないこの魚。
「頼むから次は大瀬崎で撮らせてくれよぉ!」って、手を合わせたいような気分でした。
水族館って面白いですねぇ・・・。
また癒やされに来ようっと。
では!

2014年7月 7日 (月)

久々の大瀬崎(珍しい魚は居なかったけれど)

みなさん、こんにちは!
ココログ広場、ブログ共に、ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
私が清水の自宅へ帰っていたり、女房がこの横浜の出城(私の宿舎)へ遊びに来たりで、なかなかパソコンを開くことが出来なかったのですよ。
特に横浜の出城の方はね。
パソコンを居間に設置しているので、女房が来ているとなかなかねぇ・・・。
一応、女房には秘密のブログですからね。
(まぁ、バレてますがね。)
で、ネタはけっこう溜まりました。

先ずは大瀬崎でのダイビングネタです。
本当に久しぶり、6月25日に行ってきました。
いつものように早朝、愛車に女房と機材を乗せて出発。
天気はとりあえず晴れですが、前日から不安定で、何時雨が降り出してもおかしくない空模様でした。
Photo
午前8時過ぎには、大瀬崎の馴染みのショップに入ってガイドさんに質問。
「何か出てますか?」との問に、ガイドさんは「残念。珍しい魚は何も見られていません。透明度も若干悪いですねぇ・・・」とお答え。
「・・・」まぁ、気を取り直して機材をセッティング。
ひょっとしたらマンボウが出てもおかしくない季節だしな。
で、一本目は外海の門下のポイントでエントリーです。
入ってみると・・・
Photo_2
ゴロタ石の上は一面の海藻で覆われています。
海中はけっこう浮遊物も多くて、薄濁り気味。
少しテンションが下がりましたが、気を取り直して深場へ。
水深25m位まで降りて、マンボウの出現を待ちました。
マンボウのクリーナフィッシュであるシラコダイはけっこう出ているのマンボウの出現を期待したのですが・・・
Photo_3
マンボウは現れませんねぇ・・・約15分待ちましたが、気配がないので諦めて浅場へ移動です。
水深8mくらいのところでお魚を探しましたが、珍しいお魚は居ませんねぇ。
仕方ないのでカサゴを撮ったり、
Photo_4
群れているネンブツダイを撮ったりしながら遊びました。
Photo_5
まぁ、これでも十分癒やされます。
そうそう、カメラを新しくして以来、動画を撮ることも楽しくなりました。

女房はというと・・・
Photo_6
何やら見つけたようで、盛んにシャッターを切ってます。
覗いて見ると・・・なんだクマノミかぁ。
Photo_7
西伊豆に棲むクマノミは、ごく普通種のクマノミ。
沖縄のカクレクマノミやハマクマノミに比べるとなんとも地味な体色のクマノミです。
(私は動画を撮ってみました。)

この仔はけっこう大きいので、一冬くらい越冬出来たのかも知れません。
このサンゴイソギンチャクに棲んでいるのは、この仔一匹だけ。
はやくペアになる仔が流れてくるといいね。

一本目はこれで終了。
昼飯を食べて、午後からの二本目は、湾内の神社寄りのポイントからエントリーしました。
ここでも、何も珍しい魚は見つかりません。
少し深場の魚礁へも行ってみたりしましたが、居るのは丸々と太った美味しそうなメバルばかり。
Photo_8
これじゃぁねぇ・・・
Photo_9
あまり絵にはなりません。
仕方ないので、浅場へ戻って、ゴロタ石付近で遊びました。
この辺りならば、キンギョダイやサクラダイが群れていて、ボーっと眺めているだけでも癒やされます。
Photo_10

Photo_11
他には、カレイを見つけたので動画で撮ってみました。
Photo_12


カレイは魚屋さんの店先に並んでいるところは見る機会も多いでしょうが、動いているヤツって珍しいでしょう?
Photo_13
そんなこんなで、珍しい魚は何も居ませんでしたが、十分癒やされたダイビングでした。
Photo_14
やっぱり私は根っからの伊豆ダイバー。
珊瑚礁の石垣島の海はもちろん素敵ですが、大瀬崎で潜っていると、「我が家が一番」的な気持ちになりますよ。
では!

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »