無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月29日 (木)

ネタ切れ(撮りためた横浜のカワセミです)

みなさん、こんばんは!
寒いですねぇ・・・。
横浜は明日、雪が積もるとか。
明日は仕事なので、電車が動くか心配です。

では、ブログの更新。
ネタが無いので、撮りためた横浜のカワセミで更新です。
(写真は全てトリミング無しです。今更ですがクイックで多少大きくなりますよ。)
写真は全て、横浜自然観察の森という公園での撮影。
私の横浜の出城(宿舎です)から車で20分ほどの所にあり、駐車場代くらいしかお金が掛からないので、天気の良い休みの日は、たいていこの公園で過ごしています。
女房が、月一度は部屋の掃除等に来てくれるので、一緒に行くことも。
1
池に面して野鳥の観察小屋が整備されているので、野鳥にストレスを与えることもなく、ゆっくり撮影する事が出来ます。
こんな感じ。
2
この公園、様々な野鳥が現れますが、この観察小屋から撮れる野鳥は何と言ってもカワセミです。
3
5m位先の枝に留まってくれるので、私の安価な500mmでもけっこう狙えます。
4
この冬、この池を縄張りにしているのは、この雌の可愛い仔ちゃん。
5
サービス満点で、頻繁に観察小屋の前に来てくれるんですよ。
6
この池の獲物は、殆どカワエビのよう。
7
彼女は狩りが上手で、獲った獲物をわざわざ観察小屋の前に来て披露してくれることも。
9
獲物を呑み込む時の可愛い仕草に、つい魅入ってしまいます。
8
カワセミって、いつまで見ていても飽きませんね。
10
たいしてお金も掛けずに、これだけ楽しませてくれる訳ですから、カワセミさんには本当に感謝です。
11
さて、この公園、カワセミ以外の鳥はというと、この冬は、ウソを頻繁に見掛けるようになりました。
Photo
でも、少し高い木に留まっていることが多く、撮りづらいのが難点です。
Photo_2
あとは、アオジくらいかな。
Photo_3
この鳥も沢山いますね。
そうして、可愛いのだか憎たらしいのだか良く分からないタイワンリス。
Photo_4
外来種の害獣なんですが、仕草を見ていると微笑ましいです。
さて、明日は泊まり勤務。
私の職場、夜中は暖房が切れて冷え込みます。
ただでさえ、ビルの22階なんですがね。
雪か・・・寒いだろうなぁ。
では!

2015年1月25日 (日)

ラッキーな一日だったのかな?

みなさん、こんばんは!
前回、前々回の続きです。
15日、残念ながら雨の一日。
予定していた御殿場での探鳥も出来ず、一路、清水の自宅へと帰ったのですが、天気予報を見てみると、翌16日は晴天とか。
ならば、早朝は富士山撮りでしょう!
夜は晩酌どころではありません。
午後10時にはカメラを愛車に積み込み、自宅を出て、撮影ポイントの吉原の山へ向かいました。
無事、場所を確保して車内泊。
夜明け、眼下に広がる霧に浮かぶ富士を期待したのですが・・・あれれ?
霧はほとんど出ません。
気温は6℃、暖かすぎて放射冷却現象がイマイチだったようです。
仕方ないので、若干、紅富士状態になったところを数枚撮って、すごすごと帰宅しました。
Photo
朝飯を食べて、さて、何処へ行こうか?
女房の希望で、久しぶりに富士市の岩本山へ行ってみることに。
ここは自宅から車で50分くらい掛かるのですが、野鳥も多くてなかなか楽しいお山の公園です。
富士山にもグッと近づいて、当に真正面。
まだ梅の季節には早いので、人もまばら。
Photo_2
女房と二人、早速探鳥です。
すると・・・先ずウソを発見。
Photo_3
地面で餌を拾うのに夢中。
この仔は、たまに高いところへ行きますが、すぐに地面へ戻って来ます。
Photo_4
あまり人怖じしないようで、なんと女房の目の前に舞い降りました。
Photo_7
そうなると、女房が使っている300mmでも、トリミング無しでこんな感じで撮れました。
Photo_5
女房は、ウソ初見の上に、こんなに撮れて大興奮です。
ウソの次はトラツグミを探すことに。
この公園は、毎年この季節、トラツグミが現れます。
出会ったカメラマンさんに聞くと、居るよとのこと。
たいして探すことも無く、すぐに見つけることが出来ました。
Photo_8
この鳥、けっこうな珍鳥とのことですが、毎年見ているので、そんなイメージではありませんね。
Photo_9
地面と保護色で地味ですが、見ていると何だかダンスを踊っているようで、とても可愛いんですよ。
おしりフリフリの可愛いダンスです。
動画で撮ってみましたので、見て下さい。
可愛いでしょう?
7DMarkⅡを動画モードに切り替えて撮ったのですが、綺麗に撮れてるでしょう?
(若干、揺れているのはカメラが手持ちだから。音声でパンパンと入るのは、隣が射撃場だから。これがこの公園の玉に疵です。)
デジ一でこれだけ動画が撮れるのならば、もうビデオカメラなんて要らないのではって、思ってしまいます。
トラツグミちゃんをお腹一杯撮って、他の鳥を探しましたが、他に撮れた鳥は、ソウシチョウと、
Photo

Photo_3
ルリビタキくらいでした。
Photo_4
このルリビタキ、清水の公園のルリビタキのように、近くに寄ってはくれませんが、頻繁に姿を見せてくれて、とても可愛かったですよ。
3時間少しの探鳥で結構な収穫。
早朝の富士山は残念でしたが、探鳥は成功。
まぁ、ラッキーな一日だったのかも知れません。
では!

2015年1月20日 (火)

アフターダイブ

みなさん、こんばんは!
更新は、前回の続き?です。

大瀬崎の後は、そのまま御殿場高原の「時之栖」へ。
まぁ、年一度のお楽しみです。
ホテルはこんなところ。
2
このホテル、どの部屋の窓からもでっかい富士山が見えるのが売り。
でも、この日は・・・午後から既に曇り空。
1
富士山は全体が見えるのですが、少し残念な感じです。
それでも露天風呂にゆっくり浸かって、ダイビングの疲れを癒やしました。
ここは温泉が何カ所もあってけっこう楽しいですよ。
夕食は7時に予約していたので、その前に30分ばかり女房と施設内をお散歩しました。
この季節、時之栖はイルミネーションが綺麗です。
3
このイルミネーションだけを見に来る人も沢山いるんですよ。
4_2
女房は喜んでましたが、私は何だか目がチカチカします。
5

6
まぁ、楽しめましたがね。
7_2
30分も歩いていると、さすがに躰が冷えてきたので、レストランへ。
今回は女房の意見を尊重して、地ビール飲み放題、食べ放題プランです。
8
年一度、この時之栖に通うのは、ここの地ビールが最高に美味しいから。
9
6種類くらいあるのかな。
女房と腹一杯飲んで食べました。
ただ、料理はちょっと・・・不味くはありませんが、やっぱり食べ放題メニューって、イマイチなのかな。
まぁ、充実した一日でした。
翌日は御殿場で探鳥の予定でしたので、500mmも持って行ったのですが、生憎の雨。
そのまま家に帰りましたよ。
でも、雨ですからね。
翌朝の雲上富士を期待して、その夜は、もちろん富士山撮りに出かけました。
馬鹿ですねぇ・・・。
10
続きは、数日後の予定かな?
では!

2015年1月15日 (木)

初潜りで大瀬崎

みなさんこんばんは!
私、15日、16日と有給を取りました。
今の勤務は泊まり勤務のため、二日間連続で有給を取らねばならず、13日の泊まり明け日から数えると14日休み、15日、16日有給、17日休みで、概ね5連休の様になります。
貴重な連休、さてどう使うか。

先ずは14日、大瀬崎で初潜りです。
今回は、いつもより早めの午前5時30分に清水の自宅発。
午前7時30分には、大瀬崎に着きました。
昨日、午前中は良い天気。
海は波も無く、最高のコンディションです。
おまけに、世間様の三連休明けですから、ダイバーも少なめ。
Photo
馴染みのショップの駐車場に車を駐めると、先ずは大瀬神社に新年のご挨拶です。
Photo_2
この神社で、一年のダイビングの安全を祈願するのですよ。
Photo_3
ご利益ですか?
勿論ありますよ。
私達夫婦は、ダイビングを始めて以来、20数年無事故ですからね。
戴いたこのお守りのおかけです。
Photo_5
このお守りは、ダイバー仕様。
濡れても大丈夫なように、透明ビニールでコーティングされています。
Photo_6
さて、お参りの後は、ショップへ入って情報収集です。
が、・・・馴染みのガイドさん曰く「残念ながら、珍魚は何も出ていません。」だと。
三日ほど前には、ついに大瀬崎にアンコウが出始めたと聞いていたので期待したのですが・・・。
まぁ、気を取り直して、私たちでアンコウを探すことに。
広い海ですから、ダイバーが気付かないだけで、アンコウは何処かで息をひそめている可能性大。
女房の手を取り潜水開始・・・。
だったのですが、結論から申しますと、この日、2本潜って結果は撃沈。
他の珍魚も、なぁ~んにも見付けられず。
残念な結果に終わって仕舞いました。
しかし、海中は本当に綺麗だったんですよ。
Photo_7
上下水平10m位は見えていて、浅場にはクロホシイシモチが群れ、
Photo_8
キンギョハナダイが戯れ、
Photo_9
ミノカサゴが舞う、正に大瀬崎ブルーで、本当に素晴らしい景色でした。
しかし、どれも見慣れたお魚。
何とかアンコウを見付けたい!
その思いで海底を探し回りましたが、結局見付けることは出来ず。
この日、水温は14℃。
水の冷たさが、ドライスーツを通してひしひしと伝わって来ます。
で、結局潜水時間は2本とも50分前後。
さすがにこの水温で海中に長居は出来ませんでしたよ。
ただ、唯一、この日のダイビングで面白かったのは、「手乗り」のアナハゼに会えたこと。
魚が手に乗る?ハイ、こんな感じです。
Photo_10
このアナハゼという魚、今が産卵期なんです。
この季節になると、何故か、幾らかの個体がダイバーに纏わり付いて来るのです。
11
理由は・・・分かりません。
人間の出す臭いに何か興奮する物質が含まれているのかなぁ・・・。
手を出すと、手のひらにチョコンと留まってくれます。
で、そのまま女房に渡すと、
Photo_11
逃げません。
他に撮る被写体も無いので、このアナハゼちゃんで楽しませて貰いました。
いい加減に飽きたので、海底に下ろして立ち去ろうとしたのですが、やっぱり追いかけてきて纏わり付いて来ます。
Photo_12
そんなに私たち夫婦が好きならば、このまま連れて帰って我が家の水槽に入れてやろうかって思ったくらいでしたよ。
まぁ、こんな感じで、魚が居ないなら居ないなりに楽しめた初潜りでした。
(最後の写真は、大瀬神社に居たジョウビタキくんです。コンデジで撮影。)
Photo_13

さて、今日は雨の中、このブログを書いていますが、もうその雨は止みそうです。
天気予報では、明日は晴れるとのこと。
ならば、明朝は「雲上富士」が期待できますね。
今夜は、晩酌どころではありません。
では!

2015年1月10日 (土)

寒いけれど鳥撮り

みなさん、こんばんは!
私、新年から勤務が当直勤務に戻り、泊まり、明け、休みのお仕事をこなしております。
今日も当直明けでしたが、今朝の夜明けは綺麗でしたよ。
ちょうど午前7時頃、夜明けのコーヒーを飲んでいる時に、木更津方向から朝日が登りました。
Photo
今日は晴天。
空気も澄んでいて、本当に綺麗でしたよ。

さて、休みの日ですが、テレビの番人をしていても仕方ないので、寒い中を野鳥を求めて近くの公園に出かけています。
これが一番お金が掛かりません。
この時は、戸塚の舞岡公園へ。
冬はこの公園にヤマシギが出ると聞いたので、出かけてきた次第。
当日は平日だったのでユックリ撮影できると思い、午前10時過ぎに出かけたのですが・・・着いてみるとビックリ。
Photo_2
すでに大勢のカメラマンさん達が陣取って撮影中です。
私も割り込ませてもらい、撮影開始。
肝心のヤマシギは、2羽、居るには居るのですが・・・25mくらい先の林の手前から近づいて来てはくれません。
(ヤマシギの写真のみ、トリミングです。)
Photo_3
まぁ、チャボくらいはある大きな鳥なので、こんなに離れていても、何とか確認できる次第。
私のレンズでは、証拠写真が精一杯です。
Photo_4
それども1時間くらいは粘って撮りましたよ。
まぁ、人慣れはしているんでしょうね。
これだけカメラマンが居ても逃げませんから。
Photo_5
こうやって撮っていると、コジュケイの一家が現れたので、そちろを撮る方が面白くなりました。
Photo_6
このコジュケイ達も、あまりカメラマンを気にせず、堂々と目の前を通って行きます。
Photo_7
他所で見掛けるコジュケイは、レンズを向けると、駆け足で逃げて行くのが殆どですが、ここのは人慣れしているようですね。
Photo_8
コジュケイの生態をじっくり観察することが出来ました。
Photo_9
観察していると、コジュケイたちはヤマシギに近寄って行って・・・あれよあれよという間にヤマシギを追い払ってしまいました。
Photo_13
ヤマシギの方がコジュケイよりも大きいのに、力関係はコジュケイの方が上なんですね。

このヤマシギの反対側の田んぼにはタシギも居ました。
Photo_14
この鳥はヤマシギよりもずっと小さな鳥ですが、ずっと目の前に居てくれたので、大きく写すことが出来ました。
Photo_18
サービス精神は、こちらの方が良いですね。
Photo_19
3時間くらいの間で他に撮れた鳥は、シメと、
Photo_20
アオジくらいでしたが、
Photo_21
けっこう楽しめた一日でした。
明日の休みは、世間様も日曜日。
この公園は混むでしょうから、別の場所で鳥を探したいと思います。
では!

2015年1月 7日 (水)

まったりの年末年始でした。(富士山撮り)

みなさん、こんばんは!
前の記事の続きです。

年末、30日は、雲上富士を期待して、いつもの吉原の山へ。
前日の29日、静岡市内は雨が降り、翌30日は晴れて冷え込むとの予報だったので、29日の夜は晩酌なんかしていられません。
深夜、愛車にカメラ機材を積み込み、出発。
日付が変わる前にポイントに到着しましたが、なんと・・・富士山は本当に深い雲の中。
まったく姿が見えません。
参ったな。
このまま見えないで終わるかも・・・取りあえず、三脚だけセットして場所取りは完了。
車の中でダウンジャケットに包まれて、明るくなるのを待ちました。
この間にも続々と車が上がって来ましたが・・・午前5時頃になっても姿を現さない富士山に諦めたのか、数台が下山して行く始末。
寒いし、眠いし・・・私もどうしようか迷ったのですが、富士山が姿を現してくれることを信じて待つことに。
すると、午前6時を過ぎた頃、ようやく雲が移動を始め、切れ間から富士山が姿を現しました。
もちろん、大急ぎで車外へ出て、カメラを三脚にセットして撮影開始です。
1
霧も段々と濃くなってきている様。
こうなると、もう夢中です。
2
日の出少し前の午前6時30分頃、霧の状態は最高に。
これまでで、一番良い状態の雲上富士を撮ることが出来ました。
3
ただ、日の出時刻の午前7時少し前になると、霧が薄れてしまい・・・
4
富士山は、朝日に輝いているのですが、ちょっと残念な画に・・・
以前なら、これでも十分満足だったんですがねぇ。
このまま、7時30頃まで粘りましたが、今度はまた雲が出てきて、富士山を隠し始めたので、これで撮影終了です。
5
家路を急ぎました。
見下ろせば、清水市街もすっかり明るくなってましたよ。
Photo
ちなみに、私はこのポイントでこんな感じで撮っているんですよ。
Photo_2
この日は、帰ってから朝食を食べると、女房に家の大掃除を命じられました。
まぁ、年末でしたからね。
遊んでいるばかりじゃ駄目だよね。
しっかり大掃除をやりましたよ。
でも、後から聞いた話では、この日、麻機遊水池のカワセミは何回もホバリングしてカメラマンを喜ばせてくれたそうなんだよね。
あぁ、やっぱり大掃除なんてサボって鳥撮りに繰り出せば良かったと思いましたよ。
そんな年末でした。
では!

2015年1月 4日 (日)

まったりの年末年始でした。(鳥撮り)

みなさん、こんばんは!
私、年末年始は7連休、12月27日から1月2日まで、まったりと自宅で過ごしました。
昨日から初仕事、年明けで日勤勤務を交代し、これから、当直、明け、休みの繰り返しです。
ハードなお仕事の時間は、24時間30分。
まぁ、躰はキツいですが、その方が貰うお金は多いですからね。
お金を貰うためと割り切って頑張りますよ~。

さて、この7連休の間、前半はダイビングを楽しみ、後は富士山撮りやら野鳥撮りやらでまったりと過ごしました。
で、先ずは野鳥の写真でブログの更新です。
撮影地は静岡市の麻機遊水池。
我が家から車で10分くらいの所にある広大な湿地帯です。
30日、1日、2日と、この場所で野鳥を追いかけました。
なかなか面白い写真が撮れましたよ。
先ずはカワセミのホバリングから・・・
Photo
この仔は女の子で、頻繁にホバリングして楽しませてくれました。
もう少し近くでやってくれたら、最高だったんですがね。
Photo_3
私の安価なレンズでは、これが精一杯です。
Photo_4
時には、縄張りを侵す他の仔相手に女同士の壮絶な闘いを見せてくれたり・・・
Photo_5
捕った獲物を自慢げに見せびらかしてくれたり・・・
Photo_6
おぉ~お見事!
Photo_7
良い型の魚が捕れましたな。
Photo_8
この仔はべっびんさんです。
Photo_9
可愛い。
じっとしていても絵になりますねぇ・・・。
Photo_10

次は、この池を狩り場にしているミサゴさんです。
Photo_11
この時は、大きな鯉?をゲットして帰って行きました。
Photo
最後のオマケはアオジさん。
私がカワセミを夢中で撮って居る時に、私も撮ってちょうだいと現れました。
Photo_2
こんな感じで、何とも楽しい7日間はあっという間に過ぎてしまいました。

で、昨日からのいきなりの泊まり勤務は、さすがにキツかったですよ。
でも、明日は休み。
今度は横浜で野鳥を探します。
さて、何が撮れるかなぁ。
では!

2015年1月 1日 (木)

謹賀新年

みなさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、今朝も早起きして、富士川の河口へ富士山と初日の出を撮りに行って来ました。
ポイントは自宅から車で約20分くらいの場所です。
午前5時40分頃着。
車内で明るくなるのを待ちます。
大晦日の夜が雨だったので、富士山が見えるか心配だったのですが、杞憂でした。
富士山の輪郭が見えていることを確認して一安心。
午前6時を過ぎる頃、徐々に明るくなってきたので、三脚を立てて撮影開始です。
まだ、富士市街の灯りが輝いていました。
Photo
静岡の日の出は6時54分頃だったんですが、東の空、伊豆半島の上空には雲が掛かっていて、その時刻になっても初日は昇ってきません。
ようやく、雲の上から顔を出したのは、午前7時09分でした。
Photo_2
すると、富士山が輝き始め・・・
Photo_3
こんな感じです。
山頂は強風が吹いているようで、冠雪が飛ばされて雲のように見えます。
紅富士を期待したのですが、ちょっと無理の様、仕方ないので、レンズにトワイライトレッドフィルターを付けてパチリ。
Photo_4
結構それっぽいでしょう?結局、7時30分頃まで楽しみました。
完全に日が昇った状態を撮って終了。
家路を急ぎます。
Photo_5
家では、女房が雑煮を作って待っていました。
我が家の雑煮は、福岡風、アゴ出汁で鰤が入ってます。
Photo_6
もちろん、美味しいですよ~。
これを食べて、さあ、これから三社参りに出発です。
では!

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »