無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

会いに行きました・3

みなさん、こんにちは!
昨夜(27日)、久しぶりに海自の友人と横須賀中央で飲み、帰りの駅でふと見かけた大きなウルトラマンのポスター。
昨日から横須賀美術館で「ウルトラマン創世紀展」というのが開催されているとのこと。
ウルトラマンかぁ・・・懐かしいな。
ならばウルトラマンに会ってこようと、今日、出かけてみました。
1_2
横須賀美術館って、走水の海岸に面した瀟洒な建物です。
建てた時に、スッタモンダがあった有名な所。
入るのは勿論初めてです。
(元々、芸術なんて縁がありませんからね。)
2
入場料千円を支払って入場。
3
さすがに日曜日とあって、館内は子供連れで賑わってます。
入口には歴代?のウルトラマン達がずらり・・・
4
ほとんど誰が誰やら判りません。
ハッキリ判るのは、
5
ウルトラマンと、
6
ウルトラセブンくらいかな。
後の番組は視ていませんから。
私、子供の頃は変身・超人ヒーローよりも、人間のヒーローが活躍する「キャプテンウルトラ」や「マイティジャック」の方に憧れてましたからねぇ・・・。
7
さて、奥の展示室内ですが、撮影は禁止とのこと。
まぁ、当時撮影で使用された台本や模型、ユニフォーム等の小道具が沢山展示されていました。
どれもマニアには垂涎なのかな。
1時間ほど見て回り、記念にクリアファイルを買って帰宅しました。
8
8月30日まで開催されているようですから、お好きな方は行かれてみてはいかが?
では!

2015年6月22日 (月)

ネタ切れ(小ネタです)

みなさん、こんばんは!
今日もネタがありません。
ここのところ、雨続きでしたからねぇ・・・。
山へ鳥撮りに行こうと思ったら雨。
そんな日ばかりでしたよ。
で、ネタが無いので、撮りためた小ネタで更新です。

【美味しいもの】
(1) サクラエビ
新鮮?なサクラエビを食べることができるかなぁ・・・って、由比漁港へ行ってきました。
Photo_2
サクラエビってご存じでしょうか?
日本では、ほぼ駿河湾にのみ棲息する、小さな深海性のエビです。
大きさは、オキアミよりも少し大きいくらいかな。
このエビを獲ることが出来る(漁業権がある)のは、清水の由比漁協と焼津の大井川漁協のみ。
静岡の名産なんですよ。
Photo
行ったのは6月7日の日曜日でしたから、春の漁期はほぼ終わりの頃。
だから未だ新鮮なものが食べられるかな・・・って思ってやってきた次第。
漁協の経営する「浜のかきあげや」さんに入りました。
Photo_4
多いのを見越して、午前10時に入ったのですが、すでにほぼ満席状態。
なんとか座席を二つ確保して、かき揚げそばを注文。
Photo_5
たっぷりのサクラエビで揚げたかき揚げが2枚のって750円ナリ。
そばはハッキリ言って、駅の立ち食い蕎麦と同じでちっとも美味いものではありませんが、かき揚げは、ちょっと油っぽいけれど、サクサクとしていて美味。
Photo_6
噛む度に、サクラエビの甘い風味が口の中一杯に広がります。
所謂B級グルメですが、食べてみる価値はありますよ。
まぁ、お試しあれ。

(2)くるみそば
静岡市の古庄にある、蕎麦きりカフェ「まんげつや」さんの、くるみそばにハマってます。
Photo_7
月イチ?くらいかな。
何故か無性に食べたくなるのです。
小さな蕎麦ご飯とデザートのプリンが付いて950円ナリ。
Photo_8
そばは、白くて東京なんかで出て来るタイプ。
これだけ食べても十分美味しいのですが、これを甘めの胡桃ダレにつけてすするともう最高。
胡桃の香ばしい香りが、口の中一杯に広がります。
最後に蕎麦湯で胡桃ダレを飲み干して満足。
あぁ、また食べたくなったなぁ・・・。

(3)さくらんぼ
先日、横浜の親戚からさくらんぼをいただきました。
佐藤錦と言うのだそうな。
Photo_9
さくらんぼって、そんなに美味いってイメージがなかったので、殆ど食べたことがなかったけれど、あらためて味わってみると・・・美味いモノですねぇ。
艶々としていて、とても綺麗。
これって、高いのかなぁ・・・。
Photo_10

【首輪(スマホですよ)の新替】
昨日、雨だったのでやることもなく、女房をつれてキタムラへカメラを見に行ったのですが、カメラに興味のない女房は、私がカメラを眺めている間、何やらdocomoの店員さんと話し込んでいる様子。
まさかなぁ・・・って思っていたら、トントン拍子に買う話になって、私の首輪も新替となりました。
なんでも、買った機種は0円で、女房と同じ物を2台買えば月々の使用料もかなりお得だったんだとか。
お互いSH-01Dという機種を3年半使っていて、旧式になってしまい、もうアプリの更新も容量が足りなくて出来なくなっていたところだったので替え時でした。
Photo_11
で、これ、SH-04Gという機種です。
使い方は・・・解りません。
以前のSH-01Dと格好は似ているのに、使い方は全然違いますね。
これからお勉強です。

まぁ、携帯って私を雁字搦めに縛る首輪ですからね。
新しい方が気分は良いかな。
でも、はやくこんな物を持たなくてもよい生活になりたいものです。
未だ未だ先かな・・・。
では!

2015年6月16日 (火)

仕切り直しのダイビング

みなさん、こんばんは!
前回の続き?という訳ではありませんが、潜りたい気持ちは抑えきれず、結局、14日の日曜日に出かけてしまいました。
だって、3ヶ月も潜ってない訳で、私の躰からは潮っ気が完全に抜けてしまい、肉体的にも精神的にも病気になってしまいそうだったから・・・。
当日、早朝は雨でしたが、お構いなしに愛車に機材と女房を積んで出発。
8時前には大瀬崎着。
既に雨は上がっていて曇り空、海上は比較的穏やかでしたから、絶好とは言えないまでも、この季節、贅沢は言っていられないコンディションといったところでしょうか。
Photo
日曜日ということもあって、浜は多くのダイバーで賑わってます。
本当は平日に来たいところですが・・・休みが取れないので仕方ありませんね。
馴染みのショップに入って、ガイドさんに生物情報を聞くと、特に珍しい魚は出ていないとのこと。
今年はマンボウの出も悪いとか・・・。
仕方が無いので、とりあえず、一本目は外海の門下ポイントでマンボウの出現を待ってみることに。
女房と簡単な打ち合わせをして潜水開始です。
潜ってみると・・・
Photo_2
水中は浮遊物が多くて、視界は上下水平8mくらい。
流れも無く、水温は18℃で何とかウエットスーツで大丈夫な海況でした。
マンボウが出没するのは、この沖、水深26mくらいのやや深めのポイントです。
女房が付いて来ているのを確認しながら水深を下げ、潜行開始後10分くらいで目的のポイントへ到着。
ここで中性浮力をとりながら、約10分間、マンボウの出現を待ったのですが・・・
Photo_3
まったく気配無し。
水深が水深なので、あまり長く居座る訳にもゆかず、早々に諦めて浅場へ移動です。
後は、水深8m位の場所で、空気が無くなるまで、女房と魚を探して遊びました。
Photo_4
まぁ、珍しい魚は見つかりませんでしたよ。
で、下の写真ですが、何だと思いますか?
Photo_5
高さが1mはあります。
これ、ウミトサカというソフトコーラルの一種です。
カリフラワーみたいでしょう?
珍しくはありませんが、こんなものを見ているだけでも潜るって楽しいです。
一本目はこれで終了。

早めに昼食を食べて、午後は湾内で二本目です。
湾内にもとりたてて珍しい魚は出ていないということだったので、女房のリクエストで、久しぶりにミジンベニハゼを撮りに行くことにしました。
この魚もちょっと深めなんですよねぇ。
水深24mの海底にガラス瓶が幾つか沈められていて、彼らはそこに棲んでいます。
一本目で体内窒素がかなり溜まっているので、24mの海底に滞在出来る時間はせいぜい8分間くらいかな。
それを超えると、無減圧潜水の限界を超えてしまいそうです。
チャッチャッと撮って浅場に移動するよって女房に言い聞かせ、潜水開始です。
湾内は視界が悪く、上下水平6mくらい。
コンパスを見ながら慎重に進み、何とか無事水深24mのミジンベニハゼポイントに到着。
海底に置かれたガラス瓶を一つづつ覗いて見ると・・・居ました。
Photo_6
早速、撮影開始です。
Photo_7
可愛いでしょう?
瓶の中からこちらを伺っています。
この魚、ペアでこの瓶に棲んでいるのですが、もう一匹はついに出てこず。
Photo_8
二匹が瓶から顔を覗かせる画が撮りたかったのですが、時間切れです。
女房を促して浅場へ移動。
水深7mまで戻って、そこで魚を探しました。
このくらい浅くなると、6月は海藻のホンダワラが生い茂って、海底はさながらホンダワラの森の様。
その中にネンブツダイが群れをなしています。
Photo_9
良い画が撮れないかなぁ・・・って、あれやこれや構図を考えていると・・・突然、目の前に大きなアオリイカが出現しました。
Photo_10
丸々と太っていて、体長40cmくらいあったかな。
彼らも産卵の季節。
ホンダワラの茂みの中に卵を産み付けに来ているのです。
Photo_11
普段、アオリイカにはなかなか寄れないのですが、この季節は彼らが産卵に夢中になっているので、けっこう近寄れるのですよ。
で、私が撮り始めると、他のダイバー達がこれを目ざとく見付けて寄って来て・・・さすがに大勢のダイバーに囲まれると産卵は中止。
アオリイカ達は逃げ去ってしまいました。
残念ですが文句を言う訳にも行かず・・・これで浮上です。

こんな感じで、仕切り直しのダイビングを終えました。
珍しい魚には会えませんでしたが、久しぶりに楽しいダイビングでした。
躰に潮っ気も戻ったしね。
機材を片付けている時に、ショップの軒先にあったツバメの巣の最後の雛が巣立つ所を目撃。
Photo_12
ちょっと感動的でした。

これから夏にかけて仕事が忙しくなります。
次回はいつ潜れることやら・・・。
では!

2015年6月12日 (金)

ダイビングへ行ったのですが・・・。

みなさん、こんばんは!
なんともスッキリと晴れない日が続きますねぇ・・・。
毎日蒸し暑くて、通勤電車が不快です。

さて、7日の日曜日は、久しぶりのダイビング。
清水は曇り空でしたが、早起きして機材を愛車に積み込み、女房を乗せて大瀬崎へGO!
日曜日なので早朝の道は空いており、8時には馴染みのショップの駐車場に到着。
しかし・・・あれっ、今日は車がヤケに多いなぁ・・・そこで目に飛び込んできた看板を見てガッカリ。
今日は大瀬崎ダイバーズディだぁ・・・。
要はダイバーのお祭りで、色々なイベントが開催されるのです。
当然、今日の海は芋洗い状態・・・のんびり潜ることは出来ません。
で、「ヤァ~メ た!」車から降りることもなく、来た道を引き返しました。
女房は「せっかく来たのに・・・」とご機嫌ナナメでしたが、無視です。
車を走らせていると、途中の重須(おもす)に城址があることを思い出したので、良い機会、そこに寄ってみることに。
Photo_25
長浜城といい、戦国時代の武将、北条早雲を祖とする後北条氏の砦址です。
何十年も大瀬崎に通っているので、当然存在は知っており、気にはなっていたのですが、寄る暇がありませんでした。
女房は興味なさそうでしたが、他にやることもないので、渋々私にお付き合い。
Photo_26
海に面した小さな山全体が砦になっています。
Photo_27
天正7年頃に、内陸にある韮山城の海側の守りとして水軍が配置され、現在の沼津市内にある、甲斐武田氏の三枚橋城と対峙していたそうです。
階段を登りきると、そこは第四曲輪です。
Photo_28
曲輪?平たく整地された兵の詰め所ってところですか。
曲輪は比較的に大きなものが4つ、小さな腰曲輪というものが4つあります。
Photo_29
それでも兵が千人も籠もれば一杯になりそうな規模の砦ですね。
元々、北条水軍の出撃拠点としての意味があるようですから、これで良かったのかな。
あちらこちらに、三つ鱗の旗が立っていて、それっぽい雰囲気を醸し出しているでしょう。
Photo_30
第四曲輪の上は第三曲輪で、小さな稲荷の祠が建っていました。
Photo_31
この第三曲輪と第二曲輪の間に、小さな空堀の跡と虎口があります。
(下の写真です。)
Photo_32
なるほど、虎口に攻め寄せる敵兵を両方の曲輪から攻撃できるようになっているんですね。
これが第二曲輪です。
Photo_33
この場所には、幾棟かの住居が建っていたようです。
そうして、この第二曲輪から、空堀の上に建つ小さな櫓を介して第一曲輪へ。
Photo_34
ここが所謂、本丸にあたる場所ですね。
Photo_35
この第一曲輪から、内浦湾を一望にできます。
Photo
天気が好ければ絶景ですね。
この第一曲輪の下が4つの腰曲輪になっていて、海へ至っています。
Photo_2
下まで下りてしまうと、登るのが大変でした。
Photo_4
天正8年、この内浦湾で、北条水軍と武田水軍による駿河湾海戦が行われ、城将である梶原影宗は、安宅船(あたけぶね)という戦艦で、攻め寄せる武田水軍を追い払ったのだそうな。
下の写真がその安宅船の原寸大模型で、全長24.3m、全幅9.7mあります。
Photo_5
当に戦艦ですねぇ。
しかし、結局この城は、豊臣秀吉の小田原攻めの際に戦うことなく放棄され、以後、廃城になったそうです。

現在、復元途中だそうで、最終的にはどんな感じになるのか楽しみです。
間違っても、有りもしなかった天守閣なんて建てないで、忠実に再現して欲しいものですね。

ダイビングは出来なかったけれど、気になっていた城址を見ることが出来て、これはこれで良かったかな。
ダイビングは仕切り直しです。
では!

2015年6月 9日 (火)

花菖蒲鑑賞会へ行ってみました

みなさん、こんばんは!
私、6日~8日、3連休だったので、色々と遊びを計画。
先ず、6日(土曜日)は「ハッピーのパパ」さんと、伊豆方面の山へ行く予定でした。
が、前日の5日から6日の朝にかけて、静岡県内は大雨。
さすがに登山は無理と言うことで、パパさんの提案で花菖蒲鑑賞会へ。
場所は静岡市内にある下水処理施設の「城北浄化センター」です。
この施設内の池の畔に花菖蒲が沢山植えてあって、この季節は見頃なんだそうな。
もちろん、普段は公開されておらず、この6日と翌7日のみの一般公開です。
パパさんとは午後1時に待ち合わせ。
愛車を駆って会場へ。
着いてみると・・・既に駐車場は満杯状態でした。
それでも何とか駐めることが出来、パパさんと合流、一緒に回ることが出来ました。
1
花菖蒲の鑑賞会なんて、せいぜい市の広報誌くらいで広報しているだけなのに、皆さんよく知ってますねぇ・・・。
2
私はパパさんから聞くまで知りませんでしたが、もうこの鑑賞会は今回で18年目なのだとか。
なるほどねぇ・・・
3
この池の周りには約2,000株もの花菖蒲が植えられているのだとか。
4
う~ん、実に見事でした。
5
しかし私、正直なことを申しますと、ショウブ、カキツバタ、アヤメの見分けが付きません。
6
会場でパパさんに教えて戴きましたが、それでもねぇ・・・。
7
それから、花菖蒲の中にも、何種類もあるんですねぇ・・・
微妙に花の色、形が違います。
8
まぁ、綺麗なら良いか・・・って、ところかな。
たまに、こうやって花を見て歩くのも良いものです。
花より団子の私ですが、この日は花菖蒲を堪能いたしました。
で、翌7日は久々のダイビングの予定だったのですが・・・

続きは次回ということで。
では!

2015年6月 4日 (木)

ネタ切れ(久々の・・・)

みなさん、こんばんは!
ネタは無いのですが・・・

【久々の・・・】
先日の5月25日、東京本社の会議に呼ばれ、怠いなぁ・・・って思いながらも東京へ。
会議は昼から。
早く着いた?というよりも、久々に昼を「松本楼」で食べたかったので、早めに横浜を出て日比谷公園に。
1
6年ぶり?かな。
2
あぁ~久々です。
昔、東京本社に出張の時は、たいていここで食べたなぁ・・・
3
まぁ、カレーばかりだったですがね。
で、今回は・・・久々だものね。
ほんのちょっとだけ、リッチ?に、オムレツライス2色のソースをチョイス。
4
うん、美味かったです。
木々に囲まれたテラスで食べているだけで、美味さも倍増ですね。
お店を出たのは11時50分頃でしたが、すでに行列が出来てました。
5
平日の月曜日なのに、人気なんですねぇ・・・。

食後、重い足を引きずりながら東京本社へ向かいました。
6
午後1時から6時まで、延々と会議です。
7
本社は、古いビルなんで空調が効かず、すごく蒸し暑いんですよねぇ・・・
窓からの景色だけは良いんですがね。
8
この日は途中地震があったりして、会議も延びて・・・最後は飲みに付き合って・・・
横浜の出城に帰り着いたのは、11時頃でしたよ。
勤務が変わってから飲む機会が増えて、肝臓が悲鳴を上げています。
まぁ、自分で希望した仕事ですから仕方ありませんけれどね。

【私の机】
今の私の職場からの風景。
9
昨年の職場と同じフロアなんですが、昨年は海側で今の職場は街側。
港は見えにくくなりました。
で、これが私の机。
専用パソコンが3台とそのモニターが2台、所狭しと載っています。
10
雑然としているでしょう。
文字を書くようなスペースはありません。
日夜この3台のパソコンとにらめっこしながら、Excel、PowerPoint、Access、一太郎等を駆使して仕事をしています。
(Wordは性能が悪いので使いません。)
と、いう訳で、何時も目はショボショボ、老眼も乱視も急速に悪化中です。
だから帰宅後に、パソコンなんか開きたくない時もあるのです。
11
そういう訳で、皆さんのブログを拝見するのが遅くなることもありますので、悪しからず。
では!

2015年6月 1日 (月)

九州墓参旅行(最終日の長崎観光)

みなさん、こんばんは!
土曜の夜の地震、凄かったですねぇ。
私の横浜の出城(単身赴任中の住居です)も大揺れ。
熱帯魚の水槽から多量の水が飛び出て、居間がビショビショです。
後の掃除が大変でした。
ついに大地震が来たかと覚悟しましたよ。

では、今日まで引っ張ったネタの最後、墓参旅行の最終日です。
17日は日曜日、良い天気ということもあって、長崎市内は観光客で溢れていましたが、女房のたっての希望でベタな長崎市内観光へ。
私的には、九十九島の方へ足を延ばしたかったのですが・・・こういう時は、聞いてやらないとね。
1
なんせ、女房の誕生日をウッカリ忘れて仕舞い、ネチネチと皮肉を言われていた時でしたからね。
先ずは、グラバー園へ。
2
ここは高校生の時に来て以来だな。
なんと、エスカレーター?動く歩道?が設置されていました。
3
これなら、親父のような年寄りでも楽に登れます。
さすがは世界遺産だね。
4
このグラバー園という所、確かに綺麗ですが、私的にはあまり魅力は感じません。
5
瀟洒な古い洋館が幾つかあるなって感じかな。
6
しかし、明治初期、来日した欧米人は豪華な暮らしをしていたんだなぁ・・・
当時の日本人の家は、きっと粗末だっただろうに・・・
7
よくもまぁ、こんな欧米人達を相手に渡り合って、植民地にもされずに、強国にのし上がれたもんだ。
8
明治の人って偉大だなぁ・・・なんて考えながら回ってました。
このグラバー園って、かなり広くて、見て回るのにけっこう時間を喰ってしまったので、出た頃はちょうどお昼。
食べる所はどこも混んでいるだろうってことで、稲佐山に登って少し時間をずらすことに。
9
この稲佐山は、標高333m、頂上に有料駐車場と展望台があります。
長崎市内を一望に見渡すことが出来るんですよ。
10
絶景でした。
ちなみに、夜景は1000万ドルの夜景なんだそうな。
一度見てみたいものです。
稲佐山の後は、中華街へ。
親父がチャンポンが食べたいなんて言うから・・・
15
昨日の夜も中華だったじゃないか・・・なんて思いながらも、孝行息子である私はチャンポンを食べに行きましたよ。
でも、長崎の中華街って小さいね。
横浜のを見慣れているからかな。
昼食の後は、カステラを買いに。
勿論、眼鏡橋の傍にある匠寛堂さんの五三焼ですよ。
16
長崎に来たら、これを買わないとね。
(もちろん、今年も鯨肉を一年分買い込みましたよ。)

そうして平和公園へ行ったのですが・・・これは省略。
何故って、ちょうど中国人観光客が大挙してやって来ていて、ワイワイガヤガヤ・・・
許せないのは、皆が皆、平和祈念像の格好を真似て戯けて記念写真撮影。
この公園の意味なんて何も解っていない・・・いや、解っているからワザとやっているのか。
兎に角、厳かな雰囲気は台無し。
怒り心頭で、早々に引き上げましたよ。
それで、出島へ。
11
ご存じ、江戸幕府が鎖国政策のために築いた人工島です。
現在、復元工事が進められていて、内部は・・・そうですねぇ・・・日光江戸村のような感じでした。
12
う~ん、イマイチかな。
13
どれもこれも、映画のセットって感じですよ。
14
まぁ、また長崎へ行く機会があっても、もう行かないな。

そんなこんなで、飛行機の時間が迫って来たので、大村の長崎空港へ。
レンタカーを返し、夕方の飛行機に乗って羽田へ。
空港で愛車を受け取り、東名を飛ばして清水の自宅へ帰り着いた時には、日付が変わっていました。

天候にはイマイチ恵まれませんでしたが、まずまず楽しい墓参旅行でしたよ。
来年は何処を回ろうかな。
では!

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »