無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月24日 (火)

裏富士?もまた好し

みなさん、こんばんは!
21日、ハッピーのパパさんに、山梨県の石割山へ連れて行ってもらいました。
本当は、その前日の20日に大瀬崎でダイビングだったのですが、これをアップするとダイビング記事が続いてしまうので、あえて、21日の石割山行きを先にアップです。
早朝6時半、パパさんを迎えに行き、出発。
当日は晴天、パパさんの案内で、一路山梨県の山中湖を目指しました。
10時頃、石割山入口に到着して登山開始です。
登山口はこの鳥居。
1
ここから403段の階段を登ります。
この階段がけっこうキツかった・・・。
2
天に至るような急な階段です。
パパさんに遅れないよう精一杯頑張りましたが、とてもとても・・・体力の無さを痛感します。
ようやく登り切ると、ここからは富士山を眺めながらのけっこう快適なトレッキングでした。
3
出発から40分くらいでようやく石割神社に到着。
4
この社の右側に見える大きな岩が、石割山の由来になった岩です。
岩の真ん中が割れていて、その間を時計回りに3回、廻ると運が開けるとか・・・。
5
時間はありませんでしたが、とりあえず、パパさんと一度だけ廻ってみました。
まぁ、運は別の方法で開きましょう。
ここから30分くらいでようやく山頂着です。
6
標高1,413mだとか。
けっこう高い山なんですね。
ここから富士山を見ると・・・おぉ、絶景です。
7
麓の山中湖とマッチしてますね。
ただ、少し違和感が・・・宝永山が左肩に見えます。
つまり、静岡のちょうど裏側なんですね。
8
うん、でも綺麗だから好し。
ここで、パパさんと写真をお腹一杯撮りましたよ。
しばらく休憩した後、平尾山目指して尾根道を下ります。
9
約30分くらいで平尾山着。
午前11時頃だったかな。
10
この山も標高1,318m。
ここから見る富士山も絶景でした。
11
結論。
富士山は、静岡から見ても、山梨から見ても美しい。
12
ここでおむすびを食べて下山です。
40分くらい歩いて駐車場に到着。
ちょうど、午後零時でした。
で、せっかく山梨県に居るのだからと、「吉田うどん」を食べることに。
富士急ハイランド近くの、「あらきうどん」さんに入りました。
13
これが名物「吉田うどん(肉うどん)」500円ナリ。
14
肉は桜肉、つまり馬肉です。
で、肝心のお味は・・・「吉田うどん」という食べ物なのだと思えば美味いですよ。
九州で生まれ育った私にとって、これは「うどん」とは別物。
何と言ってもこの麺は固すぎ。
アゴが疲れてしまいます。
九州、特に福岡県の「うどん」の麺には、コシなんてありませんからね。
「吉田うどん」は、汁も辛くて、なんだか蕎麦の汁の様だしね。
なんて思いながらも、結局全部平らげましたよ。

体力の無さから、パパさんには迷惑をかけてしまいましたが、とても楽しい一日でした。
もう少し酒をひかえて運動もして、体力を付けないとイケないね。
さて、次は何処の山へ行くのかな。
では!

2015年11月14日 (土)

秋本番の大瀬崎(2本目)

みなさん、こんにちは!
今日、横浜は雨が降っていて少し寒いです。
朝から出城(オンボロ宿舎)の工事が入っていて、土日、連休だというのに清水の家に帰ることが出来ません。
早朝からガンガン、ドタドタ・・・最低な休みです。

さて、前回の続きです。
2本目は、早めの昼飯を食べてスタートです。
天気も回復して青空が見えており、午後の浜は、ダイバーで大賑わいになっていました。
1
潜水ポイントは、湾内の神社寄りのポイント。
ガイドさんの話では、ここの比較的浅い水深12mくらいの海底に緑色のカミソリウオのペアが居るとのこと。
他に珍しい魚の情報も無いので、これを撮りに行くことに。
女房と簡単な打ち合わせをして潜水開始です。
潜って見ると・・・湾内の視界は外海に比べてかなり落ちていました。
上下水平7mってところかな。
2
キンギョダイの群れを掻き分ける様に泳ぎながら、少しずつ水深を下げて行きます。
3
すぐに水深12mに到達。
概ね、見当を付けた辺りで、女房と手分けしてカミソリウオのペアを探しました。
で、探していると・・・あれっ?体長10cmくらいの小さなタコが私の目の前を横切って行きます。
コイツは・・・ヒョウモンダコだ!
4
久しぶりの遭遇。
撮ろうと近寄ると、身体の青い輪の豹紋を光らせて威嚇してきます。
綺麗なタコでしょう?
5
でも、このタコ、小さくて可愛くても実は猛毒の持ち主。
フグ毒と同じテトロドトキシンを持っていて、噛み付くことで獲物に毒を注入します。
万が一、噛まれると死んでしまう可能性有り。
実際オーストラリアなんかでは、海岸のタイトプール(潮溜まりのことですよ)なんかに居て、小さくて綺麗なので捕ろうとしたり、気付かずに踏んづけて噛まれた人が亡くなる事故が度々あるそうな。
6
まぁ、日本での事故例は聞きませんね。
第一号にならないように用心です。
先ず、触らなければ、噛みませんから・・・。
ヒョウモンダコに遊んで貰い、またカミソリウオ探しを再開です。
でも、緑色の体色ですからねぇ。
アマモの様な海草に擬態していると、気づきません。
やっぱり、10分近く掛かりましたが、ようやく私が発見しました。
7
ちぎれて漂う海草じゃあありませんよ。
れっきとした魚です。
8
普段見つかるカミソリウオは、この様に緑色の体色が殆どです。
1本目のダイブで見付けた、赤い個体はレアなんですよ。
9
他にたいした魚もいないので、女房と2人、このペアをお腹一杯撮りました。
10
これで2本目は終了。
約1時間の潜水で浮上、この日のダイビングを終えました。

さて、次回は11月20日の予定。
年末が近づき、沢山残ってしまった有給(お金には換えてくれません)を少しでも処理するようにと上司から言われたので、久々の平日ダイブが出来そう。
楽しみです。
では!

2015年11月 6日 (金)

秋本番の大瀬崎(1本目)

みなさん、こんばんは!
石垣島が終わって、早1ヶ月。
横浜は朝晩寒くて、何だか冬がすぐそこまでやって来ているような気配。
石垣島のあの夏の日々は、何だか何年も昔の出来事の様に感じます。

さて、このネタももう半月くらい前のお話ですが、実は10月17日に大瀬崎で潜っていました。
これ以上放って置くと、カビが生えそうなので、ここらで公開。
当日は、いつもの様に早起きして、機材とカメラを愛車に積み込み、女房を乗せて清水の自宅を出発しました。
早朝は生憎の小雨模様でしたが、大瀬崎に着いた午前8時頃頃には雨も上がり、機材を車から降ろしながらホッとした気分。
海に潜る訳ですが、やっぱり雨は降ってない方が良いですよ。
1
土曜日ではありましたが、天気がイマイチだからか、ダイバーは疎らです。
馴染みのショップへ入り、生物情報を聞くと、外海の門下に赤いカミソリウオのペアが出ているとのこと。
で、1本目はそのカミソリウオに狙いを定めました。
エントリー地点は、波も静かです。
2
女房と簡単な打ち合わせをして、早速潜水開始。
潜ってみると・・・水中は少し白っぽく濁っています。
3
それでも視界は前後左右8mくらい。
水温は17度で、5mmのワンピースだと少し寒いくらいでした。
4
ガイドさんに教えて貰ったとおり、水深9mで目標の岩を見付けて、そこから深場へ進み水深21mで、女房と手分けしてカミソリウオが付いているというイソバナを探します。
約10分ほど探して諦めかけた時に・・・私が見付けました。
5
なるほど、真っ赤なカミソリウオのペアです。
早速、女房を呼んで撮影開始。
6
赤いカミソリウオってレアですよ。
7
多く見られるカミソリウオって、緑か黄色ですからね。
8
二人で色々と構図を変えながら撮っていると、あっという間に無減圧潜水の上限に。
ちょっと物足りませんでしたが、切り上げて浅場へ移動です。
水深8mまで戻って、減圧停止を兼ねて他の被写体を探しました。
で、撮れたのは、ウミヒゴイと、
9
ガラスハゼくらいでした。
10
約1時間の潜水で浮上。
そこそこ楽しめた1本目でしたよ。
続きは次回ということで。
では!

2015年11月 3日 (火)

最近の野鳥撮影

みなさん、こんにちは!
野鳥の撮影は、石垣島で夜撮って以来、しばらくご無沙汰だったのですが、1日に富士川で撮影。
それを貼ってみます。
その前に、石垣島最終日に撮った鳥を2枚。

【カンムリワシ】
10月5日、夕方の飛行機の時間まで、レンタカーで島内をぐるぐる・・・野鳥を探しましたが、撮れたのはカンムリワシだけでした。
Photo
それも、すべて電柱留まり・・・
Photo_2
色々と沢山撮れたら、それだけでブログを更新するつもりだったのですが・・・。
残念でした。

【マガンとヒシクイ】
1日、久々に静岡の麻機遊水池へ鳥撮りに行くと、「(かわせみのひとりごと)のかわせみさん」や「(鳥さんといつも一緒に)のRINOさん」と久しぶりに再会。
お二人が、これから富士川へマガンを撮りに行くと言うので、ご一緒させていただきました。
Photo_4
連れて行っていただいた富士川の川原には、マガンが2羽、ヒシクイが1羽居ましたよ。
Photo_5
マガンもヒシクイも私は初見。
興奮しましたよ。
この仔がマガンです。
Photo_3
つぶらな瞳が何とも可愛いですね。
そうして、この仔がヒシクイ。
Photo_6
嘴の色が黒くて足の色が薄いのかな。
これはこれで可愛い。
Photo_7
3羽共、カメラマンを気にすること無くリラックスしてましたよ。
Photo_8
この日は、久しぶりに沢山撮れてお腹一杯。
5
大満足の一日でした。

【シジュウカラ】
そうして今日、一日だけの休みなので清水のお家へ帰る訳にもゆかず、久しぶりに横浜の自然観察の森へ行ってみました。
もう鎌倉湖にオシドリが来ているということなので、ここの池にも渡って来ているんじゃあないのかなって、期待していたのですが・・・影も形も無く・・・撮ったのはシジュウカラだけでした。
Photo_9
残念。
まぁ、野鳥の撮影なんでそんなもの。
残念な日もあるから、上手くいった時の嬉しさは一入なんですね。
まぁ、撮れなくても、山の中でぼーってしているだけで、ストレスが無くなります。
貴重な時間ですよ。
次回は大瀬崎のダイビングで更新です。
実は10月17日に行っていたのですよ。

【おまけ】
今日、野鳥が居ないので、手持ちぶさたで撮った「おんぶバッタ?(と、子供の頃に言ってました)」です。
Photo_10
正式な名前は、トノサマバッタ(の交尾)なのかな?
では!

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »