無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

潜り納めの大瀬崎

みなさん、こんにちは!
昨日、今年の潜り納めに大瀬崎へ行って来ました。
写真も沢山撮れたので、2回に分けて貼りたいところですが、明後日は新年。
新年に潜り納めの記事を引っ張るのもねぇ・・・。
と、いう訳で、今日1回にまとめることにします。

昨日は快晴、いつものように早起きして機材を愛車に積み込み、女房を乗せて清水の自宅を出発しました。
いつものような沼津市内の渋滞も無く、7時40分頃に大瀬崎着。
1
馴染みのショップに入りました。
ガイドさんから生物情報を聞くと、湾内にウミテングと黒いイロイザリウオ(イロカエルアンコウ)が出ているとのこと。
それに狙いを定め、早速機材をセッティングし、女房と簡単な打ち合わせをして、潜水開始です。
【1本目】
2
潜ってみると・・・視界は良好、上下水平15mは見えています。
水温も19℃くらいあって、5mmのウエットスーツの私でも思わず暖かいと感じるほど。
(もちろん、女房にはドライスーツを着せましたよ。)
この日、外気は5℃くらいでしたからねぇ。
22
ウミテングは水深15m位の砂地の上。
ガイドロープに沿って潜行し、水深15mで、東へ曲がって10mくらい進んだ辺りのはず・・・
居た!私が見付けました。
3
まぁ、視界が良いからね。
32_2
この仔は体長10cmくらいの個体です。
4
朝早いので、ほとんど他のダイバーも寄ってこず、女房とお腹一杯に撮りました。
次は、黒いイロイザリウオを探します。
この個体は、浅場である水深8mのゴロタ石に付いているはず。
浅場へ戻り、見当を付けた辺りを女房と手分けして探してみると・・・10分くらい掛かってようやく見付けました。
5
体長5cmくらいの個体です。
判りますか?上の写真は、頭が下で目もちゃんと写ってますよ。
下の写真は、頭が右で腹が上です。
6
これも目も口もちゃんと写ってます。
でも、黒い個体は絵になりませんね。
これを撮って浮上しました。

【2本目】
2本目は、1時間30分くらい休息して開始です。
ポイントは岬の先端。
土日祭日限定で潜水許可となるポイントです。
特に何が居るという情報は無かったのですが、久々に潜ってみることに。
潜行を開始すると・・・
7
おぉ、視界は湾内よりも良くて、上下水平20mは見えています。
岬の先端は潮通りが良く、時には早い潮流があるため要注意なのですが、その影響でどのポイントよりも視界は良いのです。
この時は潮流も弱く、絶好のタイミングでした。
深度を下げて行くと、キンギョハナダイの大群が迎えてくれます。
8
これは、なんとも美しくて圧巻。
当に竜宮城です。
9
何か珍しい魚を探すつもりでしたが、「もうここで撮ろう」って女房に合図して、キンギョハナダイの群れを撮りまくりました。
10
キンギョハナダイは、オレンジ色の個体が雌で、白っぽくて尾の赤い個体が雄です。
11
みな最初は雌で産まれてきて、大きく強い個体が雄に性転換するんですよ。
30分くらい撮ってましたが、この場所水深が10mくらいだったので、空気はまだ沢山残っています。
ならば少し移動しようと、女房に合図して水深を下げました。
それでも、せいぜい17mくらいだったかな。
12
珍しい魚を探していると・・・何故か1尾のイラが私たちに纏わり付いて来ます。
13
体長は50cmくらいあったかな。
イラは何処にでも居ますが、ダイバーを警戒しないなんて珍しい。
私たちは初めての体験です。
14
大きな魚なので、すり寄って来ると何とも可愛い。
普段は見かけても撮らないのですが、この時ばかりは沢山撮りましたよ。
15
イラに遊んでもらっていると、既に潜水時間は1時間をオーバーしています。
さすがに身体に悪いなぁ・・・名残惜しいのですが浮上です。
浅場へ移動し、水深5mくらいのところで減圧停止。
ちょうどクマノミが居たので、これを撮りながら約5分間の減圧時間を過ごしました。
16
ちなみにクマノミは、みな雄で産まれてきて、強くて大きな個体が雌に性転換するんですよ。
キンギョハナダイとは逆です。
面白いでしょう?
減圧停止も終わりの頃、私たちの傍を大きなハギが通りかかりました。
ソウシハギです。
17
この魚も体長50cmオーバーの大物。
南方系の魚で、石垣島の珊瑚礁では見かけますが、伊豆では初見です。
得したなぁ。
これで浮上。
今年最後のダイビングは、最高に楽しいダイビングでした。
長い記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
では、みなさん、良い年をお迎えください。

2015年12月26日 (土)

この冬初の富士山撮影でしたが・・・。

みなさん、こんばんは!
先ほど、清水の自宅の大掃除を終えました。
やれやれです。

今朝、この冬初めての富士山撮影に挑みました。
本当は雨上がりの翌朝で、快晴、冷え込みが理想なのですが、天気予報を見ると、年内は概ね良い天気で雨は降りそうにないとのこと。
となれば、もう待っていられません。
一昨日雨だったのだから、まだ雲上富士が期待できるかも・・・
昨夜、夕食後に慌ただしく支度をして愛車に撮影機材を積み込み、午後7時20分頃に家を出ました。
撮影ポイントは、区内にある茶畑山の中腹。
農道の絶好のポイントに愛車を駐めたのが、午後7時40分頃でした。
それから約11時間、車内で毛布に包まって震えながら朝を待ちます。
その間にも、次々と車が上がって来るんですよ。
みなさん、好きですねぇ・・・。
霧がどんどん湧いてきて、下界を包み込みます。
これは明朝、雲上富士が期待できるぞ・・・って思ったのですが、午前1時を過ぎる頃、霧は縮小気味に。
あれあれ?って思いながら午前6時頃・・・下界の清水の街が明るくなって来た頃・・・。
1
霧は未だかろうじて残っていたのですが・・・なんと肝心の富士山が雲に包まれていて全く姿を見せません。
2
最悪の展開が頭を過ぎりました。
失敗かなぁ・・・とりあえず、日の出の6時52分までは粘ろう・・・なんて思いながら富士山のある方角を見つめていると・・・6時30分を過ぎた頃、ようやく姿を現してくれました。
3
でも、上半分だけです。
霧もすでにチョロチョロ状態。
自然相手ですからね。
雲上富士とはゆかないまでも、姿を見せてくれただけでも感謝です。
山頂が朝日に輝きだしたので、早速、撮影に取りかかりました。
4
で、下が精一杯の写真です。
5
まぁ、こんな時もあるさ・・・。
すぐに朝日が昇ってしまい、明るくなったので撮影は終了です。
Photo
さて、11時間も、待っただけの甲斐はあったのかな?
Photo_2
まぁ、寒くても、上手く撮れなくても、結構楽しいものですよ。
何とも馬鹿らしくても、やめられませんね。

以下の写真は、HDR(ハイダイナミックレンジ合成というカメラの機能)で、アーティスティックな雰囲気に撮ってみました。
先ず、絵画調
Hdr
なるほど・・・。
次は、油絵調
Hdr_2
ふむふむ・・・。
最後は、グラフィック調
Hdr_3
へぇ~~~最近のカメラは凄いねぇ。
こんな写真も面白いですが、やっぱり私は普通の写真の方が好みかな?
では!

2015年12月23日 (水)

ネタ無し(日々、徒然・・・)・出張は続く・・・。

みなさん、こんにちは!
今日もネタ無しです・・・。

来週はお正月ですねぇ・・・。
私は未だ横浜に居ますが、沢山余った有給の処理で25日からお休みです。
1
昨日まではお得意さん回りで、東京や横浜を駆け回っていました。
12
明日で今年のお仕事は終わり。
夜、清水の自宅に帰って・・・後は大掃除が待ってます。
はぁ~~~。

【出張は続く・・・】
この日は横須賀方面のお客さん回り・・・
2
商談の後に・・・ド~ンと見せていただきました。
3
おぉ~~~!
4
先日、WOWOWのドラマ「海に降る」でやってたのと同じだ・・・
撮影の時に見かけた有村架純さんがとても可愛かったこと等、色々と話も伺いましたよ。
その頃に用事を見付けて行けば良かったなぁ・・・
5
一度、これで深海に潜ってみたいものです。
6
まぁ、流石にそれは夢の夢かな。

【出張はまだまだ続く・・・】
先日、海自の友人から毎年恒例のカレンダーが届きました。
7
それを自宅の書斎?に飾って・・・正月気分。
しかし、実は私、海自よりもどちらかと言うと空自のファン。
鉄の艦も良いのですが、鉄の鳥の方が好き。
毎年、浜松の空自広報館まで行って来年のカレンダーを求めていたのですが、今年はどうしようかなぁ。
忙しくて、暇がありません。
で、今年はお得意さん回りのついでに、昼に市ヶ谷へ寄って、ここで求めることに。
8
昼食もこちらでいただきました。
一昨年?TBSでやっていたドラマ「空飛ぶ広報室」の舞台の一つ下の階にあるレストランをチョイス。
9
「SKY VIEW RESTAURANT」で優雅に・・・
10
この日は生憎曇り空でしたが、ここからの眺めは最高です。
11
赤坂の迎賓館も見えましたよ。
12_2
で、肝心の料理は・・・蕎麦とネギトロ丼のセットを食べましたが味は・・・普通です。
まぁ、社員食堂ですからね。
こんなものでしょう。
最後に売店で空自カレンダーを購入して終了。
次の用務先へ向かいました。
13
購入したカレンダーは横浜の出城に飾って、これで出城の正月準備は終わりです。
さぁ、あと一日、がんばろう。
では!

2015年12月20日 (日)

ネタ無し(日々、徒然・・・)・腹が立つ!

みなさん、こんにちは!
今日もネタがありませんので、小ネタで更新です。

【腹が立つ!】
私の大好きなウィスキー。
小遣いに余裕のある時は、「響」等、そこそこの銘柄の物を買いますが、月末になると安い物を買うことになります。
ウィスキーの味と値段は正比例。
なので、少しでも良い物を求めたいところです。
しかし、中には値段が安くても美味い物がチラホラとあり、見かけると小遣いに余裕があっても、無い時に備えて必ず買う銘柄があります。
それがこのニッカの「FROM THE BARREL(フロム ザ バレル)」。
ストレートで飲んでも、十分に美味いお酒です。
1
2千円でおつりが来る銘酒だったのですが・・・最近見かけない。
それが先日、いつもの酒屋に1本だけ残っていた。
「あっ!」思わず手に取り、レジに持って行くと、何故か2,400円オーバー。
何故?
ネットで調べたところ、なんと9月に値上げしたのだそうな。
それも、1,900円 → 2,400円だと。
ニッカは安くて美味い酒を提供するメーカーじゃぁなかったのか!
あぁ、腹が立つ!

【何とも腹が立つ!!】
前回、載っけたKitKatの高級品。
もう買う事は無いなと思っていたのですが、最近、これがTVコマーシャルを始めました。
女優さんが食べているモノは、先日買ったモノとは別のモノ。
では、それを買ってみようという気持ちになり・・・買ってみました。
2
長い箱がサブリム ビターとサブリム ホワイトで、1本324円、赤い箱がスペシャル オレンジカクテル ノワール432円ナリ。
で、先ほど女房と食べてみました。
お味は・・・まぁ、美味いですよ。
でも、値段を考えると???です。
だって、長い箱だけの値段で、スーパーで売っているKitKatの袋菓子が3袋は買えますから。
実は、この高級KitKat、先日、会社の女の子にもあげたのですが、彼女曰く「KitKatとは思えないくらい美味しくて感動しました。」って感想を言ってくれました。
可愛いね。
で、結論、このKitKatは、自分で買うと???。
旦那が買って来ると、美味しい。
人から貰うと、感動するくらい美味しい!
って、ことです。
人間心理を突いた上手い商売ですね。
あぁ、腹が立つ。

【赦さんぞ!!!】
うちの課の忘年会。
幹事が、「今年の忘年会は、神田でやります!」だって。
「神田ぁ~???横浜から、わざわざ神田くんだりまで行くのか?」との私の質問に、「鯨好きでしょ?探したんですよ。」だそうな。
で、行ってきました。
3
お店は、神田の「一乃谷」さん。
鯨料理の専門店です。
4
まぁ、東京で食べる鯨なんて・・・って、期待していなかったのですが・・・
出てきた料理を見て、ビックリ!
5
赤身に本皮、ベーコンに大腸等、様々な部位が出てきました。
6
美味い!美味い!美味い!
これは感動です!
7
刺身ばかりではなく、カツや竜田揚げ、ハリハリ鍋等、腹一杯に楽しめました。
しかし、高いです。
仕方ありませんね。
今の世の中、鯨はなかなか捕れませんから・・・。
商業捕鯨を阻む反捕鯨国。
調査捕鯨さえ妨害するグリーンピースにシーシェパード。
本来、安くて美味しい鯨のはずなのに、奴らのせいで高嶺の花。
食べ物の恨みは怖い。
奴ら絶対に赦さんぞ!

2015年12月 6日 (日)

晩秋の大瀬崎(2本目)

みなさん、こんばんは!
昨日早朝から、横浜の出城(単身赴任先の宿舎ですよ)の防災訓練があり、私は運悪く階段当番なる役員に当たっておりまして、この訓練に参加せざるを得ません。
で、今週末は清水の自宅へ帰ることが出来ず、今日は横浜の山の公園で鳥を探していましたが、全く出会えず、撃沈でした。

前回の続きです。
2本目は昼食を挟んで、また同じポイントで潜りました。
午後は雨も止んで、青空が見えています。
1
特に目当ての魚は無かったのですが、海況が良かったのでまた同じ所に潜ることに。
とりあえず、ハナタツを探すことにしました。
潜行を始めてみると・・・あれっ?
視界が少し落ちていました。
白っぽさが増して、視界は上下水平10m前後です。
目前を美味そうなヤリイカ?が通り過ぎて行きました。
2
今回の予定水深は12mくらい。
ゴロタ石の周辺でハナタツを探します。
最初に見付けたのはウミヒゴイでした。
3
彼はいつもこの場所でマッタリして得ますね。
お馴染みの魚を撮りつつ、目的のポイントへ移動します。
4
そろそろだな・・・おおよそのポイントに着くと・・・おっ、少し離れた所に、この冬初見の魚が・・・。
5
あれは・・・マトウダイです。
大瀬崎に冬の到来を告げる魚。
6
あまり魚屋に出回ることはありませんが、お寿司屋さんでは冬のネタの定番。
美味いですよ。
胴体の真ん中に大きなマトがあるのが特徴です。
夏場は深海に棲息し、気温が下がる冬になって、ダイバーが見ることが出来る浅場へ上がってきます。
7
初見ですから、追いかけ回して撮りまくりました。
さて、そこそこ撮って、本命を捜索。
女房と手分けして探しましたが、なかなか見つかりません。
結局、私も女房も見付けられず、半ば諦めて他の魚ばかり撮っていました。
8
女房は、ヨウジウオなんかを見付けて盛んに撮っています。
9
私も撮れば良かったかなぁ・・・。
って思っていたところ、女房が見付けました。
10
何とも美しい赤です。
11
こんな仔、我が家の水槽で飼いたいなぁ・・・。
女房は腹一杯撮っていましたが、私は他の魚を探してウロウロ。
結局、他に珍しい魚はみつかりませんでした。
12
最後の写真は、大瀬崎のお花畑。
イバラカンザシって言います。
13
綺麗でしょう。
色々な花が咲いている様で、植物の様ですが、これは動物。
14
皆、ゴカイの仲間なんですよ。
そこそこ撮って約1時間。
一応、安全停止して浮上しました。
この季節の大瀬崎は実に楽しい。
毎日でも潜りたいところですが・・・仕事をしないとダイビング代も出ませんからねぇ・・・。

さて、手持ちのネタはこれで出尽くしたので、次回はどんなネタで更新しようかなぁ。
では!

2015年12月 1日 (火)

晩秋の大瀬崎(1本目)

みなさん、こんばんは!
最近、寒いですねぇ・・・。
横浜の朝は特に冷えます。
毎朝、布団から出るのが辛いですよ。

さて、これから更新するネタは大瀬崎でのダイビング。
前のネタの前日、11月20日(金曜日)のことです。
当日は朝から小雨模様。
それでも早起きして機材を愛車に積み込み、女房を乗せて清水の自宅を出発です。
久々の平日ダイビング。
空いている海を期待してワクワク気分で出かけました。
午前8時30分頃、大瀬崎着。
予想どおり、浜はガラガラです。
1
平日だし、天気もイマイチですからねぇ・・・。
馴染みのショップへ入り、ガイドさんに生物情報を聞くと、外海の門下というポイントに薄い赤色のカミソリウオのペアが2ペアも出ているとのこと。
前にも書きましたが、カミソリウオは緑や黄色の地味な体色が多くて、赤系はレアなんですよ。
ターゲットをそれに定め、機材をセットして女房と簡単に打ち合わせし、潜水開始です。
潜ってみると、視界は上下水平12mくらいありますが、ちょっと白っぽい。
2
水温は20度で、私なら、まだ5mmのウエットスーツで大丈夫です。
(女房はドライスーツですよ。)
死滅回遊魚であるツノダシもまだまだ元気。
3
海の中はとても賑やかです。
4
目的のカミソリウオの居るポイントは、ゴロタの石壁を降りきって沖へ30mくらい出た水深20mくらいのところ。
大瀬崎は長年潜っているので、見当はついています。
少し寄り道して、途中のゴロタ石の生物をチェック、女房が付いて来ていることを確認しながら、水深を下げてゆきます。
5
何でもない見慣れた景色も、心なしか綺麗に感じます。
6
あぁ、ここは竜宮城・・・。
7
何だかんだで、15分くらい掛けて、おおよそのポイントに到着。
ここは水深20mの砂地。
古いロープが沈んでいる周辺・・・。
さて、女房と手分けしてカミソリウオを捜索です。
5分くらい探して・・・見付けた!私が発見。
8
真っ赤というよりも、ピンクっぽいかな。
大きい方が♀ですよ。
女房を呼び、撮影会開始です。
9
空いている海って良いですね。
10
2人でユックリと、お腹一杯撮りました。
11
続いて別のペアを捜索。
これもすぐ近くに居ました。
しかし、既に別居状態?
前のペアの様な仲良しペアではなく、お互いが1mくらい離れていました。
最初に見付けたのは♂。
12
そうして、これが♀。
13
この♀は赤でも透き通っていて、まるでニシキフウライウオみたいです。
♂♀が、仲良しだったら良い絵になるのになぁ・・・。
まぁ、無理矢理くっつける訳にはゆきませんからね。
このペアもお腹一杯撮っていると、そろそろ無減圧潜水の限界。
ちょっと未練がありましたが、安全停止しながら浮上しました。
続きは・・・週末かな?
では!

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »