無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

「すずらんの里祭り」へ行きました。

みなさん、こんばんは!
もう5月も終わりですねぇ・・・。
半月後には石垣島でダイビング!
これから、指折り数える毎日です。

28日の土曜日、ハッピーのパパさんと、山梨県笛吹市芦川町で開催されていた「すずらんの里祭り」へ出かけました。
(詳細は、ブログ「ハッピーパパの季節巡り」をどうぞ。)
1
当日、生憎の曇り空の下、午前6時過ぎにパパさん家をスタート。
愛車で、一路芦川町を目指します。
芦川町は、東日本随一の「日本すずらん」の群生地なんだそうです。
すずらん?私は自然のものは見たことがありません。
この花、北海道にしか自生していないと思っていました。
Wikipediaを見てみると、日本では、北海道、本州、九州に自生しているようですね。
知らなかったなぁ・・・。
8時過ぎに芦川町着。
この町は街灯まで、「すずらん」を象ってます。
2
会場テント村横の駐車場に愛車を駐め、カメラを片手に群生地へ。
3
初めて見る野生の「すずらん」の群生・・・期待に想像が膨らみます。
4
どんなだろう・・・私の想像では、芝桜の様に一面すずらんのお花畑ってイメージ・・・
5
だったのですが・・・・白樺林を進んで行くと・・・
6
えっ・・・群生?
7
なるほど・・・こんな感じの群生です。
芝桜の様ではありませんが、白樺林の下草のそこかしこに、白くて小さな花が顔を覗かしています。
8
ジックリ観察してみると・・・おぉ、何とも可憐な可愛い花だこと・・・。
9
すぐに好きになってしまいました。
牡丹に芍薬、薔薇に撫子・・・様々な美しいと言われる花がありますが、私はこの「すずらん」や先日見た「シロヤシオ」のような可憐な花が好きだなぁ・・・。
10
女性の好みも花と同じ。
可憐な花の様な女性が好みです。
(うちの女房ですか?彼女は・・・タンポポです・・・(笑)。)
11
夢中で撮っていると、すでに時刻は9時を回っていました。
そうだ、この後、群生地の隣の釈迦ヶ岳へ登るのだった・・・。
ちょっと名残惜しかったのですが、撮影を切り上げて一旦駐車場へ戻り、靴をトレッキングシューズに履き替えて、イザ、釈迦ヶ岳へ!
と、いうことで、続きはまた後日。
では!

2016年5月24日 (火)

ネタ無し(日々、徒然・・・)・10

みなさん、こんばんは!
今日もネタがありませんので、徒然なる日々の小ネタで更新です。

【久しぶりの朝の風景】
先日、20日から21日にかけて泊まり勤務でした。
で、21日の朝、会社の窓から撮影。
横浜港の日の出です。
1
泊まり勤務は疲れますが、こんな風景に出会えるので悪くはないかな・・・。
2

【修理完了?】
横浜の出城(単身先の宿舎ですよ)の補修工事がようやく終わりました。
外見は新築、実際は築50年・・・。
耐震補強は・・・真ん中だけ。
3
果たして、これで大丈夫なのかな・・・。

【これは美味い!】
先日のダイビングの帰りに、沼津の酒屋さんに立ち寄って入手した焼酎です。
鹿児島は垂水市の蔵元八千代伝酒造さんの「黄色い椿」。
一本だけ残っていました。
黄こうじの米麹に、甘い安納芋を掛けた春の限定芋焼酎です。
4
これは文句なしに美味い!
5
チビリチビリと飲むつもりだったのですが・・・女房が来ると・・・もう半分、無くなってしまいました。

【これはお買い得】
22日、女房が横浜に来ました。
私の横浜の出城、ここは横浜といっても、都心からは離れた田舎の金沢区。
隣は、横須賀市と鎌倉市という風光明媚なところ。
八景島シーパラダイスやベイサイドマリーナが近いのです。
で、私のチノパンツを新調しようと、一緒に「三井アウトレットパーク横浜ベイサイド」へ。
まぁ、ここは何でも欲しい物が揃っている夢の国ですな。(お金さえあればね。)
6
チャッチャっと買う物を買ったら、駐車場が3時間も駐められるとのこと。
それならば、少し他のお店も覗いてみようということになり・・・好きなブランドのお店である「Foxfire」へ入り、私がフィールドコートを見ていると、女房が展示してあった「KEEN」のトレッキングシューズを手に取って、「まぁ、可愛い!」
履いてみて、「ぴったり!シンデレラの靴みたい。」
私「・・・・・」
7
女房「ルンルン♪♪」
少し買うと長時間の駐車料金が無料になる仕組み・・・これは策略です。
帰り、女房は夕飯の支度などするつもりもなく、いつもの回転寿司に立ち寄ってお持ち帰り。
8
お酒は、こんな時のために清水から持って来て冷やしておいた「正雪(純米)」です。
美味い!お寿司だけは、日本酒が合うねぇ・・・。

ションナイ話に、最後までのお付き合い、ありがとうございました。
では!

2016年5月19日 (木)

諏訪大社へお参り。

みなさん、こんばんは!
守屋山に登った後は、パパさんの提案で諏訪大社へお参りです。
もっとも、時間の都合で、行けたのは上社の本宮だけですが・・・。
1
戦国物の軍記が好きな私としては、一度訪れてみたかったところ。
有名な、諏訪大明神ですからね。
ドラマなんかでよく見た、「梶の葉」の紋があちらこちらに付いています。
2
何だかワクワクしますね。
先ずはお参り。
3
土曜日だったからか、参拝客は多かったです。
(どこにでも見かける例の外国人もね・・・神聖な場所なのに、彼らがガヤガヤ大声でしゃべりながら歩いているのを見ると腹が立ちますよ。)
本宮の祭神は、建御名方神(たけみなかたのかみ)。
大黒様のお子様とか・・・。
4_2
軍神として、諏訪を侵略した武田信玄が厚く信仰したそうです。
信玄の兜は有名な諏訪法性ですからね。

今回、何といっても見てみたかったのは、社殿の四隅に立てられた御柱です。
7年に一度更新される御柱祭が今年の春でしたからね。
もっとも間近に見ることが出来るのは、一之御柱と二之御柱。
5
三之御柱と四之御柱は、社殿の後ろの森の中で、立ち入れない?ようですから。
6
最後は、境内にある雷電為右衛門の像へ。
相撲史上最強の力士と言われる雷電為右衛門、信濃の出身だったんですねぇ。
7
これで終了。
静岡へ向けて、諏訪大社を後にしたのですが、途中、南アルプス市辺りを走行中、パパさんがサクランボを買いたいとJAこま野営農販売部観光センターへ立ち寄り。
サクランボは、南アルプス市の特産品だそうです。
しかし、残念ながら未だ少し早く、出回るのは今月末頃だそうな。
では帰ろうか・・・と、思ったところで、ピンクの幟が目に入りました。
8
お店の人に聞いてみると、サクランボのピューレが入ったソフトクリームとのこと。
おぉ、これは食べてみましょう。
9
これです。
一つ350円(ちょっと高い)ナリ。
お味は・・・ウン、美味い!
ソフトクリームというよりもシャーベットですが、サクランボの風味が濃厚で、さっぱりと甘い。
まぁ、これならば、お値段は納得かな。
これで、本当に終了。
パパさんに家まで送っていただきました。
守屋山に諏訪大社、最後はサクランボソフトで〆、実に充実した一日でした。

明日は久々の泊まり勤務。
まぁ、仕事もしないとね。
では!

2016年5月16日 (月)

守屋山へ

みなさん、こんばんは!
14日の土曜日、ハッピーのパパさんに長野県の守屋山に連れて行っていただきました。
(詳細は、「ハッピーパパの季節巡り」をどうぞ。)
パパさんに自宅の近くまで来ていただき、パパさんの車で長野県へ。
当日は雲は多いものの晴れ、雨男の私としては、まずまずの天気です。
国道52号線を進み、途中から中央自動車道へ入りました。
途中、「八ヶ岳サービスエリア」でトイレ休憩。
1_2
ちょっと売り場を見てみると、「おやき」を蒸かして売っています。
美味そう・・・思わず買って、パパさんと舌鼓を打ちました。
2
長野県に来たんだものね、「おやき」を食べないと・・・なんて思ったのですが、調べて見ると「八ヶ岳サービスエリア」は、まだ山梨県でしたよ。(笑)
3
3時間ちょっとで、登山口に到着。
駐車場に車を入れて、さぁ、登山開始です。
4
時刻は・・・午前9時12分でした。
5
比較的に歩きやすい登山道をパパさんに植物の名前を教えて貰いながら歩きます。
6
登山道の脇には、所々にスミレが咲いていました。
これはタチツボスミレ・・・
7
ですよね。
72
そうして、ツボスミレ・・・
8
これは・・・
12
ちょっと、判りませんが、綺麗ですね。
9
スミレだけではなくて、エンレイソウに、
13
誰が命名したのかな、ヒトリシズカだって。
10
可憐な花ですね。
こんな感じで、綺麗な珍しい植物を見付けては、立ち止まって撮影。
11
11時少し前に、東峰の山頂に到着しました。
14
この山頂は人が多かったので、少し休憩しただけで、次は西峰目指して出発。
15
やっぱり、花を探しながら歩きましたよ。
これは・・・フデリンドウって言ってたかな?
16
20分くらい歩くと・・・西峰の山頂が見えてきました。
と、その手前に・・・「さざれ石」です。
17
思わず、君が代を口ずさんでしまいました。
11時20分頃、西峰山頂着。
18
ここは絶景です。
眼下には、諏訪湖が一望。
19
諏訪湖を眺めながら、食べたおむすびは最高に美味しかったですよ。
(途中、コンビニで買ったおむすびですがね。)
20分間ほど休憩して、復路を歩き出しました。
東峰山頂に着いた時、他に人が居なかったので、改めて記念撮影をして・・・
20
下山です。
もちろん、途中で花を見付けては撮影。
これはイカリソウというそうです。
21
綺麗ですねぇ・・・。
午後1時40分頃に駐車場着。
パパさんの提案で、「諏訪大社」へ向けて出発しました。
途中、峠のパーキングにあった蕎麦屋さんで「5色蕎麦」を食べたのですが・・・
22
残念、お味はイマイチでした。
でも、このお店からの景色は最高。
諏訪市街が一望です。
23
眼下に平野が広がってます。
なるほど、武田信玄が欲しがる訳だ・・・・。
続きは、近いうちに。
では!

2016年5月11日 (水)

もう初夏の大瀬崎

みなさん、こんばんは!
GW終盤の土曜日である7日、久しぶりに大瀬崎に行ってきました。
当日の早朝は雨、いつもの様に機材を愛車に積み込み、女房を乗せて自宅発。
8時過ぎに大瀬崎に着き、馴染みのショップに入った時には雨も止み、ほっと一安心です。
1
マンボウに会いたかったのですが、ガイドさんの話では、ここ数日の目撃情報は無いとのこと。
ただ、土曜日は岬の先端(上の写真の岬ですよ)に潜ることが出来るので、ひょっとしたら・・・・。
これで、一本目は先端に潜ることに決定。
女房を急かして機材をセットし、先端へと向かいました。
女房と簡単な打ち合わせをして潜水開始。
潜って見ると・・・水は緑色っぽくて、何とも視界は悪く、上下水平6mくらい。
しかし、水温は17℃と高目で、私は5mmのウエットスーツ着用でしたが、そんなに寒さを感じませんでした。
女房が付いて来ていることを確認しながら、水深を下げて行くと・・・水深10m位の所で、
2_2
突然、カタクチイワシの大きな群れが現れ、目の前を突っ切って行きました。
まるで八景島シーパラダイス(横浜の水族館ですよ)の大水槽を見ているような迫力です。
一瞬見とれてしまいましたが、フッと我に返ってカメラを構え、何とか2カット撮ることが出来ました。
そのまま水深を27mまで下げ、しばらくホバリングしながらマンボウの出現を待つことに。
この水深まで下がると、視界は急に良くなり、上下水平15m以上見えています。
海底付近にはマンボウのクリーニングをするシラコダイもいるのですが・・・
5
5分ほど待ちましたが一向にマンボウが現れる様な雰囲気は無いので、海底に降りて遊ぶことに。
3
キンギョハナダイの群れを撮りながら、マンボウの出現を待ちました。
4
15分程経過しましたが、ついにマンボウは現れず・・・
6
無減圧潜水の限界に近づいたので、やむを得ずマンボウは諦め、浅場へ移動。
7
水深5mで安全停止をして浮上、潜水時間は55分間でした。

二本目は、早めの昼食を食べて午後零時にスタンバイ。
天気は既に青空が見え始めており、これならば水中は明るいかなって思って、湾内を潜ることにしました。
8
取りあえず、水深25mくらいまで行ってマンボウを探し、浅場に戻って水深7m位に居るというオオウミウマを探すことに。
午後零時半頃、潜水開始。
潜ってみて、少し後悔。
水中視界はかなり悪く、上下水平5mくらい。
女房を見失わないように気をつけながら水深を下げ、25mくらいまで行きましたが、視界は相変わらず悪いので、早々に諦め、浅場へ移動しました。
9
オオウミウマが居るであろう水深まで上がり、付近を女房と手分けして探しましたが、これがなかなか見つからず。
10分程探して諦めかけた時に、少し離れた所で何かを撮影しているダイバーが微かに見えました。
あぁ、あそこだ。
女房に合図して、その場所へ行ったところ・・・当たり。
そのダイバーが離れるのを待って、私たちが撮影を開始しました。
11
オオウミウマって、つまり、タツノオトシゴの仲間なんですよ。
10
海草(うみくさ)にしっかり巻き付いていて、何とも可愛い仔です。
12
女房と二人、腹一杯撮りたかったのですが、ふと周りを見ると、すでに数人のダイバーが順番を待っています。
で、早々に撮って引き揚げ。
浮上しました。
海の状況はイマイチだったけれど、そこそこ楽しめたダイビングでした。
やっぱり、月イチは、躰を海水に浸さないと精神衛生上、良くありません。
本当は週2~3回、潜ることが出来れば理想なんですがねぇ・・・。

次回のダイビングは、いよいよ石垣島(の予定)です。
年1度?の贅沢なダイビング。
今からワクワク楽しみです。
では!

2016年5月 8日 (日)

静岡の秘境?「天水」へ

みなさん、こんにちは!
ゴールデンウィーク?も今日でお仕舞いですねぇ・・・。
すったもんだがありましたが、結局、私は6連休でした。
あぁ、また明日から仕事かぁ・・・。

5日は、「ハッピーのパパさん」と、静岡は中川根町にある秘境?「天水」という山へ登ってきました。(詳細は、「ハッピーパパの季節巡り」をどうぞ。)
当日は、雨男の私が出かけるにしては珍しく晴天。

 

朝7時にパパさん家を発、愛車を飛ばして中川根町へと向かいました。
9時半頃、駐車スペースのある「山犬段」という山奥の登山口に着き、ここで装備を背負って出発です。
装備を点検していると、目の前の枝に小鳥が留まって・・・あっ、オオルリだ!

 

1

 

 

慌ててポケットからコンデジを取り出し、ピントを合わせようとアタフタしていると・・・飛んで行ってしまいました。

 

何ともガッカリです。

 

鳥撮り用の500mmを持って来れば良かったなぁ・・・ちょっと後悔。
気を取り直して、時刻は9時45分、当初は舗装された林道を意気揚々と歩き始めた私でした。
2

 

(着けている赤い手袋は、ダイビング用のサマーグローブ、時計もダイビング用です(笑)まぁ、山も海も同じさぁ。)
3

 

 


林道は、まだ、木々の美しさを愛でる余裕があったのですが、登りの山道に入ると・・・
パパさんの背中がどんどん遠くなります。
途中で何回か待ってもらい、中間地点の「板取山」山頂にたどり着いたのは、10時45分頃。
4

 

 

ここで小休止。
一息入れて、目的地の「天水」を目指します。

 

途中、パパさんがシロヤシオを発見。
ほぼ満開でした。(この先、天水山頂に近づくと、どれも未だ蕾。場所によって開花時期がずれているようです。)

 

5

 

立ち止まって、撮影開始。

 

6

 

シロヤシオって、何とも可憐な花ですね。

 

7

 

沢山撮って、移動を再開したのですが、またしてもパパさんがアカヤシオを発見。

 

8

 

 


 

 

 

これは終わりに近づいていましたが、まだ幾らかは綺麗な花が残っていたので、これも撮影です。
9

 

う~ん、私的にはシロヤシオの方が好きだなぁ・・・。

 

 

時には、両側が谷という足が竦みそうな尾根を歩きましたよ。
10

 

 


 

パパさんは余裕。

 

こんな岩場に咲く可憐な花、イワカガミまで見つけてくれました。
11

 

こんな感じで、花を見つける度に立ち止まって撮影。

 

12

 

 


 

「天水」の頂上にたどり着いたのは、11時30分頃でした。

 

13

 

ここは標高1,521m。

 

当に絶景、遠く南アルプスまで見通すことが出来ます。

 

14

 

 


 

早速、パパさんと撮影会開始。
15

 

 


遙か彼方には、富士山も山頂を覗かせていました。

 

16

 

 

 

昼食を取って、下山開始。

 

帰りは、往路に迂回した「八丁段」という山にも登りました。

 

17

 

(上の写真は、八丁段登山口から見た天水方面。一番右の高い山が「天水」?なのかな。)

 

18

 

せっかく来たのですから、登らないとね。

 

この山頂からの展望も、なかなかでしたよ。

 

19

 

途中、私がカモシカを見つけたり(写真は撮れませんでしたがね)、満開のシロヤシオを見つけてまた撮影したりしながら、「山犬段」の駐車場に辿り着いたのは、2時40分頃。

 

帰りのドライブはUターンラッシュに巻き込まれ、パパさん家に着いたのは、ちょうど5時を知らせる町内放送の音楽が鳴り始めた頃でしたよ。

 

 

結構疲れましたが、晴天に恵まれ、美しいシロヤシオも見ることが出来、パパさんのおかげでとても楽しい一日を過ごすことが出来ました。

 

海はもちろん好きですが、こうして山の自然に触れるのもまた気持ち良いものです。
さて、明日から仕事・・・がんばろう・・・かな。

 

では!

 

 

2016年5月 3日 (火)

九州墓参旅行(最終日、鹿児島はやっぱり雨)

みなさん、こんばんは!
墓参旅行の最終日です。

24日朝6時、起床してカーテンを開けると・・・雨。
1
あぁ、・・・桜島は雨に霞んでいます。
2人の雨男の力、恐るべし。
朝食の後、女房は出発前にもう一風呂浴びてくると露天風呂へ。
私はボンヤリと桜島を眺めて過ごし、8時30分にホテル発。
雨の中、知覧へと車を走らせました。
そもそも、今回鹿児島へ来たのは、親父の希望である「知覧特効平和会館」を訪れるため。
10時30分頃に知覧着、平和会館へ入りました。
2
皆さん、既にご存じのことと思いますが、ここは旧陸軍航空隊の基地で、この場所から439名もの陸軍特別攻撃隊員が沖縄へと出撃して行かれました。
3
館内は撮影禁止なので、購入したパンフレットから勝手に転載。
入館すると、先ず目に飛び込んでくるのは、「知覧鎮魂の賦」と題した壁画です。
4
被弾して燃え上がる「隼」から特攻隊員の魂魄を天女達が救い出し昇天させる姿を画いたものです。
この絵だけで、10分くらいは立ち止まり魅入ってしまいますよ。
館内には、隊員達の遺書や写真、遺品が沢山展示されていて、全てジックリ見ていたらとても一日では足りません。
まぁ、私は5年前に半日かけて見てますからね。
何よりも会いたかった「疾風」の所へ。
5
この飛行機、30数年前、私が舞鶴に住んでいた頃、当時は京都の嵐山美術館に展示されており、舞鶴から半日かけて見に行きました。
大好きな飛行機です。
素敵・・・写真を撮れないのは、何とも残念。
昼頃まで館内を見て、外へ。
「特攻勇士の像」や
6
「母の像」に祈りを捧げ、少し離れた所に展示してある「隼」へ。
7
この「隼」は、映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」の撮影のために実寸大で制作された「隼3型甲」です。
8
まぁ、近寄ると細部が粗く、模型だと判ります。
9
でも、「隼」って、日本ではここでしか見ることが出来ませんからねぇ・・・。
10
5年前に比べると、かなり痛みが目立っています。
11
右翼のフラップなんて、ちぎれてしまっているし・・・
せっかく、寄贈されたのだから、もう少し大切に展示すれば良いのにって思ってしまいますよ。
そもそも、この会館は、展示がメチャクチャ。
陸軍の特攻基地なのに、多くの海軍の軍服や装備、東郷さんの写真なんかも展示してあり気になります。
海軍関係は対岸にある鹿屋基地の展示室に持って行けば良いのに。
そんなこんなで、12時頃、知覧を出て、指宿へ。
雨は益々強くなり・・・
1時過ぎに着いて、とりあえず腹拵え。
小牧庵さんという蕎麦屋さんに入りました。
12
ここで、名物という「小牧蕎麦」を注文。
鯖出汁の効いた味噌汁に大根の載っかった蕎麦をつけて食べるのですが、これが何とも美味い!
13
鯖出汁の味噌汁って、ちょっと癖が強いですが、魚好きにはたまりませんね。
うん、また食べたいな。
食後は、先ず池田湖へ。
イッシーでも探そうかと思ったのですが、到着しても土砂降りで車外へ出ることが出来ません。
14
仕方ないので、駐車場のイッシーくんを撮って移動。
開聞岳へ向かいました。
薩摩富士とも呼ばれる開聞岳。
知覧を飛び立ち沖縄海域へ向かう特攻機が最後に見る内地の光景だったとか・・・。
富士山の様な優美な姿を期待したのですが・・・。
15
はい、これが精一杯でした。
大雨の中、見える訳ないよね。
絶対にまた来るぞって、思いながら指宿を後にしました。
この後、鹿児島空港へ向かい、夕方7時過ぎの飛行機で羽田へ。
9時過ぎに羽田へ着き、車を受け取り、清水の自宅に帰り着いた時は、日付が変わっていました。

慌ただしい3日間で、雨にも祟られましたが、それなりに充実した3日間でしたよ。
鹿児島は、雨の少ない季節に再チャレンジです。
さて、何年後に行けるのかなぁ・・・。
では!

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »