無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月29日 (火)

各務原・前編(「飛燕」を尋ねて)

みなさん、こんばんは!
ダイビングの翌日のお話です。
(以下、マニアックな内容ですので、興味の無い方はスルーしてください。)
22日、女房と岐阜県の各務原まで行って来ました。
各務原?はい、「岐阜かがみはら航空宇宙博物館」です。
きっかけはこの本、「秘めたる空戦」。

1
かつて陸軍三式戦闘機「飛燕」のパイロットであった松本良男氏の空戦の記録です。
読んだのは随分前ですが、この「飛燕」という飛行機を見てみたいという気持ちがふつふつと湧きました。
それで、5年前だったかな。
鹿児島は知覧の「知覧特攻平和会館」を訪れ、当時、その場所に展示してあったこの「飛燕」を見た訳ですが、塗装がデタラメ(プラモデルでも、もう少し正確丁寧に塗りますよ)で少しガッカリした憶えがあります。
その「飛燕」が2年前に知覧から各務原に帰り、塗装を落として展示されていると聞き、居ても立ってもいられなくなった・・・と、いう訳です。

22日朝、7時に女房を愛車に乗せて清水の自宅発。
新東名を各務原へと向かいました。

2_2
途中、休憩を取りながら、10時過ぎに目的地である「岐阜かがみはら航空宇宙博物館」に到着。
3
さっそく「飛燕」へと向かいましたが・・・
4
途中、室外展示されている飛行機で足止めです。
陸自のバートルや、

6
エアーニッポンのYS-11、
7
そうして、未だ現役で飛んでいる救難飛行艇US-1Aに、
8
私が高校生の頃まで現役だった対潜哨戒機P2J
9
これ等をジックリ眺めるだけでも、30分は必要です。
まぁ、時間が無いので、早々に切り上げて館内の本命へと向かいました。

5
入館料は大人一人800円ナリ。
先ず入口には「乙式一型偵察機(サルムソン2)」の複製が展示してありました。

10
なんだぁ・・・複製か・・・興味なし。
薄暗い奥へ入ると・・・そこには鈍い銀色に輝く機体が・・・「飛燕」だ!

11
あぁ、美しいなぁ・・・
12
知覧に展示されていた当時のデタラメな塗装はすっかり落とされて、ジュラルミンの地がライトに照らされて鈍い光を放っています。
13
流線型のスマートなスタイルは、まさにツバメの様・・・
14
この三式戦闘機「飛燕二型(キ61-II改)」は、この各務原が故郷。
昭和19年、この地にあった川崎航空機岐阜工場で製造された約3,000機の中の1機です。

15
これが、世界で1機だけ残っている完全な現存機なんです。
16
そう思うと、余計に感慨深いものがありますね。
17
この「飛燕」という戦闘機、当時の「隼」や「零式艦上戦闘機」と比べるとマニアの間ではイマイチ人気がありません。
18
「飛燕」と戦った米軍も、他の日本の戦闘機と比べて組みやすい(弱い)戦闘機であったと言っています。
19
それもこれも、「飛燕」はエンジンがイマイチだったから。
20
(これは「飛燕」の計器板です。)
「飛燕」のエンジンは、ドイツの名機メッサーシュミットBf109Eが搭載した液冷エンジン「DB601」をライセンス生産した「ハ40」なんですが、当時の日本の工業技術では、精巧なダイムラーベンツ社製の液冷エンジンを完璧に複製することは無理だったんですね。

21
(これが「ハ40」です。)
複雑な構造のため整備が困難で故障が相次ぎ、稼働率が悪く、パイロットにも不人気だったそうです。
それでも、熟練したパイロットが乗れば、当時の米軍機と互角以上に戦えたそうですが・・・。

だからといっても、「飛燕」が美しい飛行機であることは間違いない。
私は興奮して写真を撮りまくり、この「飛燕」だけで、1時間くらい時間を費やしてしまいました。
女房は呆れて、付き合っていられないとベンチで休憩です。
うん、十分満足しました。
続きは近いうちに。
では!

2018年5月26日 (土)

あぁ・・・最低だった大瀬崎

みなさん、こんばんは!
牛ヶ峰の翌日、21日は、一ヶ月ぶりの大瀬崎です。
いつもの様に早起きして出発。
朝は若干曇り気味でしたが、富士山はクッキリ見えていましたよ。

1
当日は月曜日だったので、浜は空いてダイバーはちらほら・・・。
ガイドさんも案内するのは私だけとのことで、ラッキーだと思ったのですが・・・。
先ず、一本目は外海の柵下で潜ろうということになり、これはひょっとしたらマンボウ等の大物に出会えるかも・・・と期待に胸を弾ませて潜水を開始したのですが・・・

2
潜ってみると・・・あれっ?
海中は緑色・・・上下水平6mといったところ。
オマケに激流で1kt(ノット)位は流れている。
こりゃダメだ・・・遭難するほどではないものの、これでは楽しめない。
ガイドさんから「上がりましょう」の合図。
仕方なく浮上してショップへと戻りました。

3
お茶を飲み、少し休憩して湾内で仕切り直しの一本目の潜水を開始です。
まぁ、湾内には殆ど流れはありませんからね。
安心して潜る事が出来るのですが・・・う~ん、海中は外海よりも更に緑色です。

4
視界は上下水平4mといったところ。
まいったなぁ・・・。

5
ガイドさんに付いて深度をとって行くのですが・・・
なかなか珍しいお魚には出会えません。

6
(上の写真は、瓶の中に棲むマダコです。)
まいったなぁ・・・
前日、山でカモシカなんて見たので、海の中でも大物と遭遇できるかも・・・って期待したのですが・・・。

7
(上の写真は、ダルマオコゼです。)
甘かったですね

8
(上の写真は、タカノハダイです。)
出会うお魚は、いつものお馴染みさんばかり・・・

9
(上の写真は、クロダイです。)
結局、40分間くらいの潜水で終了。
浮上しました。

ショップに戻り約1時間休憩して、二本目の潜水を開始。
二本目も湾内ですが、少し神社寄りの浜から潜る事に。
ガイドさんの話では、水深21mの海底に青い色の瓶が落ちていて、その中にミジンベニハゼのペアが棲んでいるとのこと。
絵になりそうなので、それを撮ることにしました。
ガイドさんに付いて深度を下げて行き、ポイントに到着。
青い色の瓶はすぐに見つかりましたが・・・肝心のミジンベニハゼが・・・

10
1尾だけしか出てきてくれません。
確かに2尾居るのですが・・・

11
顔を出すのは1尾だけ。
それでも10分間くらい粘ったのですが、結局撮れたのは1尾だけでした。

12
2尾顔を出せば、大きくプリントして飾れるのになぁ・・・。
残念。
この後、この瓶の傍のヤギに、ハクセンアカホシカクレエビが付いているのを発見。

13
(上の写真にも写ってますが、判るかな?)
綺麗なエビでしょう?

14
これを撮って、後は特に珍しいお魚にも出会わず、浮上しました。
結局、たいした写真も撮れず、これまでで数回経験した最低のダイビングでしたよ。
カモシカの次はマンボウ・・・なんて幸運は続きませんね。
では!

追記
今日、注文していたカメラがようやく手に入りました。
SONYのサイバーショットRX10Ⅳです。
約一ヶ月待たされましたよ。

15
これは山用です。
これまで、広角レンズを付けた重たいEOS5DⅢをぶら下げて登っていましたが、山で野鳥に出会っても望遠レンズまで持ち歩けないので、撮るのを諦めてました。
このカメラであれば、24ー600mmまで対応出来るので、風景も野鳥もOKです。
早く試してみたいな。

2018年5月20日 (日)

牛ヶ峰

みなさん、こんにちは!
私、昨日まで仕事でしたが、今日から溜まった代休処理で4連休です。
で、連休初日の今日は、ハッピーのパパさんと静岡市内の「高山市民の森」の山頂である「牛ヶ峰」に登ってきました。
朝、天気は薄曇り気味でしたが、天気予報ではこれから3日間は晴れるとのこと。
10時にパパさん家に迎えに行き、出発です。
10時50分頃、市民の森の駐車場着。

1
トレッキング開始です。
先ずは、高山の池へ。

2
この池はモリアオガエルの棲息地だそうです。
水辺の植物はミズバショウだとか。
暖かい静岡ですから、すでに花は終わっていました。
まだ、ミズバショウの花って見たこと無いんですよねぇ・・・。

3
一度見てみたいものです。
さて、モリアオガエルですが・・・池の上の木に卵の跡が残っていました。
このカエルは池にせり出した木の枝に泡の塊を作り、その中に卵を産み付けるのだとか。
4
孵ったオタマジャクシはそのまま池の中へ落ちるのだそうです。
なるほどねぇ・・・。
親ガエルの鳴き声も聞こえましたが、残念ながら姿を見ることは出来ませんでした。
池を後にして、牛ヶ峰へと登ります。

5
途中立ち止まって花を愛でながら、そこそこ急な斜面を登りました。
6
山頂には約30分で到着です。
7
山頂は標高717m、いつもの様に記念撮影です。
8
さて、景色は・・・絶景です。
静岡市街が一望でした。

9
傍には誰が立てたのかこんな碑が・・・
10
「眼下には義元公の夢忍ぶ」・・・なるほどね。
そう、駿府(静岡市)は今川家が守護職として君臨した地。
これは、「駿府は元々、徳川家康の物ではないのだぞ」って、思っている人が立てたのかな。
駿河湾の対岸には、私のダイビングスポットである大瀬崎も遠望出来ました。

11
ここで、ちょうどお昼になったので、ランチタイムです。
パパさんがお湯を沸かしてくれたので、トン汁を食べました。

12
途中のコンビニで買ったインスタントですが、青空の下の山頂で食べると何倍にも美味しく感じますね。
さて、食事後は下山です。
登りとは別のコースをとり、途中は花を愛でながら・・・

13
まぁ、正直なところ、私はパパさんの様に花は詳しくないので、途中、パパさんが花を見つけて撮り始めても、傍でその様子を眺めていることが多いのですが・・・もう少しで駐車場というこの時も・・・パパさんが花を見つけて撮り始めて・・・あれっ、何か視線を感じるなぁ・・・
14
あれっ???パパさん???えっ???
「パパさん、動いちゃだめだ!!!」私は声を押し殺して叫びましたよ。
パパさんの先、15m位の所に・・・こちらを見つめる円らな瞳が・・・

15
カモシカです!!!
久しぶりの遭遇。
普通、これだけ近ければ、カモシカは逃げてしまいそうなものですが、この仔は悠然と草を食べています。

16
パパさんは気づいていないようで、私の言っている意味が分からない様子・・・
私は懸命に指をさして、パパさんにカモシカの存在を伝えました。
すると、ようやく気付いてくれて・・・ハイ、次の写真が今日のベストショットです。

17
カモシカって可愛いものですね。
18_2
さすがに二人でパチパチ撮っていると嫌になったのか、彼?彼女?は茂みの奥へと入って行きました。
19
いやぁ、面白かった。
市街地の山でカモシカに出会うことが出来る。
静岡って本当に自然豊かな所です。

20
この後、パパさんを送って終了です。
野生のカモシカとこんなに近くで遭遇出来るなんて、ラッキーなトレッキングでしたよ。
明日は、大瀬崎でダイビングの予定。
明日も何か大物に出会えると
良いな。

では!

2018年5月16日 (水)

ネタ無し(日々、徒然・・・)・30

みなさん、こんばんは!

さて、本当にネタがありません・・・。

1
ここのところ、横浜の出城と会社を往復するだけの日々です。
2
重箱の角を突っついても・・・チリくらいしか出てきません。
3
それでも更新です。

【大富豪の船】
先日、横浜支社に用があったので、久しぶりに横浜港を訪れてみました。
で、こんな船を見かけましたよ。

4
むむっ?何だこれ?
この船、ロシアの大富豪アンドレイ・メルニチェンコという人が所有する「A」という船名のスーパーヨットだそうです。

5
全長約120mで、建造費は日本円にして270億円。
アンドレイ・メルニチェンコさんは、この船に奥さんと娘さんを乗せて世界一周しているのだそうな。
ふぅ~ん・・・。
何とも別世界の話だね。

【信玄あわび】
先日、諏訪大社へ行った時に、途中、山梨県の道の駅に立ち寄って買ったのがこれ。

6
お酒の肴に良いかなと思って買ってみました。
あわびの煮貝は山梨県の名物ですからね。
それこそ、武田信玄の時代、駿河湾で採れたあわびを甲斐国に運ぶ際、傷まない様に醤油で煮たことから、海の無い山梨県であわびの煮貝が名物になったのだそうな。
それにしても、本当にあわびが入っているのか?
裏を見てみると・・・

7
原材料名:あわび(セネガル産)だって!
セネガル???あの、パリ・ダカールラリーのセネガル?
アフリカじゃあないですか。
瓶越しに中身を見てみると・・・う~ん、あわびの親が泣いてしまいそうなほど小さなヤツが幾つか入っている様子。
まるでナガラミ貝だな。

8
これが日本産だったら、間違いなく漁業調整規則違反で御用だね。
まぁ、美味ければ良いか・・・。
次の休みに開けよう。
では!

2018年5月 6日 (日)

古戦場巡り(諏訪大社と高遠城址)

みなさん、こんばんは!
GWいかがお過ごしでしょうか?
私は、とりあえず後半の3日~6日は休みです。
で、4日、長野県の諏訪大社本宮と高遠城址へ行ってきました。
きっかけは、最近読んだこの本。

1
伊東潤氏の「武田家滅亡」です。
武田家の長篠設楽原の戦い以降から天目山での滅亡までを描いたものです。
これを読んだところ、私の心にふつふつと武田家ゆかりの地を辿りたい気持ちが湧き出してきて、先ずは諏訪大社本宮と高遠城址を訪れてみました。
4日7時頃、女房を愛車に乗せて清水の自宅発、先ずは諏訪大社本宮を目指しました。

2
諏訪大社本宮は、2年前の今頃、ハッピーのパパさんと初めて訪れました。
その時は有名な「御柱(おんばしら)」ばかりに注目してしまい、この神社の歴史にまでは目が行かなかったのですが、この神社、天正10年(1582年)3月の織田信長による武田征伐の際に、織田信忠(信長の嫡男)によって焼かれているんですねぇ・・・。
知りませんでした。
で、また訪れてみたいと思った次第です。
我が家からは途中休憩しながら3時間くらいかかって、10時頃に到着。

3
女房と一緒に参詣いたしました。
先ずは有名な御柱を見て・・・
(下の写真は、本一の御柱です。)

4
「へぇ~これが御柱なんだ・・・」女房も感動していました。
5
参詣は、もちろん布橋門から入って・・・
6
布橋を渡って参拝所へと向かいます。
7
GWで参詣者が多かったのですが、何とも厳かな雰囲気です。
8
私たちも参拝所の列に並んで参拝を済ませました。
9
それにしても織田信忠は、よくもこの神社を焼こうと思いましたねぇ・・・。
武田家が信仰していた神社とはいえ、実に畏れ多いこと。
その3ヶ月後の6月には、本能寺の変。
親父の信長は本能寺で、自らは二条城で焼かれるのですから、これは神罰なのかな?

参詣の後は、高遠城址へと向かいました。
途中、お蕎麦屋さんに立ち寄って昼食です。

10
初めて「高遠そば」を頂きました。
竹べらに載せられた焼味噌をそばつゆに溶いて食べるのですが・・・けっこう美味かったですよ。

11
さて、高遠城址ですが、12時過ぎに到着しました。
12
この城跡を訪れたかったのは、この場所が武田家最後の激戦地だったから。

背景を説明しますと、武田信玄亡き後、後継者であった武田勝頼(信玄の四男)は、領土拡張を目指しますが、織田・徳川連合軍に長篠設楽原の戦いで大敗北を喫してしまいます。
この戦いで信玄以来の多くの宿老(重臣)を失ってしまい、武田家は大打撃を受けた訳ですが、ありがたいことに、北条家から甲相連合を持ち掛けられます

13
これを受けた勝頼の下へ北条家から姫(北条氏康の娘)が輿入れし、甲相連合で織田・徳川連合に対抗して行こうとした矢先、上杉謙信公が亡くなるのです。
直後、共に謙信公の養子であった
上杉景虎(北条氏康の七男)と上杉景勝との間で、跡目争い(所謂、御館の乱)が始まり、越後は内乱状態になります。
14
勝頼は義理の兄にあたる上杉景虎から援軍要請を受けて出陣しますが、当初絶体絶命の危機にあった上杉景勝の腹心である狡猾な直江兼続の計略にかかり、眼前に1万両もの大金を積まれ、これに目が眩んで中立を決め込みます。
15
結果、形勢は逆転となり、跡目争いは上杉景勝が勝利して上杉景虎は死んでしまうのですが、当然、勝頼の行為は北条家の怒りを買い、甲相同盟は破綻してしまいます。
このため、織田・徳川に加え、北条まで敵に回した勝頼は、東・西・南から挟み撃ち状態になり、追い詰められて滅亡への道を歩み始めるのです。

16
主だった家臣にも見捨てられ、裏切り者が続出する中、この高遠城には弟の仁科盛信(信玄の五男)が、武田の精鋭3千を率いて立てこもり、織田信忠の率いる5万の織田勢を迎え撃ちます。
織田勢からの降伏を勧めを拒否し、仁科盛信は徹底抗戦を決意。
3月2日、織田勢の総攻撃を受けた高遠城は、奮戦虚しく仁科盛信以下全滅してしまうのです。
これが武田家としての最後の大激戦と伝わっています。

17
こんな悲しい歴史のある高遠城址であり、私としては是非、訪れてみたいと思っていた訳ですが、実際訪れてみると、仁科盛信を偲ぶ物は何も残っていませんでした。
それもそのはず、この高遠城は江戸時代は高遠藩として存在し、城は修復されて明治まで使われていた訳ですからね。
今は桜の名所とのこと。
ちょっとガッカリしましたが、まぁ、行って良かったかな。
行かないと何も分かりませんから・・・。
女房も文句を言わず、一緒に歩いてくれましたよ。

さて、この古戦場巡りの中で、諏訪大社でこれを求めました。

18
御柱箸です。
7年に一度、御柱が建て替えられることは有名ですが、その7年間、大社を護った御神木で作られた箸なんです。
きっと大きなパワーが宿っているんだろうなぁ。
来年のお正月まで大事にとっておくことにします。
こんな感じで、有意義な一日でしたよ。
では!

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30