無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ

2018年10月

2018年10月15日 (月)

ネタ無し(日々、徒然・・・)・34

みなさん、こんばんは!
今日もネタがありません。
でもね。
今日、時計を買ったんでね。
ちょっと、更新したい(自慢したい?)気分です。
で、他のネタも掻き集めて更新です。

【北九州の味】
最近、私の近所のスーパー(静岡市清水区)で見かけて大人買い。
数日で売り切れた模様。

1
サンポー食品のカップ麺4種類です。
サンポー食品は、佐賀県のインスタントラーメンメーカーで、子供の頃から慣れ親しんだ味。

2
焼豚ラーメンはよく食べました。
焼豚なんて、一切れしか入ってないけどね。
最近、この4種類を毎日昼飯に代わる代わる食べてます。
どれも美味い!
北九州の味に飢えている、他地方で暮らす北九州人には堪えられない味です。
またスーパーに入ると良いな。

【それっぽい時計】
はい、今日、仕事帰りにヨドバシに寄って買いました。
山用の時計です。

3
愛用しているダイバーウォッチでも不自由は無いのですが、やっぱり山に行く時はそれっぽい物を持ちたかったので購入。
まぁ、羽田支社勤務で多少給料が高い今のうちだと思ってね。
次の山行きが楽しみだな。

【きてぃZippo】
私のコレクションです。
以前、きてぃに行く度に、艦内売店を覗き、新しい物が出ていれば購入。
もっとも、私はタバコは大嫌いで吸ったことはないのですが・・・。
先ずはオーソドックスなステンレスタイプ。

5
裏はこんな感じ。
6
米軍の友人曰く、オレンジ色のシールを剥がすと価値が無くなるのだとか。
だからそのままです。
シールの下にデザインされていて、少し見えているのは、当時、きてぃが持っていた「ファースト・ネイビー・ジャック」ですよ。

7
こんな旗です。
8
ガラガラヘビの下に、「DONT TREAD ON ME(我を踏むなかれ)」と書かれています。
当時は、米海軍最古参の現役艦が掲げることになっていました。
きてぃは1961年4月の就役で当時の最古参艦でしたから、これをメインマストに掲げていた訳です。
我を踏むなかれ・・・要は、古い艦だと思ってナメるなよ!俺は毒ヘビだぞ!噛み付くぞ!という意味だと友人は言ってました。
米海軍のこんなところ、私は好きだなぁ・・・。
まぁ、シールを剥がさない限り、これを見ることは出来ませんがね。
これはブルータイプ。

9
同じく、別バージョン。
10
これは、ゴールドタイプ。
11
その裏はこんな感じ。
12
これは、きてぃのシンボルマークが入っています。
あぁ、もちろんこれは、ライト兄弟が世界で初めて飛行機による有人動力飛行に成功したあのきてぃの事ですよ。
私は、これらのZippoを本棚に飾って眺めて楽しんでいるだけです。
勿体なくて、火は付けられませんよ。

そうそう、シンボルマークと言えば、こんな物もあります。
きてぃの公式「チャレンジコイン」ですよ。
ずっしりと重い金属製です。

13
「チャレンジコイン」って、米海軍の艦ごと、部隊ごとに作っている、まぁ、何と言うのか・・・仲間の証しですね。
これは初めてきてぃに訪艦した際に艦長さんからいただきました。
渡し方はね。
艦長さんが手にこれを忍ばせていて、握手の時に私の手に滑り込ませるんです。

14
(これが裏側です。)
これをいただくと、何だか仲間として認められたようで嬉しい物です。
こういう習慣も、私は好きだなぁ・・・。

と、いう訳で、また来週。

15
では!

2018年10月11日 (木)

ネタ無し(日々、徒然・・・)・33

みなさん、こんばんは!
今日、私はお休みです。
明日はお仕事。
一日だけの休みでは、静岡へ帰っても仕方ないので、横浜の出城でゴロゴロです。
掃除して、洗濯して、DVD観て・・・つまらない一日でした。
ブログを更新しようにもネタは無し・・・それでも無理矢理更新です。

【騙された?】
先日、静岡へ帰る途中で立ち寄った東名のサービスエリアで見かけて思わず購入。

1
ねっ、このパッケージ、鰻好きならば迷わず買ってしまうでしょう?
2
「う~ん たまらん!」と書いてある。
「うな丼の風味が効いている!」とも書いてある。
これは食べてみなければ・・・と、買って帰って、早速ビールのアテにと開封しました。
これはうな丼だ!って、思いながら2、3枚をパクリ・・・・うん?山椒の風味だけ?
もう買わん!

【これは美味しかった】
先日、私のお仕事の師匠から戴きました。

3
梨の王様「新高」です。
今は各地で栽培されているそうですが、原産は東京なのだそうです。

4
デカイ!直径20cmくらいあります。
そうしてシャキシャキしていて、溢れてくる果汁が何とも甘い。
当に梨の王様ですね。
師匠はこの梨を毎年送って下さいます。
有り難いことです。

【きてぃコレクション】
もう本当にネタが無いんですよね。
何かネタになるような物はないか、周りを見回すと・・・そう言えば使えない物に、きてぃグッズがけっこうあったな。
昔、横須賀支社勤務時代に集めたヤツ。

5
と、いう訳で、きてぃグッズを再掲です。
(何年か前に一度まとめて掲載したと思いますので)

先ずはマグカップです。
仕事の帰りに艦内の売店に立ち寄った際、見かけて一目惚れで購入。

6
ドッシリとしていて、セラミック製。
ボディの側面には、きてぃのシンボルマークが描かれています。
う~ん、カッコウいい!

7
吸い口付きの蓋が付いていて、これは便利、船に乗ったら(乗組員になったら)使おうって思っていたのですが・・・以来、私が船に乗ることはなく、未だ未使用です。
このまま定年まで使うことはないかなぁ・・・。

次は、ビアジョッキです。

8
これも、艦内売店で見かけて即購入。
9
これで冷やしたビールを飲むと美味いだろうなぁ・・・。
と、思って買ったのですが・・・食洗機にはかけられそうも無いので断念。

10
プリントが剥げてしまいそうですからね。
本棚に入れて眺めて楽しんでいます。
きてぃが退役してそろそろ10年、グッズはけっこうレア物になったかな?
定年退職でもしたら、お宝鑑定団にでも出そうと思っています・・・なんてね。

11
では!

2018年10月 2日 (火)

まだまだ夏だった大瀬崎(2本目)

みなさん、こんばんは!
台風24号はけっこう大変でした。
我が家のある清水区は、夜、9時半頃から停電が始まり、点いては消え、点いては消えを3度繰り返した後、日付が変わった午前零時頃から本格的な停電となり、午前7時に何とか復旧した次第です。
蒸し暑くて、風雨がうるさくて眠れない夜でしたよ。
暴風雨ですから窓は開けられないし、停電だからエアコンも扇風機も動かない・・・。
明け方までウツラウツラしつつ、居間のソファーで横になって過ごしました。
未だ浜松市の方は停電が続いているとか。
大変だなぁ・・・。

では、前回の続きです。
1本目の後、約1時間半休憩して、2本目の準備です。
2本目は、ショップの前から潜る事になりました。
水深4m位までの視界はゼロだそうですが、それより深く潜れば徐々に回復してくるとのこと。
水深24m位まで行けば、海底に落ちているフジツボの欠片に棲むミジンベニハゼがいるとのことでしたので、良い画が撮れるかなと、このポイントに決定しました。

機材をセットして潜行開始。
本当に水深4m位までは視界はほぼゼロです。

0
浮遊物が多くて、前を行くガイドさんの白いフィンが辛うじて確認出来る程度。
それでも、ゴロタ石の壁を下りて水深8m位に達すると、視界は上下水平8m位にまで回復しました。

1
スズメダイが群れているのは、いつもの光景です。
2
更に水深をとってゆくと・・・
水深17m位で海底に大きなナマコを発見。

3
手にとって調べてみると・・・いました!
ウミウシカクレエビです。
ナマコやウミウシに寄生する小さなエビで、この個体は体長0.8cm位。

4
まるでウルトラマン?の様な、宇宙人の様な顔をしているでしょう?
数カット撮って移動、目的のミジンベニハゼへ向かいました。
水深24m、到着です。
しかし、残念ながら既に別のダイバーが撮影中でした。
これが終わるのを待つ間、ガイドさんが大きめのウミウシに付いているウミウシカクレエビを発見。
これを撮影しながら、順番を待ちました。

5
このウミウシカクレエビは、先ほどの個体よりも若干大きめな個体。
体長1.2cmくらいはあります。

6
ウミウシの模様に擬態していて、良く見ないと見逃してしまいそうでした。
このウミウシカクレエビを撮っている間に、ミジンベニハゼを撮っていたダイバーは撮影を終えて立ち去りましたので、いよいよ撮影開始です。
フジツボの欠片はこんな感じで海底に落ちていて・・・

7
良く見ると・・・こんな感じでミジンベニハゼが2尾棲んでいました。
8
まるで、集合住宅に入居している様。
9
戸建て?の空き缶よりも画になりますね。
10
撮っていると、また別のダイバーが来たので、早々に譲って浅場へ向け移動開始です。
一気に水深8mまで戻って、魚を探していると・・・

11
大きなイシガキダイとカワハギを発見。
イシガキダイは体長30cmはあります。
刺身にすれば美味いだろうなぁ・・・って、見ていると、傍でイシダイの若魚が群れて騒ぎ始めました。

12
何事?と見ていると、どうやらガンガゼ(トゲの長いウニの仲間ですよ)を仕留めたらしく、この取り合いをしている様子。
13
先ほどのイシガキダイまでやって来て参戦した結果・・・
あっ!と言う間に、ガンガゼはトゲと殻だけになってしまいました。
さて、上がりましょうとガイドさんが合図するので浮上開始。
っと、横を見ると・・・アオリイカの若魚達です。

14
今年生まれた個体かな。
15
浮上中でしたが、思わずカメラを向けて数カット撮影しました。
これで浮上、約50分間のダイビングでした。
あまり珍しい魚は撮れませんでしたが、豊穣な大瀬の海を実感できたダイビングでしたよ。

さて、次は台風25号が週末に日本列島へ近づいて来ます。
今日現在の予報では、日本の気象庁も米海軍も、25号は沖縄から韓国釜山を通って日本海へ抜けるコースを予測しています。
う~ん、どうなることやら・・・。
では!

« 2018年9月 | トップページ