無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月25日 (木)

ネタ無し(日々、徒然・・・)・39

みなさん、こんばんは!
ネタが無いので、今回も小ネタを集めて更新です。

【美味しいもの】
ROYCE’のチョコレート。
常に我が家の冷蔵庫に何種類かをキープしています。
家に帰って、居間のソファーに寝転がり、テレビを視ながらこれを舐めるのが、まぁ、何というか至福のひととき。
先日、在庫が心細くなったので、仕事の帰りに羽田国際線ターミナルへ寄って仕入れました。
1_2
空港に並んでいるのは定番ばかりですが、季節限定物もあったので、それもチョイス。
先ずは板チョコの「さくらベリー」。
2_2
ホワイトチョコレート系ですが、イチゴ?の風味がするちょっと甘酸っぱいチョコ。
中にドライチェリーとアーモンドが入っています。
3_2
うん、美味い!
次は「さくらベリー&さくらホワイトチョコレート」。
4_2
どちらも、口の中でとろける時に、ほんのりと桜の風味を感じます。
まぁ、この季節ならではのチョコレートですね。
5_2
う~ん、美味い!!
これで2ヶ月分くらいかなぁ・・・。

【あぁ、この飛行機は・・・】
先日、14日だったかな。
八丈島に降りると、ターミナルに見慣れない飛行機が駐機してました。
6_2
フジドリームエアラインズの「エンブラエルE175」です。
7_2
機体番号は、「JA11FJ」。
つまり、11号機ですね。
8_2
しかし、何故、こんな所に?
ネットで調べて見ると、チャーター便だそうな。
なるほど・・・と、ここまでは大して興味は無く、ネタにもならなかったのですが・・・。
一昨日、山形空港でフジドリームエアラインズの「エンブラエルE175」が離陸滑走時に滑走路を逸脱する事故だと。
へぇ~ニュース映像を見ていると・・・あぁ、あの時の11号機だ!
パイロットの話では、離陸滑走中、機体がどんどん右へ流れて行き、どうやっても立て直せなかったのだそうな。
だとすると、ギア(車輪です)に問題があったのかな。
この飛行機、ブラジル製だものなぁ・・・。
狭い八丈島空港での事故でなくて幸いでしたよ。
う~ん、原因の究明が待たれます。

【きてぃグッズ】
ネタ切れの時の小出しネタ。
以前、横須賀支社勤務時代に、きてぃに行く機会があれば、艦内売店に立ち寄ってコツコツ買い集めた「きてぃグッズ」です。
9_2
今回は部隊識別帽です。
先ずは兵隊さん用。
10_2
きてぃが入港すると、ヨコスカの街中で、これを被った兵隊さんを沢山見かけました。
次は下士官用。
11_2
星二つだから、艦の先任下士官用だと思います。
次は士官用。
12_2
これは下級士官、つまり尉官用です。
これも士官用。
13_2
こちらは上級士官、佐官用です。
そうして、将官用が二種類。
14_2
ファースト・ネイビー・ジャック仕様。
15_2
素敵でしょう?
米海軍はスマートで良いですねぇ・・・。

さて、これから世間様は10連休のゴールデンウィーク。
今のところ、私は3日間仕事が入っています。
それでも7日間は休めるのかな。
7日間も休めれば御の字、何をしようかな。
さぁ、ゴールデンウィークに向かってTAKE OFF!
16_1
では!

2019年4月18日 (木)

思いがけず呉へ(後半)

みなさん、こんばんは!

前回の続きです。
続いて大型資料展示室へ。
1_1
ここには、大和の砲弾や零式艦戦等が展示されています。
これが大和の46cm砲弾。(46cmは、砲の口径なんですよ。)
2_1
左の二つがそうです。
一番左が46cm91式徹甲弾で、次の赤く塗られた物が46cm三式弾。
徹甲弾が対艦戦用で三式弾は対航空機用なんですよ。
徹甲弾は、最大射程約41km(有効射程30km)だそうな。
つまり、東京駅辺りからド~ンと撃てば、戸塚辺りまで届く訳ですね。
大したものです。
次は零式艦戦62型。
3_1
これは250kg爆弾を爆装できる戦闘爆撃機です。
4_1
この零式艦戦62型のコクピットに装備される四式射爆照準器。
5_1
・・・これにグラマンの機影を捉えて機銃発射レバーを握る・・・
う~ん、これ欲しいなぁ・・・。
この零式艦戦は、戦時中、故障して琵琶湖に不時着し、湖底に沈んでいたものを戦後に引き揚げて復元したもの。
以来、京都の嵐山美術館、和歌山の零パーク、そうして大和ミュージアムと転々としてきた機体なんです。
約40年前、舞鶴市の学校に在学していた私は、休みの日に、遙々京都の嵐山美術館までこの機体を見に行きました。
6_1
初めて対面した時の感動は今でも忘れませんよ。
零式艦戦まで見て、既に2時間経過・・・時計を見るともう11時です。
急げ急げ・・・。
次は道路を挟んで向かいにある「てつのくじら館」(海上自衛隊呉資料館)へ。
ここは、海上自衛隊の退役した潜水艦「あきしお」を陸揚げして展示しています。
7_1
手前を走っているトレイラーと比べると、何ともデカイでしょう。
8_1
「あきしお」は、排水トン数2200トン、「ゆうしお型」潜水艦の7番艦です。
ちなみに、昭和63年に浦賀水道で第一富士丸と衝突した「なだしお」は同型の5番艦なんですよ。
9_1
さぁ、館内へ。
10_1
館内の1階から3階には、海上自衛隊の潜水艦隊や掃海部隊の歴史が展示されています。
11_1
3階から「あきしお」の艦内へ。
ここは士官室、士官といえど狭い潜水艦は三段ベットです。

ちなみに下士官兵には個人専用のベッドは無く、人によっては魚雷の上などで寝ているんですよ。
次は艦長室。

潜水艦では、艦長だけが個室なんです。
次が士官食堂。
14_1
狭いですねぇ・・・。
そうして、ここが司令室です。
15_1
潜望鏡は健在で、外を覗くことが出来ます。
楽しんでいると、もう時計は12時を回っていました。
あまりゆっくりしてはいられません。
早々に出て、土産物コーナーへ。
土産物を眺めていると・・・併設されているCAFEから何とも美味しそうなカレーの香りが漂ってきました。
う~ん、これは堪らん!
入るとオネーサンが「あきしおカレー、いかがですか?」だって。
もちろん、オーダーしましたよ。
これで850円ナリ。
16
決して安くはありませんが、ここは観光施設ですからね。
このカレー、ちょっと甘めのカレーにニンニクチップがちりばめてあります。
マイルドな口当たりですが、後からピリリと辛さが来て、癖になりそうな美味さです。
何でも、「あきしお」10代目艦長の認定だとか。
このカレーを食べて、広島行きの電車に乗り、広島駅へ向かいました。
17
新幹線に乗る前に広島名物の「あなごめし」を買い、夕方、6時過ぎに横浜の出城に到着。
やれやれ、疲れたぁ・・・。
夕飯は、ハイボールに付いていたオマケのグラスにビールを満たし「あなごめし」を堪能しました。
18
それで、「てつのくじら館」で買ったお土産ですが、「あきしおカレー」があまりにも?美味しかったことから、海自のカレーを買って帰ることに。
呉の海上自衛隊でしか手に入らない?呉基地所属艦艇のカレーです。
以前、テレビのニュースでやっていて、気になっていました。
各艦艇の調理員からレシピを習い、艦の味を忠実に再現したカレーだそうで、艦長から「これが本艦のカレーである!」とのお墨付きをいただかなければ製造販売できないのだそうな。
さて、どの艦のカレーを買おうかな・・・。
数ある中から、結局、護衛艦「かが」のカレーを買いました。
19
なぜ?「かが」は横須賀の同型艦「いずも」と並び、海上自衛隊の護衛艦中で最大の艦、数年後には海上自衛隊初の航空母艦に改造されることが決まっている艦ですから。
大きな艦ほど優秀な調理員が配属されているんじゃあないかと思ってね。
20
さて、肝心のお味は?
21
う~ん、まぁ、美味いのですが・・・普通でした。
「あきしおカレー」で期待しすぎましたよ。
ちょっとガッカリかな。
まぁ、値段の半分以上は、きっとパッケージ代ですね。
そんな呉の旅でしたよ。
今回は葬儀で帰ったのだから仕方ありませんが、次はもっとゆっくり見て歩きたいな。
呉は素敵な街です。
では!

2019年4月13日 (土)

思いがけず呉へ(前半)

みなさん、こんにちは!
私、今日は休みなのですが、横浜の出城でゴロゴロです。
外出するとお金を使いますからねぇ・・・。

さて、よく不幸は続くものと聞きますが、うちの女房の実家がまさにその様。
昨年夏の集中豪雨で裏山が崩れて母屋が潰れたことは、このブログでも書きましたが、今度は義父が亡くなってしまったのです。
連絡が入ったのは8日の朝、新幹線で秋田へ向かっている途中の女房からの電話でした。
泣く女房を慰め、葬儀には俺が1人で行くからそのまま秋田へ向かうように説得、お父さんもその方がよろこぶぞってね。
急いで会社に翌日からの休暇を申請し、翌日早朝、呉へと向かいました。
1
昼過ぎに呉駅着。
呉はまだ桜が満開でしたよ。
2
もっとも、それを愛でる余裕は無く、斎場へ直行。
義母と義兄にお悔やみを言って、義父の顔を見て・・・。
その晩の通夜と翌日の告別式、火葬、初七日の法要と目まぐるしい二日間でした。
当初、初七日の法要が終わり次第、横浜へ戻って11日から出勤の予定だったのですが、通夜の時に斎場の人に今後の予定を聞いたところ、初七日の法要が終わるのは午後6時を回るだろうとのこと。
そうなると、日付が変わる前に横浜の出城へ帰り着くのは怪しいので、思い切って11日も休むことにした訳です。
急いで駅前のビジネスホテルを予約、母屋が潰れて離れで寝起きしている女房の実家に泊まる訳にはゆきませんからねぇ。
初七日の法要を終え、精進落としをいただいて、ホテルへ。
3  
その夜は精進落としを肴にして、ハイボールを片手に1人義父を偲びました。
4  
翌日、朝、9時にホテルを出て向かった先は・・・駅?
いえいえ、せっかく呉まで来たのですから、あそこへね。
はい、「大和ミュージアム」です。
5  
ホテルの傍でしたから・・・。
(尤もそのつもりでこのホテルを取った訳ですが・・・)
6
あぁ、久しぶりのご対面です。
7  
この呉で建造された帝国海軍の戦艦大和、その10分の一の模型がここの目玉です。
8  
当時は世界一の大戦艦だった訳で、10分の一の模型でも十分にその迫力が伝わってきます。
9
それもそのはず、この模型は呉市の本物の船を造っている造船所で建造されているのですから。

全長26.3m、圧倒されます。
11  
これを見てしまうとね。
もう頭の中は大和で一杯、義父の事はすっかり忘れていました。
我ながら現金なものです。
12  
気がつけば1時間くらいボーッと眺めていましたよ。
13  
ふっと我に返って、夕方には横浜へ着かねばと思い、他の展示へ。
14  
まぁ、何度も見てきているのですが・・・。
15  
大和の建造から最後に至までの歴史や海底から引き揚げられた遺品の数々を見て回りました。
と、今日はこのあたりで。
続きは近いうちに。
(ネタが無いので小出しです。)
では!

2019年4月 7日 (日)

再開します。

みなんさん、こんにちは!
女房のことで皆さんには色々とご心配をお掛けしましたが、おかげさまで、先日無事に退院することが出来ました。

で、このブログも再開することにしましたので、またよろしくお願いいたします。
まぁ、休止して以来、何もしていないのでネタは無いのですが・・・。

女房が退院したのは4日でした。
何が食べたい?って聞くと、「鰻!」
夫婦揃って鰻大好きですからねぇ・・・。
すると、親父が奢るってことになり、その夜は3人で馴染みの鰻屋さん?へ。
Dscf4565


まぁ、このお店元々「鯛めし」が有名なんですがね。

Dscf4566

鰻も美味しいのです。
鹿児島産鰻を背開き蒸して焼き・・・関東風です。


Dscf4567
女房もニコニコ。

Dscf4571

美味い!
これで元気になってくれれば安い物です。
女房は明日から秋田の温泉に湯治へ行かせます。

さぁ、私は明日からまた仕事、稼がなければ!
では!

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »