無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

みちのくひとり旅?(初日の後半)

みなさん、こんばんは!
明日で八戸から戻って1週間になるのですが・・・。
前回の続きです。

蕪島の後、車は「鮫角灯台」へ。
1_8
昭和13年2月に建造された白亜の灯台です。
2_8
灯台の横に付いている建物は、かつて灯台守の人達が住んでいた官舎です。
灯台が無人化されて以来、もう誰も住んでいません。
ここからは太平洋が一望・・・。
3_8
それこそ私は船乗りになってすぐに、この灯台のレーマークビーコン(電波標識の一種です)の測定で、沖を何度も往復しました。
4_8
灯台自体を訪れるのは初めてですが、そういった意味で懐かしい灯台です。
この灯台、沖から双眼鏡で良く見たっけな・・・。
次は、灯台の少し先にある「葦毛崎展望台」へ。
5_8
ここは海軍の監視所や砲台があった所だそうです。
まるでスコットランドの海岸要塞の様・・・(見たこと無いけれど)。
ここからの景色も絶景でしたよ。
6_8
この辺りの海岸にはニッコウキズゲが咲くと聞いていたのですが・・・残念、見付ける事は出来ませんでした。
ゆっくり散策して探してみたいところですが、彼から「おぉい、時間が無いぞ」って声がかかり、後ろ髪を引かれる思いで車へ。
まったく、詰め込みすぎだよって思ったのですが、彼は色々案内してくれているワケで感謝感謝・・・。
美しい砂浜の「大須賀海岸」を写真だけ撮って・・・。
7_8
彼のお薦め「種差天然芝生地」へ着きました。
8_8
何だか広大なゴルフ場の様・・・。
彼曰く、「ここの芝生は天然芝なんだぞ」だそうな。
9_8
天然芝?へぇ~~。こんな海岸の傍でねぇ・・・。
10_8
冬の大時化の日には海水が霧のようになって飛んでくるだろうに・・・天然芝が育つなんて何とも不思議です。
「次、行くぞ」で、車へ乗り込み、「階上岳」へ。
八戸市街を一望にできるこの山はヤマツツジの名所だとか。
11_8
天然のヤマツツジの群生地だそうです。
しかし、ツツジは未だ五分咲きといったところ・・・。
12_7
満開になれば絶景なんだろうなぁ・・・。
13_7
市街も霞んでいて、ちょっと残念でしたが、美しいヤマツツジを十分楽しめましたよ。
で、山を下りて、この日の最後は「是川縄文館」へ。
14_6
八戸市には、489カ所もの縄文遺跡が確認されているのだそうです。
平成元年7月、八戸市の名産品である長芋の作付け中に発見されたのがこの「合掌土偶」なんですよ。
15_6
約3,500年前の物だそうな。
これって、子供の玩具?魔除け?暇つぶし?
国宝に指定されていますが、これを作った人は、まさか3,500年後に国宝になるなんて想像もしなかっただろうなぁ・・・。
と、駆け足で回って時刻は午後4時を少し過ぎた頃、ホテルへ送ってもらいチェックイン。
5時半から街へ繰り出し・・・
16_5
酒盛りです。
八戸の美味しい郷土料理や魚に舌鼓を打ち、彼と夜更けまで語らいました。
17_4
で、彼から「これ飲んでみろ」って、薦められたお酒がこの「菊駒」です。
18_3
彼が生まれた街の地酒だとのこと。
うん、スッキリとした飲み心地で、香りも良くて美味い!
日本酒が苦手な私でも、いくらでも飲めます。
「美味い酒だなぁ」って言うと「南部杜氏が作ってんだ」だそうな。
なるほど・・・ 。
こうして八戸の夜は更けて行きました。

続きはまた近いうちに。
では!

2019年5月28日 (火)

みちのくひとり旅?(初日の前半)

みなさん、こんばんは!
先週末の23日から24日、八戸へ行って来ました。
みちのくひとり旅?・・・です。
きっかけは、3月末に八戸の友人から、「3月一杯で会社を辞める」というメールが届いたから。・・・青天の霹靂でしたよ。
友人、彼とは40年前に舞鶴の学校で知り合いました。
当時の私には、高校を出たら自衛隊に入りたいという希望があったのですが、両親と担任教師の説得に抗しきれず、自衛隊を諦めて舞鶴の学校に進学しました。
そこには、全国各地から若人が集まっており、寮の同室だった彼と出会ったわけです。
連日、ハードな勉強と訓練を受けながら、お互い、「船長になれたら良いな」なんて、将来の夢を語っていました。
南部弁丸出しの彼とは妙に気が合って、休みの日にはよく一緒に遊び歩きましたよ。
舞鶴のうどん屋で、出てきたうどんに、彼は「味が薄い」と言ってテーブルの醤油をドボドボと入れているのを見た時、カルチャーショックを感じたものです。
北九州の澄んだ薄口味で育った私には考えられない・・・日本って広いなぁってね。
学校卒業後は、私は関東圏、彼は東北圏の会社の支社勤務で働いていました。
以来、これまでに数度、出張等で一緒に仕事をすることもあり、年賀状も欠かさずやりとりしていたのですが・・・。
そんな彼から突然届いた衝撃的なメール・・・私は急に彼の顔が見たくなり、何とか有休を取って、新幹線に飛び乗ったというところかな。
1_7
八戸までは東京から3時間ちょっと。
近くなったねぇ・・・昔は船で二昼夜かかってましたがね。
2_7
駅には彼が迎えに来ていました。
先ずは昼食を食べながら、彼から観光の予定を説明され・・・まぁ、あらかじめ行ってみたい場所はつたえていたのですが、彼から提案されたものは、それよりもかなり多い、ハードなスケジュールです。
私としては嫌も応もなく、彼の車の助手席に座り、八戸観光の始まりです。
先ずは、八戸の街を見渡せるという「ぐれっとタワー」へ。
3_7
ここの展望台で、眼下に見渡せる八戸の港や市街地、
4_7
この後に訪れる予定の階上岳の事を色々と説明され、
5_7
さぁ、私が希望していた「蕪島」へ。
ここは天然記念物に指定されているウミネコの繁殖地ですよ。
よくテレビなんかで紹介されているので、一度訪れてみたかったのです。
6_7
残念ながら、蕪島神社の社殿は平成27年11月に漏電火災により焼失。
現在再建中とのことで、参詣は出来ませんでした。
しかし、ウミネコに会いに来たようなものですから。
なんでも、ウミネコは3月にやって来て5月に産卵、子育てして、8月には居なくなるのだそうです。
7_7
う~ん、きっと数千羽はいますよ。
そこかしこで、ミャーミャーと鳴いています。
なるほど、それでウミネコか。
8_7
足下ばかりに注意していると、彼から「糞をかけられるなよ」って言われ、慌てて上空を見張ります。
この季節だから、ちょうど抱卵中だったのかな。
なかなか可愛いものです。
9_7
カモメとの違いは・・・見分けやすいのは、嘴の先が赤と黒の二色になっているのがウミネコだそうです。
それから、日本では、カモメは冬鳥で夏には居ないのだとか。
なるほど。
彼が、「ウミネコの目は怖いぞ」っていうので、改めてよく観察してみると・・・。
おぉ、確かに猛禽類のような鋭い目をしていますよ。
10_7
じっくり観察していたかったのですが、「次ゆくぞ~」の声で断念。
11_7
彼の車に乗り込みました。

続きは近いうちに。
小出しにしないと、またネタ無しになっちゃうからね。
では!

2019年5月22日 (水)

三合山に咲くシロヤシオ

みなさん、こんばんは!
昨日の雨は凄まじかったですねぇ・・・。
幸い、私の通勤時間帯は未だ大した事は無く濡れずに済んだのですが、会社に着くなり横殴りの大風に大雨でしたよ。
帰りは既にあがっていたのですが、電車のダイヤが大幅に乱れていて、各所で徐行運転を行っており、いつもよりも30分遅れで出城に帰り着きました。
非常に疲れた一日でしたが、これで首都圏の水不足が解消されれば良いのですがねぇ・・・。

19日、ハッピーのパパさんとシロヤシオを見に行ってきました。
場所は、三合山(みつあいさん)という山。
先日登った大札山や蕎麦粒山の隣?の山です。
(詳細は「ハッピーパパの季節巡り」http://hapiko39.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-2811ca.html をどうぞ。)
朝5時に起きてカーテンを開け空を見上げると曇り空・・・大丈夫かなぁ・・・。
愛車で6時にパパさん家に着、パパさんを乗せて奥大井へと向かいます。
道中、所々で雨・・・これはダメかなぁ・・・不安が頭を過ぎりました。
先日大札山に登った時に駐めた「大札山肩駐車場」を過ぎ、更に落石が散らばる未舗装路をパンクに注意しながら約30分、何とか「山犬の段」の駐車場着。
空を見上げると・・・雨は降っていない・・・所々に青空が見える!
1_6
さっそくザックを背負い、8時15分、登頂開始です。
2_6
先ずは蕎麦粒山を目指して、比較的緩い傾斜の登山道を登り始めました。
3_6
緩い・・・でも、日頃運動不足の私にはかなり堪える傾斜。
4_6
パパさんはスイスイ登って行きますが、私はハアハアと喘ぎながらパパさんを追いかけました。
5_6
まぁ、これはいつもの光景ですね。
救いだったのは、登山道の周辺は自然林で、とても心地が良かったこと。
ヒメシャラやカエデ、ブナの木が多い、気持ちの良い道でした。
シロヤシオを探しながら、立ち止まってはパチリ。
で、蕎麦粒山の山頂に到着したのは、8時55分頃でした。
6_6
ここで小休止です。
前回登った時は晴れ、とても綺麗な光景だったのですが、この日は曇り・・・まぁ、雨に降られないだけラッキーなのかな。
7_6
でも、今日の天候を考えるとそんなにゆっくりしてはいられません。
9時5分、蕎麦粒山を後にして、尾根を三合山を目指して歩き出しました。
8_6
蕎麦粒山と三合山は尾根きなんです。
パパさんの話では、ここから先が「ツツジ街道」なのだとか。
咲いていれば良いなぁ・・・。
所々でシロヤシオの木を見かけますが、どれもまだ蕾で一つも咲いていません。
う~ん・・・ダメかなぁ・・・。
しばらく尾根を下って行くと前方に何か赤い花が見えてきました。
ミツバツツジだそうです。
9_6
これはこれで綺麗なのですが、まだ三分咲きといったところで、蕾の方が多い。
10_6
ますます期待薄です。
まぁ、本来であれば今週末の25日に行く予定だったところを私の都合で19日にしてもらった訳で・・・。
11_6
早かったのかなぁ・・・。
まもなくコル(尾根の一番低い所ですよ)という標高が尤も低い辺りで、前を行くパパさんが振り返り「咲いてるよ!」って言ってます。
パパさんの指さす木を見ると・・・あぁ、新緑の中に確かにポツポツと白い花が見え隠れ。
12_6
近づいて確認すると・・・。
13_6
うん、確かにシロヤシオです。
見るのは3年ぶりかな。
14_5
この付近の3、4本の木は一分咲きといったところですが、可憐な白い花を咲かせていました。
15_5
シロヤシオ、正式名称はゴヨウツツジと言うそうで、太平洋側の山地にしか自生しないツツジで、長野県をはじめ各県では絶滅危惧種なのだとか・・・。
パパさんと一緒に撮影会開始です。
16_4
綺麗な花だなぁ・・・。
私的には、この花の様な女性が理想・・・。
17_3
女房?・・・タンポポかな。
なんて思いながら沢山撮りましたよ。
さて、撮影も終わり、再び三合山目指して歩き始めました。
18_2
また、尾根を登ります。
再びハアハア・・・。
19_1
標高が上がると・・・シロヤシオは蕾ですね。
しばらく登ると、視界が開けてきて、何だか高原のような場所に出ました。
20_1
10時45分、三合山山頂着。
21_1
ここもとても綺麗な場所でした。
22
小休止して、しばし美しい光景を堪能します。
23
青空が所々に見えますが、晴天だったらもっと綺麗だろうなぁ・・・。
24
でも、満足です。
シロヤシオも見る事が出来ましたしね。
25
11時30分、下山開始。
来た道を戻ります。
26
途中、コルで食事を取り、蕎麦粒山に着くとけっこう濃いガスに遭遇。
27
山頂付近でパラパラと雨が降りましたが、幸いすぐに止み、濡れること無く1時40分、無事下山することが出来ました。
今回は曇り空の下でのトレッキングしたが、雨に打たれることも無く、念願のシロヤシオを見る事が出来てとてもラッキーでしたよ。
ラッキーと言えば、帰り道の途中、山道で2頭の子鹿に会いました。
28
見た目はとても可愛いのですがねぇ・・・。
29
そういえば、登山道の樹木にも樹皮を剥ぎ取られた後が沢山あったなぁ・・・。

さて、明日から私1人、1泊で旅行に行ってきます。
帰ったらその記事で更新出来るかな。
では!

2019年5月15日 (水)

ネタ無し(日々、徒然・・・)・41

みなさん、こんばんは!
今日もネタ無しで更新です。
何度も重箱の隅をつついて、ついに何も出なくなったので、重箱の蓋にこびり付いたネタで更新です。

【美味しいもの】
先日買ったROYCE’の生チョコ。
「アイラウイスキー」を開けてみました。
1_5
スコッチウィスキーをチョコにブレンドしているのだそうです。
2_5
含むと・・・なるほど、口の中一杯にウイスキーの香りが広がります。
3_5
ソファーに寝転がり、このチョコを一粒口に放り込んで・・・チョコはとろりとろり蕩けて・・・う~ん、至福ですね。
ウイスキー好きには堪らないチョコでした。

【ラッセン】
私の宝箱?から、こんな物が出てきました。
3年前まで横須賀に配備されていた、ミサイル駆逐艦ラッセンが横須賀配備になった時の式典のプログラムです。
4_5
2005年かぁ・・・懐かしいな。
私が横須賀でバリバリ仕事をしていた頃のお話。
5_5
この時はかなりセンセーショナルで、マスコミが沢山取材に来ていましたよ。
いさくさんも来ていたなぁ・・・。
6_5
当時は、テポドンが頻繁に飛んで来ていましたからねぇ。
実に心強い艦が来てくれたって思いましたよ。
7_5
ファンネルには、既に第15駆逐隊の部隊章が掛けられていました。
8_5
この後も、何度か訪艦することがあったのですが、結局、売店までは行けなかったなぁ。
9_5
で、これがこの時にいただいた部隊章のワッペン。
10_5
兵隊さんが戦闘服の袖に付けているやつですよ。
懐かしい想い出です。

【きてぃ最後のグッズ】
きてぃが退役で横須賀を離れる時にいただいた記念品が2点。
1点は、四つ切りサイズの写真です。
11_5
ファーストネイビージャックを掲げて航走する姿。
カッコウいいなぁ・・・。
もう1点はキャップ。
12_5
所謂、部隊識別帽ではなく、なぜこの様なキャップが艦にあるのか・・・詳細は不明。
きてぃから飛び立つトムキャット?が刺繍してあることから、ずいぶん昔に作った記念品で、余っていたのかも知れません。
13_5
大好きだったきてぃも既にスクラップになってしまったとか。
当時は、スクラップにするくらいならば、海自で使えば良いのにって思ったものです。
そんな海自もようやく自前の空母を持てる訳で・・・。

あぁ、今週末晴れないかなぁ・・・。
では!

2019年5月 7日 (火)

大札山に登りました。

みなさん、こんばんは!
ゴールデンウィーク、終わりましたねぇ・・・。
世間様は10連休だったそうですが、私は30日と5日、6日が仕事で計7日間、休むことができました。
7日間でも多いくらいに感じますよ。
休みがあってもお金が無ければねぇ・・・。

さて、この休みの間、3日に山へ行くことが出来ました。
この日の天気は晴れ、愛車で朝6時にハッピーのパパさんを迎えに行き、行き先は奥大井の大札山です。
(詳細は「ハッピーパパの季節巡り」http://hapiko39.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-d4b666.htmlをどうぞ。)
9時過ぎに大札山肩登山口の駐車場着。
やっぱりゴールデンウィークだな。
すでに多くの車が駐まっていました。
9時45分、登頂開始。
1_4
パパさんに遅れないよう歩き始めました。
2_4
この日は睡眠も十分、体調万全だったのですが・・・歩き始めて約5分も経った頃、イカン!愛車のカギを掛けていない事を思い出しました。
来た道を駆け足で駐車場へ戻り、カギを掛けて、また駆け足でパパさんに追い付いたのですが・・・
3_4
なんと、そこから急登が始まり、私は息が上がってしまい、とてもまともに歩けない状態・・・
4_4
少し歩いては立ち止まり、また少し歩いては立ち止まり・・・フラフラになりながらパパさんを追いかけました。
5_4
幸い、途中、あちらこちらにアカヤシオの群生があり、立ち止まっては写真を撮りながら登りましたので、何とか登れた次第。
6_4
この山のアカヤシオは満開。
7_4 
薄紅色の花が青空に映えます。
8_4
日当たりの良い斜面には、既に散り始めた木もありましたが、十分に撮影を楽しむことが出来ました。
9_4
9時15分、山頂1,373.6m着、恒例のザックを置いて記念撮影です。
10_4
この日は遠く東の山々の上から富士山も顔を出していました。
11_4
少しばかり休憩をして、9時24分、下山開始です。
12_4
下山は、北尾根登山口へ。
北尾根方面も、所々にアカヤシオの群生がありました。
13_4
見つけると立ち止まって撮影開始。
14_4
私的には、アカヤシオよりもシロヤシオの方が好みなのですが、いえいえ、赤い花もこれだけ見事に咲いていればウットリ・・・魅入ってしまいますね。
15_4
そんな感じで下山して、林道に降り立ったのが10時40分頃でした。
16_3
林道を愛車を駐めた肩登山口駐車場まで歩き、登山口のベンチで昼食。
その後、林道を散策しました。
そうそう、この大札山は野鳥の宝庫?オオルリやキビタキの声があちらこちらから聞こえてきます。
登山者ではない、大砲(でっかい単焦点の望遠レンズ)を抱えた人達が林道脇に陣取って野鳥を狙っていました。
私も散策中にオオルリを撮影。
17_2
って、かなり遠いですがね。
見事なアカヤシオの群生に、富士山と野鳥・・・大札山はとても素敵な山でした。
18_1
次は、二週間後にシロヤシオの群生を見る予定なのですが・・・。
果たして運命はいかに?
では!

2019年5月 1日 (水)

ネタ無し(日々、徒然・・・)・40

みなさん、こんにちは!
今日から令和元年、世の中、なんだかお祭りムードですね。
でも、静岡の空はどんよりと曇り、若干の雨模様です。
私はお金も無いので、家でゴロゴロ・・・。
ネタも無いので、また、重箱の隅をつついて、小ネタで更新です。

【美味しいモノ】
4月28日(日)、富士山がとても綺麗だった日、私は「外で紅茶を飲みながら富士山を眺めています」ってつぶやきましたが、これがその時に撮った富士山です。
1_3
撮影場所は、女房の病院の休憩スペース。
この日の朝、女房が注射を打つ予定だったので、私も付いてきた次第。
で、治療終了後、売店で紅茶を買って来て、富士山を眺めながら飲んでいるって訳です。
(家の)外で紅茶を飲んでいるので、嘘ではないでしょう?
この時はデパートが開くまで時間を潰していました。
デパート?はい、静岡の伊勢丹で「北海道物産展」が開催されているのです。
2_3
もちろん、お目当てはROYCE’のチョコレート。
今回もけっこう買ってしまいました。
3_3
デパートから家まで近いので、生チョコもゲット。
これは、ストロベリーの生チョコです。
4_3
早速食べました。
5_3
甘酸っぱくて最高!
先日羽田で買った分と併せて、冷蔵庫の中はチョコで一杯。
う~ん、明日はどれを食べようかな。
休みの間のささやかな楽しみです。
ちなみに、この日の昼ご飯はこれを食べました。
6_3
けっこう散財しましたが、まぁ、北海道に行ったと思えば安いもの?
あぁ、北海道へ行きたい!!!

【ヘイ、カール!】
平成が始まったばかりの頃、東京陸上で、「ヘイ、カール!」って、叫んでいた有名人のオジサンがいましたねぇ~。
私にとってカールって言えば、この艦かな。
7_3
私が横須賀で働いている頃、何度か来日しましたので、その度に訪艦しましたよ。
8_3
きてぃと違うのは、カールはnuclear energyだってこと。
9_3
積んでいる飛行機には大差ありません。
もちろん、私は用事が済めば売店でお買い物。
当時、米軍に行く時には米ドルを常に持っていました。
まずはこれ、カールのポロシャツです。
10_3
左胸にカールの刺繍がしてあります。
11_3
気に入ってますが・・・着ることはありません。
タンスの肥やしです。
次は部隊識別帽、訪艦したら必ず買うコレクションです。
これは一般用(兵隊さん用)です。
12_3
そうして先任下士官用。
13_3
士官用は・・・残念、買いそびれてしまいました。
次は、Zippoのライター、これも必ず買うコレクション。
私、タバコを吸ったことは無いのですが・・・
14_3
カッコウイイからね。
本棚に飾るだけです。

【ロン・ヤス】

コレクションは懐かしい艦の物ばかりですが・・・そう、現在、ヨコスカに配備されているピカピカの艦の物も一つだけ持ってます。
「ロン」(ロン・ヤスのロンですよ)のライターです。
15_3
素敵でしょう?
そういえば昨年のフライトで・・・
16_2
おぉ、ロンのNF111号機だ!
17_1
カッコウイイなぁ。
Good luck!
って分かれたのですが、この機はこの後沖縄沖で・・・。

あぁ、せっかくの連休、海に潜りたい!山に登りたい!
では!

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »