無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月26日 (木)

みなさん、こんばんは!
ネタは無いので、いつものように「日々徒然」としようかとも思ったのですが、今回は軽く雲ネタで・・・。

デスクワークに追われる日々、空へ上がるとホッとしますよ。
1_20190926225301
もっとも、空でも仕事が待っている訳ですが・・・
2_20190926225401
眼下に広がる大海原と、海から沸き上がって来る様な雲海をぼんやりと眺めていると、それだけで心が落ち着きます。
3_20190926225401
広大な秋雨前線を跨ぐ時・・・
4_20190926225401
乱気流で機体はグラグラと大きく揺れますが、雲海は様々な形に変化して私を飽きさせません。
5_20190926225501
仕事を終えてやがて着陸、夕日を浴びて黄金色に輝く雲もまた格別です。
6_20190926225501
う~ん、きっと死後の魂はこんな所へ昇って来るのだろうなぁ・・・。
7_20190926225501
さて、着陸したら、また書類の山が私を待っています。
8_20190926225601
誰も処理してくれないものねぇ・・・。

次の写真は、何だと思いますか?丸い虹の様な・・・
9_20190926225601
これはブロッケン現象なんですよ。
空では陸地よりも多く発生します。
こんな現象、山で見てみたいものですね。
では!

2019年9月23日 (月)

北九州墓参旅行(二日目・後半)

みなさん、こんばんは!
前回の続きです。

TOTOミュージアムを出た私たちは、皿倉山へと向かいました。
北九州市の最高峰で、標高622m、ケーブルカーで頂上まで登れるので女房や親父でも大丈夫。
で、ケーブルカーの登り口まで着いたのですが・・・残念、その日に限って設備点検のため運休とのこと。
ガッカリしましたが、また来年ですね。
それでは何処へ行こうか・・・特に当てもなく、私が子供の頃に住んでいた若松区の街をドライブしようということになり、若松方面へと向かいました。
懐かしい街並みを横目に見ながら、車は若松区の田舎蜑住(あまずみ)へ。
途中、休憩がてら立ち寄ったのはここ「戸明神社」です。
1_20190923183201
私が小学生の頃の遊び場でした。
神社の山でセミを捕ったり、池で鮒釣りをしたり・・・。
特にこの池には苦い想い出が・・・
2_20190923183201
小学校高学年の時だったかな・・・小遣いを貯めてようやく買ったけっこう大きい戦艦金剛のプラモデルを完成させて、その処女航海をこの池で行いました。
当時の池は、フェンスも無く、護岸も土が剥き出しで子供の恰好の遊び場だったのですよ。
モーターのスイッチを入れて、金剛を水面に浮かべて・・・
波を蹴立てて進んで行く姿をワクワクして眺めていたのですが・・・池の中央付近まで進んだところで突然止まり、そのまま静かに沈んでいったのです。
ガッカリ・・・涙目で帰宅したというお話です。
きっと今でも、金剛は池の底に沈んでいるんだろうなぁ・・・。
そんなことを考えながら池を眺めていると、女房に暑いからはやくお参りを済ませようと急かされました。
3_20190923183201
神社の石段を登って・・・本殿に参拝しました。
この神社は、「天手力雄大神(アメノタヂカラオ)」と「天児屋根大神(アメノコヤネ)」をご祭神として祀る神社です。
つまり、天岩戸伝説ですね。
4_20190923183201
詳細な創建の時期は分からないようですが、一番古い古文書の日付が1536年であることから、その頃には存在したようです。
戦国時代、織田信長や豊臣秀吉が生まれた頃ということでしょう。
5_20190923183301
この辺りは、かつての唐津街道で、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に肥前の名護屋城へ向かう交通路であったので、何かしら縁があるのかも知れません。
境内には「天手力雄大神」の像がありました。
6_20190923183301
こんな像、昔は無かったけどなぁ・・・。
天岩戸をこじ開けた力持ちの神様。
あやかりたくて、今も多くのお相撲さんが参拝にくるそうです。
あぁ、私の七五三もこの神社でしたが、私はちっとも力持ちじゃあありませんがね。
ちなみに、今の宮司は幼稚園、小学校と同級生だった男、会えるかなと思ったのですが、生憎不在でした。
この後、それこそ卒業した小学校を回り、子供の頃に泳いだ岩屋の海を見て、若松を後にしました。
まだ飛行機の時間には早かったので、この後、何処へ行こうか・・・。
車を空港方面へ走らせながら・・・そうだ、「和布刈(めかり)公園」へ行こう。
去年は、下関側から九州を見たので、今年は門司側から本州を見よう。
和布刈公園は、昔からある北九州の数少ない観光地。
車で大展望台まで行くことが出来ます。
7_20190923183301
眼下は関門大橋を見下ろす早鞆の瀬戸、源平が死闘を繰り広げた壇ノ浦です。
大展望台の山側壁面には、大きな源平壇之浦合戦絵巻壁画が立てられていました。
8_20190923183301
この壁画は、1400枚の有田焼で出来ているのだそうです。
9_20190923183301
響灘方向は・・・眼下に門司港の街が見えています。
10_20190923183401
そうして、本州側は、関門大橋が一望。
11_20190923183401
見事です。
これも北九州市を代表する景色なのでしょうねぇ・・・。
眺めていると時間を忘れそうになったので、女房と親父を急かして車を北九州空港へと向けて走らせました。
12_20190923183401
帰りの飛行機はこれ。
13_20190923183401
FDAの青く塗られた機体でした。
まだ新しい機体で、快適でしたよ。
14_20190923183501
これで、今年の北九州墓参旅行は終わりです。
北九州・・・住んでいた頃は嫌で嫌で、子供心に大人になったら必ず横浜に住むぞって思ってましたが・・・
来年も来られると良いな。
では!

2019年9月21日 (土)

北九州墓参旅行(二日目・前半)

みなさん、こんにちは!
世間様は3連休ですね。
生憎と私は明日が仕事なので、静岡へは帰らず、横浜の出城でゴロゴロしています。

では、九州墓参旅行の2日目です。
17日、朝、ホテルのカーテンを開けると・・・少し曇ってました。
1_20190921152101
まぁ、暑くなくていいか・・・。
9時頃チェックアウトして先ずは食事へ、この頃にはすっかり晴天です。
北九州に居るんですもの、当然、うどんですよ。
この日は「資さんうどん」
2_20190921152201
「資さんうどん」は、北九州市発祥のうどん屋さんで、北九州市内のあちらこちらに店舗があります。
この時は、かしわうどんをチョイス。
3_20190921152201
甘辛く煮付けたかしわ(鶏肉ですよ)が乗っていて、これぞ北九州のうどんです。
美味い!!!
出汁は、前日の「かかしうどん」ほど濃くないのですが、甘辛くてあっさりしています。
麺は当然こしのない麺です。
日本のうどんはね、福岡が発祥なんですよ。
聖一国師という僧侶が、宋に渡って学び博多湊へ帰国した際、水力で動く製粉機械の図面を持ち帰り、小麦を大量に粉にすることができるようになったので、麺を食べる文化が福岡から全国へ広まったのですよ。
ですから、うどんは伝わった他の地方で、それぞれの風土に合わせて進化したのです。
福岡県のうどん屋はおそらくラーメン屋よりも多いくらい。
だから福岡県はうどん大国なのですが、あまりうどんをアピールしていません。
何故?それは他にも有名な美味い物が沢山あるからなんですよ。
友人曰く、「資さんうどん」は近々東京にも進出するのだそうな。
羽田の職場の近くに出来ると良いなぁ・・・。
さて、腹を満たした後は、再び我が家の墓へ。
墓参の後に行った先は、ここ「TOTOミュージアム」です。
4_20190921152201
TOTO?はい、北九州市に本社を置く大企業なんですよ。
ミュージアムは、本社の隣に建っています。
5_20190921152201
なぜ、今回ここを訪れたのか・・・それは我が家のウォシュレットが故障したから。
もっとも、一部の機能が使えなくなっただけなのですが、もう10年も使っていますからねぇ・・・。
1階にショールームが併設されているので、買い換えの機種を選ぶ目的もありました。
6_20190921152301
瀟洒な建物でしょう?ミュージアムはエスカレーターを上がった2階です。
ここはTOTOが大正6年に設立されて以来の歴史が紹介されています。
設立以来、ずっと北九州市を代表する企業なんですよ。
7_20190921152301
見て回っていると、ちょっと感慨深いものがありますね。
例えば、これ、昭和55年に発売された日本最初のウォシュレットだそうです。
8_20190921152301
日本人の生活様式を変えたとして、機械遺産に認定されているのだそうな。
たしかに、今、これ無しの生活なんて考えられませんものねぇ・・・。
9_20190921152301
お願いすると、綺麗なオネーサンがガイドをしてくれたようですが、さすがにそこまではね。
自由に回りましたよ。
椅子までもが、便座型で思わずニヤリ。
10_20190921152401
水回り製品ばかりかと思ったら、昭和45年までは食器類も作っているそうな。
11_20190921152401
知らなかったなぁ・・・。
あぁ、それからこんな物までありました。
これが有名な「トイレバイク ネオ」だそうです。
12_20190921152501
燃料はガソリンではなく排泄物から作られるバイオガスで、後ろの大容量ボンベ2本を満タンにすると300kmくらい走れるのだそうです。
実際に北九州市から東京まで公道を走破したとのこと。
そう言えば、ずいぶん前にCMで流れてましたね。
なんでも、カワサキ製の有名なバイクが元になっているそうで、バイク好きには一見の価値ありかな。
13_20190921152501
なかなか見どころのあるミュージアムでしたよ。
14_20190921152501
また家を建て替えるようなことがあれば、こんな風にしたいなぁ・・・なんてね。
15_20190921152501
たぶん無いけど・・・。
16_20190921152501
何だかんだで1時間近く見学して、ミュージアムを後にしました。
で、自分用に買ったお土産はこれ。
17_20190921152601
クリアファイルです。
会社で使おうかな。
あぁ、ウォシュレットは静岡に帰った翌日に買いに行きました。
今日、工事が入って取り付けられているかな。
楽しみです。

今回は(内容は大したことありませんが)撮った写真が多いので、2回に分けます。
続きは近いうちに。
では!

2019年9月18日 (水)

北九州墓参旅行(初日)

みなさん、こんばんは!
今日の静岡は涼しいです。
ちょっと、秋らしくなってきたのかな。
さて、16日~17日、恒例の北九州へ墓参旅行に行って来ました。
本当は5月に行きたかったのですが、女房の病院と私の仕事の兼ね合いで9月まで延期したものです。
16日、早起きして女房と親父を愛車に乗せ、静岡空港へ。
1_20190918224701
朝一番、7時35分発の飛行機に乗りました。
2_20190918224801
今回、使ったのはFDA。
フジドリームエアラインズという、地元清水の航空会社です。
機体はブラジル製のエンブラエル175をピンクに塗装したヤツ。
3_20190918224801
初めて乗る機体で、大丈夫かいな・・・と、一抹の不安がありましたが、けっこう快適でサービスも良く、これならまた使っても良いかなって思いましたよ。
朝一番だったからか、クロワッサンまでくれましたしね。
9時過ぎに福岡空港へ到着。
4_20190918224801
レンタカーを受け取って、小倉を目指しました。
11時前に到着、先ずは腹ごしらえです。
入ったのはいつものこのお店。
5_20190918224901
うどんを食べないとねぇ、私の北九州の旅は始まりませんよ。
オーダーしたのは、肉ごぼ天うどん。
6_20190918224901
あぁ、この甘辛い出汁、全くコシの無い麺・・・、北九州へ帰って来たなぁ・・・。
うどんを堪能してから、墓参の開始です。
先ず、我が家の墓へ、次は動物霊園の愛犬に会いに・・・それから親戚の家に顔を出して、母方の墓へ・・・。
全てを終えて、ホテルへチェックインしたのは3時頃。
7_20190918224901
ホテルも定宿です。
さて、私は6時から高校時代の友人と飲むので、それまで何をしようか。
女房を促して小倉駅へ向かいました。
8_20190918224901
先ず、駅北口に佇むキャプテンハーロックのブロンズ像に帰省のご挨拶をして、
9_20190918224901
今回、夫婦で向かったのは、そのハーロックさんの斜め後ろのビルに入っている、「北九州市漫画ミュージアム」です。
10_20190918225001
チケットを買って入場すると、エントランスではハーロックさんのフィギュアがお出迎え。
11_20190918225001
女房は子供の頃に、キャプテンハーロックのお嫁さんになりたかったのだそうな。
だから、並んで記念撮影。
12_20190918225001
よかったねぇ、理想どおり、ハーロックが漫画の世界から飛び出した様な男と結婚出来て!
さて、館内を見学です。
13_20190918225001
展示物には写真撮影「可」のカメラマークが付いており、これが付いていない物は全て不可とのこと。
まぁ、付いていない物が7割くらいだったかな。
北九州出身の漫画家は、100人以上いるのだそうです。
ちょうど、「ワイルド7 2019展」という企画展が開催されていて、原画等が展示されていました。
14_20190918225101
私、子供の頃、「ワイルド7」って、大好きでした。
小学生の頃は、漫画本は買ってもらえなかったので、散髪もしないのに散髪屋に入り浸っで読んでましたよ。
15_20190918225101
主人公の飛葉大陸(ひば だいろく)が愛用する「コルト・ウッズマン」の銃身を切り詰めたタイプに憧れたなぁ・・・。
そのカスタムされたウッズマンって、当時はプラモデルでも手に入らなかったですねぇ・・・。
館内には漫画本が数千冊置いてあり、大人から子供まで、寝転がって漫画を読みふけっていましたよ。
さすがに私たちにはそれは無理。
早々に出て、ホテルへ戻るべく歩き始めたのですが、当日の小倉は晴天で夏日。
あまりに暑かったので、途中、銀天街の老舗の和菓子屋「湖月堂」さんへ立ち寄りました。
このお店、私が高校生の頃は、デートの時に、ちょっと無理して、見栄を張って、彼女を連れて行くような高級店だったのですよ。

大人になって、稼げるようになった今は、余裕で入ることが出来て、ちょっと感激。
16_20190918225101
2人とも宇治金時をオーダー。
17_20190918225101
う~ん、冷た~い!美味い!
食べ終わる頃には寒いくらいになって大満足。
ホテルへ引き上げました。
その後私は友人と合流、11時過ぎまで、夜の小倉を満喫してホテルへ。
途中、小倉の飲み会の〆はこれでなくちゃ。
と、旦過市場前に出ているであろう「丸和前ラーメン」の屋台へ・・・行く予定だったのですが・・・あれっ、屋台が無い・・・。
去年は確かに出ていたのに・・・。
仕方ないので、店舗の方へ入りました。
18_20190918225201
店員さんに聞いてみると、最近の北九州市は条例の改正で、屋台の営業には厳しいのだとか。
以前は「丸和前ラーメン」の他、付近に3店の屋台が出ていたのに、1店無くなり、もう1店も撤退し・・・ついには「丸和前ラーメン」だけになり、今、県警が道路使用許可基準を再定義している最中だとのこと。
19_20190918225201
現在は金曜日、土曜日等、休みの前日の夜のみ屋台を出すのだそうな。
う~ん、お酒が無い、ラーメンと、おでんと、おはぎだけの屋台は、小倉の夜の風物詩だったのに・・・。
20_20190918225201
このラーメン、濃厚豚骨のストレート麺なのですが、意外とあっさりしています。
おそらく、化学調味料もそれなりに使っているはずですが、何とも優しい味。
酔客相手なので、お値段はそれなりに高い680円ナリ。
しかも、九州ラーメンと称しながら、替え玉はありません。
でも、「小倉で飲んだ〆は絶対これ!」っていう人こそが、真の「小倉っ子」なんですよ。(諸説あり)
続きは近いうちに。
では!

2019年9月10日 (火)

小ネタで更新です。

みなさん、こんばんは!
【先ずは台風ネタ】

昨日の台風15号は久々に凄かったですよ。
首都圏直撃でしたからね。
私は前日の日曜日から泊まり勤務だったのですが、未明から激しい風雨となり、明るくなって被害状況の確認のために外へ出ると、会社の周りは冠水していました。
慌てて愛車を駐めている駐車場を見ると、そこも冠水。
幸い、水はタイヤ3分の一位の水位だったので愛車は助かりました。
それで、昼で仕事を切り上げて帰宅したのですが・・・。
羽田の会社を12時に出て、横浜の出城へ帰るべく走り出したのですが、高速道路は、湾岸線も横羽線も通行止め。
やむなく産業道路を走ったのですが、ここはノロノロの大渋滞。
横浜の中心部へ差し掛かると、全く動かなくなりました。
何とか空きを見つけて脇道へ逸れ、みなとみらいの中を大きく迂回して国道16号へ入り、さぁ、これで空いているだろうと思ったのですが・・・何故かここもノロノロです。
金沢区へ入ると、いよいよ動かなくなりました。
うん?原因はこれ。
1_20190910215701 
私の出城の裏にあった京急サニーマートの解体現場が、台風で大被害。
2_20190910215701 
ビルを覆っていた解体工事用の足場が強風に煽られて剥がれ、倒壊寸前になっていました。
既に大きなクレーン車が導入されて復旧作業が行われていましたが、これで片側車線が通行止めになったことから大渋滞だったのです。
3_20190910215801 
この台風15号は、首都圏のあちらこちらに大きな傷跡を残したようです。
4_20190910215801 
おかげで、出城へ帰り着いたのはちょうど4時、羽田の会社から金沢区の出城まで、通常下道を走っても1時間40分のところを4時間もかかってしまいましたよ。
5_20190910215801 
前夜は殆ど眠っていなかったので、さすがに疲れましたよ。
と・・・もう南の海に新しい熱帯低気圧が出来てますねぇ・・・。
14日には台風かな?
やだなぁ・・・。

【10月が来る前に・・・その1】
Canonの純正レンズ70-200mmが欲しい!
ということで、お小遣いをコツコツ貯めてようやく20万円。
レンズはおおよそ25万円。
さて、消費税が上がる前、ちょっと無理して今月中に買おう・・・って、思っていたのですが・・・。
8月の中旬、7年間も愛用していたポケットコンデジのFinePix F900EXRが壊れました。
う~ん・・・これは買い替えざるを得ません。
さて、何を買おうか・・・最近出たばかりのPowerShot G7 X Mark Ⅲを買おうと思ったのですが、この時、新しい広告に目が留まり・・・えっ、これが8月30日に出るの?
DSC-RX100M7です。
6_20190910215801 
Cyber-shot大型センサーモデルの高画質性能は、今、山用で使っているDSC-RX10M4で納得済み。
・・・買ってしまいました。
さっそく試し撮りです。
雲などを
7_20190910215901 
虹などを
8_20190910215901 
ちょっと高かったのですが、まぁ、満足です。

【10月が来る前に・・・その2】
DSC-RX100M7を買ってしまったので、もうレンズは買えない・・・。
それならば、これも買ってしまえ!
で、mont-bellへ直行して・・・買ってしまいました。
9_20190910215901 
山用のメットに靴にサングラス・・・。
さて、またコツコツと貯金しますよ。
では!

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »