無料ブログはココログ

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月20日 (木)

ネタ無し(日々、徒然・・・)・48

みなさん、こんばんは!
静岡県の浜松市では、2日続けて40℃を越える暑さだったとか。
当時、静岡市も2℃低いだけでしたから、それは凄まじい猛暑でしたよ。
水道の蛇口を捻ると、しばらくはお湯が出るような状態です。
来年の夏も同じなのかなぁ・・・。

さて、ネタが無いので、何時ものように日々の小ネタで更新です。

【美味いモノが食べたいなぁ】
「お昼どうする?」
先週末の昼、女房が私に尋ねました。
外は38℃の灼熱地獄、台所に立ちたくないことが、顔にありありと浮かんでいたので、女房思いの私は、じゃあ、外食にするかと入ったのが、最近オープンしたこのお蕎麦屋さん。
1_20200820214201
ちょうど我が家から、女房が通院している病院へ到る道の途中にあります。
気になっていたので、入ってみることに。
「天せいろ」をオーダー
2_20200820214301
私は更科系が好みなんですが・・・出てきたのは普通のそば。
味も普通でちょっと残念。
でも、天ぷらは上手に揚がっていて、サクサクして美味しかったな。
女房は気に入ったようで、ポイントカードまで作っている。
あぁ、また付き合わされるなぁ・・・。

【美味いモノが食べたいなぁ・2】
知人に持たせるお土産を買うために、わさび漬けの名店、田丸屋の工場に隣接した土産物屋へ。
土産物を買ってふと見ると、美味そうなソフトクリームがある。
3_20200820214201
「あべ川もち」のあんこソフトだって。
思わず注文しようと思ったけれど、待て待て、わさびソフトも捨てがたい。
迷った挙げ句、あんことわさび半分半分に。
4_20200820214301
お味は・・・あんことわさびが混じると、何とも微妙なお味になる・・・何事も中途半端は駄目ですね。

【美味いモノが食べたいなぁ・3】
地元、清水の企業「ホテイフーズ」が、航空自衛隊浜松基地とコラボして販売している「空自空上げ(空自からあげ)」2缶セットです。
5_20200820214301
ホテイフーズはご存じでしょう?
あの誰でもご存じ、ヤキトリ缶詰を製造販売している会社ですよ。
そのホテイフーズが航空自衛隊浜松基地監修で製造したのが、この缶詰。
航空自衛隊では、鶏のからあげを「より上を目指す」という意味で「空自空上げ」と呼ぶそうな。
6_20200820214301
うなぎ蒲焼き味と、
7_20200820214301
8_20200820214301
三ケ日みかん味、
9_20200820214401
10_20200820214401
偶然、見かけて即購入。
早速、晩酌で食べて見ましたが・・・う~ん、普通の焼き鳥缶の方が断然美味いです。
まぁ、この缶詰はブログネタ用ですね。

【美味いモノが食べたいなぁ・4】
あぁ・・・暑い・・・涼しい北海道へ行きたいなぁ・・・。
北海道で、美味いモノ喰いたいなぁ・・・。
良し行こう!と、行って来ました。
正確には、行ったつもりで、近所の「なか卯」へ行きました。
最近発売されている「いくら・あわび丼(並)」です。
11_20200820214401
これはこれで十分美味い!
1,200円で北海道へ行ったつもりになれる、お得などんぶりでした。

【色んな意味で美味かったなぁ】
先日、隣の科の女の子が執務室へやって来て、少しはにかみながら「いつもありがとうございます!」って、私に差し出したのがこれ。
12_20200820214401
何でも、横浜駅の特設売り場に並んで買ったのだそうな。
そうなんだ・・・可愛いな。
もちろん、「ありがとう・・・」って、貰った訳だが、私たちのやり取りを素知らぬふりで耳を澄まして聴いている、同僚達の殺気をひしひしと感じる・・・。
さて、私は彼女に何をしてあげた???
チャーミングな彼女は大学を卒業して2年目?で、飛行機の勤務は初めてであることから、まぁ、先輩としてアドバイスはしたな。
13_20200820214401
あとは・・・何度か一緒になったフライトの機内で、彼女は何時も美味しいコーヒーを淹れてくれるので、私はチョコレートを出すことにして・・・
14_20200820214501
はい、美味しくいただきましたよ。
女房?このブログは見ていない(はずだ)から、(たぶん)大丈夫!
では!

2020年8月15日 (土)

有朋自远方来 不亦乐乎

みなさん、こんばんは!
毎日、凄まじく暑いですねぇ・・・。
本当にこんな時季にオリンピックをやるつもりだったんですかねぇ・・・。

8月1日、八戸の友人が清水へやって来ました。
彼は私と同い年、うちの会社を早期退職して、今はフリーの船乗りをやってます。
何でも、今度は清水港から海洋観測船に乗るとのこと。
私は、偶然、連休で清水の自宅に帰っていたので、じゃあ先ずは飲もうとその晩は市内の馴染みの居酒屋で一献。
学生時代の想い出話で盛り上がりました。
彼が乗る船の出港は5日で、それまでは休みだと言うので、じゃあ明日は静岡市内でも案内しようかと思い、希望を聞くと、
静岡県は初めてと言う彼は富士山が見たいということだったのですが、この時期、富士山なんてまず見えない。

私「富士山なんて夏場は見えないぞ」
彼「そうかぁ、静岡へ来れば何時でも見えるのかと思った」
私「ならば、明日は君のルーツへ案内するよ」
彼「俺のルーツ???」
と、いうことで、翌2日は彼の船まで愛車で迎えに行き、中部横断自動車道を走って、山梨県の南部町へ。
先ずは「道の駅なんぶ」へ行きました。
1_20200815155301
何故、南部町?
彼が南部の男だからですよ。
2_20200815155301
彼は青森県三戸郡生まれで八戸市育ちの生粋の南部人。
つまり、この山梨県南部町が彼のご先祖様所縁の地なのです。
3_20200815155401
大雑把に説明しますと、彼の遠い祖先は甲斐源氏の祖である新羅三郎義光を祖先とする南部三郎光行で、この地に居館を構えて南部氏を名乗ったと言われています。
4_20200815155401
源頼朝に仕え、奥州征伐で功績を挙げ、奥州の地を与えられて八戸に移住したと伝わります。
その後、南部氏の本家は岩手県に移り、八戸は分家が治めることになったとのこと。
5_20200815155401
この「道の駅なんぶ」には小さな資料館があるので、見せてあげたかった訳です。
6_20200815155401
資料館見学の後は、近くに南部一族の墓石群があるとのことだったので、そこへ行ってみることに。
道の駅から車で5分程離れた浄光寺というお寺にその墓石群はありました。
7_20200815155401
本堂の屋根瓦には南部氏の家紋の一つである武田菱紋が付いています。
8_20200815155501
境内に供養塔が建てられていて、その後ろに古い墓石が集められていました。
9_20200815155501
墓石は、鎌倉時代から南北朝時代の物で、山梨県では最も古い物だとか。
10_20200815155501
彼も感慨深げに合掌していましたよ。
さて、次は何処へ行こうか。
彼は、山梨県も初めての訪問とのことだったので、じゃあ、甲府まで行こうぜ。
甲府は同じ甲斐源氏の本家筋に当たる武田氏の本拠地であった所です。
愛車で武田神社目指して出発しました。
国道52号線から中部横断自動車道に入り、中央自動車道を上ります。
双葉スマートインターチェンジで降りる前に休憩。
トイレ休憩だけのつもりだったのですが、サービスエリアでは「武田信玄生誕500年特設コーナー」が設けられていて、暫し見学することに。
11_20200815155501
武田信玄が関わった数々の戦いがパネルで展示されていました。
12_20200815155601
なるほど、ここでは、川中島の戦いも武田信玄の勝ちになっているな・・・。
ツッコミどころは満載でしたが、ここは甲斐国。
13_20200815155601
武田信玄こそが一番強くて偉い戦国武将と思われている所ですから、そこは堪えて武田神社を目指して出発。
南部町から約1時間で到着しました。
14_20200815155601
この神社は武田信玄の本拠地である躑躅ヶ崎舘跡に建てられた信玄を祭神とする神社です。
彼は早速本堂に参拝。
15_20200815155601
私?さすがに武田信玄を拝む気持ちにはなれず、彼の参拝が終わるまで待ってました。
ただ、宝物殿には興味があったので、ここは見学。
16_20200815155701
内部は撮影禁止だったので撮っていませんが、そんなにたいそうなお宝は無かったような印象でした。
17_20200815155701
「楯無」の鎧や「諏訪法性」の兜でも見る事が出来るかなって思ったのですがね。
残念でした。
18_20200815155701
とりあえず、神社内を見学して判ったことは、ここは躑躅ヶ崎館という名の立派なお城の跡だってこと。
19_20200815155701
有名な武田節の一節に「人は石垣 人は城 情けは味方 仇は敵」とあり、信玄は甲斐の国には城を造らなかったなんて伝わりますが、それってどうなのかなぁ・・・。
20_20200815155801
これで終了。
まぁ、彼は満足してくれましたよ。
この後、船まで送ってゆき、清水へ帰港したらまた会おうと約束して別れました。
私としても、なんとも楽しい、学生の頃に戻った様な一日でした。
帰港は11月中旬だとのことなので、その頃は富士山も雪化粧して顔を出してくれているかな。
そうしたら、静岡市内を案内するつもりです。
では!

2020年8月 5日 (水)

石垣島(5日目、最終日)

みなさん、こんにちは!
暑いですねぇ・・・。
この暑さが石垣島ならば許せますが、横浜や清水だと許せなくなりますよ。

では、石垣島5日目、最終日です。
8日水曜日、天気はやや雲が多めの晴れ。
飛行機は3時過ぎの便なので、早起きしてホテルの朝食をとり、8時にチェックアウトして、レンタカーで先ずは山へ向かいました。
1_20200805180201
目的はもちろん、アカショウビンの撮影です。
6日にあれだけお腹一杯撮ったのに、もう小腹が空いたって感じかな。
山の林道へ入り、アカショウビンを探しました。
2_20200805180301
6日のツアーで沢山撮った林道、さて2匹目のドジョウならぬアカショウビンは居るのか・・・居ましたよ。
(今回の写真も、全てトリミングは無しですよ。)
3_20200805180301
簡単に見付ける事ができました。
可愛い!
4_20200805180301
何度撮っても飽きませんねぇ・・・。
5_20200805180301
とりあえず、撮影は11時半までと決めて、林道をグルグル・・・
6_20200805180301
行ったり来たり・・・
7_20200805180401
女房と2人、撮りまくりましたよ。
8_20200805180401
時間なんてあっという間に過ぎて、気がつけばもう12時だ・・・。
9_20200805180401
まだまだ撮りたかったのですが、これで終了。
後ろ髪を引かれる思いで、山を後にしました。
次に向かったのは、ここ「山羊料理の店 一休」さんです。
10_20200805180401
石垣島へ来たら、山羊は食べておかないとね。
例年は、到着した初日に食べたものですが、今回は最終日。
私は山羊そばをオーダー、女房は臭いが駄目だと言い牛ソバです。
11_20200805180401
美味い!若干感じる獣臭?が何とも言えません。
山羊そばを堪能して、さぁ、次はパイナップルだ!
と、向かったのは、「東(あずま)パイナップル園」です。
12_20200805180401
我々はもう、お馴染みのお得意さんです。
このお店は、私の元同僚の親戚のお店、もう30年くらい前、私が初めて出張で石垣島へ行った時に、彼が連れてきてくれて、私を畑に入れ、植わっているものを採って、その場で切って腹一杯食べさせてくれたことがあり、その時のあまりの美味さに感動した私は、パイナップルが大好きになりました。
13_20200805180401
今回も奥さんが沢山試食させてくれて、それを食べながら近況報告。
14_20200805180501
気がつけばまもなく2時、いかん、飛行機に遅れてしまう。
大急ぎで、鞄に空港で重量超過料金を取られないように、慎重にパイナップルを詰めてお店を後にしました。
レンタカーを返却し、何とか搭乗開始時間30分前に空港着。
大急ぎで他のお土産を買って飛行機に乗りました。
羽田へ着いたのは6時過ぎ、愛車を受け取り、清水の自宅へ帰り着いたのは9時過ぎです。
女房を置いて、私はそのままとんぼ返りで横浜へ。
日付が変わる頃に横浜へ着き、少し寝ていつものように5時に起きて会社へ行きましたよ。
タフだなぁ・・・俺。
何日か仕事をして、ようやく休み、清水の自宅へ帰った私は、先ずはパインを堪能しました。
これ、普通のハワイ種ですよ。
大玉で一つ500円といったところかな。
15_20200805180501
甘みと酸味のバランスが良い、いかにもパイナップルです。
完熟しているので美味さは最高!
他は・・・こんなモノを買ってみました。
「ROYCE’石垣島」のパウンドケーキです。
16_20200805180501
毎年、生チョコを買ってましたが、今年はこれ。
なるほど、ちゃんと北海道で造っているようですね。
17_20200805180501
まぁ、ROYCE’だものね。
小浜島産の黒糖と大東島産のラム酒を使っているそうな。
18_20200805180601
う~ん、美味い!
けっこう強くラム酒が香って、黒糖の風味が口一杯に広がります。
これは、もう一つ買っておくべきだったなぁ。
自分用のお土産?はこれ。
19_20200805180601
石垣島のTシャツ屋さん「あ」のマンタTシャツですよ。
毎年、1枚買うここのTシャツ、今回はマンタも撮れたので、このデザインにしました。
先ずは大瀬崎に来て行こうかな。
20_20200805180601
あぁ、楽しい旅行だったなぁ・・・。
う~ん、次は来年?か。
何とも長いなぁ・・・。

しょんない、石垣島旅行記にお付き合いいただき、ありがとうございました。
では!

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »