無料ブログはココログ

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

2021年5月29日 (土)

春真っ盛りの大瀬崎(1本目)

みなさん、こんにちは!
横浜は雨ばかりです。
たしか、関東はまだ梅雨入りしてないはずなんですがねぇ・・・。
どうなってるんだろう?

さて、前回は14日に大札山にシロヤシオを見に登ったお話で更新しましたが、実はその前日の13日に大瀬崎で潜っていました。
順番が逆になってしまいましたが、その大瀬崎でのお話です。

当日は生憎の雨、勿論早起きして機材とカメラを愛車に積み込み6時頃に自宅発、大瀬崎へ向かいました。
私はどちらかと言えば雨男。
ハッピーのパパさんは晴れ男なんだろうな。
翌日一緒に登った大札山は好い天気でしたからね。
何時ものように8時にショップの駐車場に愛車を止め、ショップへ入ってガイドさんと打ち合わせ。
天候も悪いので、2本共に湾内で潜る事になりました。
Photo_20210529141001
1本目は、湾内の西側から入って沖のアカオビハナダイのコロニーを目指すことに。
高性能な水中ライトを買ったので、動画を撮りたいという私のリクエストです。
8時51分、ガイドさんに続いて潜水開始、潜ってみると・・・視界は上下水平約8mといったところ。
水温は16℃で、ワンピースの5mmウエットスーツでも快適です。
水深を下げて行くと・・・あれ、前方を行くガイドさんに並行して大ヒラメが泳いでいる・・・。
2_20210529141001
デカいなぁ・・・優に体長1mはあります。
ガイドさんも気付いて着底したところ、ヒラメも着底。
3_20210529141001
うん!これはデカい。
美味そうだなぁ・・・って、思いながら撮影。
4_20210529141001
ヒラメは肉食魚、よく見ると凶暴な顔つきですよ。
水深17mくらいでガイドさんが立ち止まり、海底のアラメを掻き分けると・・・根っこにオオウミウマが絡みついていました。
Photo_20210529141101
可愛いなぁ・・・。
Photo_20210529141102
ライトを当てると向こうを向くので、良いタイミングで数カット撮影。
水深19mまで降りると視界は10mくらい見えてきました。
ガイドさんが指さすウミトサカの根っこを見ると・・・あぁ、小さなクマドリイザリウオ(クマドリカエルアンコウ)がこちらを睨んでいます。
Photo_20210529141103
ググッと近寄って、アップで撮影。
Photo_20210529141104
あれっ、クマドリかと思ったら、普通種の白い個体で体表に茶色い苔が生えていることが分かりました。
Photo_20210529141105
まぁ、それでも十分可愛いからね。
数カット撮って移動、ついにコロニーへ到着です。
ここまで潜水開始から約20分、水深は20mです。
Photo_20210529141201
あぁ、居る居る・・・ピンク色の個体はすべてアカオビハナダイの雌、オレンジ色の個体はキンギョハナダイです。
Photo_20210529141202
殆ど雌ですね。
あぁ、雄が居た!
ボディの中央に赤い帯が入っている個体が雄ですよ。
Photo_20210529141203
ある程度ストロボで撮影を行って、水中ライトにチェンジして動画の撮影です。
(動画は最後に貼るので見て下さいね。)
Photo_20210529141204
この雄は、雌をたくさん従えて羨ましいなぁ・・・。
Photo_20210529141501
このポイントでは、約10分間粘って撮影しました。
Photo_20210529141502
この後は、水深5mまで一気に戻り、安全停止を兼ねて、ホンダワラの森でワイド撮影です。
Photo_20210529141503
春ですから、湾内の浅瀬では海藻であるホンダワラがすくすく育ち、まるで森のようです。
ホンダワラの長さは約5m、先端は海面まで達していて、この中に、ネンブツダイや、
Photo_20210529141504
キンセニシモチの様な小さな魚が群れを作っているんですよ。
Photo_20210529141505
もうちょっと水が綺麗ならば絵になるんですが・・・
Photo_20210529141601
まぁ、満足です。
Photo_20210529141602
これで終了、9時50分、浮上しました。
59分間のダイビング、けっこう面白かったですよ。
では、コロニーで撮った動画をご覧下さい。

イマイチ暗かったかな?
次回は、ライトをもう一本増やすことにします。
続きは近いうちに。
では!

 

2021年5月19日 (水)

シロヤシオって綺麗だなぁ(大札山へ)

みなさん、こんばんは!
14日、久々に山に登ってきました。
最後に登ったのは、去年の3月に上越の鮫ヶ尾城址かな。
ハッピーのパパさんとは、去年の1月、賤機山が最後かな。
今回もパパさんと一緒、目指すは川根町の大札山です。
この山は実に2年ぶり、この季節、シロヤシオが綺麗なんですよ。
当日朝、愛車で7時にパパさん家に迎えに行き、川根町を目指しました。
(詳細は、「ハッピーパパの季節巡り」http://hapiko39.cocolog-nifty.com/blog/2021/05/post-0f6044.htmlをどうぞ。)
8時40分、南赤石林道の入口着。
あれ、通行止めになってる・・・。
1_20210519183801
なんでもパパさんが半月前に行った時もそうだったとか。
登山道口まで歩くしかないね。
2_20210519183801
8時45分、通行止めのロープを越え、林道を歩き始めました。
3_20210519183901
登山道口まで3kmくらいはあったのかな。
9時20分、ようやく南尾根の登山道口に到着。
本当は中尾根から登る予定でしたが、私は未だ南尾根から登った事は無いので、ここから登山開始です。
4_20210519183901
パパさんに付いて登り始めたのですが・・・何と、かなりの急登です。
パパさんはスイスイ登って行きますが、私はとても付いて行けません。
コロナ太りの運動不足ですよ。
オマケに杉林の人工林で全く面白くありません。
パパさんの話では、南尾根はピークが2つ半、最初のピークは人工林だそうです。
10時30分、ようやく最初のピークに到着、少し視界が開けました。
5_20210519183901
ここで暫く休憩、すぐ横には赤いドウダンツツジが咲いてます。
6_20210519183901
サラサドウダンと言うのだそうな。
赤いのは初めて見ましたよ。
さて、ここからも急登が続きましたが・・・暫くすると人工林は終わり、自然林になりました。
7_20210519183901
登っていると、シロヤシオが咲いています。
8_20210519183901

9_20210519184001
中には赤いツツジも・・・アカヤシオかなって思いましたが、これはトウゴクミツバツツジと言うのだそうな。
10_20210519184001
アカヤシオはもう終わってますね。
まぁ、これはこれで綺麗です。
登山道も少し緩やかになって、色んな木々に囲まれ、登っていて清々しい気分です。
11_20210519184001
シロヤシオも所々に咲いていて、見つける度に立ち止まって撮影。
12_20210519184001

13_20210519184001
ちょっと、スリルのある岩場も越えて・・・
14_20210519184001

15_20210519184101
シロヤシオとトウゴクミツバツツジのコラボ。
16_20210519184101

17_20210519184101
12時10分、ようやく頂上到着です。
何時ものように記念撮影。
18_20210519184101
開けた所で昼食です。
19_20210519184101
12時40分、出発、中尾根を下ります。
20_20210519184101
下りの登山道も所々にシロヤシオが咲いていました。
21_20210519184201

22_20210519184201
可憐ですねぇ・・・。
23_20210519184201

24_20210519184201
やっぱり、見つけたら立ち止まって撮影です。
25_20210519184201

26_20210519184201
登山道も終わる頃、シロヤシオは既に沢山散っていました。
低い所はもう終わりなのかも知れませんね。

27_20210519184301
1時30分、中尾根の登山道口に到着。
やれやれです。
28_20210519184301
ここから愛車を駐めている南赤石林道の入口まで約2時間林道を歩きましたが、これはこれでキツかったな。
何でも、この日は計15kmも歩いたとか。
パパさんを家に送った時は、すでに4時半でしたよ。
非常に疲れましたが、美しいシロヤシオを沢山見ることが出来て満足、とても楽しい一日でした。
さて、次回はどんな花を見に行くのかな。
では!

2021年5月 9日 (日)

ネタ無し(日々、徒然・・・)・54

みなさん、こんにちは!
私はこのゴールデンウィーク期間中、一日仕事に出て、翌日は休み、その翌日はまた仕事というパターンで過ごしていました。
なので、何処にも行けず、休みの日は横浜でゴロゴロでした。
でも、おかげで体調は回復、こんなパターンの仕事って理想的かも知れませんね。

さて、ネタが無いので、小ネタを集めて更新です。

【もう夏空】
まだ梅雨前の日本列島ですが、羽田を離陸してず~っと南へ下ると、そこはもう夏空です。
1_20210509114501
夏最盛期の入道雲とまでは行かないまでも、小さな積乱雲の子供がそこかしこにいます。
2_20210509114501
これは赤ちゃんかな?
3_20210509114501
積乱雲って、こんなふうに産まれて成長するんですねぇ・・・。
そう言えば、先日、また幻日を見ましたよ。
4_20210509114601
神秘的だったなぁ・・・。

【乗ってみたいなぁ】
先日、着陸して駐機場へ向かっていたら、去年完成したばかりの羽田空港VIP待合室棟の駐機場に日の丸飛行機が2機。
5_20210509114601
あぁ、そうだ!今晩、菅総理がアメリカヘ行くんだったな。
6_20210509114601
羽田で日の丸を2機同時に見たのは初めて。
トリプルセブン300ER要人輸送機。
7_20210509114601
一度乗ってみたいものです。
Cygnus01かぁ・・・当に白鳥だなぁ・・・憧れるなぁ・・・。
8_20210509114601

【望みを捨てるな!】
愛機に常備されている緊急用の保存食料が、先月末で賞味期限切れ。
9_20210509114701
新しい物と交換して、
10_20210509114701
「これどうするの?」「全部廃棄処分ですよ。食べてみる?」
で、試しに食べて見ました。
頑丈なプラスチックのケースを開けると・・・先ず、紙が入っている。
「望みを捨てるな!救助は必ずやってくる!」だって。
11_20210509114701
・・・墜落したら、きっと生きてないけどね。
で、肝心のお味は・・・うん、悪くはないです。
12_20210509114701
パサパサした甘いピーナッツビスケットって感じかな。
もしも海の上でこれを食べる事になったら・・・咽が渇くだろうなぁ・・・その時は海水を飲むのかな?
う~ん・・・死ぬなぁ・・・。

【ブルーライトヨコハマ】
もう、ヨコハマは、いしだあゆみさんが歌っていた頃の街ではありませんが・・・
13_20210509114701
今でも、街の灯りはとても綺麗ですよ。
う~ん・・・当にブルーライトヨコハマですねぇ・・・。
14_20210509114801
では!

2021年5月 3日 (月)

御利益あり!

みなさん、こんにちは!
私、今日は休みですが静岡へは帰らず、横浜でゴロゴロしています。
このゴールデンウィーク期間は、ほぼ一日おきに仕事の予定。
だから29日、30日、2日と仕事に出ましたが、私が通勤で使っている京浜急行の羽田空港行きは、大きなスーツケースを抱えた人達で、連日、満員状態でしたよ。
羽田空港の離着陸状態も、まるでコロナ以前に戻った様な印象。
滑走路も空も、離着陸待ちの飛行機で渋滞していて、イライラしました。
緊急事態宣言?蔓防?皆さんは、「もう、そんなの関係ねぇ!」って感じなのかな。
高速道路も休日割引無しなのに大渋滞だっていうしね。
まぁ、経済が回って良いことだと思います。

26日、女房の検査に一日お付き合い。
朝の血液検査から始まって、夕方にメインの検査の結果が出るまで、病院でハラハラドキドキですよ。
で、昼からの検査待ちの間、ご飯を食べに行こうと、病院の傍の「浅間通り」へ。
1_20210503113901
久しぶりにそばでも食べたいねって、入ったお店が、「河内庵」さん。
2_20210503114001
創業は1716年という老舗で、あの徳川慶喜も通ったのだそうな。
家康定食なるものをオーダー。
あれ?家康は嫌いなのでは?
はい、家康は大嫌いなのですが、とても美味そうだったので・・・。
3_20210503114001
冷たいそばが2種類に、小鰻丼まで付いていて、とても美味かったですよ。
さて、満足してお店を出ましたが、検査まではまだ時間があるので神社に参詣です。
ここは以前、女房の手術中に、義母と一緒に参詣祈願した神社です。
この神社の境内は広いですよ。
総称で「静岡浅間神社」と言うのですが、大拝殿の奥に「神部神社」と「浅間神社」、境内に「大歳御祖神社」、「麓山神社」、「八千戈神社」、「少彦名神社」、「玉鉾神社」が点在、鎮座しています。
「浅間通り」から入ると、「大歳御祖神社」の正面ですから先ずはここに参詣。
4_20210503114001
「大歳御祖神社」・・・御稲荷さんですね。
我が家の家内安全を祈願。

大拝殿に行く途中には、
5_20210503114001
「八千戈神社」があり、ここにも参詣。
6_20210503114001
開運や必勝の神様です。
病気に打ち勝ちますように・・・。
そうしてこれは「神部神社」と「浅間神社」の「楼門」。
7_20210503114101
立派ですが、現在修復工事中です。
この「楼門」をくぐって、「神部神社」と「浅間神社」の「大拝殿」へ。
8_20210503114101
「神部神社」は延命長寿の神様で、「浅間神社」は富士山ですね。
病気が根治しますように・・・。
と、これで終了、病院へ戻り検査を受けました。
検査結果は異常なし!
あぁ、ご利益があったなぁ・・・。

【おまけ】
因みに、「浅間通り」には、こんな像が建っています。
山田長政ですよ。
9_20210503114101
戦国時代、シャム(現在のタイ王国)に渡って日本人義勇兵の隊長となり、シャム国王に認められてシャムの付属国リゴールの国王にまでなった人ですよ。
この「浅間通り」付近が出身地なんだそうです。

あぁ、明日も仕事だなぁ・・・。
では!

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »