無料ブログはココログ

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月20日 (日)

春到来の大瀬崎(2本目)

みなさん、こんにちは!
前回の続き、2本目です。

2本目は約1時間休憩してスタート。
勿論、狙いは湾内のテングダイです。
11時44分、ショップの前からエントリー。
1_20220320155001
潜ってみると・・・視界は先端よりも悪く、上下水平5m程で浮遊物が多くて白く濁っています。
2_20220320155101
はぐれないようにガイドさんの後方2m位に付き、ゆっくりと水深をとって行きました。
魚礁のある場所は水深12mくらい。
目的の水深に到達し、しばらく海底の砂地を移動すると、前方に城塞のような塊がうっすらと見えてきました。
これが数年前に設置された人工漁礁です。
3_20220320155101
既に海藻や海苔に覆われており、これが海底にそそり立つ様は幽霊船を彷彿させます。
テングダイはこれに棲み着いているそうな。
居るかなぁ・・・ガイドさんと二手に分かれて探す予定でしたが、何の、すぐに見つかりました。
でかい!これがテングダイかぁ・・・。
4_20220320155101
体長は35cmくらいで自分の大きさに自信があるのか、ギロリと私をひと睨みして逃げるふうでもなく、悠然と泳いでいます。
5_20220320155101
テングダイは主に小笠原諸島や伊豆諸島南部に多く棲息する魚なんです。
そういった所では、水深20mくらいの所に数尾が群れになっているとのことです。
6_20220320155201
伊豆半島にも居ることは居るらしいのですが、数は少なく、棲息する水深が30~40mくらいの潮通しの良いところで、しかも単体でいることのほうが多いそうです。
7_20220320155201
だから私はこれが初見。
興奮して数十カット撮影し、動画まで撮って大満足です。
周りに他のダイバーが居なかったことも幸運でした。
次がベストショットかな?
8_20220320155201
可愛いでしょう?
下アゴの唇の下面にショボショボの髭が生えているのが、この魚のチャームポイントです。
動画も視て下さいね。

これで満足、もう上がっても良かったのですが、ガイドさんが少し深場まで行ってみましょうと言うので、そのまま水深をとって行きました。
水深24mに到着、海底に置かれたビール瓶には・・・ミジンベニハゼが住んでいました。
9_20220320155201
瓶の奥を良く見るともう一尾見えたので、ペアで棲んでいると思われるのですが、もう一尾は出てきませんでした。
10_20220320155201
これは早々に諦めて移動、別の被写体を探します。
少し移動したところで、ガイドさんが海底を覆うように生えた海藻を指さしました。
11_20220320155301
うん?良く見ると、海藻の一部の色が違うような・・・あぁ、海藻に小さなサンゴタツが付いています。
体長は3cmくらいかな。
12_20220320155301
大きくて円らな瞳が私を見つめています。
可愛いなって、これも数カット撮影して移動。
結局、深場の魚はこれ以上見つからず、諦めて水深5mまで戻り、安全停止を行って12時28分、浮上しました。
13_20220320155301
44分間の短いダイビングでしたが、念願のテングダイを撮ることが出来て満足の1本でした。
機材干し場の横では、もうナノハナが満開。
14_20220320155301
ショップの女将さんにそのナノハナの話しをしたら、あれはセイヨウカラシナだと笑われました。
何処からか種が飛んできて根付いたのだとか。
まぁ、いずれにしても楽しい一日でした。
では!

2022年3月15日 (火)

春到来の大瀬崎(1本目)

みなさん、こんにちは!
何だか急に暖かくなりましたね。
昨日、静岡は26℃でしたよ。
私は昨日、今日と、Tシャツ1枚で過ごしています。

さて、一昨日の13日日曜日、久しぶりに大瀬崎で潜ってきました。
2月は忙しくて潜りに行けなかったので、本当に久しぶりです。
当日はいつものように早起きして機材を愛車に積み込み、6時に自宅を出発して大瀬崎へと向かいました。
晴れて好い天気でしたが、途中見上げた富士山はすでに春霞の中、もう撮影には向きませんね。
8時前に到着、既にショップは開いており、大勢の泊まり客達がダイビングの準備中で店内は大混雑です。
1_20220315105901
春の日曜日だもんなぁ・・・。
彼らが浜へ降りて行き、落ち着いたところでガイドさんと打ち合わせです。
この日、ガイドのお客は私一人、ガイドさん独占で潜ることができます。
ガイドさんの説明では、ここひと月くらい、テングダイが1尾、湾内の魚礁に棲み着いているとのこと。
私、テングダイは見たことが無いので、これを見に行くことにはなりましたが、現在、泊まりのダイビング客達で湾内は混雑していたことから、とりあえず1本目は岬の先端で潜って、2本目で湾内に潜ることになりました。
さっそく機材を準備して台車に積み込み、先端へ向けて押して行きます。
2_20220315105901
9時27分、潜水開始。
ガイドさんに続いて潜ってみると・・・浅場の海底は海藻がのび始めています。
もう半月もすると、一面海藻の林になることでしょう。
3_20220315105901
ああ春だなぁ・・・海中も白く春霞が始まっていました。
ガイドさんを見失わないよう、深度をとってゆきます。
4_20220315105901
深くなるほどに、視界は悪くなり、上下水平見えるのは6mくらい。
水温は15℃で露出している顔面は冷たく感じます。
もちろん、この日はドライスーツ着用ですよ。
だから、寒さはあまり感じません。
ガイドさんは水深28mまで一気に降下。
この辺りの海底には、ウミトサカ(ソフトコーラルの一種)が群生しています。
5_20220315110001
潜る前のミーティングでは、このウミトサカに棲んでいる1尾のクダゴンベがついに越冬したとのこと。
これを探してみることにしました。
この辺りのウミトサカは、一つの株が直径2m位の花束になっていて、それが5、6個点在しています。
その一つ一つの株をガイドさんと一緒に丹念に探してみると・・・居ました!
6_20220315110001
ウミトサカの中から、紅白の網目模様の魚が現れました。
7_20220315110001
全長は5cmくらい、
8_20220315110001
とても元気で、すばしっこくウミトサカの中を逃げ回ります。
9_20220315110001
カメラを向けるともう居ない・・・
10_20220315110001
なんてことを繰り返しながら、何とか数カット撮影することが出来ました。
11_20220315110101
もっと粘りたかったのですが、ここは水深28m。
長居すると潜水病に罹ってしまいます。
それでも9分間、滞在することができました。
可愛いクダゴンベに別れを告げ、浅場へ移動です。
12_20220315110101
水深を浅くしながらキンギョハナダイの群れを撮りましたが、未だ水温が低いために数が少なく、オマケに白濁りで絵になりません。
13_20220315110101
諦めてさらに浅い水深へ。
水深10mにある、通称「クマノミ城」に到着。
ここはサンゴイソギンチャクが群生していて、大きな一つのイソギンチャクの塊になっています。
14_20220315110101
ここは、秋であれば5~10尾のクマノミがサンゴイソギンチャクに群れているはずなんですが・・・大きな個体1尾とミツボシクロスズメダイが数尾棲んでいるだけでした。
とりあえず、動画で撮ることに。

他のクマノミは追い出されたのか、越冬できた個体がこの大きな個体だけだったのか分かりませんが、きっと秋にはクマノミの数も増えて賑やかになることでしょう。
これで1本目は終了、10時10分に浮上しました。
43分間のダイビングでしたが、クダゴンベを撮ることができて、それなりに楽しめましたよ。
2本目はいよいよテングダイの登場です。
乞うご期待?
では!

2022年3月10日 (木)

ヨコハマ散歩2

みなさん、こんにちは!
今日は暖かいですね。
天気が好いので、午前中はマウンテンパーカーを羽織って、「みなとみらい」まで買い物に出かけてきました。

「みなとみらい」かぁ・・・本当に変わってしまいましたねぇ・・・。
ここは私が初めて横浜に来た頃、横浜船渠っていう造船所でした。
由緒ある大きな造船所で、現在、山下公園の前に係留されている氷川丸もここで建造されています。
私の会社の船も、大きな船はここで建造していました。
造船所のある街だったからガラは悪くて、夕方になると当時沢山あった立ち飲み屋で、一杯ひっかけて天国気分になった職工さん達が、大声で騒いであちらこちらで立ち小便していて・・・それも私の中で遙か彼方に霞むヨコハマの風景です。
それが今は・・・変わったなぁ・・・。
1_20220310163001
♪あなたを思い出す~♫
2_20220310163101
  ♪~この店に来るたび~♫
3_20220310163101
♪~坂を上って きょうも~♫
4_20220310163101
  ♪~ひとり来てしまった~♫
5_20220310163101
♪~山手のドルフィンは~♫
6_20220310163201
  ♪~静かなレストラン~♫
7_20220310163201
♪~晴れた午後には 遠く~♫
8_20220310163201
  ♪~三浦岬も見える~♫
9_20220310163201
♪~ソーダ水の中を~♫
10_20220310163301
  ♪~貨物船がとおる~♫
11_20220310163301
♪~小さなアワも~♫
12_20220310163301
  ♪~恋のように~♫
13_20220310163301
   ♪~消えていった~♫
14_20220310163301

先日、我が家のシダレウメがようやく満開になりました。
15_20220310163401
去年の夏に剪定して、思い切って沢山の枝を落としたら、今年は去年よりも花が沢山咲きましたよ。
春はもうすぐそこですね。
では!

2022年3月 4日 (金)

ヨコハマ散歩

みなさん、こんばんは!
先日、女房から、「6日は何の日か分かっているんでしょうね?」って聞かれ、私は「・・・」。
「ほら、忘れてる。30周年の結婚記念日だよ!」だって。
私「よく30年も保ったもんだ・・・」

さて、先月はダイビングにも行けず鳥撮りも不発で、ネタが無いので、困った時の空ネタで更新です。

私が就職でヨコハマに来たのは19歳の時。
当時、新港ふ頭9号を基地にしていた船が職場だった。
未だランドマークタワーもベイブリッジも無く、新港ふ頭や大桟橋、レンガ倉庫の入口には税関の検問所があったな。
あの頃、馬車道にもあった有隣堂の前のテラスには、よくリリーさんが座っていた。
あれから41年?ヨコハマは変わったなぁ・・・。
1_20220304215501
♪あれがあなたの好きな場所~♫
2_20220304215501
♪~港が見下ろせるこだかい公園~♫
3_20220304215601
♪~あなたの声が小さくなる~♫
4_20220304215601
♪~ぼくは黙って 外を見てる~♫
5_20220304215601
♪~目を閉じて 息を止めて~♫
6_20220304215601
♪~さかのぼる ほんのひととき~♫
7_20220304215701
♪~こんなことは今までなかった~♫
8_20220304215701
♪~ぼくがあなたから離れてゆく~♫
9_20220304215701

私なりに歌詞の雰囲気に合っている?と思う写真をチョイスしてみました。
楽しんでいただけましたか?
では!

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »