無料ブログはココログ

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月29日 (金)

もう初夏?暖かかった大瀬崎(1本目)

みなんさん、こんにちは!
今、外は雨が降っています。

最近、雨が多いですね。
朝、カーテンを開いて雨だとガッカリしてしまいますよ。
私の横浜の砦は、駅まで徒歩15分ですから・・・。

そんな中、22日に大瀬崎で潜ってきました。
当日の早朝、清水の自宅を出る時は雨。
まぁ、午後から晴れる予報だったからと、そんなに気にもせず、大瀬崎まで愛車を走らせました。
到着したのは8時頃、ショップの駐車場に愛車を入れた頃には雨は上がっていました。
1_20220429125601
さて、お馴染みのガイドさんとミーティングです。
なんでも、この日の外海は波が高くて潜れないとのこと。
珍しい魚も出ていないとのことで、1本目は湾内のショップ前の浜からノンビリ潜る事になりました。
8時40分頃、潜水開始。
2_20220429125601
ガイドさんに続いて深度を取って行きました。
この日の水温は18℃、前日にHPでチェックしていた私は既に5mmのウエットスーツです。
ドライスーツの煩わしさから解放され、とても快適でした。
3_20220429125601
潜ってみると、視界は上下水平8mくらい。
全体的に白っぽさが増しています。
ガイドさんはドンドンと深場へと向かって行きます。
4_20220429125601
ミーティングでは、水深24mくらいにあるミジンベニハゼのコロニーに向かうということでした。
ペアになったミジンベニハゼがいるのだそな。
途中、水深20mくらいでガイドさんが着底。
指さす先を見ると・・・小さな海藻の傍らに、これも小さなオレンジ色の塊があります。
5_20220429125701
あぁ、イザリウオ(カエルアンコウ)だな。
体長は3cmくらい、じっとしていて動きません。
6_20220429125701
動画で撮ろうかと思いましたが、動かないんじゃあなぁ・・・。
2、3カット静止画を撮って移動です。
水深24mに到着、着底してガイドさんが指さす方向を見ると、3本の瓶が沈んでいます。
7_20220429125701
1本は空、1本はミジンベニハゼが1尾、顔を覗かせています。
そうして、青い瓶の中から、2尾が顔を出して私を見ていました。
8_20220429125701
おそらく雄と思われる個体が瓶から出たり入ったりしています。
9_20220429125701
随分と警戒されている様で、近づくと雌と思われる個体は瓶の中に逃げ込んで、出てこなくなりました。
2尾、瓶から顔を出しているところを撮りたいのになぁ・・・。
仕方ないので、カメラを構えた状態で暫く待機です。
ようやく2尾が顔を出した所で、数カット撮影。
10_20220429125801
やれやれ、次は動画を・・・と、思っていると、また雌が瓶の中に逃げ込んでしまいました。
水深は24m、もう待機する時間はありません。
仕方なく彼らに別れを告げて、水深を上げて行きました。
水深15mまで戻ったところで、ガイドさんが指さす先には・・・ダルマオコゼです。
11_20220429125801
この魚って、見た目はちょっとグロテスクだけど、美味しいんだよなぁ・・・なんて思いながら、ダルマさんの様な顔をアップで撮って移動です。
12_20220429125801
そのすぐ傍に、黒い小さな塊が・・・これもイザリウオです。
13_20220429125801
目玉の位置も良く判らないので、数カットだけ撮って移動しようと思ったのですが、あれ?ガイドさんが何やら海藻を探っています。
中に隠れていたのは・・・あぁ、コノハガニだ。
14_20220429125801
体長は2cmほど、赤くて綺麗な個体です。
住処である赤い海藻に擬態しているんですね。
これも数カット撮影して、移動しました。
水深12mに到着。
先月テングダイを撮った魚礁です。
何でもテングダイはあの数日後に☆になったそうな。
ギリギリ撮れて良かった。
さて、魚礁に到着してみると、全体的にアカハタが増えています。
あれ?傍の魚礁を設置した石の上に体長30cmはありそうな大きなアカハタがカサゴの上に乗っかっている。
15_20220429125801
カサゴは、嫌そうな顔をしていますが、じっと耐えています。
これってマウンティングなのかな?
このアカハタは堂々としていて、カメラを近づけても逃げませんでした。
16_20220429125901
魚界にも上下関係があって、まるで「ジャイアンとのびた」の様でしたよ。
面白いので動画でも撮ってみました。

次にちょっと魚礁を覗いてみました。
キンギョハナダイが増えているようです。
17_20220429125901
う~ん、まるで竜宮城の様・・・。
これも動画で残しておこう。

さて、そろそろ潜水を開始して40分が経過します。
ガイドさんがから上がりましょうとの指示がありました。
それで、水深7mまで戻って安全停止。
ガイドさんがゴロタ石を指さしました。
あぁ、以前撮ったコケギンポだ。
18_20220429125901
少し大きくなった様な気がします。
19_20220429125901
これも動画で撮影。

(湾内にも大きなうねりが入って来ていたので、ちょっと手ぶれしていますが、視て下さい)
これで終了。
9時半頃に浮上しました。
レアな魚にはお目にかかれませんでしたが、それなりに楽しめた1本目でしたよ。
続きは近いうちに。
では!

2022年4月17日 (日)

ネタ無し(日々、徒然・・・)・59

みなさん、こんにちは!

私、定年退職のセレモニーから早半月、退職前と何も変わらず同じ仕事をしています。
出社から退社まで、全く同じ。
変わったのは待遇だけです。
昨日、初めての給料の明細を貰いました。
なに?これ、俺の明細・・・?
減額されていることは頭では分かっていたのですが、大ショックでしたよ。
減額されても、900位にはなるんじゃないか・・・って、甘い皮算用してましたが、明細を見てビックリ・・・これじゃあどう計算しても、絶対に800にも届きませんよ。
あぁ、ため息しか出ません。
同じ仕事をしているのに・・・。

【親父】
先日、親父が「うなぎを食べに行こう」って誘って来ました。
珍しいな。
何故だろう・・・でも、ここのところうなぎもご無沙汰。
ではお言葉に甘えて、と、何時ものお店へ。
1_20220417162201
ちょっと親父を疑いましたが、何でも私の退職祝いをしたかったのだそうな。
2_20220417162301
いつもは憎たらしい親父なんだけどね。
まぁ・・・感謝。

【芸術展】
コロナ禍で中止になっていた「静岡県写真愛好者芸術展」が2年ぶりに開催。
3_20220417162301
私も作品を出品しましたよ。
この芸術展は、4月12日(月)から17日(日)まで、静岡県立美術館のギャラリーで開催されたのですが、私は仕事が忙しくて休めず、ようやく行けたのは今日の最終日でした。
4_20220417162301
生憎の雨の中、昼前に女房と出かけましたよ。
入口で目録を受け取って入場。
5_20220417162301
展示された作品を1点1点撮影することは禁止なので撮っていませんが、久しぶりの開催だからか、どの作品も力作揃いで感心しました。
6_20220417162301
私の作品には、誰もなかなか足を停めてくれないので、女房を置いてヤラセ撮影です。
7_20220417162301
写真を撮っても、発表する場はこのブログくらいですから、このような芸術展への出品は、ちょっと嬉しい気分になりますね。
出品した作品は、石垣島で撮った「マンタ」です。
8_20220417162401
去年は会社命令で旅行不許可だったのですが、今年は既に解除。
6月末には石垣島へ行く計画を立てています。
あぁ、行けると良いな。
では!

2022年4月 7日 (木)

カタクリに会いたくて(後半)

みなさん、こんばんは!
前回の続きです。

昼食を取ったお店から「春日山城址」までは車で約5分くらい。
上越市内には殆ど雪は残っておらず、先程まで居た妙高市を思うと、まるで別世界の様です。
駐車場に愛車を駐め、さぁ、本丸まで登頂です。
1_20220407220201
この頃は、もう空は薄らと霞が掛かった様。
本当に明日は雨なんだなぁ・・・なんて思いながら登頂路を登って行きました。
途中、道端にはツクシやフキノトウが沢山顔を覗かせています。
2_20220407220201
う~ん、春ですねぇ・・・。
3_20220407220201
これらを愛でながら登って行くと・・・あれっ?
そこかしこにカタクリが沢山咲いているぞ???
4_20220407220201
登頂路の途中から、道の両側の斜面には、あちらこちらにカタクリの群生があったのです。
5_20220407220301
何ともラッキー!!!
6_20220407220301
これはきっと「鮫ヶ尾城址」でカタクリを殆ど見ることができなかった私を謙信公が哀れに思い、ここへ導いて下さったに違いないと思いました。
7_20220407220301
謙信公に感謝しつつ、カタクリを愛でながら本丸を目指しました。
8_20220407220301
もちろん写真も沢山撮りましたよ。
9_20220407220301
なんてツイている一日なんだろうって思いながらね。
10_20220407220401
こんな感じで登ってましたから、山頂の本丸までけっこう時間が掛かってしまいましたが、無事到着。
11_20220407220401
眼下には、かつて謙信公も眺めたであろう頸城平野から直江津港、遠く東頸城丘陵を見渡すことができます。
12_20220407220401
暫し感慨に浸った後、心底から謙信公に感謝しつつ下山しました。
13_20220407220401
さて、今宵の宿へ。
「鮫ヶ尾城址」まで戻ります。
宿は「鮫ヶ尾城址」のすぐ傍にある「神の宮温泉 かわら亭」というところ。
今回初めての利用です。
部屋は・・・こんな感じ。
14_20220407220401
窓からの景色は・・・田圃でした。
15_20220407220501
まぁ、それでもこの部屋には檜風呂の温泉が付いていて、お湯は肌がつるつるになる強アルカリ性です。
16_20220407220501
もちろんこれは女房専用で、私は大浴場の温泉へ。
17_20220407222701
温泉を十分に堪能した後は、これも楽しみの夕食です。
18_20220407220601
宿泊費の割にはけっこうボリュームがあって、美味しかったですよ。
19_20220407220601
こうして、楽しかった一日は終わりました。

翌朝は、予報どおりの雨。
20_20220407220601
カタクリは昨日しっかり堪能したし、後は買い物だけです。
でも、その前に女房が起きてくる前に、私も部屋風呂を楽しんでみます。
21_20220407220601
あぁ~これは極楽だぁ~。
そうして、朝食。
お米が本当に美味しいなぁ~。
22_20220407220701
これも矢代産米だとのこと。
また帰りに買って帰ろう。
9時半にチェックアウトして、さて先ずはワイン屋さんへ。
上越が誇る美味しいワイン「岩の原葡萄園」へと向かいました。
到着して、女房はすぐに試飲開始。
23_20220407220701
8種類試飲して、美味しかったという物を求めた結果、この4本をお買い上げです。
24_20220407220701
すっかりほろ酔い気分になった女房を助手席に座らせて、次は「道の駅あらい」へ向かいました。
到着して真っ直ぐに、お米のコーナーへ。
25_20220407220701
もちろん、買ったのはいつもの矢代産コシヒカリですよ。
26_20220407220801
このお米は本当に美味しい。
これを食べると、同じコシヒカリなのに静岡産はねぇ・・・。
毎回買うのが楽しみです。

そうして、日本酒のコーナーへ。
今回はこの3本を買い求めました。
27_20220407220801
美味いと良いな。
これで終了、道の駅のスマートインターから上信越自動車道へと乗り、清水の自宅へと帰った次第です。
28_20220407220801
さらば上越、秋の新米が出た頃にまた来るよ!
今回は、見渡す限り一面のカタクリこそ見ることはできませんでしたが、絶景の妙高山や雪の壁、そうしてカタクリもそれなりに見る事ができて、最高の上越旅行でした。
以上、しょんない旅行記に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
では!

 

2022年4月 4日 (月)

カタクリに会いたくて(前半)

みなさん、こんにちは!
私、ついにこの3月31日付で、定年退職いたしました。
永かったなぁ42年・・・なんて感慨に耽っている暇は無く、4月1日付で再雇用され、今までと全く同じ勤務体系で同じ仕事をしています。
変わったのは給料だけ。
何と!基本給はこれまでよりも3割引です。
くそぉ~、同じ仕事をしているのに・・・。

で、定年を祝して?最後の有給処理を利用して春の上越へ出かけることになりました。
2年前の春に妙高市の「鮫ヶ尾城址」で見た一面に咲いたカタクリをまた見たいなって思ったら、いてもたってもいられなくなった訳です。
http://fujikaze.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-85eb35.html
30日朝6時、そぼ降る雨の中を女房を愛車の隣に座らせて自宅発、中部横断自動車道-中央自動車道-長野自動車道-上信越自動車道と乗り継ぎ、妙高市へと向かいました。
途中、諏訪湖サービスエリアで休憩、朝食にしましたが、既に天気は晴天、上越方面も好い天気のようで、気分はウキウキです。
1_20220404110701
上信越自動車道の信濃町インターを過ぎると妙高山がお出迎えです。
2_20220404110701
妙高山上空には雲一つ無い、この日の上越地方は日本晴れ。
それで先ず、妙高高原の「いもり池」へ向かうことにしました。
10時ちょっと過ぎに妙高高原インターを降りて、「いもり池」へ。
妙高高原へ入ると・・・わぁ、雪の壁だぁ・・・。
3_20220404110701
道路は完全に除雪されていますが、その両側には1.5mくらいの雪の壁になっています。
こんな風景、静岡では絶対に見ることはできません。
これだけで、テンションが上がりますね。
「いもり池」の傍に新しく完成したばかりの「妙高高原ビジターセンター」駐車場へ愛車を駐めて「いもり池」へ。
う~ん、ここの積雪もかなりあります。
4_20220404110801
センターの建物内を横切って外へ出ると・・・
5_20220404110801
おぉ、絶景だぁ・・・。
雲一つ無い青空を背景にして、雪を被った妙高山が気高くそびえ立っていました。
なんとも、心が洗われる様です。

6_20220404110801
池は一部水面が見える程度で、周辺も未だ歩ける様な状態ではありませんが、この雪のおかげで、かえって美しい妙高山を堪能することができましたよ。
さて、妙高山を堪能した後は、「鮫ヶ尾城址」へ向かいます。
「鮫ヶ尾城址」の状況も変わらないだろうなぁ・・・。
すでにロココさんの「妙高ロココの庭Ⅱ」で情報を頂いているので、2年前の様な絶景は期待していません。
http://satoyamamanabi.livedoor.blog/archives/13975082.html
せめて、1~2輪でも咲いてくれていれば良いのですが・・・。
「鮫ヶ尾城址」の駐車場には11時20分頃に到着。
案内所(斐太県民休養地管理棟)の前はこんな状態。
7_20220404110801
この辺りの積雪は20cmくらいだったかな。
歩けるけれど、もちろんカタクリは望めません。
それで、ロココさんに教わった日当たりの良い池の南側斜面を見てみることにしました。
8_20220404110901
ここは所々雪が残っている感じです。
降りて探してみると・・・あぁ、咲いていましたよ。
所々に小さなカタクリの群生があり、既に幾つか花が開いています。
9_20220404110901
あぁ、見ることができて良かった!
10_20220404110901
来る前から半ば諦めていたので、これで御の字ですよ。
11_20220404110901
カタクリ・・・何とも可憐で美しい花です。
12_20220404111001
周りにいるのは私だけ。
ゆっくりと時間を掛けて堪能することができました。

13_20220404111001
静岡にもカタクリが群生している場所はあることはあるのですが、厳重に管理されている上に人が大勢押し掛けるので、とてもゆっくり愛でることはできません。
14_20220404111001
写真も沢山撮って終了。
せっかく来たのだから、本丸まで登ってみようと思い、歩き始めたのですが・・・
無理、無理、足が膝まで雪に埋もれてしまいます。
15_20220404111101
時間が掛かって仕方ないので、諦めて駐車場へ戻り、「鮫ヶ尾城址」を後にしました。
さて、この後どうしようか?
時計を見ると、まだ12時15分です。
女房はお腹が空いたって言いますので、昼食場所を探すことに。
ラジオを聴いていると、翌日は雨の予報とか。
それならば、今日中に観光は済ませなければ・・・そうだ!
謙信公に会いに行こう!と、上越市方面へと愛車を走らせました。
「春日山城址」に登る前に腹ごしらえ。
上越市のグルメ情報は全く調べていなかったのですが、せっかく上越まで来てファミレスやラーメン屋に入るのは勿体ないと思いながら走っていると、城下に和食?を提供すると思われる、このお店を見かけて入る事に。
16_20220404111101
さて何を食べようか・・・メニューを見ると、この季節限定で地元産の子持ちガレイの煮付け定食とあったので、これをオーダー。
出てきたのは・・・
17_20220404111101
大正解でした。
切り身かと思っていたら、大きいのが丸ごと出てきて身はホクホクで、これは美味かったぁ・・・。
上越の海の味を堪能出来ましたよ。
これで満足、「春日山城址」へと向かいました。
続きは近いうちに。
では!

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »